Bud Freeman(5)

March 31.2017

Photo above of Bud Freeman with Summa Cum Laude Orchestra by courtesy of Stanford University Libraries

Today I would like to post about Bud Freeman speaking.

I will quote an interesting passage from ”A History of Jazz by Syouichi Yui(ジャズの歴史物語ー油井正一)” .

「ジャズの歴史物語」からBud Freemanの言葉を引用します。
ベニー・グッドマンが黄金時代の時、バード・フリーマンだけがベニー・グッドマンを批判した。又、彼は自分の演奏に自信を失った時、Lennie Triestanoにスケールを学んだ。

When Benny Goodman was golden era ,only Bud Freeman criticized Benny Goodman.

He can be considered a great jazz player, but he needed a star player to support him.Because he was not creative.If there was not a superior side musician,I guess he had not succeeded that much.

彼はまあ偉大な吹奏家といえるが、脇役にスターが必要だったよ。彼自身クリエイティブでないからだ。すばらしいサイドメンがいなかったら、あれだけの成功を収めたとは思わないね。(93ページ引用)

Photo above of Lennie Tristano

When he lost confidence in his saxophone method, he studied the music scale by Triestano.

I think he is worthy of respect at all, but I did not receive any impact from Lennie Tristano
I want to be faithful to my play and myself. ”

全く尊敬に値する人だとは思うが、影響はまったく受けなかった。
私は自分のプレイと私自身に忠実でありたい。 (228ページ引用)

Finally I want to introduce Mr. Awamura ‘s evaluation.(故粟村政昭氏の評価)

Bud Freeman had survived in the world of metabolic fierce jazz.Because his playstyle was as if Australian rare beasts separated from evolution.

進化と切り離されたオーストラリアの珍獣達のような格好で、フリーマンは新陳代謝の激しいジャズの世界に生き残ってきたのであった。(76ページ引用)

Here is Bud Freeman’s Famous Chicagoans play “Shim-me-sha-wabble”.
Bud Freeman(ts); Max Kaminsky(cor); Pee Wee Russell(cl); Jack Teagarden, (tb); Eddie Condon(g); Dave Bowman(p);Mort Stuhlmaker(b); Dave Tough(ds)
Recorded July 24, 1940, New York City

Here is Bunny Berigan and Bud Freeman with His Windy City Five plays “The Buzzard”.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中