Johnny Pate(5)

June 11.2017

In the early 1960s,Johnny Pate successfully ventured into the rhythm and blues field.

He was hired by OKeh Records producer/A&R director Carl Davis.

The first recording was  “Monkey Time” by Major Lance.

Photo above of Curtis Mayfield by Wikipedia

The composer of the song, Curtis Mayfield, was the leader of the R&B group the Impressions.

Curtis Mayfield made many hits by Johnny’s arrangements in  ABC-Paramount recording session.

Also Johnny’s success in the R&B field was followed by film and television scoring projects in the ‘70s.

He orchestrated and arranged the music for “Shaft in Africa” and also made the scores for ”the Shaft” television series.

In 1980s he continued to arrange for Peabo Bryson and Natalie Cole.

In 1993 he produced a second album for Jimmy Smith, “Sum Serious Blues.”

This recordings featured the vocal work of Marlena Shaw.

Pate’s son is well known bassist, Don Pate.

Photo above of Don Pate

1960年代の前半、Johnny PateはR&Bの世界で成功を収めました。
OKeh RecordsのCarl Davisは彼に新しい音楽を製作するよう要請しました。
最初のレコーディングはMajor Lanceの “Monkey Time”でした。
このヒット作の作曲家、Curtis MayfieldはR&BグループのImpressionsのリーダーでした。
Curtis MayfieldはJohnnyの編曲によりABCから多くのヒットを出した。
1970年代にはR&Bに続き映画とテレビでの音楽製作でも人気を博しました。
映画「Shaft in Africa」並びにTVシリーズ「Shaft」の音楽を担当しました。
1980年、Peabo BrysonとNatalie Coleの曲を製作しヒットさせました。
1993年、Jimmy Smithの2枚目のアルバム「Sum Serious Blues」でMarlena Shawを起用するしたレコーディングも印象的です。
Johnny Pateの息子はDon Pateというベーシストとして活躍しています。

Here is Johnnie Pate Trio play “Midnight Sun”.
Johnnie Pate (b),Ronnell Bright (p),Charles Walton (ds)

Here is Natalie Cole & Peabo Bryson sing “What you won’t do for love”.

Here is Jimmy Smith and Marlena Shaw play “I’d rather Drink Muddy Water”.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中