The “trombonist’s trombonist” Urbie Green(2)

June 22.2017

fullsizeoutput_95f

MI0001400837

Photo above of Woody Herman by Wikipedia

When Urbie Green was 24 years old,he joined Woody Herman’s Thundering Herd.

In those days Woody Herman was contracted with MGM label.

In 1951 Herman’s band recorded four pop tunes for MGM, “Lonesome Gal.” “Searching,” “Jet” and “Ninety-Nine Guys.”

R-9119833-1475115194-5377.jpeg

Photo by Discogs

So he earned wide acclaim because his ballad style provided a contrast to Herman’s previous First Herd trombone star, Bill Harris.

During this period Carl Fontana was also joined in trombone section.

The leader Woody appointed either of them as a solo performer according to the atmosphere of the song.

Naturally Urbie Green had a good performance at ballad tunes.

After leaving Woody’s band he was voted the “New Star” trombonist in the International Critics Poll from Down Beat magazine in 1954.

carlfontana02

Photo above of Carl Fontana by courtesy of Carlfontana.com

R-9119908-1475118024-7298.jpeg

Photo by Discogs

Urbie Greenは24歳の時Woody Herman’s Thundering Herdに加入しました。
その当時Woody HermanはMGMレコードと録音契約を締結していました。
1951年1月HermanバンドはMGMに以下4曲のレコーディングを行いました。
「Lonesome Gal」「 Searching」「Jet」「Ninety-Nine Guys」
Woody Herman First Herdに在籍していたトロンボーン奏者Bill Harrisとは全く正反対のバラード演奏が好評を博し、Urbie Greenの人気は高まりました。
尚、トロンボーン部門には名手Carl Fontanaも彼の隣に座っていました。
リーダーのWoody Hermanは演奏する曲の雰囲気に合わせ、二人のどちらかにソロ演奏の指示をしました。
当然Urbie Greenはバラード曲を得意とし、Carl Fontanaは前任のBill Harrisに負けない攻撃的な演奏をしました。
Hermanバンドを脱退した後、1954年にはDown Beat誌の国際批評家による投票で新人賞に選ばれました。

Here is Urbie Green plays “Autumn Leaves”.
Urbie Green(tb),Zoot Sims(ts), Russ Tompkins(p),
Ray Brown(b), Jake Hanna(ds) (1982)

Here is Urbie Green plays “Dream”.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中