The early recordings by Dave Brubeck(2)

July 27.2017

Photo above of Cal Tjader, Ron Crotty and Dave Brubeck, 1950 by courtesy of The Brubeck Institute is part of University of the Pacific, California

The four tracks of Coronet were recorded at Sound Recorders studio in San Francisco.

The studio was experimenting with the use of erasable tape being developed by the Ampex Company.

Unfortunately the tape machine failed to hold its speed, playing back music.

So the Trio finished its session on time by cutting the four tracks on acetate.

These records were Tjader’s debut.

I’m posting about Cal Tjader in the past.

Please refer to my blog.Go here,  here  and here

Photo above of Jimmy Lyons by KNBC promo photo, late 1940s

I have to write the role of Jimmy Lyons about Dave’s success.

In 1949 Dave Brubeck gave a concert at the Marines Memorial Auditorium in San Francisco.

Also Jimmy Lyons, who was a young disc jockey, attended the concert.

Then Lyons began to broadcast a weekly program called “Lyons Busy” featuring Brubeck trio.

Jimmy Lyons adopted the trio at the Burma Lounge, a popular club in the center of Oakland.

The “Lyons Busy” program by KNBC sent the live music of Brubeck Trio.

Probably many sailors had been listening the program of KNBC.

When they arrived in San Francisco, they visited the Burma Lounge.

So Dave Brubeck grew in popularity in Bay Area.

Photo above of Dave Brubeck and Jimmy Lyons

昨日紹介しました4曲はSan FranciscoにあったSound Recordersスタジオで録音されました。

スタジオには「Ampex Company」によって開発されたテープによる録音機器が用意されていました。

残念ながらその当日の録音機器は正常なスピードを保つ事が出来ず使い物になりませんでした。

そこでアセテート盤による録音に切り替えられ、Dave Brubeck Trioは予定通り4曲の録音を完了しました。

Cal Tjaderにとってこの日が記念すべきデビュー録音でした。

私はCal Tjaderについて数ヶ月前に3回に分けて投稿しています。

私の過去のブログを参照するにはこちらをクリックしてください。(1)   (2)    (3)

次にDave Brubeck成功の影の立役者であった Jimmy Lyonsについて書かなければなりません。

1949年、Dave Brubeckはサンフランシスコの海兵隊記念講堂でコンサートを行ないました。

当時まだ若手のディスクジョッキーだったJimmy Lyonsもコンサートに協力していました。

Dave Brubeckの音楽を高く評価したJimmy Lyonsは「Lyons Busy」という番組で彼らを出演させました。

Jimmy LyonsはOaklandの中心にあった有名なジャズクラブ「Burma Lounge」にDave Brubeckトリオを定期演奏者として起用しました。

KNBC放送局の「Lyons Busy」はBrubeck Trioの演奏をジャズクラブから生中継で放送しました。

おそらく太平洋上を航海していた多くの船員がKNBCのプログラムを聞いていたと思われます。

そして彼らは船がサンフランシスコ港に寄港すると必ずジャズクラブ「Burma Lounge」を訪れたようです。

その結果Dave Brubeckの人気がBay Areaで高まったと言われています。

Here is Dave Brubeck Trio play “Blue Moon” & “Tea For Two”.
Dave Brubeck (p), Ron Crotty (b) ,Cal Tjader (ds)
San Francisco, CA, September, 1949

Photo above of Dave Brubeck, Dick Collins, Jack Weeks, Paul Desmond, Bob Collins, Dave Van Kriedt, and Bill Smith(1949)
Photo by Courtesy of the College of the Pacific, Stockton, California.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s