Toots Thielemans as guitarist(2)

August 23. 2017

Mr. Thielemans, right, and Benny Goodman play each other’s instruments around 1948. Mr. Thielemans toured with Goodman’s big band. Credit Metronome, via Getty Images

Today I would like to post about his activities until Toots Thielemans immigrated to the USA.

After the war he heard bebop style jazz records by Parker and Gillespie.

In those days he was making a name for himself as a guitarist in local jazz clubs and dance halls.

His first professional performances were with Benny Goodman’s band when they toured Europe in 1949.

When Thielemans visited the USA in 1948,an agent of Benny Goodman heard him play at a small New York music club.

After he returned to his home in Belgium, he received a letter inviting him to join Goodman’s tour in Europe.

He also accompanied Benny Goodman European tour the following year.

When Benny Goodman and his band had concerts in Rome,he and Benny Goodman went to see the performances of Django Reinhardt.

Also he joined a jam session in Paris with Sidney Bechet, Charlie Parker, Miles Davis, Max Roach and others in 1949.

During those years, he also made his first record with fellow band member.

The band name was “The Belgian Hot Club Quartet.”

We can listen to his early recordings on the double album,”Yesterday & Today”.

Please refer to the website.  Go here

In April 23,1950, Toots Thielemans Quartet recorded “I can’t Get Started” and ”How High The Moon” at Gazell label in Stockholm.

TOOTS THIELEMANS(g and harmonica),Jimmy Woode(p), Simon Brehm(b),Jack Norén(ds)

Unfortunately we can’t listen Gazell label.

In November 23,1950, Toots Thielemans Trio recorded four tunes at Metronome in Stockholm.

昨夜遅く東京在住の弦楽器奏者である長谷川光さん(FB友人)からToots Thielemansさんの最初のレコーディングについてご紹介頂きました。
ウェブサイトをご覧下さい。こちらをクリックして下さい。

今日はToots Thielemansが渡米するまでの初録音を含めた活動について調べました。

戦後、Charlie ParkerとDizzy Gillespieが演奏する新しいバップスタイルのレコードを聞きました。

その当時、Toots Thielemansは地元のジャズクラブやダンスホールで一流ギタリストとしての評価を受けていました。

1949年に行われたBenny Goodmanのヨーロッパツアー参加がプロとしての最初の公演となりました。以下、参加の経緯を記載します。

1948年に初めて米国を訪れたとき、Benny Goodmanの代理人がニューヨークの小さな音楽クラブで彼の演奏を聞いたそうです。

ベルギーに帰宅後、自宅に翌年予定されていたBenny Goodmanヨーロッパツアーに参加要請する手紙が送付されました。

翌年(1950年)のBenny Goodman欧州ツアーにも同行しています。

Benny Goodmanバンドがローマでコンサートをした時、同じ時期にローマに滞在していたDjangoの演奏を二人で聞きに行ったということです。(FB友人長谷川さんからの情報です)

又、1949年にパリで開催されたジャズフェスティバルに参加し、Sidney Bechet, Charlie Parker, Miles Davis, Max Roach 達と共演しています。

それらの活動期間中に当時のバンド仲間と最初のレコーディングを行なっています。

バンド名は「The Belgian Hot Club Quartet」と名付けられました。

現在、彼らのレコーディングは「Toots Thielemans – Yesterday & Today」として発売されています。詳細はウェブサイトをご覧下さい。こちらをクリックして下さい。

1950年4月23日、Toots Thielemans QuartetはストックホルムのGazellレーベルで「I can’t Get Started」と「How High The Moon」を録音しました。
メンバーはTOOTS THIELEMANS(g and harmonicaJim),Jimmy Woode(p)Simon Brehm(b)Jack Norén(ds)

残念ですが、稀少盤らしく上記データ以外は不明です。

1950年11月23日、Toots Thielemans TrioはMetronomeレコードに4曲を録音しています。ハーモニカに重点を置いて録音されています。

Here is Toots Thielemans Quartet Du Hot Club de Belgique play “Crazy Bop”.

Toots Thielemans(g),Francis Coppieters(p),Jean Warland(b),John Ward(ds) (1949)

Here is Toots Thielemans plays “Nuages”.

Here is Benny Goodman with  Toots Thielemans(Harmonica) play “Stardust”.
Recorded at a LIVE concert in Stockholm, Sweden in the early 50’s

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s