Toots Thielemans as guitarist(3)

August 25. 2017

Photo by YouTube Clip

In 1951 Toots Thielemans  immigrated to the United States.

He worked with Charlie Parker, Dick Hyman and many other musicians.

From 1953 to 1959 he played with George Shearing.

Photo above in the 1950s, from left, Bobbejan Schoepen, George Shearing, Toots Thielemans and singer Joe Williams

When  George Shearing signed with Capitol, they recorded together on most of Shearing’s Capitol sessions.

Also Thielemans was making a name for himself as a leader.

In 1957, he signed with Riverside label.

Photo above of Orrin Keepnews by courtesy of Alchetron

Orrin Keepnews produced an ingenious pairing by Thielemans and  baritone saxophonist Pepper Adams.

Thielemans and Adams had swing and a driving playing style in common.

Then Thielemans recorded most superb 1950s albums—Time Out for Toots, on Decca.

Unfortunately I could not hear his guitar on this recordings.

Photo above of Barry Galbraith by courtesy of Jazz Guitar Lessons.com

Photo above of Bucky Pizzarelli by courtesy of WNPR.

Probably it seems that guitar solos in this album are Barry Galbraith  and Johnny Pizzarelli.

In 1959 he recorded with Ray Bryant Trio on Signature label.

R-4680882-1420991758-2870.jpeg

 

1951年、Toots Thielemans は米国に移住しすぐにCharlie Parkerや Dick Hyman等と共演しています。

1953年から1959年までGeorge Shearingのグループに参加しました。

George Shearingが MGM社からCapitol社に移籍契約してからはShearingバンドのギター奏者として多くのレコーディングを残しています。

又同時期にThielemansはリーダーアルバムもレコーディングしています。

1957年ThielemansはOrrin Keepnews率いるRiverside社と契約を締結しました。

Orrin KeepnewsはThielemansとバリトンサックス奏者Pepper Adamsを組み合わせるという独創的なアイデアで「Man Bites Harmonica!」を制作しました。

ThielemansとAdamsの演奏スタイルには共通したところがあったようです。

その後、1950年代の代表作である「Time Out for Toots」をDecca社にレコーディングしています。

残念ながらこのアルバムにおいて、私の耳ではThielemansと共演者のギターを識別することが出来ませんでした。(Thielemansはハーモニカソロに専念しているのでしょうか)
このアルバムのギターソロはBarry GalbraithとJohnny”Bucky” Pizzarelli が担当しているのではないかと思われます。(ディスコグラフィーを参照しました)

1959年、Ray Bryant TrioをバックにSignature社に「The Soul Of Toots」をレコーディングしています。

Here is George Shearing Quintet play “Jordu”.
George Shearing (p), Emil Richards (vib), Toots Thielemans (g), Al McKibbon (b), Percy Brice (ds)Armando Peraza (congas)   Los Angeles, March 27,1958

Here is Toots Thielemans  Quintet play “Soul Station”.
Toots Thielemans(g.harmonica), Pepper Adams(bs),Kenny Drew(p), Wilbur Ware(b),Art Taylor (ds) : December 30, 1957 and January 7, 1958

Here is Toots Thielemans  Quintet play “Imagination”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Toots Thielemans plays “Time For Toots”. ( Full Album )
January 22, 1958 & January 24, 1958

Here is Toots Thielemans with Ray Bryant Trio play “You Are My Sunshine”.
Toots Thielemans (hca,g),Ray Bryant (p),Tommy Bryant (b),Oliver Jackson (ds) October ~November, 1959

Here is Toots Thielemans with Ray Bryant Trio play  “Lonesome Road”.
Members of the recording are the same as above.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中