Toots Thielemans as guitarist(4)

August 26. 2017 

Photo by courtesy of Radio 1

By the early 1960s, Thielemans had become increasingly popular in the studios as a harmonica player and whistler. So his guitar playing had become less.

On 23 January 2009, he joined the memory of the 100th anniversary of the birth of Django Reinhardt.

1960年の初めには、Toots Thielemansはハーモニカと口笛奏者としての演奏が高く評価され、世界的なスターになりました。
後年の活躍で私が注目したのは、2009年1月に開催されたDjango Reinhardt生誕100年記念コンサートに出演していることです。

Photo above of Cary Grant, Toots Thielemans and Quincy Jones by courtesy of Amazing Belgium

Here is Toots Thielemans plays “We’ll be Together”(1961)
George Arvanitas(p), Roland Lobligeois(b) Philippe Combelle(ds)  January 3~4 Paris

Here is Toots Thielemans plays “Willow Weep for Me“.
Members of the recording are the same as above.

Here is Martial Solal &Toots Thielemans play “ Waltz For Sonny”.(1990)
Martial Solal(p),Toots Thielemans(g,harmonica)

Here is Toots Thielema plays “Nuages”.
Toots Thielemans (hca,g),Ray Bryant (p),Tommy Bryant (b),Oliver Jackson (ds)
October ~November, 1959

Here is Milt Jackson & Benny Golson with Toots Thielemans play “Bags Groove”.
Toots Thielemans plays harmonica.Milt Jackson(vib),Benny Golson(ts),Art Farmer(tp),Niels-Henning Orsted Pedersen(b),Ulf Wakenius(g), Jonas Johansen(ds), Kenny Kirkland(p),Toots Thielemans(harmonica)Max Roach(ds)   June 14, 1997, Germany

Photo by courtesy of Thielemans’s Facebook page


以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。 ロゴ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中