The early recordings by Dexter Gordon(1)

September 6.2017

Yesterday I introduced ”Gettin’ Around” by Dexter Gordon.

This week I would like to post about  Dexter’s early recordings.

Dexter Gordon had been fortunate from the beginning.

His father was a well-known doctor who counted Duke Ellington and Lionel Hampton among his patients.

His father was also an avid jazz fan, and introduced Dexter to the music at an early age.

He took up the clarinet at age 13, switching to the saxophone shortly thereafter.

Photo above by jazzinphoto-Wordpress.com
Melba Liston and Dexter Gordon joke around during a
Dial Records recording session on June 5th, 1947
in Los Angeles.

Also he became friend with Melba Liston in McKinley Junior High School.

About Melba Liston, please refer to my past articles.Go here

His hometown Los Angeles was a center for jazz and a hotspot for the developing bebop style.

While he was still a teenager, he began to stand out as a saxophonist.

Photo by courtesy of California Perspectives on American History

Then he began his music career in 1940 with Lionel Hampton’s orchestra.

He belonged to Lionel Hampton’s band for three years.

In 1943 he made his first recordings as a band leader at age 20.

今週はDexter Gordonの初期の録音について調べてみたいと思います。

Dexter Gordonは生まれた時から幸運な人生を歩むことになります。

彼の父はDuke EllingtonやLionel Hamptonを診ていた有名な医者でした。

父は熱心なジャズファンで息子には早い時期から音楽に触れさせました。

Dexter Gordonは13歳でクラリネットを演奏し始め、その後すぐにサックスに転向しました。

又、McKinley中学校ではMelba Listonと友人となっています。

Melba Listonについてはこちらをクリックして下さい。

戦後の Los Angeles はジャズの中心地であり、ビバップスタイルのジャズが盛んに演奏されていました。

Dexter Gordonはまだ十代の若さにも関わらず、サックス奏者として頭角を現すようになりました。

プロとしての最初の音楽活動は1940年のLionel Hampton’s orchestraとの仕事でした。

その後Lionel Hampton’s orchestraに3年間所属することになります。

1943年、20歳で初リーダー録音を行なっています。

Here is Lionel Hampton And His Orchestra play ”Nola”.
Karl George, Joe Newman, Ernie Royal (trumpet) Fred Beckett, Sonny Craven, Harry Sloan (trombone) Marshall Royal (alto sax, clarinet) Ray Perry (alto sax, violin) Dexter Gordon, Illinois Jacquet (tenor sax) Jack McVea (baritone sax) Lionel Hampton (vibes ) Milt Buckner (piano) Irving Ashby (guitar) Vernon Alley (bass) George Jenkins (drums)
NYC, December 24, 1941

Here is Dexter Gordon Quintet play “I’ve found a new baby”.
Harry Edison (trumpet) Dexter Gordon (tenor sax) Nat King Cole (piano) possibly Red Callender or Johnny Miller (bass) Juicy Owens (drums)
Los Angeles, CA, late 1943 or circa July, 1944

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中