日別アーカイブ: 2017年9月25日

Ralph Sharon(1)

September 25.2017

Photo by courtesy of The New York Times

Yesterday, I went to the jazz regular meeting in Kobe,where I introduced “Tony Sings for Two “by Tony Bennett.

Because I love Ralph Sharon’s piano accompaniment.

So this week I would like to confirm his footprints until Ralph Sharon becomes a pianist of Tony Bennett.

Ralph Simon Sharon was born September 17,1923 in London and died March 31, 2015 in Boulder in Colorado.

Illustration by courtesy of London Cinema Museum

His mother was American, and she used to be a professional pianist.

She used to play piano for the films in theatres in New York.

Then she got married with Englishman, and emigrated in London.

Naturally,he began to study piano with her.

But he did not enjoy playing the piano and he wouldn’t practise until he was around thirteen.

Photo by courtesy of The Newyoker

Photo by courtesy of 100piano.com

In those days he started hearing jazz records such as Fats Waller and Art Tatum.

He said;”That all changed when I began listening to American jazz records”.

So he started going to some London jazz clubs and hanging out with professional musicians.

Then he started playing with little local bands, just around the Bethnal Green area.

昨日神戸ジャズ愛好会に参加しました。

今回の持寄テーマは『ジャズスタンダード名曲集(第2回)~リチャード・ロジャース&ロレンツ・ハート』でした。

私は愛聴盤である「Tony Sings for Two」by Tony Bennett.を紹介させて頂きました。

昔からRalph Sharonのピアノ伴奏が大好きで、先輩会員の方からええの持ってくるねとお褒めの言葉を頂戴したことも嬉しかったです。

そこで今週はRalph SharonがTony Bennettの伴奏者になるまでの足跡を確認したいと思います。

Ralph Simon Sharonは1923年9月17日にロンドンで生まれ、2015年3月31日にコロラド州ボルダーで亡くなりました。

母親はアメリカ人でした。母は結婚前にはニューヨークの映画館でサイレント映画の伴奏演奏をしていたそうです。

その後イギリス人と結婚しロンドンに移住しRalph Sharonが誕生しました。

当然のごとくRalphは母の教えでピアノを勉強し始めました。

しかしピアノを弾くのが嫌で13歳くらいまでは真面目に練習しなかったそうです。

一方で自宅にあったFats WallerやArt Tatumなどのジャズレコードを聞き始めました。

後日この時の感動を次のように語っています。「アメリカのジャズメンのレコードを聞き始めたときから全てが劇的に変わりました」

その後ロンドンのジャズクラブに足繁く通うようになりプロ演奏家とも出会いました。

そしてロンドンのBethnal Green地区でローカルバンドを結成し演奏活動を開始しました。

Here is  Tony Bennett with Ralph Sharon play “I Didn’t Know What Time It Was”.

Here is  Tony Bennett with Ralph Sharon play “Bewitched, bothered and bewildered”.

Here is  Tony Bennett with Ralph Sharon play “My Funny Valentine”.