日別アーカイブ: 2017年9月27日

Ralph Sharon(3)

September 27.2017

Ralph Sharon realized early on that he needed to immigrate to the United States if he really wanted to play jazz.

In 1953, he emigrated to the United States,where he was sharing a room with clarinetist Tony Scott.

In those days they were absorbed in bebop,and frequently went to Minton’s.

Tony Scott introduced Ralph to prominent jazz musicians in New York.

So he worked with famous musicians, recording albums with noted jazz musicians.

Ralph Sharon recorded for the US London label on May 27th, 1955.

Then he had transferd to Bethlehem Records, and recorded Ralph Sharon Trio album in 1956.

He also recorded with jazz vocalist Chris Connor on the Bethlehem label from 1955-1957.

Ralph Sharonは本物のジャズを演奏するのであるならばアメリカに移住する必要があるということを早くから認識していました。

1953年アメリカに移住しクラリネット奏者のTony Scottと同じ部屋で生活していました。

当時二人はビバップの虜になっており頻繁にMinton’s Playhouseに行きました。

Tony Scottはイギリスから来たRalph Sharonをニューヨークで有名なジャズミュージシャンに紹介しました。

そのお陰でRalph Sharonはジャズ仲間との共演も多くなりレコーデイングの機会を持つことになりました。

1955年5月27日、米国Londonレーベルに「Easy Jazz」というアルバムを録音しました。

その後Bethlehemレコードに移籍し「Ralph Sharonトリオ」(1956年)というアルバムを録音しました。

又、Chris ConnorのBethlehem盤(1955-1957年)の伴奏者としてジャズ史に名前を残すことになりました。

 Here is  Ralph Sharon Sextet play “Have You Met Miss Jones?”.
J.R.Monterose (ts), Teddy Charles (vib), Ralph Sharon (p), Joe Puma (g), Charles Mingus (b), Kenny Clarke (ds) 27 May,1955

Here is Chris Connor sings “I Concentrate On You”.
Chris Connor(vo),J.J.Johnson(tb),Kai Winding(tb),Herbie Mann(fl,ts),Ralph Sharon(p),Joe Puma(g),Milt Hinton(b),Osie Johnson(ds)