Monthly Archives: October 2017

The Single Petal Of A Rose

October 30,2017

Last week I introduced my favorite piece “The Single Petal Of A Rose” by Nik Payton’s performance.

So I will return to origin and introduce some famous performances by piano.

『The Single Petal Of A Rose(ピアノ演奏に限定)』の聴き比べをお楽しみ下さい。

個人的にはAaron Diehlをよく聞いています。(youTube映像も添付しました)

81lPLbFSDyL._SX355_

Here is Duke Ellington plays “The Single Petal Of A Rose”.(1959)

 

 

jubilation

Here is Junior Mance plays “The Single Petal of a Rose”.
Tronto september 14,1994

 

 

jitterbugFront

Here is Jeremy Kahn Trio play “The Single Petal Of A Rose”.
Jeremy Kahn(p),Leon “Boots” Maleson(b),Tim Horner(ds)
New York, 1995

 

 

Unknown

 

Here is Marian McPartland ‎plays “The Single Petal Of A Rose”.
Recorded live at Maybeck Studio  2000

 

 

Unknown-2

Here is Aaron Diehl plays “The Single Petal Of A Rose”.
New York, 2013

Here’s Aaron Diehl plays “The Single Petal of a Rose” (Live at Dizzy’s)

Mentor and Disciple(Bob Wilber and Nik Payton)

October 28,2017

In September I posted that Bob Wilber was a disciple of Sidney Bechet.

Today I would like to introduce the Bob Wilber’s disciple.

Nik Payton was born in Birmingham, England in 1972.

He started studying piano at the age of 4, and went on to study classical saxophone at 14.

At the age of 15 he became one of the few students of Bob Wilber.

Nik is very proud to continue the legacy of Sidney Bechet and Bob Wilber.

Also He was Artistic Director of Jazz Festival Brasil from 2009-2015.

Photo by Wikipedia

9月のブログにてBob Wilber がSidney Bechetの弟子であると投稿しました。

今日はBob Wilberと弟子Nik Paytonとの共演盤を紹介したいと思います。

Nik Paytonは1972年に英国バーミンガムで生まれました。

4歳でピアノを学び14歳でクラシックサックスを始めています。

15歳の時にBob Wilber に師事することになりました。

Nik PaytonはSidney BechetとBob Wilberに繋がる系譜を継続することを誇りにしています。

Here is Nik Payton and Bob Wilber play “I believe in Miracles”.
Nik Payton,Bob Wilber(cl,ss) Richard Busiakiewicz (p), Dave Green (b), and Steve Brown (ds)  2008

Here is Nik Payton and Bob Wilber play “No More Blues”.
Members of the recording are the same as above.

Fortunately he has recorded my most favorite song.
Here is Nik Payton plays “The Single Petal Of A Rose”.

Here is Nil Payton on Jazz Festival Brasil

CLARINESCAPADE” Bobby Jaspar first leader work”

October 26,2017

In 1950, Bobby Jaspar moved to Paris, and became one of the center figures of Modern Jazz in Paris.

In those days he was briefly married to Blossom Dearie before moving to NYC.

In 1956 They settled in New York.

Blossom Dearie and husband Bobby Jaspar by courtesy of Blossom Dearie HP Photo Gallery

Fortunately he recorded a precious leader album in November 1956.

His composition “In a Little Provincial Town” is a song related to his home town “Liège”.

1950年Bobby Jasparはパリに移りモダンジャズの中心人物の1人になりました。
当時、ニューヨークから来ていたBlossom Dearieと結婚していました。
1956年に二人はニューヨークに移り住みました。
J.J.Johnsonに雇われる前後に貴重なリーダー作品を録音していました。
「In a Little Provincial Town」は彼の故郷「Liège」に因んだ曲です。
下記3曲はクラリネット・フルート・テナーでソロを演奏しています。

Here is Bobby Jaspar Quartet play “Clarinescapade”.
Bobby Jaspar(cl),Tommy Flanagan(p), Nabil Totah(b), Elvin Jones(ds)
November, 1956 NYC

Here is Bobby Jaspar Quintet play “In A Little Provincial Town”.
Bobby Jaspar(fl) Eddie Costa(p), Barry Galbraith(g), Milt Hinton(b), Osie Johnson(ds)
November, 1956 NYC

Here is Bobby Jaspar Quartet play “I Remember You”.
Bobby Jaspar(ts),Tommy Flanagan(p), Nabil Totah(b), Elvin Jones(ds)
November, 1956 NYC

大阪ジャズ同好会10月例会(後半特集)『Stan Kenton楽団』

October 24,2017

Photo by courtesy of yestercenturypop.com

大阪ジャズ同好会の特集後半は『Stan Kenton楽団』をご紹介しました。
以下概略と選曲を掲載します。
Stan Kenton楽団は1941年に創設されました。それまでのスイング楽団から脱却し「Progressive Jazz」と呼ばれた進歩的なジャズを発表しました。
Pete RugoloやBill Holeman等の重厚な編曲とウエストコーストの腕達者を数多く起用し、贅沢な作品をキャピトルレコードに数多く録音しました。
images
又、Anita O’Day, June Christy, Chris Connerなど優秀な専属歌手を擁しました。(Ann RichardsはStan Kentonの妻でした) 今回はボーカルとの演奏は選曲しておりません。
(1)Eager Beaver(3:10)
1943年10月19日録音 作曲・編曲はStan Kenton

(2)Artistry In Rhythm(3:23)
1944年1月19日録音  アーティストリーシリーズは大ヒットしました。

(3)Art Pepper(2:11)
1950年5月18日録音
50人編成のオーケストラをバックにソロ演奏しています。

(4) Invnetion For Guitar and Trumpet(2:55)
1952年9月15日録音  作曲・編曲 Bill Holeman
Sal Salvador(g), Maynard Ferguson(tp)

(5)Autumn In New York(2:34)

(6)You And The Night And The Music(2:38)
1953年7月8日録音

大阪ジャズ同好会10月例会 (前半特集)『Woody Herman楽団』

October 23,2017

大阪ジャズ同好会で特集を担当させて頂きました。(10/8)
前半は『Woody Herman楽団』でした。
以下概略を掲載します。

fullsizeoutput_a99

Photo from The Big Band by George T.Simon

1936年にWoody Hermanがボーカルとして参加していたIsham Jones楽団を引き継ぎWoody Herman楽団が創設されました。
1945年に新編成された『ファーストハード』はRalph Burnsの編曲や有能な新人を多数起用することによって超一流のバンドになっていきました。
1947年に再結成された『セカンドハード』はサックスアンサンブルを重視した編成で、本日お聞き頂く(5)(6)は『クール時代』の開幕を告げる作品として有名です。

igor-stravinsky-ebony-concerto-recorded-in-1946-igor-stravinsky-conducts-the-woody-herman-orchestra-in-the-ebony-concerto

Photo above of Igor Stravinsky – Ebony Concerto by courtesy of CLASSICAL20.COM

又、近代音楽のストラビンスキーも楽団に『Ebony Concerto』を提供しています。
今回はFirst HerdとSecond Herdの代表的な演奏を選曲致しました。
The First Herd時代
(1)Apple Honey(3:15)

(2)Laura(3:19)
1945年2月19日録音
1944年製作「ローラ殺人事件」主題歌(ビルボード誌 第4位)

(3)Caledonia(3:02)
1945年2月26日録音  上記3曲の編曲 Ralph Burns

(4)Woodchopper’s Ball(3:14)
1946年12月10日録音 編曲 Niel Hefti

The Second Herd時代

6a00e008dca1f088340153931d0126970b-500wi

(5)Summer Sequence(Part4)(1:00)
1947年12月27日録音(レコーディングスト直前)
StanGetzのソロ演奏部分をお聞き下さい。

(6)Early Autumn(3:09)
1948年12月30日録音(キャピトルに移籍)
上記の StanGetzのソロ演奏部分と聞き比べて下さい。

(7)Lemon Drop(2:55)
1948年12月30日録音

(8)Four Brothers(3:15)
1947年12月27日録音 (5)と同じ録音日です。
Stan Getz, Zoot Sims, Herbie Steward, Serge Chaloff

Gil Fuller(3)

October 22,2017

Photo above of Dizzy Gillespie and Gil Fuller and Dick Bock

Dizzy Gillespie worked closely with Gil Fuller during the height of his big band period in the mid to late 1940s.

Their collaboration also produced a standards such as “Manteca” and “Tin Tin Deo” by Chano Pozo.

By 1965, Gil Fuller wasn’t working with Dizzy in an official capacity.

In those days Fuller established his own publishing company.

So he did not appear in the recording studio.

Interestingly he created under BMI music publishing under aka “GILBERTO” for “GIL FULLER”.

In the ’60s Fuller once again associated with modern jazz.

We can hear Gil Fuller & the Monterey Jazz Festival Orchestra featuring Dizzy Gillespie.

This is an album by composer, arranger and conductor Gil Fuller in 1965.

He also was concerned with pop music such as Modern Sounds in Country and Western Music by Ray Charles.

He passed away May 26, 1994, San Diego, in California.

Dizzy Gillespieは1940年代の中期から後半にかけて Gil Fullerとの緊密な関係を保ちその時代では高いレベルのビッグバンドを率いていました。

Chano Pozo原作の「Manteca」や 「Tin Tin Deo」は二人の協力によりスタンダード曲となりました。

1965年までGil FullerはDizzyとの公式な共演はありませんでした。

その当時、Gil Fullerは音楽出版会社を設立していました。

それ故レコーディングスタジオにあまり登場しませんでした。

余談ですがGilbertoという偽名でダンスアルバムを出しています。

1960年代になるとGil Fullerは再びモダンジャズシーンに関わってきます。

Gil FullerはMonterey Jazz Festival Orchestraを結成しGillespieをフィーチャーした作品を残しました。

このアルバムは1965年にGil Fuller自ら作曲・編曲・指揮を行っています。

又、ポピュラーミュージックに関わりRay Charlesによる「Modern Sounds in Country and Western Music」の編曲にも携わっています。

Gil Fullerは1994年5月26日、カリフォルニア州サンディエゴで永眠しました。

Here is Dizzy Gillespie Quintet play “Tin Tin Deo”.
Dizzy Gillespie(tp),James Moody(as.flt),Kenny Barron(d)
Christopher Wesley White(b),Rudy Collins(ds)

Here is Gil Fuller And The Monterey Jazz Festival Orchestra Featuring Dizzy Gillespie play “Man from Monterey”.
John Audino, Harry Edison, Dizzy Gillespie, Freddie Hill, Melvin Moore (tp) Jim Amlotte, Francis Fitzpatrick, Lester Robinson (tb) Sam Cassano, David Duke, Herman Lebow, Alan Robinson (French horn) Gabe Baltazar, Buddy Collette, Bill Green, Jack Nimitz, Carrington Visor Jr. (reeds) Phil Moore Jr. (p) Dennis Budimir (g) Jimmy Bond (b) Earl Palmer (ds) Gil Fuller (arranger, conductor) Hollywood, CA, June 8 & 9, 1965

Here is Gil Fuller Orchestra play “Be’s that way”.

Here is Ray Charles sings “I Can’t Stop Loving You”.

Gil Fuller(2)

October 19,2017

Photo above of Gil Fuller by courtesy of Official Website 2015

After Fats Navarro left Billy Eckstine band ,Fats and Kenny Dorham joined small-group session under the leadership of Kenny Clarke.

Then Fats Navarro and Kenny Dorham recorded a historical performance on September 5 1946 on Victor label.

They were named Kenny Clarke and his 52nd Street Boys.

Next day(September 6) they recorded on Savoy label as The Be Bop Boys.

Also The Be Bop Boys was named Gil Fuller’s Modernists.

Common members of two days were Kenny Dorham, Fats Navarro, Sonny Stitt, Bud Powell, Kenny Clarke.

Noteworthy, Gil Fuller was included as arranger on both sessions.

Also Savoy label instructed a long recording time.

Four tunes cut a greater length than an usual recording.

Because these were recorded at double length for release over two sides of a 78 rpm disc.

In 1949 Gil Fuller recorded his leader recordings on Discovery label.

Unfortunately after that, he has not produced his own album until 1965.

Kenny Clarkeはレコーディンググループを結成するためにBilly Eckstine楽団を脱退したFats NavarroとKenny Dorham を参加させました。
Kenny Clarke and his 52nd Street Boys と名付けられたグループは1946年9月5日にビクター社に歴史的な演奏を録音しました。
翌日(9月6日)、Kenny ClarkeはSavoy社にThe Be Bop Boysと名付けられたグループ名で録音しています。別名 Gil Fuller’s Modernistsと名付けられました。
二日間に共通しているのはKenny Dorham, Fats Navarro, Sonny Stitt, Bud Powell という錚々たるメンバーでした。
注目すべきはGil Fullerが両日のレコーディングで編曲者として参加していたことです。
この日Savoy社は一曲の録音時間を長くするよう指示しました。
その結果、録音された4曲は通常の時間よりも長めにレコーディングされています。
何故なら78rpm(3分仕様)の両面で1曲として発売する意図で2倍の時間でレコーディングされたからです。
1949年、Gil FullerはDiscovery社からリーダーアルバムをレコーディングしています。
残念なことにその後1965年まで自分のアルバムを制作していません。

Here is Kenny Clarke and His 52nd Street Boys play “Rue Chaptal (as Royal Roost)”.
McKinlay Dorham (Kenny Dorham), Fats Navarro (tp), Sonny Stitt (as), Ray Abrams (ts), Eddie DeVerteuil (bs), Bud Powell (p), John Collins (g), Al Hall (b), Kenny Clarke (ds),  Gil Fuller (arr)
NYC, September 5, 1946

Here is  Gil Fuller’s Modernists play “Boppin’ A Riff”.
Kenny Dorham, Fats Navarro (tp) Sonny Stitt (as) Morris Lane (ts) Eddie DeVerteuil (bs) Bud Powell (p) Al Hall (b) Kenny Clarke (ds) Gil Fuller (arr) NYC, September 6, 1946

Here is Gil Fuller and His Orchestra play “Tropicana”.
Dave Burns, Mustapha Daleel, Bill Massey, Abdul Salaam (tp) Charlie Johnson, Haleen Rasheed, Clarence Ross, Rip Tarrant (tb) Jimmy Heath, Sahib Shihab (as) Pritchard Cheesman, Billy Mitchell (ts) Cecil Payne (ba) Milt Jackson (vib, p) Percy Heath (b) Art Blakey (ds) Gil Fuller (arranger, conductor, vocals) NYC, June 11, 1949
(Go Here)こちらをクリックして下さい。