日別アーカイブ: 2017年12月14日

SICILY JASS “The World’s First Man in Jazz”(3)

December 14. 2017

Photo above of Nick LaRocca by courtesy of We The Italians | Michele Cinque (Director of “Sicily Jass”)

Photo above of Ricky Riccardi by courtesy of dipper mouth.blogspot.jp

At the beginning of the movie, Ricky Riccardi appeared and pointed to a page with Louis’ the first biography of Louis Armstrong.

Ricky Riccardi is the Archivist for the Louis Armstrong House Museum and author of “What a Wonderful World”.

Ricky Riccardi’s Facebook Go here

There is written that Louis heard frequently the performance of Nick LaRocca in New Orleans.

Ricky said on film:”Louis often spoke about the Original Dixieland Jazz Band recordings.”

Louis Armstrong House Museum by NYCgo.com

映画の冒頭でRicky Riccardi(リッキー・リカルディ)が登場し、ルイ・アームストロングが最初に書いた自叙伝のあるページを指さししました。

Ricky RiccardiはLouis Armstrong House Museum(NYC)の管理責任者であり “What a Wonderful World”の著者でもあります。

Ricky RiccardiのFacebookはとても参考になります。こちらをクリックして下さい。

その自叙伝に「私はニューオーリンズにいた頃、ニック・ラロッカの演奏をよく聞きました」と書いています。

リッキーは「ルイはThe Original Dixieland Jazz Bandのレコードについてよく話していました」と映画の中で解説しています。

以下「ルイ・アームストロングが自叙伝に記した内容」をWikipediaから引用します。
「僕がウェイフ少年院でトランペットを習う4年前、1909年に最初の偉大なジャズオーケストラがドミニク・ジェームズ・ラロッカというコルネット奏者によってニューオリンズで結成された。みんな「ニック」ラロッカと呼んでいた。彼の楽団はたったの5人組だった。でも彼らはそれまでで最高にホットな5人組だった。(中略) 彼らが作り、当時世界中に新しいジャズ音楽をとどけた偉大なレコードの一部には『タイガーラグ』『リヴァリー・ステイブル・ブルース』 なんかがある。 ラロッカは数年前に引退してニューオーリンズに戻ったが、シンコペートされた音楽の偉大な開拓者としての彼の名声は永く永く、たぶんアメリカ音楽が続く限り残るだろう。 ディキシーランドバンドはすべてを変えた。」

Photo by courtesy of Library of Congress

Here is Original Dixieland Jazz Band play “Tiger Rag”.
Nick LaRocca, c, dir: Eddie Edwards, tb / Larry Shields, cl / Henry Ragas, p / Tony Sbarbaro, d.
New York, March 25, 1918.
21701-3 ,Vic 18472,

Here is Louis Armstrong plays “Tiger Rag”.
Filmed in Copenhagen, Denmark in 1933