Jazz South Pacific by USO

January 14.2018

Photo above of Howard McGhee and his wife Sandy(1963) by courtesy of Pinterest

In 1951 Oscar Pettiford formed a jazz unit for consolation at the request of USO.

About USO, please refer to wikipedia. Go here

So he had convened J.J.Johnson and Howard Mcghee and others.

Photo above of J.J.Johnson by amazon.com

They went overseas on November 3 after playing of USO task at camps across the United States.

Then they went to Korea, Japan, and Southern Pacific islands.

Unfortunately Pettiford left this group for internal problems.

So “Jazz South Pacific” was recorded in Guam before the recordings of Howard McGhee Korean All Stars.

Photo by Alamy

By the way Oscar Pettiford and Howard Mcghee with Coleman Hawkins appeared in the movie THE CRIMSON CANARY.

Photo by Fresh Sound

1951年、Oscar PettifordはUSOの要請で米軍基地慰問を目的としたジャズユニットを結成しました。

USO(The United Service Organizations )については、こちらを参照してください。

J.J.JohnsonやHoward Mcgheeなどが慰問メンバーとして招集されました。

グループは米国内の基地慰問活動を行った後、11月3日に海外の基地に向かいました。

その後、韓国、日本、南太平洋諸島の前線基地での慰問活動を行いました。

残念なことですがOscar Pettifordは他のメンバーと「反りが合わず」、楽旅途中でグループを脱退してしまいました。(詳細な理由をご存知の方からの情報提供をお願いします)

それ故「Jazz South Pacific(Regent MG6001)」にはOscar Pettifordが参加し、前回ご紹介した「Howard McGhee Korean All Stars」には現地のベーシストが参加していたのではないかと推測致します。

余談ですがOscar PettifordとHoward McGheeは一緒に映画出演しています。

「THE CRIMSON CANARY」という映画のワンシーンでColeman Hawkinsをリーダーとするバンドメンバーとして登場しています。


Howard McGhee (tp) J.J. Johnson (tb) Rudy Williams (ts) Skeeter Best (g) Oscar Pettiford (b) Charlie Rice (d) Guam, Pacific Islands, late 1951

“Royal garden blues”

“St. Louis blues”

“Mood indigo”

“Lady be good”

“Harvest time”

Here is Coleman Hawkins and Oscar Pettiford and Howard Mcghee on the film “THE CRIMSON CANARY”.

153582016

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中