Teddy Weatherford and Buck Clayton(2)

January 19.2018

今日のブログは「Buck Clayton’s Jazz World」(上記写真)から一部を引用(要約)しました。

After high school, Buck Clayton moved to Los Angeles from Kansas.

When he had begin to play his first band, Teddy Weatherford had arrived from Shanghai.

Because Teddy Weatherford delegated from “Tung Vong Company” of Shanghai for scouting jazz musicians in USA.

Photo above of Teddy Weatherford by courtesy of Swinging’ India

Teddy had visited Los Angeles,Kansas City, Chicago,St.Louis,New York in search of a band to take back to China.

Fortunately, Buck Clayton had an acquaintance of Teddy Weatherford in his band.

Joe McCutchi and Teddy were the member of Erskine Tate band.

So Weatherford managed contracting Buck Clayton and His Harlem Gentlemen.

Photo by Buck Clayton’s Jazz World

In those days Buck Clayton had been the first marriage with Gladys “Derb” Henderson.

Also he met Duke Ellington before voyage to Shanghai.

At that time Duke Ellington was contracted for “Murder at the Vanities”.

When Buck Clayton and Debr made a voyage to Shanghai,Duke and his members saw a newly married couple off at the port.

Gladys “Derb” Henderson and Buck Clayton surrounded by a group of people including Duke Ellington, in front of a ship in California.
Photo by courtesy of University of Missouri Library

Buck Claytonは高校を卒業した後、生まれ故郷のKansas州からLos Angelesに移住しました。

Los Angelesでの音楽活動が軌道に乗った頃、Teddy Weatherfordが上海から一時帰国しました。

1934年、Teddy Weatherfordは「Tung Vong Company」(音楽プロダクション)の代理人として、本場のジャズミュージシャンを上海に招聘する目的で一時帰国したようです。

Teddy WeatherfordはKansas City, Chicago,St.Louis,New Yorkを視察したようです。

最終的にLos AngelesでTeddyはBuck Claytonと出会います。

幸いなことに(偶然)Buck Claytonはその当時のバンドの中にTeddy Weatherfordを知っているメンバーを一人擁していました。

Joe McCutchiとWeatherfordはErskine Tateバンドのメンバーとして旧知の仲でした。

そういった経由があり、Teddy Weatherfordは「Buck Clayton and  His Harlem Gentlemen」というグループと上海行きの契約を交わしたそうです。

Buck Claytonはプライベート面でGladys “Derb” Hendersonという女性と最初の結婚をしていました。

又、上海への航海の前にDuke Ellingtonとも会っています。

その当時、Duke Ellingtonは「Murder at the Vanities」という映画出演のためLos Angelesに来ていました。

Buckの自伝では、新婚の二人を祝福するパーティでのDuke Ellington楽団の様子が詳しく記述されています。(初録音も経験していないトランペッターにとっては忘れられない人生の一幕だったと推測します)

Buck Claytonと妻DebrがShanghai行きの船に乗る時、Dukeと他のメンバーは桟橋まで見送りに来ていました。(写真を添付しました)

Here is “Murder At The Vanities”
Duke Ellington and his Orchestra(1934)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中