月別アーカイブ: 2018年1月

Talmage Farlow(2)

January 8.2018

Photo above of Lenny Breau Emily by courtesy of Pinterst

Tal Farlow and director Lorenzo DeStefano wanted a meeting between the veteran and a rising star.

They made a request for Emily Remler as a co-star.

Unfortunately she could not appear.

Photo above of Emily Remler by courtesy of Allmusic

So Lenny Breau played with Tal Farlow on film.

Tal and Breau spent time conversing for performance in Farlow’s New Jersey home.

Then they moved to “The Sign of the Times”, a small nightclub in the tiny town of Rumson.

This gig was their first and only performance together.

Because the young guitarist died under mysterious circumstances on August 5,1984.

By the way Emily Remler died of heart failure May 4, 1990 at the age of 32.

Tal FarlowとLorenzo DeStefano監督は共演者として若手で有望なギタリストとの共演シーンを望んでいました。

最初に出演要請したエミリーとの共演は残念ながら実現しませんでした。

その結果Lenny BreauはTal Farlowと映画で共演できたのでした。

BreauはNew JerseyにあるTal Farlowの自宅で「お互い名手のみぞ理解出来る」会話をしたそうです。

その後、近くのラムソンという町にある瀟洒なナイトクラブ「The Sign of the Times」で最初で最期のライブコンサートを行いました。

何故なら1984年8月5日、Lenny Breauは変死という形で生涯を終えることになったからです。

余談ですがEmily Remlerは1990年5月4日に32歳で心不全で死亡しています。

Chance Meeting: Tal Farlow & Lenny Breau
Tal Farlow, Lenny Breau (g) Lyn Christie (b-1) Nat Garratano (d-1)
Live “The Sign of the Times”, Rumson, N.J., May 21, 1980

Here is Tal Farlow and Lenny Breau play “I Love You”.

 

 

Here is Tal Farlow and Lenny Breau play “Satin Doll”

 

 

Here is Tal Farlow and Lenny Breau play “My Funny Valentine”.

 

 

Here is Tal Farlow and Lenny Breau play “All The Things You Are”.

 

 

Here is Tal Farlow and Lenny Breau talk “Conversation (Tal & Jerry)”.

 

 

Here is Tal Farlow and Lenny Breau play “Cherokee”.

 

 

Here is Tal Farlow and Lenny Breau play “What Is This Thing Called Love?”.

 

 

Here is Tal Farlow and Lenny Breau play “Broadway”.

 

 

Here is Tal Farlow and Lenny Breau play “My Foolish Heart”.

Photo by wikipedia

 

 

Talmage Farlow(1)

January 7.2018

Recently, I watched “Talmage Farlow” by website.

“Talmage Farlow” was produced by Lorenzo DeStefano as a documentary on jazz guitarist Tal Farlow in 1981.

Photo above of Lorenzo DeStefano(left) by courtesy of the portland Press Herald

下記映像は5分ごとにCMが挿入されます。後半30分以降が楽しめると思います。

This film is featuring Tal’s footages and interviews of Lenny Breau, George Benson, Tommy Flanagan, Red Mitchell, Red Norvo, and Jimmy Lyon.

Last year I learned an interesting fact about this film.

”Initially, we considered Emily Remler here ,but she wasn’t available,and then Tal suggested Lenny Breau.”
(Lorenzo DeStefano ,conversation with Jean-Luc Katchoura,August 2011.from p184)

 

年初で時間がありましたので、 ネットで公開されているTal Farlowのドキュメンタリー映画を観ました。

「Talmage Farlow」は映像作家Lorenzo DeStefanoによって1980年に制作されました。

この作品の中ではGeorge Benson、Red Norvo、Jimmy Lyonがインタビューゲストとして登場しています。

又、Lenny Breauとのクラブでの共演、Tommy Flanagan並びにRed Mitchellとのコンサートの模様が記録されています。

昨年購入した書籍(上記写真)からこの作品について興味深い事実を知りました。

「当初、Tal FarlowはEmily Remlerと共演したかったそうです。しかし、彼女とは共演できずLenny Breauを指名したそうです。」

余談ですが、40年以上前にジャズ喫茶オアシス(大阪千里丘)での例会で、毎週「樽春雄」さんがギター関連のレコード解説をされていました。個人的には樽さん(小林氏)にこの映像を解説して頂きたいと思っています。

MI0000264637

次回はLenny Breauとの共演盤「Chance Meeting」を全曲ご紹介します。

Photo above of Emily Remler by courtesy of Brian McMillen

Here is Emily Remler Quartet play “Softly, as in a morning sunrise”.
Hank Jones (p) Emily Remler (g) Buster Williams (b) Marvin “Smitty” Smith (d)
New York, May, 1988

 

 


Here is Emily Remler Quartet play “In a sentimental mood”.
Hank Jones (p) Emily Remler (g) Bob Maize (b) Jake Hanna (d)
San Francisco, CA, April, 1981

The early recordings by Milt Jackson on Dee Gee label

January 4.2018

Herman Lubinsky, who founded Savoy Records in New York City in 1943,grew his catalogue buying up defunct record labels and leasing recordings, as well as recording his own sessions.

元旦、ミルト・ジャクソンの誕生日ということで瀬谷さんから貴重なSP音源(Hi-Lo原盤)を聞かせて頂きました。

1952年録音「Softly As In A Morning Sunrise」 Hi-Lo 1412 (HL 321)

ディスコグラフィーによるとHi-Loレコードからは上記を含み4曲(SP2枚)が発売されたようです。

ネットに公開されていた「Hi-Lo 1405」の写真を添付します。

Photo by Discogs

その後、Hi-Lo原盤はSavoyレコード社が発売することになりました。

その当時のSavoyレコードは自社制作録音以外に、他の会社制作による録音を買い取り自社のラインアップとして発売していました。

この件について、参考になるWebsiteの写真を添付します。

Photo by courtesy of londonjazzcollector.wordpress

Websiteについてはこちらをクリックして下さいGo here

今回は、Dee Geeレコードに録音された初期のミルト・ジャクソンの演奏をブログに添付しました。

Milt Jackson Quartet
Milt Jackson (vib) John Lewis (p) Ray Brown (b) Kenny Clarke (d)
New York, August 24, 1951

Here is Milt Jackson Quartet play “Milt meets Sid”.

Here is Milt Jackson Quartet play “D & E”.

Here is Milt Jackson Quartet play “Yesterdays”.

Here is Milt Jackson Quartet play “Between the devil and the deep blue sea”.

Milt Jackson (vib) John Lewis (p) Percy Heath(b) Al Jones (d)
New York,  September 18, 1951
Here is Milt Jackson Quartet play “Autumn breeze”.

Here is Milt Jackson Quartet play “Bluesology”.

Here is Milt Jackson Quartet play “Round midnight”.

Here is Milt Jackson Quartet play “Movin’ nicely”.