月別アーカイブ: 2018年2月

神戸ジャズサロン(2018年2月例会)

February 26.2018

神戸ジャズサロン会場 神戸居留地 高砂ビル 5階 「音楽サロン」

昨日「神戸ジャズサロン」(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。

今回のテーマは「昔、ジャズに惹き込まれたアルバム(演奏)」でした。ベテラン会員の方から面白い話が聞けとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

以下、ベテラン会員の方がお持ちになったレコード.CDをご紹介します。

1.Yさん(大阪ジャズ同好会でいつも素敵な選曲をされます)

Lionel Hampton All Stars ‎– The “Original” Star Dust
昭和29年、ご親戚の家でこの演奏をお聞きになったそうです。
いつもはCDしかお持ちにならないのですが、今回は「ご購入された4枚のSP」(上記写真)、「10インチ」「12インチ」をご持参されました。
曲が流れると「僕もこれ買ったで」とか「ラジオでよう聞いたな」と皆さん盛り上がってました。

2.Fさん

高校生の時の音楽クラブの顧問を故油井正一さんにお願いされていたことから、油井さんの思い出話をされました。
ご紹介されたCDは「THE AMAZING SHOICHI YUI VOLUME 2」 じ・あめいじんぐ油井正一 Vol.2
Kさんが配付された曲リストも上記に添付しました。

3.Tさん(トラッド愛好家で私が神戸の例会に参加して以降懇意にさせて頂いています)
日本コロンビアのHistory Of Jazz Vol.1を自作CDにされていました。(写真)
尚、昭和25年に発売されたSPも購入されていたそうですが、最初の赴任地を離れる際に捨てられたということです。

(1)King Oliver’s Jazz Band: High Society Rag Okeh 4933
June 22, 1923

又、神戸ACC(アメリカ文化センター)でのジャズレコードコンサート(解説故末廣光夫さん)の思い出話を披露され、印象に残った3曲を紹介されました。
(2)Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Original jelly roll blues
(3)Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Doctor Jazz
December 16, 1926

(4)Louis Armstrong And His Hot Five: Muskrat ramble
February 26, 1926

「末廣さんは須磨の放送局(現在のラジオ関西)での生放送の直後に多くのレコードを風呂敷に包んで、市電(現在は廃線)に乗ってアメリカ文化センターに来られていた」

4.Mさん(本例会の主宰者)
末廣さんのお兄さんに貸したまま、長い間返却されなかった「Vic Dickenson Showcase」
(1)Jeepers creepers
(2) Russian lullaby
Ruby Braff (tp) Vic Dickenson (tb) Edmond Hall (cl) Sir Charles Thompson (p) Steve Jordan (g) Walter Page (b) Les Erskine (d)
New York, December 29, 1953

Photo by KobeJazz Jp.

Mさんは若い頃からレコードコンサートの主宰をしたかったそうですが、その当時故末廣光夫さんから「レコードコンサートなんか止めとけ」と言われたそうです。
その後、Mさんが開始された例会には末廣さんは解説をされていました。

昭和29年12月12日 東京 日本テレビにて。
右から、鳥居則達(Vo)、大越泰三(Tb)、福井康平(Banjo)、小曽根実(p)、右近雅夫(Tp)、油井良光(Cl)、鈴木敏夫、?さん
Photo by courtesy of Kobejazz.jp

休憩中に最近お亡くなりになった小曽根実さんの写真をご覧になったTさんが「このクラ、油井さんの弟やで」と教えて頂きました。

最後に故油井正一氏がミュージックライフ(音楽誌)に故末廣光夫氏を紹介された記事を添付します。番組のテーマ音楽を聴きながらお読み下さい。

I heard the piano performance by Don Ewell by plane last week

February 22.2018

In this month’s ANA (All Nippon Airways) in-flight audio service,Kid Ory and Don Ewell are introduced.

今月のANA(全日空)機内オーディオサービスではDon Ewell(ドン・ユール)さんも1曲紹介されています。

自宅に帰ってから「Music To Listen To Don Ewell By」(GoodTimeJazz盤)をゆっくり聞きました。

このアルバムから機内で聞いた「Bush Street Scramble 」とピアノソロ演奏4曲をブログに添付しました。

トリオ演奏におけるDarnell Howardのクラリネットが素晴らしいと思います。

Here is Don Ewell Trio play “Bush Street Scramble”.
Darnell Howard (cl) Don Ewell (p) Minor Hall (d)
Oakland, March 13, 1956 GTJ L12021

Photo above of Darnell Howard by Wikipedia

 

 

The following is Don Ewell’ solo performance.
Oakland, March 14, 1956 GTJ L12021

Here is Don Ewell plays “Squeeze me”.

 

Here is Don Ewell plays “I can’t believe that you’re in love with me”.

 

Photo by Jazzolozy Records

Here is Don Ewell plays “Blues improvisation”.

 

Here is Don Ewell plays “You took advantage of me”.

 

 

Dardanelle Breckenridge

February 20.2018

Photo by NPR

Dardanelle Breckenridge was a pianist, vibraphonist and vocalist.

Her real name was Marcia Marie Mullen who was born n Avalon, Mississippi on Dec. 27, 1917.

She gave herself the name Dardanelle in the early stages of her career.

During the 1940s she led a jazz group (unusual for a woman at that time) known as the Dardanelle Trio.

The trio made a lot of good records during that period and also became a regular fixture at New York’s Copacabana.

Photo by courtesy of  Library of Congress

Then Dardanelle had relocated to Chicago and paused the music activities for her childcare.

By the 1970s, after relocating to the East Coast she formed a new trio.

It was the beginning of two decades of successful activities that included working with pros like Bucky Pizzarelli and George Duvivier.

She eventually retired to Mississippi, where she continued to entertain fans from time to time until her death at age 79 in 1997.

Photo by courtesy of Discogs

Tal Farlowは Dardanelle Breckenridgeというピアニストのグループでレコーディングデビューしています。(1945年7月12日)

今回は「Dardanelle」の足跡を辿りながら彼女の名演をブログに添付しました。

1945年7月12日の録音はMilt Gablerの制作により「Gold Braid」として録音されました。

Here is Dardanelle Trio play “Taboo [Tabu]”.
Dardanelle Breckenbridge (p,vib,vcl) Tal Farlow (g) Paul Eldenfield (b)
New York, July 24, 1945 Audiophile AP-32

 

 

上記録音の2ヶ月前にLionel Hamptonバンドの録音にピアニストとして参加しています。

Here is Lionel Hampton And His Orchestra with Dardanelle Breckenridge play “Beulah’s boogie”.
Joe Morris, Wendell Culley, Al Killian, Lammar Wright, Dave Page (tp) Abdul Hamid, John Morris, Al Hayse, Andrew Penn (tb) Gus Evans, Herbie Fields (as) Arnett Cobb, Jay Peters (ts) Charlie Fowlkes (bar) Lionel Hampton (vib,p) Dardanelle Breckenridge (p) Billy Mackel (g) Charlie Harris, Ted Sinclair (b) George Jones (d) New York, May 21, 1945

 

Photo above of Dardanelle, Joe Sinacore, and Bert Nazer(1946) by courtesy of Library of Congress

ボーカリストとして下記の録音が有名です。

Here is Dardanelle Trio play “September song”.
Dardanelle (p,vcl) Joe Sinacore (g) Bert Nazier (b)
New York, August 12, 1946.September song Vic 20-1993

 

再起後の録音ですがヴィブラフォーン奏者としての演奏です。

Here is Dardanelle Quintet play “Skippin’ in”.
Sam Wilhoit (ts,fl) Dardanelle (vib) Neal Starkey (b) Yonrico Scott (d) Luis Stefanell (perc) Atlanta, February 6, 1984 Audiophile ACD-191

 

ライブステージでのエンディングテーマと共にご挨拶を聞くことが出来ます。この時の録音が最後のアルバムになりました。

Here is Dardanelle plays “(Dardanelle’s signoff and theme) On Green Dolphin Street.”
Dardanelle (p) Malcolm Creese (b)
Live, “Pizza-on-the-Park”, London, April 23, 1993
Audiophile ACD-276

再起後にはボーカルをメインとしたアルバムを録音しています。

又、来日し東京でも公演を行ったそうですが情報がありません。詳しい方からの情報をお待ちしています。

最後にYouTubeで古い映像がアップされています(踊り子中心の映像ですがご勘弁を)。

Here is Dardanelle & Her Boys “BACKTRACK”.

 

Here is Dardanelle & Her Boys “Happy Cat”
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=hFqPYWqeaMI&w=560&h=315

『暴挙ご容赦! オール・オブ・ミーで60分』(大阪ジャズ同好会1月特集)

February 12.2018

昨日、大阪ジャズ同好会に参加しました。

今月の特集は吉瀬氏による『暴挙ご容赦! オール・オブ・ミーで60分』

名曲「All Of Me」にスポットを当てヴォーカルと演奏でその曲の魅力を語られました。 例会では初めての企画でしたが、ブラインドフォールドテストも用意されとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。以下、4曲を添付します。

(1)(2)は大ベテラン吉瀬氏ならではの選曲と思います。

(1)Here is Ruth Etting sings “All Of Me”.

Photo above of Russ Columbo by courtesy of Alchetron

(2)Here is Russ Columbo sings “All Of Me”.

以下2曲は番外編としてご紹介されました。

Photo above of Helen Ward and Harry James by courtesy of UMKC digital special Collections

(3)Here is Helen Ward With Harry James And His Orchestra sings “All Of Me”.

下記の曲はブラインドフォールドテストとして出題されました。

(4)Here is フランク永井 sings “All Of Me”.

Photo above of Gerald Marks

 

RogerGuérin

February 10.2018

photo above of Roger Guérin by courtesy of Fresh Sound

This week I read an interesting article about Roger Guérin by JazzWax.

Please refer to Jazz wax his website. Go here

So I will introduce some recordings by Roger Guérin that Jazzwax didn’t post to his blog.

Marc_Myers_by_Alyse_Myers_2016

Photo above of Marc Myers from JazzWax

今週JazzWaxさんがトランペッターRoger Guérin(ロジェ・ゲラン)について興味深い記事を書かれています。

私が注目したのはJazzWax(Marc Myers)さんのご両親が戦後のパリで生活されていたことです。ご両親からお聞きになった思い出話がとても素敵です。

又、戦後のパリにおいてジャズが盛んであった事が下記の表現で簡潔に書かれています。

“For Parisians, jazz was the sound of freedom, style and individualism.”

詳細はJazzWaxさんのブログをご覧下さい。こちらをクリックして下さい。

上記ブログでは紹介されていないRogerGuérinの演奏を下記に添付しました。

9f205bd437b741cbd75bf6df14034de8

Here is Charlie Parker with the MAURICE MOUFFLARD ORCHESTRA play “Lady bird”.
Roger Guerin, Georges Jouvin, Pierre Fassin, Yves Alouette (tp); Andre Paquinet, Maurice Gladieu, Charles Huss (tb);
Charlie Parker, Robert Merchez, Roger Simon (as); Jacques Tess, Marcel Pommes (ts); Honore Truc (bs); Robert Cambier (p);
Henri Karen (b); Pierre Loteguy (ds); two or three unknown (perc); Maurice Moufflard (arr, cond).
Radio broadcast, Paris, November 28, 1950

Django Reinhardt Decca (1)

Here is Django Reinhardt et son Quintette play “Crazy Rhythm”.
Django Reinhardt(g),Roger Guèrin (tp), Hubert Fol (as), Maurice Vander (p),Pierre Michelot (b),Pierre Lemarchand (d)
Paris, January 30,1953

96486268

Here is Bobby Jaspar’s New Jazz play “A foggy day”.
Roger Guerin (tp) Nat Peck (tb) Bib Monville (ts) no solo work, Bobby Jaspar (ts,cl,arr) Maurice Vander (p) Pierre Michelot (b) Jean-Louis Viale (d) Francy Boland, Andre Hodeir (comp)
Paris, January 12, 1954

image_b

Here is Roger Guerin and Benny Golson Quintet play “I remember Clifford”.
Roger Guerin (tp) Benny Golson (ts) Bobby Timmons (p) Pierre Michelot (b) Christian Garros (d)
Paris, December 12, 1958

imageHere is Roger Guerin Quintet play “Not serious”.
Roger Guerin (tp) Michel Hausser (vib) Martial Solal (p) Pierre Michelot (b) Christian Garros (d)
Paris, December 18, 1958

Here is Roger Guérin plays “April in Paris”.

ジャズ喫茶で聞いたレコード

February 7.2018

今週の月曜日(2月5日)、NHKラジオ第1「すっぴん!」でジャズ喫茶が取り上げられていました。

この放送は2月12日6時迄であれば「NHKらじるらじる・聞き逃しサービス」で聴取可能です。

下記をクリックして下さい。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=2295_13

私が通っていたジャズ喫茶では多種多様なレコードを聴くことが出来ました。

1978年9月27日「ジャズ喫茶オアシス」(大阪千里丘)で下記のレコードを聴いていました。

添付の記録カードをご覧下さい。

Here is Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy play “Boogie woogie cocktail”.
Johnny Burris, Harry Lawson (tp) Howard McGhee (tp,arr) Ted Donnelly, Milton Robinson (tb) John Harrington (cl,as) Ben Smith (as) Edward Inge (cl,ts) Al Sears (ts) Kenny Kersey (p,arr) Floyd Smith (g,el-g,vcl) Booker Collins (b) Ben Thigpen (d) June Richmond (vcl) Andy Kirk (dir) New York, July 14, 1942

 

この店のオーナーが最も好きな歌手の曲を添付します。

お店が暇な時には彼女の全てのレコードを出して、壁に飾っていた記憶があります。

Julie London;Around Midnight
Here is Julie London sings “How about me ?”.
Julie London (vcl) acc by orchestra, Dick Reynolds (arr,cond)
Los Angeles, August, 1960

 

このレコードお店にあったかな?

Paul Weston;Mood For 12
Here is Paul Weston and his band featuaring Eddie Miller play “Emaline”.
band including : Ziggy Elman, Clyde Hurley (tp) Joe Howard, Bill Schaefer (tb) Matty Matlock (cl) Babe Russin, Ted Nash, Eddie Miller (ts) Paul Smith, Stan Wrightsman (p) Barney Kessel, George Van Eps (g) Paul Weston (dir)
Los Angeles, 1955 Columbia CL693

 

Phil Bodner

February 5.2018

Photo by courtesy of West Texas Jazz Society

Phil Bodner was one of the busiest reed men in the 1940s-’70s.

He played clarinet, saxophone, oboe, English horn, and flute.

前回、Metropolitan Jazz Quartetをご紹介しました。

今回はMetropolitan Jazz QuartetのリーダーであるPhil Bodnerについて少し調べてみました。

Phil Bodnerは1941年にハリウッドでAbe Lymanの伴奏者として録音デビューし、1955年にBenny Goodmanオーケストラの録音に参加しています。

その後、Coleman Hawkinsのビクター(ブルーバード)録音で主要な伴奏者として名前を連ねています。

Billie Holiday「Lady In Satin」並びにMiles Davis「Porgy and Bess」等の歴史的な録音にも名前を残しています。

又、上記の他にもディスコグラフィーで確認しましたが、多くの有名な録音に彼の名前を見つけることが出来ました。

Phil Bodner はスタジオミュージシャンとして有名ですが、自己名義のCDも制作しています。

このCDでは自ら歌っているライブ演奏も収録されています。

今回は、サイドメンとして参加した2枚のレコードと共にお聞き下さい。

Here is Abe Lyman sings “Johnson special” (acc Phil Bodner).
Warren Smith (tb) Phil Bodner (cl,as) Bill Kimmel (cl,ts) Sam Caplan , Jim Welton, Harold Keinz, Paul Sparr (vln)
Hollywood, CA, June 25, 1941
061317  Bluebird 11241

Howard McGhee Orchestra “Life Is Just A Bowl Of Cherries”.
Howard McGhee, trumpet; Danny Bank, Phil Bonder, Sid Brown, Leon Cohen, Herbie Mann, sax; Donn Trenner, piano; Al Caiola, guitar; Arnold Fishkin, bass; Osie Johnson, Don Lamond, drums; Frank Hunter, arranger, director.
NYC, February 14 & 15, 1956 Bethlehem BCP-61

Here is Howard McGhee Orchestra play “My Song”.

Here is Howard McGhee Orchestra play “The Thrill Is Gone”.

 

Mundell Lowe ,Guitar Moods (Riverside RLP 12-208)
Mundell Lowe, guitar:Phil Bodner, oboe, English horn, Trigger Alpert, bass; Ed Shaughnessy, drums. Hackensack, NJ, March 2, 1956 (Riverside RLP 12-208)
Here is Mundell Lowe Quartet play “I Dream Too Much”.

Here is Mundell Lowe Quartet play “Ill Wind”.

Here is Mundell Lowe Quartet play “Goodbye”.

Phil Bodner ;Once More With Feeling
Phil Bodner(vo,cl),Dick Hyman(p),Ron Traxler(d),Milton Hinton(b)
(Rec 1970s)
Here is Phil Bodner plays “Them There Eyes”.

Here is Phil Bodner sings and plays “Old Man Time”.
add Joe Wilder(tp)