月別アーカイブ: 2018年3月

(2)Rudy Vallée

March 8.2018

Photo by Wikipedia

Rudy Vallée was one of the first modern pop stars of the teen idol type.

「ダンスバンドの黄金時代(5枚セット)」から第2回目はRudy Vallée です。

ルディ・ヴァリーはクルーナー唱法で一世を風靡しました。

「ルディ・ヴァリー(レコードではルディ・ヴァレーと記載)はトレードマークであるメガホンを持って歌った」(添付の解説から引用)

Photo by Wikipedia

Photo above of his megaphone crafted in between shows at the New York Palace in May 1929(courtesy by Wikipedia)

1929年に主演した「The Vagabond Lover」はYouTubeでアップされています。 Go here

こちらをクリックして下さい。

以下、レコードの解説部分を添付しました。尚、添付した曲の録音データはRudy Vallée & His Connecticut Yankees discographyを参考にしました。

Here is Rudy Vallée & His Connecticut Yankees play “I’m just a Vangbond Lover”.
March 15,1929

Here is Rudy Vallée & His Connecticut Yankees play “Stein Song”.(乾杯の歌)
February 10,1930

Here is Rudy Vallée & His Connecticut Yankees play “St.Louis Blues”.
February 10,1930

Here is Rudy Vallée & His Connecticut Yankees play “As Time goes By”.
July 25,1931

 

Here is Rudy  Vallée sings “I’m Just a Vagabond Lover” (1929) .

 

Here is Rudy Vallée and His Connecticut Yankees play “You’re Just Another Memory”.

又、「ヒット・オブ・ザ・ウイーク」(紙製のSPレコードを使ったヒットソングの週刊誌)にも8曲録音していることが確認できました。

上記CDに2曲収録されています。(申し訳ないですがCD購入していません)

詳細はこちらをクリックして下さい

 

(1)George Olsen and His Orchestra

March 7.2018

懐かしの10大ダンス・バンド「ダンスバンドの黄金時代(5枚セット)」

”The Great Dance Band Era”  監修・解説は故野口久光氏

お恥ずかしい話ですが、LPレコードのセット物は購入後あまり聞きません。

処分するにしても悲しくなるような査定額になるそうです。

そんな訳でレコードを購入した時には見ていなかったYouTube映像も確認しながら1バンドずつレコードを聞き直しました。

収録されている10バンドの内、有名バンド(ポール・ホワイトマン楽団等)以外をご紹介させて頂きます。

第1回目はGeorge Olsen and his Music

George_Olsen_Billboard

Photo above of George Olsen by Wikipedia

 

以下、レコードの解説部分を添付しました。

以下3曲の録音データは下記を参考に記載しました。

http://victor.library.ucsb.edu/index.php/talent/detail/24653/Wiedoeft_Rudy_instrumentalist_saxophone

Here is George Olsen and his Music play “Who”.
BVE-33856 November 6.1925

Here is George Olsen and his Music play “Sunny”.
BVE-33855 November 6.1925

Here is George Olsen and his Music play “Sax-o-phun”.
B 30621 July 25,1924.

Here is George Olsen and His Orchestra, 1931-1940

Photo by alamy

 

David Sarser lugged the Ampex reel-to-reel tape decks into The Embers

March 4.2018

David Sarser played violin with the NBC Symphony Orchestra in the 1950s under Arturo Toscanini.

Then he worked with Les Paul in the early days of recording technology, developing the first multi-track recording device, an 8-track tape recorder made by Ampex.

Please see the article by JazzWax. Go here

このCD解説の冒頭にDavid Sarserが紹介されています。

Photo by reevesaudio.com

「ヴァイオリニストDavid Sarserはアンペックス製ポータブルテープレコーダーをレストランThe Embersに持ち込み録音しました」

David Sarserはトスカンニーニ率いるNBC交響楽団でバイオリン奏者であり、Ampex社の東海岸地区における営業担当者でもありました。

JazzWaxさんの記事もご覧下さい。こちらをクリックして下さい

Photo above of Dave Sarser by courtesy reevesaudio.com

David SarserさんとAmpex社製のテープ・デッキについては下記を参照して下さい。

こちらをクリックして下さい。

Dave Sarser and Les Paul(2005) by courtesy of reevesaudio.com

尚、マルチトラックの創始者であるレス・ポールについてはこちらを参照して下さい。

こちらをクリックして下さい。

 

10259011096_ffe04f1993-2

photo by Flickr

Here is Joe Bushkin Quartet play Ballad Medley(Easy Living, I’ve Got The World On A String, If You Were Mine, Body And Soul).
Joe Bushkin ( p ) Buck Clayton ( tp) Milt Hinton ( b ) Jo Jones (d)
Recorded at the Embers, New York City, early 1952

Here is Joe Bushkin Quartet play Medley (Memories Of You, Yesterdays, September Song, California Here I Come).
Members of the recording are the same as above.

Bethlehem Recording Session by Duke Ellington

March 1.2018

Photo above of Russell Procope by courtesy of Ellington on the Web

Last Sunday Mr.Nishi introduced “Duke Ellington presents(Bethlehem records)” in the meeting of Kobe Jazz Salon(神戸ジャズサロン).

先日の「神戸ジャズサロン」の番外編でDuke Ellingtonが紹介されました。

ベテラン会員のNさんがRussell Procope(ラッセル・プロコープ)の名演を聞いて下さいと「Indian Summer」を選曲されました。

他の会員の方から「ベツレヘムのエリントンは珍しいな」との声が聞こえてきました。自宅に帰ってからこのレコードを聞きながらディスコグラフィーを確認しました。

1956年初頭、契約の関係と推測しますがベツレヘムレコードにLP2枚分(計23曲)の録音を行なっています。(1956年2月7日〜8日 シカゴ)
Bethlehem  BCP-60    12曲
Bethlehem  BCP-6005   11曲

この時期エリントンオーケストラには一時脱退していたジョニー・ホッジスが復帰し、大手のコロンビアレコードと再契約しています。そして大物歌手ローズマリー・クルーニーと共演した作品を発表しました。

私は同時期に語られている「プレステッッジレコードのボブ・ワインストック社長とマイルス・ディビスとの確執」を想像しました。

Here is Duke Ellington And His Orchestra play “Indian summer”.
Willie Cook, Cat Anderson(t); Clark Terry(t,fl); Ray Nance(t,vl,v); Britt Woodman, Quentin Jackson, John Sanders(tb); Jimmy Hamilton(cl,ts);Russell Procope(cl,ss,as); Johnny Hodges(as); Paul Gonsalves(ts); Harry Carney(cl,as,bar); Duke Ellington(p); Jimmy Woode(sb); Sam Woodyard(d) February 7 & 8, 1956 Chicago   BCP6005

Here is Duke Ellington And His Orchestra play “Upper Manhattan Medical Group”.
Members of the recording are the same as above.
デューク・エリントンの主治医が主催する医療ボランティア団体に捧げた曲です。

尚、最新の情報によると下記録音は「事前に録音されたエリントン楽団の演奏テープ」を彼女が聞きながら制作されたと記載されています。

ローズマリー・クルーニーの録音
1956年2月7日〜8日 ニューヨーク
vocals dubbed at Radio Recorders, 8 and 11 Feb 1956

Here is Duke Ellington And His Orchestra with  Rosemary Clooney play “Blue Rose”.
Willie Cook, Cat Anderson(t); Clark Terry(t,fl); Ray Nance(t,vl,v); Britt Woodman, Quentin Jackson, John Sanders(tb); Jimmy Hamilton(cl,ts);Russell Procope(cl,ss,as); Johnny Hodges(as); Paul Gonsalves(ts); Harry Carney(cl,as,bar); Duke Ellington(p); Jimmy Woode(sb); Sam Woodyard(d); Rosemary Clooney(vo)  23 January 1956   Co CL-872

Here is Duke Ellington and his Orchestra with  Rosemary Clooney play “I Got It Bad”.
Members of the recording are the same as above.
27 January 1956   Co CL-872

Here is Duke Ellington and his Orchestra with  Rosemary Clooney play “It Don’t Mean A Thing”.
Members of the recording are the same as above.
27 January 1956   Co CL-872