月別アーカイブ: 2018年5月

Sugarfootstomp

2018年5月30日

Photo above of Johnny Dodds by NOLA Jazz Museum

特集は「私が好きなジャズのヒーロー」でした。最初にトラッド愛好家のT川さんがJohnny Doddsをご紹介されました。ご紹介された内容は配付されたレジュメに詳しく記載されています。

Here is New Orleans Wanderers play “Perdido Street blues”.
George Mitchell (cnt) Kid Ory (tb) Johnny Dodds (cl) Joe Clark (as) Lil Armstrong (p) Johnny St. Cyr (bj)  Chicago, July 13, 1926
_Perdido Street blues

Here is Johnny Dodds’ Washboard Band play “Bull fiddle blues”.
Natty Dominique (cnt) Honore Dutrey (tb) Johnny Dodds (cl) Charlie Alexander (p) Bill Johnson (b) Baby Dodds (wbd)  Chicago, July 6, 1928
Bull fiddle blues

Here is Johnny Dodds Trio play  “Clarinet wobble”.
Johnny Dodds (cl) Lil Armstrong (p) Bud Scott (g)  Chicago, April 21, 1927
Clarinet wobble

Here is New Orleans Bootblacks play “I can’t say”.
George Mitchell (cnt) Kid Ory (tb) Johnny Dodds (cl) Joe Clark (as) Lil Armstrong (p) Johnny St. Cyr (bj)  Chicago, July 14, 1926
I can’t say

Here is Johnny Dodds And His Orchestra play “Red onion blues”.
Natty Dominique (cnt) Preston Jackson (tb) Johnny Dodds (cl) Richard M. Jones (p) Lonnie Johnson (g) John Lindsay (b) Baby Dodds (d)  Chicago, June 5, 1940
Red onion blues

○瀬さん

Here is Dave Brubeck (solo) plays Lili Marleen.

ウォルター・クロンカイト(Walter Cronkite)が進行役を務めた「The Jazz of Dave Brubeck」(テレビ番組)をご覧下さい。1961年12月31日放送

Here is The Jazz of Dave Brubeck by Walter Cronkite.

ウォルター・クロンカイトについては、Wikipediaを参照しました。こちらをクリック

○○田さん(大阪同好会にも西明石から参加されています)

上記パンフレット(加古川でのライブコンサート)と同じメンバーでの映像です。

Here is Ray Brown Trio play “If I Loved You.

Ray Brown(b), Gene Harris(p), Jeff Hamilton(ds)

富士通コンコードジャズ・フェスティバル 1988.12.11

寺本氏(世話人)

1946年のJATPご紹介されました。(寺本氏のメールアドレスからもパーカー好きが理解できます)

Here is Jazz At The Philharmonic play “Oh,Lady Be Good”.(1946)

Al Killan, Howard McGhee (tp) Charlie Parker, Willie Smith (as) Lester Young (ts) Arnold Ross (p) Billy Hadnott (b) Lee Young (d) “Philharmonic Auditorium”, Los Angeles, CA, January 28, 1946

平野

上記の書籍は「なか見検索(amazon)」ができます。こちらをクリック

昨年発売されたTBMの本を持参し、若い時のお恥ずかしい話を一席させて頂きました。

『40年以上前、TBM大阪営業所(大阪市同心町)に訪問し「学内で日本ジャズメンを特集したコンサートを企画したのでレコード貸してもらえませんか」とアポ無し訪問。事務所にあったかなりの数のレコードを貸して頂きましたが、今考えると礼儀をわきまえない行動でお恥ずかしい話です。』

神戸ジャズ愛好会(2018年5月) 例会概要「Legends of Jazz Drumming」

May 28.2018

昨日参加した神戸ジャズ愛好会の概要を2回に分けて投稿させて頂きます。

(1)特集「私が好きなジャズのヒーロー」

(2)映像コーナー

(3)持ち寄りコーナー

本日は(2)と(3)について映像も添付して概要をご紹介致します。

(2)映像コーナー「Legends of Jazz Drumming」(例会世話人の寺本氏が上記写真のDVDより7人をご紹介)

Here is Louis Jordan & His Tympany Five play “Jumpin’ At The Jubilee”.

下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。

 

Here is WOODY HERMAN and Stan Getz-Shorty Rodgers and Don Lamond play “Caldonia and Northwest Passage”.

昨日紹介された「Northwest Passage」に前半の「Caldonia」もお楽しみ下さい。

 

Here is Max Roach plays “Solo performance”.

昨日の映像とは別ですが約10分のドラムソロ演奏の映像です。

 

Here is Shelly Manne Quintet play “Speak Low”.
Shelly Manne (ds), Conte Candoli (tp), Richie Kamuca (ts), Russ Freeman (p), Monty Budwig (b)
Jazz Scene USA(1962年)からの映像です。

Here is Shelly Manne Quintet play ”Fantan”.
Members of the recording are the same as above.

 

Here is Sonny Payne’s Drum solo performance(1962)

昨日ご紹介された映像と違います(ソロ中心の映像です)
冒頭にベイシー親分がピアノで「存分にやれよ」と指示しているようです。

 
下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。
Here is Ray Bauduc with The Bobcats play “Who’s Sorry Now”.

Eddie Miller(ts),Billy Butterfield(tp),Warren Smith(tb),Jess Stacy(p),Matty” Matlock(cl),Ray Bauduc(ds),Bob Haggart(b),Nappy Lamare(g)

 

Here is Bob Haggart & Ray Bauduc play “Big Noise From Winnetka”.

二人の息がぴったりです。

 

Here is John Kirby’s little band with Big Sid Catlett play “Can’t Find a Word to Say”.

Charlie Shavers(tp),Buster Bailey(cl),Russell Procope(as),Billy Kyle(p),John Kirby(b),Big Sid Catlett(ds)

(3)持ち寄りコーナー

F川さん(大阪ジャズ同好会にも西明石から毎回参加されています)
「副題:私が紹介したミュージシャンのその後」

 

1.花岡詠二(神戸ジャズストリートに出演したクラリネット奏者としてご紹介)

花岡詠二インターナショナル・オールスターズ /名歌でスイング!! から1曲ご紹介されました。花岡詠二さんは先日開催された「Breda Jazz Festival 2018」に出演されています。
詳細は花岡さんのFacebookをご覧下さい。こちらをクリック

 

2.川口千里(天才女性ドラマーとして1月の例会でご紹介されました)
3月15日に Virtuosoレーベルよりリリースされた矢堀孝一の新作品trailer
Here is Koichi Yabori(矢堀孝一) and Kento Yokota(横田健斗) and Senri Kawaguchi(川口千里)   Live at Virtuoso

川口千里さんのHPをご覧下さい。こちらをクリック

Bill Savory and Albert Marx

May 25.2018

Photo above of Bill Savory by National Jazz Museum in Harlem

本日はHelen Wardと結婚した二人の人物「Bill SavoryとAlbert Marx」が制作した歴史的録音について投稿します。

Bill Savoryが1935年から1940年頃に私的録音した音源(Savory Collection)がMOSAICレコードから発売されています。

National Jazz Museum in HarlemのHPです。こちらをクリックして下さい。

日本語でのPRページ⇨こちらをクリックして下さい。

既に第4集目まではApple Musicで聞くことが出来ます。

Mosaic社のHPに掲載されている下記ディスコグラフィーを読みながら聞いています。(私はCDの購入予定はありません)⇨全曲記載されています(こちらをクリックして下さい)

映像もご覧下さい。⇨ こちらをクリックして下さい。

時代は遡って1937年に結婚したAlbert Marx(アルバート・マルクス)について興味深い話があります。

Albert Marxは「Benny GoodmanのCarnegie Hall Jazz Concert」を密かに録音しました。

この時に行われた録音について、IAJRC(International Association of Jazz Record Collectors)の記事で詳しく記載されています。(9ページ以降)  IAJRC記事

簡単に説明しますと放送局の回線を極秘に使いました。その当時、CBSは毎週日曜日のニューヨーク・フィルの演奏を放送するためにカーネギーホールに常設の放送回線を設置していました。BGコンサートはCBSの電話線を通じてホールから離れたARS(Advertisers ‘Recording Service)スタジオで所謂「ダイレクトカッティング」されたようです。

下記HPは大変参考になります。
The Famous 1938 Carnegie Hall Jazz Concert” by Jon Hancock

Photo by  The Famous 1938 Carnegie Hall Jazz Concert” by Jon Hancock

10376742_733748930019272_5774846559653516763_n

Left to right, George Avakian, John Hammond, Goodman and Bill Savory Photo by Jon Hancock

Helen Ward and Martha Tilton at Benny Goodman’s apartment for his 1968 Carnegie reunion. Photo by John McDonough.

今回はHelen Wardから離れた話になってしまいました。それにしても昔は知らなかった情報が私のような素人でも簡単に取得できるようになって嬉しいです。

Helen Ward with Red Norvo And His Overseas Spotlight Band

May 23.2018

Helen Ward Collection/CORBIS/Corbis via Getty Images)

前回投稿したCarol Bruceの録音ですが、ディスコグラフィーでは下記の通り記載されています。

Tom Lord ”The JAZZ Discography”から該当箇所を引用します。

Red Norvo
[N3071-15]
Carol Bruce With Red Norvo And His Overseas Spotlight Band
Carol Bruce (vcl) replaces Helen Ward

上記の記載が正確であれば、録音スタジオにHelen Ward が待機していたということです。

今回はこの日の録音からHelen Wardの歌唱を1曲添付致します。

又、晩年のテレビ出演時の映像がYouTubeでアップされています。(4曲お楽しみ下さい)

メドレーの最初の曲「Remember」で一緒に演奏したミュージシャンの名前(名曲も)が次々と出てきます。(泣)

余談ですが、日本では本録音の1週間前(10月21日)明治神宮外苑で『出陣学徒壮行会』が行われていました。

Photo by Discogs

Here is Helen Ward with Red Norvo And His Overseas Spotlight Band play “Too marvellous for words”.
Dale Pierce (tp) Dick Taylor (tb) Aaron Sachs (as,cl) Flip Phillips (ts) Red Norvo (vib) Ralph Burns (p) Clyde Lombardi (b) Johnny Blowers (d)
Helen Ward (vcl) V-Disc session, RCA studios, New York City, October 28, 1943

 

Here is Helen Ward sings “Remember ~ You Turned the Tables on Me ~ These Foolish Things ~Goody Goody”  from 1979 TV Performance.

Carol Bruce

May 19.2018

Carol_Bruce_in_Keep_'Em_Flying_trailer

Photo by Wikimedia

I have been posting about “Isham Jones’ tune Blue prelude” in my blog.

Please refer to my past blog.Go Here

Recently, I heard the another recording that Carol Bruce was singing.

Today I would like to post about some recordings and clips by Carol Bruce.

Carol Bruce (November 15, 1919 – October 9, 2007) was an American band singer, Broadway star, and film and television actress.

She began her career as a singer in the late 1930s with Larry Clinton and his band.

Then she joined Red Norvo’s V-Disc sessions.

Also Bruce’s daughter, Julie Nathanson(Julie Coryell ) married jazz guitarist Larry Coryell.

過去のブログで Isham Jonesの名曲「Blue prelude」について投稿しています。⇨こちらをクリックして下さい。

最近、Carol Bruce(歌手であり女優)の「Blue prelude」をよく聞いています。

今日はCarol Bruceの録音並びに映像をブログに添付しました。

Carol Bruceは1930年代後半にLarry Clinton(ラリー・クリントン)バンドの歌手としてデビューしました。

その後、Red Norvo(レッド・ノーボ)率いるメンバーと共にVディスクセッションに参加しています。

今回は「Blue prelude」とVディスクセッションから3曲をお楽しみ下さい。

尚、彼女の愛娘Julie Nathanson(ジュリー・ネイサンソン)はLarry Coryell(ラリー・コリエル)と一時結婚していました。

carol-bruce-09

Here is Carol Bruce sings “Blue prelude”. ⇨  Go here
featuring Tony Mottola (g) New York, 1957/1958
 

Here is Carol Bruce With Red Norvo And His Overseas Spotlight Band play “Embraceable you”.
Dale Pierce (tp) Dick Taylor (tb) Aaron Sachs (as,cl) Flip Phillips (ts) Red Norvo (vib) Ralph Burns (p) Clyde Lombardi (b) Johnny Blowers (d)  V-Disc session, RCA studios, New York City, October 28, 1943

Here is Carol Bruce With Red Norvo And His Overseas Spotlight Band play “Abraham”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Carol Bruce With Red Norvo And His Overseas Spotlight Band play “Something for the boys”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Carol Bruce with Larry Clinton and His Orchestra “1938 Musical Clip Stop And Reconsider”.

Larry Coryellと結婚したJulie Nathanson(Julie Coryell)については ⇨こちらをクリックして下さい。

大阪ジャズ同好会(2017年2月例会) 「ジャズクラリネットの脇道を歩く」(解説 掘 晃氏)

May 13.2018

ジャズ・クラリネットの歴史といえば、ニューオリンズ・ジャズのジョニー・ドッズ、ジミー・ヌーン~スイング時代のベニー・グッドマン、アーティー・ショウバップ以降のトニー・スコット、バディ・デフランコ~エディ・ダニエルズといった流れが「表通り」といえるでしょう。日本では鈴木章治、北村英治、藤家虹二の御三家。しかし、むろん米国のみならず、ヨーロッパやラテン系、日本にも名手は多く、また、クラリネットはリード楽器の基礎ですから、多くのサックスプレイヤーが演奏しており、クラシックの演奏家がジャズを演奏する例も少なくありません。そこで、ちょっと脇道を歩く視点で名手の演奏を紹介します。(掘)

先週も紹介したMonty Sunshineです。

1. Here is Monty Sunshine plays “Hush-a-bye”. (Chris Barber Jazz Band)
Monty Sunshine (cl), Lonnie Donegan (bj), Chris Barber (b), Ron Bowden (d)
London, March 26, 1956
Hush-a-bye

Photo above of Jimmy Hamilton by Wikipedia

ジミー・ハミルトンはバーニー・ビガードの後任としてデューク・エリントン楽団に入団しました。(1943年から1968年まで在籍)

2. Here is Jimmy Hamilton Orchestra play ” The Nearness Of You”.
John Anderson (tp) Mitchell “Bootie” Wood, Britt Woodman, Dave Wells (bar-hrn) Jimmy Hamilton (cl) Paul Gonsalves (ts) Jimmy Rowles (p) Aaron Bell (b) Sam Woodyard (d) Los Angeles, July, 1960
The Nearness Of You

Photo above of Peanuts Hucko by Wikipedia

3.Here is Peanuts Hucko All Stars play “Rose Room”.
Peanuts Hucko (cl) Frits Landesbergen (vib) John Bunch (p) Jack Lesberg (b) Jake Hanna (d) Louise Tobin (vcl)  Holland, July 8, 1986
Rose Room

Richard-Stoltzman-Updated

Photo by Milken Archive

4.Here is Richard Stoltzman plays “Maidens Awake”.
Richard Stoltzman(cl),Gary Burton(vib),Eddie Gomez(b)……   August 9-11,1999
Maidens Awake

Richard Stoltzmanについては過去の投稿もお時間あればご覧下さい。⇨下記に5回分を添付しました。

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】

Photo above of James L. Dean by courtesy of jldeanorchestra.com

5.Here is James L. Dean Quartet play “Giant Steps”.

(30秒しか聞くことができませんことをご容赦下さい)
James L. Dean (cl) Vic Cenicola (g) Ron Naspo (b) Glen Weber (d,cga)  N.J., July 23 & 25, 1995
Giant Steps

James L. DeanについてはHPを参照しました。⇨こちらをクリックして下さい。

DSC_0025_0

Photo above of Evan Christopher by courtesy of Bebopified

6.Here is Evan Christopher plays “Tropical Moon”
Evan Christopher (cl) David Blenkhorn (g) Dave Kelbie (rhythm-g) Sebastien Girardot (b) (Finese: Django a la Creole)  Wales, March, 2010
Tropical Moon

Evan ChristopherについてはFaceBookを参照しました。⇨こちらをクリックして下さい。 

Photo above of Paquito D’Rivera from aztecatrends.com

7.Here is Paquito D’Rivera plays “Tico ! Tico !”.
Paquito D’Rivera (cl) Danilo Perez (p) Fareed Haque (g-1) Romero Lubambo (g-2) Tiberio Nascimento (g-3) David Finck (b-4) Nilson Matta (b-5) Mark Walker (d-4) Portinho (d-5) New York, 1989
Tico! Tico

Paquito D’Riveraについては過去の投稿もお時間あればご覧下さい。⇨下記に5回分を添付しました。

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】

Buddy DeFranco (left) and Eddie Daniels Photos by Garrett Cheen

Eddie DanielsとBuddy DeFrancoについては今回省略させて下さい。

Rolf Kuhn と Bob McGarryがArt Hodesのテレビ番組(1958年)に出演した映像をご覧下さい。

8.Here is Rolf Kuhn and Bob McGarry play “Bei Mir Bist Du Schön”.  2 Oct.1958

スウェーデンの名手Ove Lindについても映像を添付しました。

9.Here is Ove Lind plays “Swingtime”.

解説の掘氏「日本人演奏家として最も高く評価している清水万紀夫」

10.Here is 清水万紀夫(Makio Shimizu) plays “Les Liaisons(危険な関係)”.

最後にBS録画映像「日本のトップジャズメンたち」からレイモンド・コンデの映像を添付します。
 Here is レイモンド・コンデ(Raymond Conde) plays “Star Dust”.
 

”Jazz for Kutsurogi” fe.New Orleans style clarinet players(3)

May 12.2018

神戸在住のトラッド愛好家T川さんから頂いたCD特集の最終回です。

今回は14〜19曲目までの6曲を添付しました。

私自身が今回ご紹介する奏者について馴染みがなく、奏者の読み方含め楽歴を調べることが大変でした。

月末の神戸ジャズ愛好会でT川さんに今回作成したブログの内容をご報告するのが楽しみです。

14. Here is Chris Blount’s New Orleand Jazz Band play ”In the garden”.
Derek Winters (Tp), Ron Radford (Tb), Chris Blount (CI), Tony Peatman (Bj), Harry Slater (B), Barry Grummett (P), Pete Jackman (Dr) Private CBCD 05

 

Here is Chris Blount`s N. O. Band play “It`s No Secret”.
Chris Blount (cl), Derek Winters (tp/voc), Ron Radford (tb), Barry Grummet (p), Harry Slater (b), Tony Peatman (bj), Jim Finch (dr).
Hamburg 09.03.1996

 

Photo above of Pierre Claessens by courtesy of Jazz In Belgium

15. Here is New Orleans Roof Jazzmen play “The old rugged cross”.
Michel Thyrion (Tp), Cor Fabrie (Tb), Pierre Claessens (CI), Arsene Devliegen (Bj), Karel Algoed (B), Adri Van Wljeghem (Dr) Private VSOP CD02

 

Photo above of Kjeld Brandt by courtesy of Foto: © Erik Lund

16. Here is New Orleans Delight play “Mary wore a golden chain”.
Kjeld Brandt (CI), Kristian Barfoed (Tb), Goran Magnusson (P), Erling Lindhardt (Bj), Karl Ake Krongvist (B), Claus Lindhardt (Dr) Music Mecca CD 3019-2

Here is New Orleans Delight “The Old Rugged Cross”.
Kjeld Brandt(cl),Bengt Hansson(tb),Erling Rasmussen(p),Erling Lindhardt(bj),Stefan Kärfve(b),Claus Lindhardt(dr) 30. Oct. 2011 Live at Long John Jazzklub

デンマークの ライブハウス「Long John Jazzklub」のHPです。⇨こちらをクリックして下さい。

17. Here is The Spirit of New Orleans “Wiegenlied”.
Preben Nissen (Tb),Erik Bæk (Cl), Carsten Henningsen (B), Kim Holm Nielsen (B), Anders Haugaard (Dr) Music Mecca CD 3016-2

The Spirit of New Orleansについては、CD会社(Music Mecca社)のHPを参照しました。⇨こちらをクリックして下さい。

Photo above of Brian Carrick by YouTube

18. Here is Jensens Jazz Sernaders play “How great thou art”.
Brian Carrick (CI), Kurt Jensen (CI), Van Ehrenstrale (B), Nina Ehrenstrale (Bj), Erik Vand hansen (P) Music Mecca CD 4037-2

Jensens Jazz SernadersについてはHPを参照しました。こちらをクリックして下さい。

Photo above of Sverker Nyström by courtesy of e Sea

19. Here is Gota River Jazzmen “In the springtime fair”.
Esbjorn Olsson (Tp), Lars Ehnstrom (Tb), Sverker Nystrom (Cl), Ingemar Wagerman (P), Bertil Bostrom (B), Goran Moller (Bj), Hans Asberg (Dr) Music Mecca CD 3069-2

Sverker Nyströmさんの映像をご覧下さい。
Here is Sverker Nyström with New Orleans Jazzcats play “Lily of the valley…”.

Hans Zakrisson(tb),Sverker Nyström(cl),Hans Jörgensen(bj),Sune Linder(p),Staffan Pålsson(b),Hans Åsberg(dr)  4 July,2013