月別アーカイブ: 2018年5月

”Jazz for Kutsurogi” fe.New Orleans style clarinet players(2)

May 10.2018

神戸在住のトラッド愛好家T川さんから頂いたCD特集の2回目です。

今回は8〜13曲目までの6曲を添付しました。

8. Here is Doc Paulin’s N.O.L.A.Band play “Ciribiribin”.
Ernest Doc Paulin (Tp), Eddie Morris (Tb), Emile Barnes (CI),Fan Bourgeau (Bj), Sylvester Handy (B), Henry Revel (Dr)
Icon Records LP-13 New Orleans, August 9, 1962

 

Emile Barnes ⇨ こちらをクリックして下さい。

9. Here is John Casimir’s Young Tuxedo Jazz Band “What a friend we have in Jesus”.
Kid Howard (Tp), Albert Warner (Tb), John Casimir (Cl),Emanuel sayles (Bj), Albert Tillman (B), Alfred Willams (Dr)
Icon Records LP-11 New Orleans, September 5, 1962

(レコード録音時のハムノイズについてはご容赦下さい)

 

Photo by The Manchester Sports Guild

10. Here is Kid Martyn New Orleans Ragtime Band “Careless love”.
Keith Cuff Billet (Tp), Peter Dyer (Tb), Bill Greenow (CI), Graham Patterson (P), John Coles (Bj), Terry Knight (B), Barry Martyn (Dr),
GHB Records LP-10
Cricklewood, London, August 10, 1963

 

Bill Greenowの写真(Barry Martin’s Ragtime Band)は下記HPからお借りしました。⇨ こちらをクリックして下さい。

Jim Robinson, George Lewis, and Sammy Rimington(June 1962)
Photo by courtesy of Tom Sancton’s News & Views

11. Here is Kid Sheik With Barry Martyn’s Band play “When your hair has turned to silver”.
Kid Sheik Cola (Tp), Jack Wedell (Tb), Sammy Rimington (Cl),
Paul Seeley (Bj), Harry Richardson (B), Barry Martyn (Dr), GHB GHB-187
Egham Cricket Club, Egham, England, June 12, 1963

Sammy Rimington さんのHPです。こちらをクリックして下さい。

 

12. Here is Chris Barber’s Jazz Band play “Storyville blues”.
Pat Halcox (Tp), Chris Barber (Tb), Monty Sunshine (CI), Lonnie Donegan (Bj), Jim Bray (B), Ron Bowden (Dr), ”Royal Festival Hall”, London, October 30, 1954 Lake CD LACS4

Monty Sunshineについてはクリス・バーバー(Chris Barber)さんのHPを参照しました。⇨ こちらをクリックして下さい。

 

Photo by Discos

13. Here is Acker Bilk’s Paramount Jazz Band “Franklin St. blues”.
Ken Sims (Tp), Johnny Mortimer (Tb), Acker Bilk (Cl), Joy Hawkins (Bj), Ernie Price (B), Ron Mckay (Dr),London March 6.1958 Reprise Records R-6031

(音量を少し下げてお聞き下さい)

Acker BILK & His Paramount Jazz Band: In A Persian Market (Live in Jazz Festival Prague 1964)

”Jazz for Kutsurogi” fe.New Orleans style clarinet players(1)

May 8.2018

先日の神戸例会の会場でトラッド愛好家のT川さんから1枚のCDをプレゼントされました。

「平野君、古いジャズ好きやろ。クラで好きな曲をCDにしたんやけど」

誠にお恥ずかしいことですが知らない演奏も多く収録されています。

T川さんと次回お会いするまでに一生懸命聞かないといけません。

以下、全19曲を3回に分けてブログに纏めることにしました。(本日は7曲)

1.Kid Thomas’ Creole Jazz Band play “Put on your old grey bonnet”.
Kid Thomas (Tp), Louis Nelson (Tb), Paul Barnes (Cl),George Guesnon (Bj), Joe James (P), Sammy Penn (Dr) New Orleans, July 3, 1960
Icon Records LP-3

 

Paul Barnes ⇨ こちらをクリックして下さい。

2. George Guesnon’s New Orleans Band play “In the shade of old apple tree”.
Kid Thomas (Tp), Jim Robinson (Tb), George Lewis (CI),George Guesnon (Bj), John Joseph (B), Josiah Frazier (Dr)New Orleans, 1962
Icon Records LP-9

 

 George Lewisについては説明不要と思いますので、リーダーのGeorge Guesnonを調べました ⇨ こちらをクリックして下さい。

3. Here is Sweet Emma Barret her Dixieland Boys play “Tishoming blues”.
Percy Humphrey (Tp), Jim Robinson (Tb), Willie Humphrey (CI),Emanuel Sayles (Bj), McNeal Breax (B), Josiah Frazier (Dr) New Orleans, January 25, 1961
Riverside Records RLP-364

 

Willie Humphrey⇨ こちらをクリックして下さい。

4. Here is Percy Humphrey’s Crescent City Joymakers play“Lonesome road”.
Percy Humphrey (Tp), Louis Nelson (Tb), Albert Burbank (Cl),
Emanuel Sayles (Bj), Louis James (B), Josiah Frazier (Dr) New Orleans, January 24, 1961
Riverside Records RLP-378

 

「Audio-Visual Trivia」(koukinobaabaさんが運営)の下記ブログが参考になります。引用させていただきます

Albert Burbank ⇨ こちらをクリックして下さい。

5. Here is Kid Howard La Viva Jazz Band play  “Londonderry air”.
Kid Howard (Tp), Eddie Summers (Tb), Israel Gorman (Cl), Louis James (B), Cie Frazier (Dr) New Orleans, September 3, 1961
Icon Records LP-4

 

Israel Gorman ⇨ こちらをクリックして下さい。

6. Here is Jim Robinson’s New Orleans Band play “Take my hand, Precious Lord”.
Ernest Cagnolitti (Tp), Jim Robinson (Tb), Louis Cottrell (CI)
George Guesnon (Bj), Slow Drag Pavageau (B), Alfred Willman (Dr),
New Orleans, January 24, 1961 Riverside Records RLP-393

 

Louis Cottrell And His New Orleans Jazz Bandの映像をご覧下さい。

7. Here is Kid Sheik Storyville Ramblers play “Willie the Weeper”.

Kid Sheik (Tp), Albert Warner (Tb), Steve Angrum (Cl), Harrison Verret (Bj), Slow Drag Pavageau (B),Alex Bigard (Dr),New Orleans, August 6, 1961
Icon Records LP-6

 

Steve Angrumがマーチングバンドで行進している写真をご覧下さい。 ⇨ こちらをクリックして下さい。

Slim Gaillard and His Baker’s Dozen(1952)

May 6.2018

本日はBen Webster and Ralph Burns Orchestraを聴きながらベン・ウェブスター(Ben Webster)のディスコグラフィー(The Ben Webster solography by Jan Evensmo)を読んでいました。

ディスコグラフィーを読んでいると他の録音も当然気になります。

Ben Websterは上記録音の2年前に面白いセッションに参加しています。

Photo by Youtube

1952年12月にジャイヴ界の大物であるスリム・ゲイラード(Slim Gaillard)と2曲録音しています。

以下「The Ben Webster solography by Jan Evensmo 」から該当部分を転記します。

SLIM GAILLARD AND HIS BAKER’s DOZEN Dec. 1952

Ben Webster (ts), Slim Gaillard (g, vo), possibly Cyril Haynes (p), Ray Brown (b), possibly Milt Jackson (dm).
Two titles were recorded for Mercury:
1126  Gomen Nashai Solo 16 bars. (M)
1127  Potatoe Chips Brief intro. Faint obbligato. Solo 32 bars. Coda 8 bars. (M)

Under such bizarre circumstances, one wonders how it is possible to play at all without bursting into laughter! But BW makes some interesting contributions, not as memorable as ten years before if you remember that incredible Gaillard session, but particularly “… Chips” has some good tenorsax playing.

Tom Lord”The JAZZ Discographyによると「ひょっとしたら」が消えています。

Slim Gaillard
[G139-15]
Ben Webster (ts) Cyril Haynes (p) Slim Gaillard (g,vcl) Ray Brown (b) Milt Jackson (d)
New York, December, 1952
1126-13 Gomen nasai [Forgive me] Clef 89031, MGC138, Verve (F)2304554
1127-3 Potato chips – – – , MGV2013,
Norgran EPN56

Photo by Wikipedia

『Milt Jacksonがドラム ほんまかいな?』

彼の楽歴でドラム奏者として録音が記録されているのはこのレコードだけでしょうか?ディスコグラフィーを確認してもこの録音以外は確認できませんでした。詳しい方の情報をお待ちしています。

最近、FB友大場さんがこの2曲を収録した「スモーガスボード(日本盤)」を「ひとりDiscogs」で紹介されています。

こちらをクリックして下さい。⇨ 「ひとりDiscogs」(4/30)

fullsizeoutput_f1d

キャプションの入力

私も「レコード・コレクターズ1986年1月号」を読み直しました。

「いかに幻の名盤天国ニッポンとはいえ、ゲイラードのヴァーブ盤まで登場するとは思いもよらなかった。
(中略) 廃盤にならぬうちに買っておいて下さい」

「スリム・ゲイラードのLP」土山和敏氏(p24〜32)

又、故中村とうよう氏「スリム・ゲイラードの特異な”芸”」(p18〜23)も興味深かったです。

前回のブログではミルト・ジャクソンの歌唱を紹介しました。今回はドラム演奏を紹介させて頂きました。

Here is Slim Gaillard and His Shintoists play “Gomen Nasai”
Ben Webster (ts) Cyril Haynes (p) Slim Gaillard (g,vcl) Ray Brown (b) Milt Jackson (d)

1126-13 New York, December, 1952

Here is Slim Gaillard and His Baker’s Dozen play “Potato Chips ”.
1127-3
Members of the recording are the same as above.

おやまぁあんたまで!!「歌いたがり屋」列伝(大阪ジャズ同好会特集)

May 4.2018

おやまぁあんたまで!!「歌いたがり屋」列伝  解説 吉瀬 拓雄氏 (2015年4月12日)

今回は「歌いたがり屋のジャズ奏者たちが大集合です。ジャズのレコード録音は1917年、白人バンドの0DJBが始まりと されますが、その前年に女性歌手マリオン・ハリス、さらに遡る1911年にラグタイム キングと呼ばれたジーン・グリーンが残した歌声もあるそうです。とはいえ、ヴォーカ ルをジャズの主要なパートに押し上げたのは1920年代半ばにホット5を結成したル イ・アームストロングの功績でしょう。その影響は、ビング・クロスビーら多くの歌手にとどまらず、器楽奏者たちにも歌う楽しさ(快感)を教えてしまったのでした。

まずは、ルイに刺激された調子のいいトランペッターたちの歌声を…

(1) HENRY RED ALLEN

ルイより5つ年下のニューオリンズ出身で、ルイス・ラッセル、キング・オリヴ アーらのバンを経て独立。当日はDark Eyes(1944)を選曲されましたが音源がありません。代替としてJ.C.Higginbotham(tb)達とコーラスしている映像を添付しました。

Here is Henry Red Allen sings “Drink Hearty”.(1946)

Photo by YouTube

(2) BUNNY BERIGAN
学生バンド時代にハル・ケンプに見出されて欧州ツアーに参加。ポール・ホワ イトマン、ベニー・グッドマン楽団にも所属し独立。36年のメトロノーム誌人 気投票で首位。40年にはトミー・ドーシー楽団に加わったが、33歳で早世。

Here is Bunny Berigan sings “Star dust” .

(3) ROY ELDRIDGE
1930年代半ばから活躍し、40年には白人ビッグバンド最初の黒人レギュラーと してジーン・クルーパ楽団に迎えられた。その後アーティー・ショウ楽団、JA TP、グッドマンの欧州ツアーにも参加。これは自己パンド時代の演奏で、メンパーにサヒブ・シーハブの名も。歌題は「恥ずかしくないかい?」でしょうか。

Here is Roy Eldridge sings “Ain’t that a Shame” (1946)

 

Photo above of  Charlie Shavers by Wikipedia

(4)CHARLIE SHAVERS
20歳前にジョン・カービー楽団に入り、大半の編曲を手がけたといわれる才人。 トミー・ドーシーやグッドマン楽団にも参加。多くの録音を残したレイ・ブライ アントトリオとのアルバム「Digs Dixie」から自作曲を。グリークスはペテンの俗語?

Here is Charlie Shavers sings “Daddy’s Got The Gleeks”.(1959)

 

5) DIZZY GILLESPIE
ビバップやラテンリズムの導入でモダンジャズの功績者と讃えられる一方、テ ディ・ヒル、キャブ・キャロウエイら所属楽団のボスや仲間と衝突を繰り返した という。MJQメンバーも彼の楽団にいた。クインテットの演奏で、ビル・グラハ ム(as)、ウイントン・ケリー(p)、ボニー・グリッグス(b), アル・ジョーンズ (d)。(他にナット・アダレイ、クラーク・テリーも歌っているようです)

Here is Dizzy Gillespie sings “Blue Skies”

トロンポーンはおなじみジャック・ティーガーデンを省略してこの人に…

Photo above of Tyree Glenn by AllMusic

 

(6) TYREE GLENN
べニー・カーター楽団などを経てキャブ・キャロウエイ、デューク・エリントン楽団へヴァイブ奏者との二足のわらじで活躍。歌の方もトロンボーンと同様、 楽しさがあふれます。クインテットのメンバーは、メリー・オズボーン(g)、トミー・フラナガン(p)、チャーリー・ポッター(b)、ジョー・ジョーンズ (d)。
歌うサックス奏者は少なく、他にソニー・スティット、トランバウアー、古谷充ぐらい

Here is Tyree Glenn sings “Yes Sir That’s My Baby” (1957)

 

(7) GERRY MULLIGAN
ピアノレスのカルテットなど、意欲的試みでウエストコーストから新風を吹か せたあのマリガンが歌ってます。フュージョンのデーヴ・グルーシンと組んだ 全曲自作のアルバム。ジェイ・レオンハート(b)、バディ・ウイリアムス (a)。

Here is Gerry Mulligan sings “I Never Was A Young Man”. (1980s)

ピアニストで歌っているのはホーギー・カーマイケル、マット・デニスといった作曲家系と弾き語りトリオの元祖ナット・キング・コールは割愛して、次の2人を

 

(8) OSCAR PETERSON
ナット・コールとの約束で歌を封印したと言われるピーターソンが、その前に 吹き込んだアルバム「Romance」の1曲。ナットの死後もリスペクト盤を1枚出しただけでした。バックはバーニー・ケッセル(g)と、レイ・ブラウン(b)。

Here is Oscar Peterson sings “I Can’t Give You Anything But Love”. (1953)

Photo by National Jazz Museum in Harlem
Happy Birthday Jay McShann

(9) JAY MCSHANN
カンザスシティ・ジャズ時代を知るベテランの復活第2弾。ジェリー・マリガ ン(bs)、ハービー・マン (fl)、ジョン・スコフィールド(g)、ジョー・モレ ロ(d)、ジャック・シックス(b)というメンバーを得て気持ちよく歌い、弾いて います。前に聴いてもらったマリガン 94年の同曲はこれの完成形でしょうか。

Here is Jay Mcshann sings “Georgia On My Mind”.(1978)

負けじとオルガンも、そしてドラムもベースもヴァイヴも

(10) JIMMY SMITH
Tell Me(1966)
ピアノ弾きが歌うなら俺だって、とジミー・スミスも歌います。バックのメ ンバーは不詳ですが、彼にはもう1枚ジョニー・ペイト楽団をバックにした歌入りアルバム「The Other Side Of Jimmy Smith」もあるそうです。当日選曲された「Tell Me」の音源の代替としてYouTube映像をご覧下さい。
Here is Jimmy Smith and Kenny Burrell play “Got my Mojo Workin’ “(1993)

 

( 11)BUDDY RICH
リッチ・ヴォイスといろアルバムのタイトル通り、なかなかのいい声でいい歌いっぷり。バックはハル・ムーニー楽団。もう1枚ある「Just Sing」では、 ベン・ウェブスターやハリー・エディソンらをバックに歌っています。
(ドラマーではグラディ・テイトも歌っているそうですが…)

Here is Buddy Rich sings “Me And My Shadow”(1959)

 

(12) RED MITCHEL
Love You Madly(1988)
1968年から長期にわたってスウェーデンに居を移し、これも現地にクラーク テリーを迎えてのデュオ録音。アルバムの約半数5曲がデューク・エリントンの作で、自作の詞をつけて彼に敬意を表しクラークも最後でハモります。
選曲された「Love You Madly」についても音源の代替として下記を添付します。

Here is Red Mitchell sings “When I’m Singing “.

Recorded:New York City, October 31, 1982

 

(13)LIONEL HAMPTON
RCAビクターは 1937年から4年間、ハンプトンにニューヨーク滞在中は自由に使ってくれと録音スタジオを開放していたそうです。その初期にあたるこの曲はバスター・ベイリー(cl)、ジョニー・ホッジス(as)、コジー・コール (d)らをバックに気持ちよく、そして後年に比べ極めて真摯に歌っています。

Here is Lionel Hampton sings “On The Sunny Side Of The Street”. (1937)

 

(14) MILT JACKSON
全曲歌入りのアルバムもある無類の歌いたがり屋さん。ビリー・ホリデーや シナトラの歌唱で知られる「アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー」まであるのですが、パリでエンリコ・イントラ・グループと歌ったこの曲を。契約の関係か、ヴァイブを叩かず、歌に徹しています。ピアノは彼かも…。

Here is Milt Jackson sings “Autumn Leaves” (1964 )

以上 14 曲、「楽器で歌う」ことに専念する多くのミュージシャンには失礼な企画ではありましたが、1曲でも気に入ってもらえる物があったなら幸いです。

神戸ジャズサロン(2018年4月例会)「楽器も、歌も聴かせるミュージシャン」

May 2.2018

Photo by YouTube

先週の日曜日神戸ジャズサロンに参加しました。テーマは「楽器も、歌も聴かせるミュージシャン」でした。

自宅に帰ってから資料の順にYouTube映像を観て楽しんでいます。

今回もベテラン会員の方から面白い話が聞けとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

小生にとって「Andrea Motis,Nicki Parrott,Esperanza Spalding」については馴染みがありませんでしたがバラエティに富んだ内容だったと思います。

以下、当日ご紹介されたミュージシャンをYouTube映像でお楽しみ下さい。

1.T川さん(トラッド愛好家)

Here is Jack Teagarden & Louis Armstrong sing “Old Rockin’ Chair”.
New York,on December 30, 1957

Here is Fats Waller sings “Ain’t Misbehavin’” and “Stormy Weather” (1943).

2.Tさん

Here is Les McCann & Eddie Harris play “Compared To What”.
Eddie Harris(ts),Les McCann(p, vo),c(tp),Leroy Vinnegar(b),Donald Dean(ds)
June 21, 1969  at The Montreux Jazz Festival

3.Fさん(大阪ジャズ同好会で新譜紹介を担当されています)

Here is Nicki Parrott with Les Paul Trio play “I’ll Be Your Baby Tonight”.

Here is Andrea Motis and Joan Chamorro Quintet with Scott Hamilton play “Lullaby of Birdland”.

4.Y瀬さん(いつもおしゃれな選曲をされます)

Here is Gerry Mulligan Sings “I Never Was A Young Man”.

5.Iさん

Here is Esperanza Spalding sings “Little Fly” .

6.Kさん

Here is 「小川理子」Riko Ogawa Swinging’ Stride Jazz Band play “How Long Has This Been Goin’ On”.
小川理子(P.Vo) 佐久間 和(G) 小林真人(B) 木村純士(Ds) ODJC 2017.11.19(島之内教会)

7.M氏(神戸ジャズサロン主宰者)

Here is Frank Sinatra and Louis Armstrong sing “Birth of the Blues”.

8.平野

Here is Joe Bushkin with Axel Stordahl and orchestra singss “I Love A Piano” (1951 TV)

Here is Woody Herman Orchestra play “Doctor Jazz” 1939

最後に番外編として最近気に入っている映像を添付致します。

Here is Louis Armstrong, Jack Teagarden, Barney Bigard & Earl Hines
Jack Teagarden(tb,vo), Barney Bigard(cl), Earl Hines(p), Arvell Shaw(b), Cozy Cole(ds)  December 26, 1950, L.A. “THE STRIP”

大阪ジャズ同好会特集『ボビー・ハケット大全集』

May 01.2018

Photo by courtesy of Swing DJ Resources

ボビー・ハケット大全集(2017年6月5日) 解説 寺本 泰規氏(同好会世話人)

ボビー・ハケットというミュージシャンをはたして何人の人がご存知でしょうか。リーダーアルバムもそれほど多いわけでもないのに、印象的なプレイを我々に残してくれました。

今日はボビー・ハケットの業績を残された数々の演奏からたどり、あらためて彼のプレイに注目してもらえれば幸いです。

さて彼のファーストレコーディングは何かということですが、それは1937年3月24日にDick Robert san & His Orchの一員として吹き込まれたものです。しかし彼が注目されるようになったのは、ベニー グッドマン・カーネギー・ホール・コンサートでジャズの歴史をたどるメドレーの中で、ビックス ・バイダーベックの名演を再現したときの演奏からだと思います。まず最初にその演奏を聴いていただきましょう。

1.「I’m Coming Virginia」(2:15)(Jan 16,1938)
Soloist Bobby Hackett(cor) Allan Reuss(g)

ハケットはビックスに似ていると言われることもありますが、ビックスのアタック鋭いサウンドは なく、中音域を主体とした柔らかい音が特徴です。また、後で紹介するヴォーカルのバックで吹くオブリガードのうまさは彼ならではのもので正に絶品と言えるでしょう。

次はユービー・ブレイクの名曲を聴いていただきましょう。ここでは彼の特徴である中音域を生か したソロが聴かれます。
2.「Memories Of You」(3:18)(July, 12,1938)
Bud Freeman & His Gang
Bobby Hackett(cor) Pee Wee Russell(cl) Dave Matthews(as) Bud Freeman(ts) Eddie Condon(g) Jess Stacy(p) Artie Shapiro(b) Dave Tough(ds)

Photo by Discogs

ハケットは1941年7月から1942年9月までグレン・ミラー楽団に在団しますが、元々は欠員となってい たギター奏者として雇われます。しかしコルネット奏者としても印象的なソロを残しています。ここではその代表的なソロを聴いていただきます。

3.「A Strings Of Pearls」(3:47)(Nov 8,1941)
Glenn Miller & His Orchestra Soloist Bobby Hackett(cor) Jerry Gray(arr)

1946年まではリーダーセッションはあったものの、リーダーアルバムはありませんでした。 SP時代に吹き込んだ曲をLP時代(10inchs)になりまとめたのが次のアルバムで、初めてのリーダーアルバム だと思います。

4.「With A Song In My Heart」(2:39) (Feb 5,1946)
Bobby Hackett(cor) Hank D’Amico(cl) Bil Stegmeyer, Johnny Pepper(as) Wolfe Tannenbaum, Hank Ross(ts) Johnny Guarnieri(p) Carl Kress(g) Bob Haggart(b)Cozy Cole(ds) Bill Challis(arr, cond)

さて、彼が本領を発揮するのはワンホーン・クインテットの時だと思いますが、下記の演奏は正に彼のソフトでメロウなトーンとエレガンスに満ちたフレイズが堪能できるものとなっています。

5.「What A Difference A Day Made」(3:08)(Sep 13,1950)
Bobby Hackett(tp) Charlie Queener(p) Danny Perri(g) Bob Casey (b) Cliff Leeman(ds)

同じクインテットでもストリングが入るとより彼のプレイが浮かび上がるのですが、次の曲ではミ ユートプレイが日本人好みのいわゆる「泣き」が入ったものとなっています。リズムセクションにモダン派も加えたこのレコードは、キャピトル最初のリーダーアルバムとなっ ています。

6.「You Turned The Tables on Me」(2:27) (lay 11,1953)
Bobby Hackett(tp) Lou Stein(p) Billy Bauer(g) Arnord Fishkind(b) Denzil Best(ds) with strings

キャピトルに移籍後、ムードミュージックで有名なジャッキー・グリースン楽団でソロイストとし てフューチャーされたアルバムを7枚ほど作りますが、それぞれ50万枚以上売り上げてゴールドディスクとなっています。その中から1曲お送ります。
7.「Yesterdays」(3:06)(1954)
Jackie Gleason & His Orchestra featuring Bobby Hackett(tp)

彼はキャピトルレーベルにおいてグリースン楽団だけではなく、自己のグループを率いてコンボで のレコーディングを残していますが、その中からジャケットのデザインが秀逸な「Rendezvous」から 一曲選んでみました。この曲はカーク・ダグラス主演の映画「Young man with a horn」(邦題「情熱 の狂想曲」)でドリス・ディが唄う場面が印象的でした。

8.「The Very Thought Of You」(2:35)(1956)
Bobby Hackett(tp) with Orchestra conducted by Glenn Osser

今度はライブ演奏を聴いていただきましょう。シャンソンの名曲でジャズでも取り上げられること の多い「枯葉」です。メンバーがモダンジャズメン3名、スイング時代からのベテラン2名の合わせて 5名が何の違和感もなく、一緒にプレイしているところがジャズのすごいところだと思います。
9.「Autumn Leaves」(6:34) Jan 31,191)
Dizzy Gillespie(tp) Bobby Hackett(tp) Mary Lou Williams(p) George Duvivier(b) Grady Tate(ds)

ハケットは唄伴でもその能力を最大限に発揮します。オブリガードのうまさは他のミュージシャン と比べても特筆すべきものがありますが、特にリー・ワイリーとは1950年12月に吹き込んだ名盤「Night In Manhattan」でも既に共演しており、実に22年ぶりの共演となりました。

10.「Moon River」(3:15) (June 5,1972)
Lee Wiley(vo) Bobby Hackett(cor) Teddy Wilson(p) Bucky Pizzarelli(g) George Duvivier (b) Don Lamond(ds)

続いてはテレサ・ブリュワーの唄に伴奏した時のものです。そのうち2曲目の「I’ve Got A Crush On You」は先ほどの「Night In Manhattan」でもワイリーと共演しており、興味のある人は比べてみるのも一興かと思います。
11.「If I Had To You~I’ve Got A Crush On You」(4:49)(1973)
Teresa Brewer(vo) Bobby Hackett(tp) Hank Jones(p) Art Ryerson(g) Richard Davis(b) Ted Sommer(ds) Johnny Mince, Hank Freeman, George Berg, Toots Mondello(sax) James Maxwell, Nax Kaminsky, Mel Davis(tp) Warren Covington, Vic Dickenson, Urbie Green(tb)

先ほどのガレスピーとの共演と同じように、今度はモダンジャズの巨人ズート・シムズとの共演で す。それ以外のメンバーもモダンジャズメンで固められており、彼が如何に柔軟性のとんだプレイヤ ーであるかということを如実に示しています。モダンジャズメンの中にあっても彼の個性は決して理没することなく、しっかりと自己主張しており、彼らと対等に渡り合っています。
12. 「These Foolish Things」(5:50)(Aug. 3,1974)
Bobby Hackett(tp) Zoot Sims(ss) Hank Jones(p) Bucky Pizzarelli(g) Richard Davis(b) Mel Lewis (ds) Glenn Osser(arr)

この特集の締めくくりとして、多分彼のラストレコーディングと思われるアルバムから1曲お送りします。このアルバムは映画、ジャズ・クラシックびスタンダードから選曲されたきわめて彼らしいアルバム作りとなっています。その中から彼の得意とするディキシースタイルで「Tin Roof Blues」 を聴いてください。
13. 「Tin Roof Blues」(3:46)(1976)
Bobby Hackett(tp) Dave McKenna(p) Bob Daugherty(b) Ron Lundberg(ds)

皆さんいかがだったでしょうか。彼が如何に融通性に富み、リーダーアルバムにおいても、他の楽 団のソロイストにおいても、唄伴においても一流の演奏者であることがおわかりになったと思います。 これを機会にもっとハケットの演奏に興味を持っていただけたら幸いです。

[補足]Bobby Hackettの公式ファンクラブがFacebookで公開されています。

こちらをクリックして下さい。⇨Fans of Bobby Hackett(NOT BUDDY)