月別アーカイブ: 2018年6月

神戸ジャズサロン6月例会(1)   

June 30.2018

先日(2018年 6月24日)開催された神戸ジャズサロンの特集は「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加(仲良し夫婦も可)のアルバム」でした。

ブログでは当日紹介されたミュージシャンを2回に分けてご紹介致します。

Y瀬さん(大阪ジャズ同好会では姉妹特集を解説されました)

オーディオパークから発売された瀬川昌久コレクション「女性ジャズ・コーラス・グループの創世期(1918~1947)」から2曲

1. IF HE CAN FIGHT LIKE HE CAN LOVE / The Farber Sisters (1918)

_IF HE CAN FIGHT LIKE HE CAN LOVE

32組が揃う英盤Sisters Anthology(大阪ジャズ同好会で紹介)でもっとも古い録音は1924年のBox Sistersでした。上記は6年前(1918年)に録音されました。

大阪ジャズ同好会でご紹介された姉妹シリーズは下記のリンクをご覧下さい。

「こんなに大勢いたなんて! シスターズ列伝」 こちらをクリック

「まだまだいました シスターズ列伝Ⅱ」⇨ こちらをクリック

 

2. ALEXANDER’S RAGTIME BAND / The Boswell Sisters (1934)

Here is The Boswell Sisters sing “Alexander’s Ragtime Band”.

Sさん
Mills Brothers(兄弟)とLes Paul & Mary Ford(夫妻)
1.Paper Doll
Here is The Mills Brothers sing “Paper Doll”.

2. Basin Street Blues
Here is The Mills Brothers sing “Basin street blues”.

Photo by Les Paul.com

3. Dialog & in the mood
4. How high the moon
Here is Les Paul & Mary Ford play “How high the moon”.

Tさん
1. Tom Vickery and Don Vickery (双子の兄弟サックス)

Pictured above of Tom played trumpet, Don played drums by courtesy of Artist:Tom & Don Viceroy

詳細はこちら ⇨ http://www.cornerstonerecordsinc.com/pages/arttdv.html

2. Bob Rigter & Simon Right( 親子でサックス奏者)

Here is The Bob Rigter Quartet play “As Time Goes By”.

Here is Simon Rigter with Dutch Jazz Orchestraplays“Day Dream”.

F川さん

1.山下洋輔と山下眞理子(兄妹)
2.Paolo Alderighi and Stephanie Trick(夫妻)
3.Nicki Parrott and Lisa Parrott (姉妹)

Here is Mariko Yamashita sings “But Not for Me”.

Here is Stephanie Trick & Paolo Alderighi play(Duo) “Sentimental Journey”.

 

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月25日)

June 26.2018

昨日は阪急百貨店で開催されていたSPレコードコンサートの最終日に行ってきました。

解説 西口 正博氏(京都HOT STEP代表)

会場にはM氏(神戸ジャズサロン主宰者)とF川氏(大阪ジャズ同好会で新譜紹介担当)が来られていました。F川氏からは「竹針カッター」についても教えて頂きました。

当日ご紹介された7曲を記載しました。又、ミルドレッド・ベイリーとビリー・ホリデイの歌唱をお楽しみ下さい。

(1)

Photo by Discogs

Benny Goodman & his Orchestra
“Let’s Dance”

(2)

Photo by YouTube

(2)Artie Shaw & his Orchestra
”Star Dust”

(3)

ミルドレッド・ベイリーと小編成のコンボ演奏をご紹介されました。

Here is Mildred Bailey And Her Swing Band play “ I’d rather listen to your eyes ”.
Mildred Bailey (vcl) acc by Chris Griffin (tp) Chu Berry (ts) Teddy Wilson (p) Red Norvo (xyl-1) Dick McDonough (g) Artie Bernstein (b) Eddie Dougherty (d)
New York, September 20, 1935

(4)

Photo by Wikipedia

Glenn Miller Orchestra
“Moonlight Serenade”

(5)

Photo by eBay

Anita O’Day with Gene Krupa And His Orchestra
“Side by side”

SPレコードコンサートの最後にビリー・ホリデイを3曲ご紹介されました。

(6)

Here is Billie Holiday sings “Loveless Love”.
Billie Holiday(vo),Bill Coleman(tp),Benny Carter(cl & as)
Georgie Auld(ts),Benny Morton(tb),Sonny White(p),
Ulysesses Livingstone(g),Wilson Myers(b); Yank Porter(ds)
15th, October 1940 Okeh 6064 (28875-1)

(7)

Here is Billie Holiday sings “Lover Come Back to Me”.
Billie Holiday(vo),Eddie Heywood(p),John Simmons(b),Sidney Catlett (ds9
Commodore 559B (A4755-2) 8, April 1944

(8)

Here is Billie Holiday sings “All of Me”.
Shad Collins(tp) Leslie Johnakins, Eddie Barefield(as) Lester Young(ts) Eddie Heywood(p) John Collins(g) Ted Strurgis(b) Kenny Clarke(d)
New York, March 21, 1941 Okeh 6214 (29990-1)

京都HOT STEPのFacebookから写真をお借りしました

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月23日)

June 23.2018

本日も阪急百貨店で開催されているSPレコードコンサートに行ってきました。今日は「カンサスシティ」で活躍したベニー・モーテン楽団から解説が始まりました。

後半2曲はレスター・ヤングとチャーリー・パーカーが主役です。更にカウント・ベイシーのボーカル(スキャット)も聞かせて頂きました。

以下、本日ご紹介された6曲を添付します。

(1)
Here is Bennie Moten’s Kansas City Orchestra play “Yazoo blues”.
Lammar Wright (cnt) Thamon Hayes (tb) Harlan Leonard (cl,as) Laforet Dent (as,bar) Woody Walder (cl,ts) Bennie Moten (p) Sam Tall (bj) [as Banjoe Joe (bj) ] Vernon Page (tu) Willie McWashington (d) Chicago, December 13, 1926

冒頭のバンジョーの音が印象的でした。

Yazoo blues

(2)
Here is Bennie Moten’s Kansas City Orchestra play “Pass out lightly”.
Ed Lewis, Paul Webster (cnt) Thamon Hayes (tb,vcl) Harlan Leonard (cl,as,sop) Jack Washington (cl,as,bar) Woody Walder (cl,ts) Laforet Dent (as,ts,vcl) Bennie Moten (p,ldr) Leroy “Buster” Berry (bj) Vernon Page (tu) Willie McWashington (d) Chicago, June 12, 1927

Pass out lightly

Andy Kirk And His Orchestra pose for a studio group portrait, with Pha Terrell and Mary Lou Williams sitting at the piano, in 1940 in the United States. (Photo by Gilles Petard/Redferns)

(3)
Here is Mary Lou Williams And Her Kansas City Seven play “Baby Dear”.
Harold “Shorty” Baker (tp) Ted Donnelly (tb) Edward Inge (cl) Dick Wilson (ts) Mary Lou Williams (p) Booker Collins (b) Ben Thigpen (d) New York, November 18, 1940

メアリー・ルー・ウィリアムについては「セサミストリート」に出演していた事も解説されました。

 

Bennie Moten’s Kansas City Orchestra with Bennie Moten (right右), vocalist Jimmy Rushing (center), and Count Basie ( left左) 1931
Courtesy of the Frank Driggs Collection

(4)
Here is Bennie Moten’s Kansas City Orchestra play “Somebody stole my gal”.
Ed Lewis, Hot Lips Page, Booker Washington (tp) Eddie Durham (v-tb,g) Thamon Hayes (tb) Harlan Leonard (cl,sop,as) Woody Walder (cl,ts) Jack Washington (cl,as,bar) Count Basie (p) Ira “Buster” Moten (p,accor) Leroy “Buster” Berry (bj) Vernon Page (tu) Willie McWashington (d,vib) Jimmy Rushing (vcl) Bennie Moten (dir)
Lincoln Hall, Kansas City, October 31, 1930

曲の後半(1:57過ぎ)から聞こえるベイシーのボーカル(スキャット)は珍しいです。
Somebody stole my gal

 

Photo by Discogs

 

(5)
Here is Count Basie’s Kansas City Seven play “Dickie’s dream”.
Buck Clayton (tp) Dicky Wells (tb) Lester Young (ts) Count Basie (p) Freddie Green (g) Walter Page (b) Jo Jones (d)
New York, September 5, 1939

 

Photo above of Charlie Parker as a member of the Jay McShann Orchestra(1938) by courtesy of Pinterst

(6)
Here is Jay McShann And His Orchestra play “Hootie blues”.
Harold Bruce, Buddy Anderson, Orville Minor (tp) Taswell Baird (tb) John Jackson (as) Charlie Parker (as,arr) Harold Ferguson, Bob Mabane (ts) Jay McShann (p) Gene Ramey (b) Gus Johnson (d) Walter Brown (vcl) William J. Scott (arr)
Dallas, Texas, April 30, 1941

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月22日)

June 22.2018

本日も阪急百貨店で開催されているSPレコードコンサートに行ってきました。今日はシカゴで活躍したジャズメンの録音を7曲聞きました。

最初の曲から私の大好きなクラリネットを聞くことができ楽しかったです。

ブログではSP愛好家の瀬谷徹氏がYouTubeにアップされている4曲を添付させて頂きました。

明日は「カンサスシティ」で活躍したベニー・モーテン楽団をご紹介されることを楽しみにしております。

Photo above of Johnny Dodds by NOLA Jazz Museum

(1)
Here is Johnny Dodds and New Orleans Wanderers play “Perdido Street Blues”.
George Mitchell(cnt) Kid Ory(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Armstrong(p) Johnny St. Cyr(bj) Chicago, July 13, 1926
この曲におけるJohnny Doddsのイントロは個人的に大好きです。モダンジャズのファンの方にもお薦めします。

(2)
Here is Jimmie Noone’s Apex Club Orchestra play “Every Evening”.
Jimmie Noone(cl),Joe Poston (as),Earl Hines(p),Buddy Scott (banjo),Johnny Wells (ds) May 1928.

ニューオーリンズ出身のジャズメンとシカゴ生まれの若き白人ジャズメンの共演を2曲ご紹介されました。

(3)
Here is Elmer Schoebel and his Friars Society Orchestra play “Copenhagen”.
Dick Feige(cnt) Jack Reid(tb) Frank Teschmacher(cl) Floyd Townes(ts) Elmer Schoebel(p) Karl Berger(g) John Kuhn(tu) George Wettling(d) Chicago, October 18, 1929

個人的にはギターの音(曲の途中にブレイクとして短く挿入)が新鮮に聞こえました。

Photo above of Wingy Manone by courtesy of alchetron.com

(4)
Here is Benny Goodman and his Boys play “Muskrat Ramble”.

ベニー・グッドマンが20歳での録音です。個人的な与太話で恐縮ですがWingy Manoneの写真を見ると「丹下左膳」を思い出します。

Wingy Manone (tp) Benny Goodman (cl) Bud Freeman (ts) Joe Sullivan (p) Herman Foster (bj) Harry Goodman (b) Bob Conselman (d)  Chicago, August 13, 1929

by YouTube

(5)
Here is Earl Hines and His Orchestra play “Blue Nights”.

Shirley Clay, George Mitchell (cnt) William Franklin (tb,vcl) Lester Boone (cl,as,bar) Toby Turner (cl,as) Cecil Irwin (ts,cl,arr) Earl Hines (p,vcl) Claude Roberts (bj,g) Hayes Alvis (tu,vcl,arr) Benny Washington (d) Alex Hill (arr)  Chicago, October 25, 1929

以下2曲はSPレコードの面裏(所謂AB面)に収録されたルイ・アームストロングの名演です。解説の西口氏もサッチモの絶頂期の作品としてご紹介されました。

(6)
Here is Louis Armstrong and his Hot Five play “Struttin’ with Some Barbecue”.
Louis Armstrong(cnt) Kid Ory(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Armstrong(p) Johnny St. Cyr(bj,g) Chicago, December 9, 1927
Col 37535,

(7)
Here is Louis Armstrong and his Hot Five play “Once In A While”.
Louis Armstrong(cnt) Kid Ory(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Armstrong(p) Johnny St. Cyr(bj,g) Chicago, December 10, 1927
Col 37535,

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月21日)

June 21.2018

阪急百貨店パンフの一部を撮影

阪急百貨店で開催されている西口 正博氏(京都HOT STEP 代表)によるSPレコードコンサートの第2回目(6月21日)の概要をブログに纏めました。

今回は「ニューオーリンズ」をテーマとした特集でした。最初の曲以外はYouTubeから音源を添付しました。

上記の写真は「ヤフーオークション」からお借りしました。

(1)Here is Original Dixieland Jazz Band play “Darktown Strutters Ball”.

Darktown Strutters Ball(SP愛好家の瀬谷徹氏の音源です)

fullsizeoutput_9f

ブログ作成者所有の書籍「ジャズの歴史」から撮影しました。

 

Louis Armstrong standing beside King Oliver by courtesy of Pinterest

(2)Here is King Oliver’s Creole Jazz Orchestra play “Snake Rag”.

Joe Oliver, Louis Armstrong(cnt) Honore Dutrey(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Hardin(p) Bill Johnson(bj,) Baby Dodds(d) Richmond, Ind., April 6, 1923,Chicago

(3)Here is The Halfway House Dance Orchestra play “Let me call you sweetheart”

Albert “Abbie” Brunies (cnt) Charlie Cordella (cl,as,ts) Bill Whitmore (p) Bill Eastwood (bj) Leo Adde (d) New Orleans, LA, September 25, 1925
(いい音源を添付できないことについては御容赦ください。)

The Halfway House Dance Orchestraについてはこちらを参照しました。

Photo by YouTube

(4)Here is Sam Morgan’s Jazz Band play “Sing on”.

Sam Morgan (cnt,vcl) Ike Morgan (cnt) Jim Robinson (tb) Andrew Morgan (cl,ts,vcl) Earl Fouche (as) Tink Baptiste (p) Johnny Dave (bj) Sidney Brown (b,vcl) Nolan Williams (d)  New Orleans, April 14, 1927

(5)Here is George Lewis And His New Orleans Stompers play “Just a closer walk with thee”.

Jim Robinson (tb-1) George Lewis (cl) Lawrence Marrero (bj) Sidney Brown (tu) Edgar Mosley (d)Edgar Mosley’s Home, New Orleans, May 15, 1943

以下の曲は今回予定が無かったルイ・アームストロングでしたが、御来場のお客様のリクエストにお応えして急遽選曲されたようです。

(6)Here is Louis Armstrong And His Orchestra play “2:19 Blues”.

Louis Armstrong (tp,vcl) Claude Jones (tb) Sidney Bechet (cl,sop) Luis Russell (p) Bernard Addison (g) Wellman Braud (b) Zutty Singleton (d) New York, May 27, 1940

(7)Here is Bunk Johnson and his New Orleans Band play “When the saints go marching in”.

Bunk Johnson(tp) Jim Robinson(tb) George Lewis(cl) Alton Purnell(p) Lewrence Marrero(bj) Alcide Pavageau(b) Baby Dodds(d) New York, December 19, 1945

大阪ジャズ同好会(2018年6月例会) 新譜紹介・参加者持ち寄り

June 19.2018

2018年6月10日(日)に開催された大阪ジャズ同好会の概要をご紹介致します。

下記レジュメの順に関連のある動画等を添付しましたのでお楽しみ下さい。

・新譜紹介

Here is JUJU sings “It Don’t Mean A Thing” from 「JUJU BIG BAND JAZZ LIVE “So Delicious, So Good”」

Here is The Shoeshiners Band -play “Shoot the Sherbert to me Herbert”.

fullsizeoutput_1024

・参加者持ち寄り『マイ・ベスト・ジャズ・ベース』

Y瀬氏

Here is Percy Heath plays “A Love Song” [ Solo ].

Here is Gary Mazzaroppi with Les Paul play ”How High the Moon”.

 

K氏

Here is 稲葉 國光and 中牟礼 貞則(Duo) play “Conversation #1,2”

 

Alfortville27/01/2016 Le contrebassiste de jazz Henri Texier

Photo above of Henri Texierby courtesy of Mediapart

Here is Henri Texier Trio play “Stolen Moments”.

 

寺本氏

duke-ellington-and-jimmy-blanton-blues-cbs

Here is Duke Ellington and Jimmy Blanton play “PIitter Panther Patter”.
Jan.10,1940.
PIitter Panther Patter(1940)

raw

Here is Duke Ellington and Ray Brown play “PIitter Panther Patter”.
Dec. 5,1972.
PIitter Panther Patter(1972)

Here is Red Mitchell, Isao Suzuki, Tsuyoshi Yamamoto play “Perdido” (1979).

 

平野

51t8FiHlunL._SX331_BO1,204,203,200_

Here is Luis Russell and His Orchestra play “Jersey Lightning.
Luis Russell(p.dir) Henry Allen, Bill Coleman(tp) J.C. Higginbotham(tb) Albert Nicholas(cl, as) Charlie Holmes(as) Teddy Hill(ts) Will Johnsong bi) Pops Foster(b) Paul Barbarin(d, vib) New York, September 6, 1929
Jersey Lightning

fullsizeoutput_1026

Here is John Kirby Sextet play “Charlie’s prelude”.
Charlie Shavers (tp) Buster Bailey (cl) Russell Procope (as) Billy Kyle (p, arr) John Kirby (b) O’Neil Spencer (d) World transcriptions, New York, 1940
Charlie’s Prelude

Chubby Jackson Little Rascals promo w Casey

 

Here is Chubby Jackson and His Orchestra play “Northwest passage”.
Howard McGhee (tp) Bill Harris (tb) Flip Phillips (ts) Ralph Burns (p) Bil Ty Bauer (g) Chubby Jackson (b) Dave Tough (d) New York, January 10, 1945
Northwest passage

Chubby Jacksonについて拙ブログ(5回)もお時間あればご覧下さい。

⇨こちら (1)https://wp.me/p6X2wH-34x

                    (2)https://wp.me/p6X2wH-34Y

                    (3)https://wp.me/p6X2wH-35z

                    (4)https://wp.me/p6X2wH-363

                    (5)https://wp.me/p6X2wH-36u

 

 

 

大阪ジャズ同好会 第31回例会『ジャズメン いい人わるい人』解説 竹村功氏

June 17.2018

先週の日曜日(2018年6月10日)開催された大阪ジャズ同好会の概要をご紹介致します。
『特集『ジャズメン いい人わるい人』(解説 竹村 功氏)

いろんなエピソードや印象などから、独断と偏見で「ジャズメンいい人わるい人」を選びました。さて、どんな演奏家を選んだのでしょうか。ご期待ください。なお、人柄と演奏とは、ほとんどあるいは全く(!?)関係ありません。ジャズメンいい人わるい人の名曲名演を楽しんでもらいます。(竹村氏談)

以下、当日ご紹介されたレコードと選曲を記載致しました。又、面白い映像も添付しました。

「いい人」

1. アート・ブレイキー
新人発掘の才能は抜群で親分肌、日本にジャズブームをおこした立役者。ウエイン・ショー ターを快くマイルスのバンドに参加させた心の広さには頭が下がります。

「Love For Sale」(Mar. 1955)
Hank Mobley(ts) Horace Silver(p) Doug Watkins(b) Art Blakey(ds)

Here is Art Blakey and his Jazz Messengers play “Caravan”. (1963)

2. アート・ファーマー
マイルスの自叙伝に、しばしばレコーディングの際に、アート・ファーマーのトランペットを借りたという逸話がでてきます。ステージ、ジャケット写真、演奏など温厚篤実そのものだ思います。映画「真夏の夜のジャズ」に出演したジェリーマリガンのグループでの演奏です。

「Blue Port」(July.1958)
Art Farmer(tp) Gerry Mulligun(bars) Bill Crow(b) Dave Baily(ds)

Here is THE ART FARMER QUARTET “Petite Belle” (1964) with Jim Hall (guitar)

3. ズート・シムズ
ビル・クロウの著書「さよならバードランド」で、バンドのメンバーに嫌われるベニーグッドドマンに好かれる(?)ズートは人柄が抜群なのでしょう。来日での印象も文句なしの紳士でした。ズートの亡くなる一年前の演奏です。

「Zoot」(Mar,1984)
Zoot Sims(ts) Mike Vofford(p) Chuck Berghofer(b) Nick Ceroli(ds) Victor Feldman(per)

Zoot Simsが死亡する4ヶ月前の1984年11月21日に撮影した貴重な映像を添付しました。

Here is ZOOT SIMS plays “In A Sentimental Mood 〜Gone With The Wind 〜Castle Blues 〜Sweet Lorraine 〜‘Tis Autumn 〜Autumn Leaves ”.
Zoot Sims(ts), Red Mitchell(b),Rune Gustafsson(b) Sweden, November 21 1984

4.ナット・キング・コール
「昭和が愛したニューラテンクォーター」山本信太郎著には、来日したナット・キング・コールの素晴らしい人柄が紹介されています。ナット・キング・コール トリオのスイス ューリッヒでのお馴染みの二曲を聴いてください。

「Sweet Lorraine」「Route66」(0ct .1950)
Nat King Cole(p/vo) Irving Ashby(g)Joe Comfort(ds)

Here is Nat King Cole sings “Sayonara”.

ライブ・アット・ニューラテンクォーターは販売されています。⇨こちら

5.エディ・コンドン
いわゆるシカゴ・ジャズの親分、エディ・コンドンは、「チンコロ小父さん」然とした風貌 でファンの好感を集めたそうです。
「AIL Of Me」(Ap.1964)
Buck Clayton(tp) Vic Dickenson(tb) Bud Freeman(ts) Pee Wee Russell(cl) Dick Cary(p) Eddie Condon(g) Jack Lesberg(b) Cliff Leeman(ds) Jimmy Rushing(vol)

Here is Eddie Condon’s Nightclub in New York(1946)

上記映像には前半2分弱は音声がありません。ご容赦下さい。
1946年Greenwich Village(NYC)にあったEddie Condon’s Nightclubの様子が撮影されています。

「わるい人」

6. マイルス・デイヴィス
モダンジャズの帝王マイルスを、人柄のいい人と言う人は恐らく(?)いないでしょう。特 にステージマナーの悪さは有名です。

「Stera By Starlight」(May .1958)
Miles Davis(tp) John Coltrane(ts) Bill Evans(p) Paul Chambers(b) Jimmy Cobb(ds)

Here is Miles Davis Quintet play “So What”. (Second Concert) (Live from Konserthuset, Stockholm)

Here is Miles Davis plays ”Ascenseur pour l’Echafaud’‘ . (Louis Malle 1958)

7. べニー・グッドマン
「さよならバードランド」で、バンドのメンバーに嫌われるベニー・グッドマンです。60 年代の米ソ冷戦下に、ビッグバンドを率いてモスクワに楽旅しました。クインテットでのメ ドレーを聴いて下さい。
「Avalon~Body And Soul~Rose Room~The World Is Waiting For Sunrise」
(July.1962) Benny Goodman(cl) Teddy Wilson(p) Tark Van Lake(g) Bill Crow(b) Mel Lewis(ds)

Here is Benny Goodman and His Orchestra play in USSR

8. スタン・ゲッツ
ご存知、悪名高いゲッツですがゲッツファンの私なりに弁護すれば、60年代の来日時は、 麻薬の影響と彼自身の音楽上の迷いがあったためと思います。70年代のフュージョンや、い ろんな実験を乗り越えて、ゲッツは80年代に見事にもう一度花を咲かせます。

「Easy Living」(Jun.1981)
Stan Getz(ts) Lou Levy(p) Monty Budwig(b) Victor Levis(ds)

Here is Stan Getz & Charlie Byrd on the Perry Como Show.

9. フランク・シナトラ
ハリウッドの帝王も「悪名」高いものがいろいろありました。
「AI The Way」(2(May.1957)

Here is Frank Sinatra sings “All The Way”. (1958)

 

【おまけ】(ブログ作成者から)
Stan Getzがランバンファッションショー (Lanvin Fashion Show)のバック演奏を行った時の映像です。Stan Getzの可愛い笑顔が観れる映像です。
Here is Stan Getz Playing Lanvin Fashion Show.
Stan Getz(ts) Stanley Cowell(p)Miroslav Vitous(b)Jack DeJohnette(d)
Paris, 1968