月別アーカイブ: 2018年7月

The Young George Shearing(4)

July 14.2018

Photo by allaboutjazz

英国でのGeorge Shearingの活動について記載してまいりました。最後に英国の音楽誌「Melody Maker」の名前を冠したグループでの録音を紹介します。

1926年に英国で創刊されたMelody Maker誌(メロディーメーカー誌)は読者からの人気投票で選抜されたミュージシャンによる録音を毎年行っていました。

George Shearingも1942年にMelody Maker’s Competition Bandというバンドに参加しています。

Here is Melody Maker’s Competition Band play “Red Duster Rag”.
Dave Wilkins, Kenny Baker, Tommy McQuater (tp), George Chisholm, Woolf Phillips (tb), Harry Parry (cl), Harry Hayes (as), George Evans, Aubrey Frank, Reggie Dare (ts), George Shearing (p), Joe Deniz (g), Tommy Bromley (b), Jock Cummings (d).
May 31, 1942.

Red Duster Rag

Photo above of Ronnie Scott by courtesy of Heritage Lottery Fund

1947年(渡米後、一時帰国した時)には Melody Maker’s Jazz Rallyというバンドで録音しています。
主なメンバーはHarry Hayes BandとWoolf Phillips Band(Sid Phillipsの弟)から選抜され、Ronnie Scottが参加しています。
余談ですが同日行われた別のグループのピアニストとしてラルフ・シャロン(Ralph Sharon)が参加していたことも注目されます。同じスタジオにGeorge ShearingとRalph Sharonが待機していたことを初めて知りました。

Here is Melody Maker’s Jazz Rally play “Blue moon”.
Reg Arnold (tp) Woolf Phillips (tb) Frank Weir (cl) Ronnie Scott (ts) George Shearing (p) Pete Chilver (g) Jack Fallon (b) Norman Burns (d) London, June 29, 1947

Blue moon

上記の録音(1947年6月)後、Harry Hayesコンボと共演した演奏が英国で最後の録音となっています。本演奏は残念ながら聞いた事がありません。
Dinner jacketとThe be-bop”  July 22, 1947
尚、後年Harry Hayes自ら発売したCDに上記録音が収録されています。
こちらを参照して下さい。➡こちら

Ralph Sharonについては過去の拙ブログもご覧下さい。➡ こちら

Photo by courtesy of Vintage Magazine Company

 

The Young George Shearing(3)

July 12.2018

George Shearing was voted Britain’s best jazz pianist seven consecutive years in the poll conducted by the magazine Melody Maker.

現在ではGeorge Shearing(ジョージ・シアリング)が渡米前に行った録音は語られることが少ないようです。

又、今回記載した第二次世界大戦終結を挟んだ期間の演奏は、George Shearingだけでなくイギリスのジャズマンにとっても貴重な録音だったと思われます。

当時のイギリスにおけるジャズシーンについては知らない事ばかりですが、このサイトが役に立ちました。➡️ こちら

3142816

Photo above of Beryl Davis by Gettyimages

1943年10月
戦時中もロンドンに残ったStephane GrappellyとBeryl Davisとの演奏です。
Here is Stephane Grappelly And His Quartet play “Star eyes”.
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) unknown el-g, b, Dave Fullerton (d,vcl) Beryl Davis (vcl) (ギター・ベースは不明) London, October 6, 1943
Star eyes

1943年12月
ピアノソロ演奏(例会でピアノソロの名演としてご紹介したい演奏です)
Here is George Shearing(solo) plays “Guilty”.
London, December 21, 1943
Guilty

1944年2月
トランペット奏者Kenny Baker (ケニー・ベイカー)とのセッション(Kenny Bakerについては➡こちらを参照して下さい)
Here is George Shearing Sextet play ”Five flat flurry”.
Kenny Baker (tp) Harry Hayes (as) Aubrey Franks (ts) George Shearing (p) Tommy Bromley (b) Carlo Krahmer (d) London, February 14, 1944
Five flat flurry

1946年10月
エリントンサウンドを醸し出すようなHarry Hayes(詳細については➡こちらを参照して下さい)
Here is Harry Hayes and His Band with George Shearing play “Blue charm”.
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George Shearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Billy Wiltshire (d) London, October 7, 1946
Blue charm

1946年12月
渡米後のシアリングでは聴けない演奏です。本録音後(翌年)、米国ジャズシーン(52st)にデビューしました。
Here is Harry Hayes and His Band with George Shearing play “Rockin’ in rhythm”.
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George Shearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Johnny Wise (d) London, December 13, 1946
Rockin’ in rhythm

 

The Young George Shearing(2)

July 09.2018

During World War II, the young pianist teamed with Stephane Grappelli who spent the war years in London.

George Shearing(ジョージ・シアリング)が渡米前に行った録音(1940年〜43年)について、Tom Lord “The JAZZ Discography”に記載された録音データから確認してまいります。

sid-phillips-uk-jazz-musician-and-composer-1907-to-1973-A04TJT

Photo above of Sid Phillips by Alamy

1940年

・Sid Phillips(シド・フィリップス=クラリネット奏者でバンドリーダー)との演奏
Here is Sid Phillips Trio play “Amoresque”.
Sid Phillips (cl) George Shearing (p) Barry Wicks (d) London, May 6, 1940
Amoresque

・ Arthur Young(アーサー・ヤング)率いるThe Hatchett Swingtetteに参加し Stephane Grappelliと共演しています 。
Here is Arthur Young and the Hatchett Swingtette play “The sheik of Araby”.
Arthur Young (p,novachord,dir) Bill Shakespeare (tp) Dennis Moonan (cl,ts) Stephane Grappelli (vln) George Shearing(p) Chappie d’Amato, Jack Llewellyn (g) George Senior (b) Tony Spurgin (d) London, July 8, 1940
The sheik of Araby

尚、Arthur Youngが演奏しているNovachord についてWikipediaを引用しました。

「Novachord(ノヴァコード) 」はハモンド社が1937年発表、1939年~1941年に製造したおそらく世界最初の減算合成型ポリフォニック・シンセサイザー製品である。」

1941年

302303

Photo above of Harry Parry by YouTube

・Harry Parry(ハリー・パリー=ウェールズ出身のクラリネット奏者)楽団に参加
Here is Harry Parry ando Radio Rhythm Club Sextet play  “Softly, as in a morning sunrise”.
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Joe Deniz (g) Tommy Bromley (b) Ben Edwards (d) London, January 28, 1941
Softly, as in a morning sunrise

・1941年2月以降はStephane Grappelli との共演を重ねながら「ソロ演奏」も録音しています。
Here is Stephane Grappelli with George Shearing play  “I never knew”.
Reg Conroy (vib) George Shearing (p,arr) Sid Jacobson (g) Harry Chapman (harp) Stephane Grappelli, Stan Andrews, Eugene Pini (vln) unknown (cello) George Gibbs (b) Jock Jacobson (d) Dennis Moonan (alto-vln) London, February 28, 1941
I never knew

・ Harry Parry のコンボ録音に参加
Here is  Harry Parry with George Shearing play “Dim blues”.
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Frank Deniz (g) Sam Molyneaux (b) Ben Edwards (d) London, May 3, 1941
Dim blues

1942年

Here is George Shearing plays “ Rosetta”.
George Shearing(solo) London, April 28, 1942
Rosetta

Here is George Shearing plays “Coquette”.
George Shearing(solo) London, April 28, 1942
Coquette

Here is George Shearing plays  “Time on my hands”.
George Shearing(solo) London, December 12, 1942
Time on my hands

1943年

Here is Stephane Grappelly And His Quintet play “Star dust”.
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) Dave Fullerton (d) unknown bar, g and b (バリトンサックス・ギター・ベースは不明)
London, January 28, 1943
Star Dust

Here is Stephane Grappelly And His Quintet with Beryl Davis(vo) play “Heavenly music “.
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) unknown el-g, b, Dave Fullerton (d,vcl) Beryl Davis (vcl) (ギター・ベースは不明)
London, October 6, 1943
Heavenly music

Stephane Grappellyとの共演についてはFB友長谷川光氏のブログを参考にしました。

1939年Django ReinhardtとStephane Grappelli はBeryl Davis(ボーカル)を伴い英国ツアーを行なっていました。しかし第二次世界大戦勃発によりDjango Reinhardtはパリに帰りましたがStephane Grappelli とBeryl Davisはロンドンに残りました。

詳細はこちら

Beryl Davis については下記を参照しました。

➡こちら

 

The Young George Shearing(1)

July 06.2018

fullsizeoutput_106f

Today I would like to post about the early George Shearing’s recordings.

George Shearing was hired by Vic Lewis as pianist.

Then Vic Lewis and George Shearing recorded some recordings.

Unfortunately I have never heard of these recordings.

Vic Lewis heavily used George Shearing while changing his group name until April 1939.

Below is Vic’s group names including George Shearing from 1938 to 1939.

A-505124-1412706332-7283.jpeg

Photo above of Vic Lewis by courtesy of Discogs

Tom Lord ”The JAZZ Discography”から録音されたグループ名と録音日時を記載します。

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Blue Six(June, 1938)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Blue Seven(June 28, 1938)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Band(June 30, 1938)

・Vic Lewis Jersey Jumpers(September 22, 1938)

・Vic Lewis Chicago Stompers(September 24, 1938)

・Vic Lewis/Carlo Krahmer Band(January 10, 1939)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Stompers(April 3, 1939)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer Chicagoans(April 1939)

・Vic Lewis And Carlo Krahmer’s Boys(February 13, 1940)
*Love is just around the cornerを録音するも未発売

About Vic Lewis, please refer to this website。Go here

About Carlo Krahmer, please refer to this website.Go here

ジョージ・シアリング(George Shearing)が渡米前に行った録音(1938~39)について調べました。

上記に録音されたグループ名と録音日時を記載しましたが、ジョージ・シアリングが参加した録音を聞くことが出来ません。

上記Vic Lewis〜Carlo Krahmers楽団でのジョージ・シアリングの演奏を聞いてみたいです。

次回は1941年に参加したHarry Parry and Radio Rhythm Club Sextetについて投稿します。

ヴィック・ルイス(Vic Lewis)については⇨こちら

カーロ・クラーマー(Carlo Krahmer)については⇨こちら

1939年にレナード・フェザー(Leonard Feather)並びにCarlo Krahmerと共演した音源を添付しました。

Here is George Shearing plays “How come you do me like you do ?”.
George Shearing(p), Carlo Krahmer(d) London, March 2, 1939

How come you do me like you do _

Here is George Shearing plays “Stomp in F”.
George Shearing(p), Carlo Krahmer(d) London, March 2, 1939

Stomp in F

最後にジョージ・シアリングがアコーディオンを演奏した珍しい録音をお楽しみ下さい。
Here is George Shearing plays “Squeezin’ the blues”.
George Shearing(accordion),Leonard Feather (p), Carlo Krahmer (d)
London, March 2, 1939

Squeezin’ the blues

神戸ジャズサロン6月例会(3)

July 02.2018

神戸ジャズサロンの特集は「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加(仲良し夫婦も可)のアルバム」でした。最終回もお付き合いください。

K原さん

日本のジャズオルガンの第一人者であり、神戸ジャズ界に功績を遺した故小曽根実氏(2月15日死去)を追悼した特集を行われました。

ご紹介されたアルバムは「Lazy Dad」(2002年12月録音)

本アルバムは神戸ジャズのゴッドファーザーがジャズミュージシャン50周年記念として収録しました。

故人のオリジナル「夜は君のもの」は11PM(読売テレビ)エンディングテーマとして有名です。

本録音のストリングス編曲は小曽根真が担当しています。

故人が自らのジャズ人生を振り返った痛快エッセイを是非お読み下さい。⇨「Lazy Dad」

 

昭和29年12月12日 東京 日本テレビにて。
右から、鳥居則達(Vo)、大越泰三(Tb)、福井康平(Banjo)、小曽根実、右近雅夫(Tp)、油井良光(Cla)、鈴木敏夫、?さん  Photo by courtesy of Kobejazz.jp

 

故小曽根実氏と小曽根真さんがピアノで共演している1983年の映像がありました。

 

余談になりますが上記写真のギターは作曲家の故奧村英夫氏です。「帰り道は遠かった」(チコとビーグルス)を作曲されました。「しゃぶ亭」のオーナーでした。又、「Don Shop (ドンショップ)」(閉店)で演奏されたギタリストも多くおられるでしょう。

最後に小生がご紹介した「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加のアルバム」を記載します。

(1)
Here is Edmond Hall(cl) and Herb Hall (cl) play “Lover”.
Edmond Hall (cl) Omer Simeon (cl) Herb Hall (cl) Dick Cary (p) Jimmy Raney (g) Al Hall (b) Jimmy Crawford (d) New York, June 25 & 26, 1959

LOVER

(2)
Here is Russell Jacquet(tp,vcl) and Illinois Jacquet(ts) play “Mean and Evil World”.
Russell Jacquet (tp,vcl) Snooky Young, Harry “Sweets” Edison, Gerald Wilson, Harry Parr Jones (tp) Eli Robinson,J.J. Johnson, Ted Donnelly (tb) Willie Smith, Preston Love (as) Illinois Jacquet, Lucky Thompson (ts) Rudy Rutherford (bar)Bill Doggett (p) Freddie Green (g) Billy Hadnott (b) Al “Cake” Wichard (d) Hollywood, 1946

_Mean and evil old world

(3)

Here is Ann Hampton Callaway(vcl) and Liz Callaway(vcl) sing “Moondance”.

例会ではCDをご紹介しましたが、今回はYouTube映像を添付します。

神戸ジャズサロン6月例会(2)  

July 01.2018

神戸ジャズサロン(6月例会)は「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加(仲良し夫婦も可)のアルバム」で盛り上がりました。当日は多くの会員の方が参加されました。本日もブログに添付した映像等でお楽しみ下さい。

T川さん(トラッドジャズ愛好家)
1.Humphrey (兄弟)
2.Wilbur Deparis(兄弟)
3 .BILLIE & DEDE PIERCE(夫婦)
4.Les Paul & Mary Ford(夫婦)

Photo by Lisle LaPlace

Here is Sweet Emma Barrett And Her Dixieland Boys play “Tishomingo blues”.
Percy Humphrey (tp) Jim Robinson (tb) Willie Humphrey (cl) Sweet Emma Barrett (p,vcl) Emanuel Sayles (bj,g) McNeal Breaux (b) Josiah “Cie” Frazier (d)
New Orleans, January 25, 1961

Tishomingo blues

Here is Wilbur DeParis And His “New” New Orleans Jazz play”.

Here is Billie & Dee Dee Pierce play “Goodbye Daddy Blues”.

Here is Les Paul & Mary Ford play “Vaya Con Dios & Sparkle”.

K口さん
鍋島直昶 (Naoteru Nabeshima)と小川理子(Michiko Ogawa) (師弟としてご紹介)

fullsizeoutput_105e

残念ながら師弟共演の音源は著作権の関係でご紹介出来ません。本CDを購入希望の方はご連絡下さい。

Here is Riko Ogawa(小川理子) play “I’ve Found A New Baby”.

Yo Kimura(Vo,Ds) Riko Ogawa(VO,P) Katsuhiko Kitaichi(B) 2016.6.12 六甲山ホテル

世界最高齢バンド 鍋島直昶(vib),大塚善章(p),宮本直介(b)

尚、今年のコンサートについては拙ブログをご覧下さい。⇨こちら

Nさん
Adrian Rollini and Arthur Rollinite (兄弟)

下記2曲をご紹介されました。

Photo by Wikipedia

Here is Adrian Rollini and his Orchestra play “It Had To Be You”.
Mannie Klein, Dave Klein(tp),Jack Teagarden(tb),Benny Goodman(cl),Arthur Rollini(ts),Adrian Rollini(bsx),Howard Smith(p),George van Eps(g),Artie Bernstein(b),Stan King(d),Ella Logan(vo)
New York City, October 23, 1934.

Here is Adrian Rollini and his Orchestra play “Davenport Blues”.
Manny Klein, Dave Klein(tp) Jack Teagarden(tb) Benny Goodman(cl) Arthur Rollini(ts) Adrian Rollini(bsx) Howard Smith(p) George Van Eps(g) Artie Bernstein(b) Stan King(d) New York, October 23, 1934

M渡さん(神戸ジャズサロン主宰者)
Herb Geller and Lorraine Geller(夫婦)

Here is Herb Geller Quartet play “Come Rain Or Come Shine”.
Herb Geller (as) Lorraine Geller (p) Red Mitchell (b) Mel Lewis (d)
Los Angeles, April 20, 1955

Here is Lorraine Geller plays “Poinciana”.

ロレイン・ゲラー(Lorraine Geller)が死亡した頃の状況をハーブ・ゲラー(Herb Geller)がインタビューに応じています。JazzWax Interviewをご覧下さい。⇨こちら(泣)