月別アーカイブ: 2018年7月

Don Redman

July 31. 2018

デューイ・レッドマン(Dewey Redman)やジョシュア・レッドマン(Joshua Redman)がお好きなジャズファンが多いとお聞きしております。

昨日からドン・レッドマン(Don Redman)とマッキニィズ・コットン・ピッカーズ(McKinney’s Cotton Pickers)のレコード(上記写真)を聞いています。

このレコードで故油井 正一氏が印象深い解説を書かれているのでご紹介させて頂きます。

尚、この箇所については下手な英語で英訳もしました。お気付きの箇所がございましたらご教示お願い申し上げます。

上記レコードの裏面

”Nowadays his music is old feeling.
He focused on ‘ensemble of reed’ and ‘a conflict between brass and sacks’. He was first attempted these issues in jazz history.
He was a pioneer in jazz,and an excellent sax player.
It is no exaggeration to say that all arranger in the same era imitated his arrangement technique.
If it is allowed to criticism, Redman was inferior to Duke Ellington.
Despite he had exceptionally aptitude,he abraded his talent for the purpose of adding polished performance such as white players.
It must be said that he walked a regrettable way.
On the other hand Duke Ellington had been do not lose the basic attitude of the ethnic musician.
It was regrettable that his personality was lost”.

SP愛好家の瀬谷徹氏が公開されている「Hot Jazz 78rpms」から1曲添付させて頂きました。詳細な録音データが記載されています。ありがとうございます。

Here is McKinney’s Cotton Pickers play “Gee, Ain’t I Good To You”.

Hot Jazz 78rpms(YouTubeチャンネル)については下記をご覧下さい。

▶️ クリックして下さい。

又、Don Redmanがオーケストラを率いていた時の映像も添付しました。(面白い映像ではないですが、Don Redmanが左利きであった事が確認出来ました)

Here is Don Redman Orchestra(Warner Brothers short December 1934)

「主役より脇役がめだつモダンジャズ」大阪ジャズ同好会(2017年8月例会)

July 29. 2018

大阪ジャズ同好会のメンバーである竹村功氏がFacebookを開始されました。

今回は竹村氏が特集を担当された「主役より脇役がめだつモダンジャズ」をブログに再現しました。

尚、本特集は過去にご紹介しておりますが(1917年8月7日投稿)、小生が選んだ映像等を追加してブログを再作成致しました。

全7曲の演奏と竹村氏による「聞き所」を記載しました。

Here is Jutta Hipp With Zoot Sims play “Too Close For Comfort”.
Jerry Lloyd (tp) Zoot Sims (ts) Jutta Hipp (p) Ahmed Abdul-Malik (b) Ed Thigpen (ds)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, July 28, 1956
「Zoot Simsが思う存分にブローしています」

Photo by YouTube

ブログ作成者のお気に入りを1曲添付させて頂きました。

Here is Jutta Hipp with Zoot Sims Play“Violets for Your Furs”.

Here is Joe Morello with Art Pepper play “Straight Life.
Art Pepper (as), Gerald Wiggins (p) ,Ben Tucker (b) ,Joe Morello (ds)
United Western Recorders, Los Angeles, CA, January 3, 1957
「絶頂期のArt Pepperによる艶やかな音色 」

Laurie Pepper(アート・ペッパーの未亡人)が管理するHPからの映像を追加しました。

詳細はこちらをご覧ください。➡️こちら

Here is Sarah Vaughan sings “Misty”.
Sarah Vaughan – vocals,Kirk Stuart – piano, vocals on “Misty”,Charles Williams – double bass,George Hughes – drums,Quincy Jones – producer  July 18,1963
「Piano奏者Kirk Stuartの歌唱力をお聞き下さい」

Kirk Stuartの映像を追加しました。

Here is Kirk Stuart sings ”But Not For Me”.

Here is Ella Fitzgerald and Duke Ellington play “It Don’t Mean A Thing If It Ain’t Got That Swing”.July 1966
「Ray Nance(tp)のボーカルが素敵です」

エリントン楽団をバックにRay Nanceが歌っている映像を追加しました。
Here is Ray Nance sings ”It don’t mean a thing”.

Here is Coleman Hawkins Quartet at the Village Gate play ” Josuha Fit the Battle of Jericho”.
Coleman Hawkins (ts), Tommy Flanagan (p), Major Holley (b), Eddie Locke (ds) August 1962
「Major Holleyがアルコソロで大活躍しています」

メジャー・ホーリーの映像を追加しました。
Here is Major Holley Play ”Bass Solo”.

Here is Sonny Rollins and Coleman Hawkins Quintet play “All The Things You Are”.
Coleman Hawkins, Sonny Rollins (ts), Paul Bley (p), Bob Cranshaw (b) ,Roy McCurdy (ds) NYC,July 15, 1963
「後輩の前で頑張っているホーキンスに大拍手」

御大が最高のリズム陣をバックに名曲を演奏した映像を追加します。
Here is Coleman Hawkins Quintet play ”Lover Man”.
Coleman Hawkins(ts) Johnny Guaneri(p) Milt Hinton(b)Barry Galbrath(g)Cozy Cole(ds)

Here is Miles Davis Quintet play “Oleo”.
Miles Davis (tp) ,John Coltrane (ts) ,Wynton Kelly (p) ,Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds) Paris, France, March 21, 1960
「マイルスから独立したかったコルトレーンが御大を無視するかのような演奏に注目」

今年発売された「The Final Tour:The Bootleg Series,Vol.6」から1曲追加しました。

Here is Miles Davis Quintet play ”So What”.

神戸ジャズ愛好会7月例会(2)          

July 23.2018

Photo above of Ginger Rogers, Irving Berlin and Fred Astaire by courtesy of Pinterest.com (1938)

神戸ジャズ愛好会7月例会の後半をご紹介させて頂きます。

2.映像コーナー

「Golden Jazz Concert 〜Ray Bryant Live in Japan 1991」
当日は4曲を紹介頂きましたがYouTubeに同じ映像がアップされていました。
Here is Ray Bryant Trio in Japan.
Ray Bryant(p),Jimmy Rowser(b),Winard Harper(ds)
Keystone Corner, Tokyo Nov.30,1991

3.その他(番外編)

・N瀬氏

フレッド・アステア(Fred Astaire)を2曲ご紹介されました。
アーヴィング・バーリンの作品「Cheek to Cheek」Fred Astair
Here is Fred and Ginger sings ”Cheek to Cheek”.

フレッド・アステアとカウント・ベイシーとの共演
Here is Fred Astaire and Count Basie play ”Sweet Gorgia Brown”(1960).

・平野

「Always」
Here is Lars Gullin Quintet play “Always”.
Ake Persson(tb) Lars Gullin(bars) Rune Of werman(p) Georg Riedel(b)
Bert Dahlander(ds) Stockholm, April 25, 1956

「How Deep Is The Ocean」
Here is Ann Hampton Callaway sings ”How Deep Is The Ocean”.

神戸ジャズ愛好会7月例会(1)               

July 18.2018

Photo by Discogs

今月のテーマ『ジャズスタンダード名曲集(第3回)~アーヴィング・バーリン』

寺本氏(愛好家世話人)からの案内メールから名曲をご確認下さい。

作曲家シリーズの第3弾です。(例)「Alexander’s Ragtime Band」「Always」「Blue Skies」「CHeek To Cheek」「Heat Wave」「How Deep Is The Ocean」「I’ve Got My Love To Keep Me Warm」「Let’s Face the Music and Dance」「Marie」「Puttin’ on The Ritz」「Russian Lullaby」「There’s No Business Like Show Business」「They Say It’s Wonderful」「This Year’s Kisses」「Top Hat」etc.

・Y瀬氏
1.「AIL By Myself」
Jimmy Rushing with Dave Brubeck Quartet(1960)から
バーリン33歳の1921年にレビュー用に書いた曲。あまりヒットしなかったそうですが、ポッ プスのボビー ダーリンがいい味を出している盤もあります。
Here is Dave Brubeck Quartet, Jimmy Rushing sings ”All By Myself”.

2.「The Song is Ended」
Gerry Mulligan With strings(1955)
1950年代中期以降、エラの歌やピーターソンのピアノ、そしてナット・コール、シナトラた ちの歌も残されていますが、ここでは野太いマリガンサウンドに弦を添わせて。
申し訳ないですが音源が提供出来ません。

3.「Soft Lights & Sweet Music」
Gerry Mulligan & Scott Hamilton(1986)から
パーシー・フェイスやメラクリーノ・ストリングスやコルトレーンやレイ・チャー ルスの歌もあるようですが、マリガンとハミルトンの2管でしっとりと。
Here is Scott Hamilton & Gerry Mulligan play ”Soft Lights & Sweet Music”.
最初の曲だけで終了して下さい。(Full Albumでアップされています)

4.「White Christmas」
Tony Bennett(1998)から
真夏の白雪。場違いも極まった感じですが、バーリンのディスコグラフィーには欠かせない 1曲かと…。
Here is Tony Bennett sings ”White Christmas”.

 

・I谷氏

7666ecf3-s
1. 「Russian Lullaby」
Vladimir Shafranov Trio(2003)から
Vladimir Shafranov(p) Pekka Sarmanto(b) Jukkis lotila(ds)
Here is Vladimir Shafranov Trio play “Russian Lullaby”.

2.「Cheek to Cheek」
Janet Seidel「Little Jazz Bird」(1992)から
Janet Seidel(vo) lan Date(g) Tom Baker(ts) Bobby Gabert(p) David Seidel(b)
John Morrison(ds)

著作権の関係でSpotifyでの音源提供となります。
https://open.spotify.com/embed/user/21cqwjk7qrbjr6hmzbtlzpwyi/playlist/5ttspr9qU4INdJs1TMiqpK

3.「They say it’s wonderful」
John Coltrane & Johnny Hartman(1963)から
Johnny Hartman(vo) John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p)Jimmy Garrison(b) Elvin Jones(ds)
Here is John Coltrane & Johnny Hartman play “They Say It’s Wonderful”.

・T川氏
1. 「I’ve Last Hart In Dixieland」
Original Dixieland Jazz Band(LP SH220)から
Here is Original Dixieland Jazz Band play “I Lost My Heart In Dixie Land” .

2.「When I Leave The World Behind」
Chris Tylis Silver Leaf Jazz Band (stom off 1258)から
音源がありませんでした。代わりにT川さんがよくご存知の木村陽一さんのボーカルでお楽しみください下さい。
Here is Yo Kimura and New Orleans 4T’s play “When I Leave The World Behind “.

3.「Easter Parade」
Acker Bilk (Reprise R-6031)から
Here is Acker Bilk play ”Easter Parade”.

4.「White Christmas」
Chris Barber’s Jazzmen(Lake LACD 222)から
Here is Chris Barber’s Jazz Band play ”White Christmas”.

・F川氏
「Russian Lullaby」
Vic Dickenson Showcaseから
Here is Vic Dickenson Septet play ”Russian Lullaby”.
Vic Dickenson(tb) Edmond Hall(cl) Ruby Braff(tp) Steve Jordan(g) Walter Page(b)
Sir Charles Thompson(p) Les Erskine(ds)

・K田氏
1.「There’s No Business Like Show Business」
Sonny Rollins「Work Time」から
Sonny Rollins(ts) Ray Bryant(p) George Morrow(b) Max Roach(ds)
Here is Sonny Rollins play “There’s no business like show business”.

2.「Always」
Harry Nilsson「A touch more SCHMILSSON in the night」から
Here is Harry Nilsson with Gordon Jenkins(arr&condct) sings “Always”.

3.「Supper Time」
Nancy Wilson「Just One of Those Things」から
Here is Nancy Wilson sings “Suppertime”.
Nancy Wilson(vo) Hank Jones(p) Ron Carter(b) Gino Bertachini(g) Grady Tate(ds)

4.「The Song ls Ended」
Nat King Cole with Billy May Orchestra から
Here is Nat King Cole sings “The Song Is Ended”.

The Young George Shearing(4)

July 14.2018

Photo by allaboutjazz

英国でのGeorge Shearingの活動について記載してまいりました。最後に英国の音楽誌「Melody Maker」の名前を冠したグループでの録音を紹介します。

1926年に英国で創刊されたMelody Maker誌(メロディーメーカー誌)は読者からの人気投票で選抜されたミュージシャンによる録音を毎年行っていました。

George Shearingも1942年にMelody Maker’s Competition Bandというバンドに参加しています。

Here is Melody Maker’s Competition Band play “Red Duster Rag”.
Dave Wilkins, Kenny Baker, Tommy McQuater (tp), George Chisholm, Woolf Phillips (tb), Harry Parry (cl), Harry Hayes (as), George Evans, Aubrey Frank, Reggie Dare (ts), George Shearing (p), Joe Deniz (g), Tommy Bromley (b), Jock Cummings (d).
May 31, 1942.

Red Duster Rag

Photo above of Ronnie Scott by courtesy of Heritage Lottery Fund

1947年(渡米後、一時帰国した時)には Melody Maker’s Jazz Rallyというバンドで録音しています。
主なメンバーはHarry Hayes BandとWoolf Phillips Band(Sid Phillipsの弟)から選抜され、Ronnie Scottが参加しています。
余談ですが同日行われた別のグループのピアニストとしてラルフ・シャロン(Ralph Sharon)が参加していたことも注目されます。同じスタジオにGeorge ShearingとRalph Sharonが待機していたことを初めて知りました。

Here is Melody Maker’s Jazz Rally play “Blue moon”.
Reg Arnold (tp) Woolf Phillips (tb) Frank Weir (cl) Ronnie Scott (ts) George Shearing (p) Pete Chilver (g) Jack Fallon (b) Norman Burns (d) London, June 29, 1947

Blue moon

上記の録音(1947年6月)後、Harry Hayesコンボと共演した演奏が英国で最後の録音となっています。本演奏は残念ながら聞いた事がありません。
Dinner jacketとThe be-bop”  July 22, 1947
尚、後年Harry Hayes自ら発売したCDに上記録音が収録されています。
こちらを参照して下さい。➡こちら

Ralph Sharonについては過去の拙ブログもご覧下さい。➡ こちら

Photo by courtesy of Vintage Magazine Company

 

The Young George Shearing(3)

July 12.2018

George Shearing was voted Britain’s best jazz pianist seven consecutive years in the poll conducted by the magazine Melody Maker.

現在ではGeorge Shearing(ジョージ・シアリング)が渡米前に行った録音は語られることが少ないようです。

又、今回記載した第二次世界大戦終結を挟んだ期間の演奏は、George Shearingだけでなくイギリスのジャズマンにとっても貴重な録音だったと思われます。

当時のイギリスにおけるジャズシーンについては知らない事ばかりですが、このサイトが役に立ちました。➡️ こちら

3142816

Photo above of Beryl Davis by Gettyimages

1943年10月
戦時中もロンドンに残ったStephane GrappellyとBeryl Davisとの演奏です。
Here is Stephane Grappelly And His Quartet play “Star eyes”.
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) unknown el-g, b, Dave Fullerton (d,vcl) Beryl Davis (vcl) (ギター・ベースは不明) London, October 6, 1943
Star eyes

1943年12月
ピアノソロ演奏(例会でピアノソロの名演としてご紹介したい演奏です)
Here is George Shearing(solo) plays “Guilty”.
London, December 21, 1943
Guilty

1944年2月
トランペット奏者Kenny Baker (ケニー・ベイカー)とのセッション(Kenny Bakerについては➡こちらを参照して下さい)
Here is George Shearing Sextet play ”Five flat flurry”.
Kenny Baker (tp) Harry Hayes (as) Aubrey Franks (ts) George Shearing (p) Tommy Bromley (b) Carlo Krahmer (d) London, February 14, 1944
Five flat flurry

1946年10月
エリントンサウンドを醸し出すようなHarry Hayes(詳細については➡こちらを参照して下さい)
Here is Harry Hayes and His Band with George Shearing play “Blue charm”.
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George Shearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Billy Wiltshire (d) London, October 7, 1946
Blue charm

1946年12月
渡米後のシアリングでは聴けない演奏です。本録音後(翌年)、米国ジャズシーン(52st)にデビューしました。
Here is Harry Hayes and His Band with George Shearing play “Rockin’ in rhythm”.
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George Shearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Johnny Wise (d) London, December 13, 1946
Rockin’ in rhythm

 

The Young George Shearing(2)

July 09.2018

During World War II, the young pianist teamed with Stephane Grappelli who spent the war years in London.

George Shearing(ジョージ・シアリング)が渡米前に行った録音(1940年〜43年)について、Tom Lord “The JAZZ Discography”に記載された録音データから確認してまいります。

sid-phillips-uk-jazz-musician-and-composer-1907-to-1973-A04TJT

Photo above of Sid Phillips by Alamy

1940年

・Sid Phillips(シド・フィリップス=クラリネット奏者でバンドリーダー)との演奏
Here is Sid Phillips Trio play “Amoresque”.
Sid Phillips (cl) George Shearing (p) Barry Wicks (d) London, May 6, 1940
Amoresque

・ Arthur Young(アーサー・ヤング)率いるThe Hatchett Swingtetteに参加し Stephane Grappelliと共演しています 。
Here is Arthur Young and the Hatchett Swingtette play “The sheik of Araby”.
Arthur Young (p,novachord,dir) Bill Shakespeare (tp) Dennis Moonan (cl,ts) Stephane Grappelli (vln) George Shearing(p) Chappie d’Amato, Jack Llewellyn (g) George Senior (b) Tony Spurgin (d) London, July 8, 1940
The sheik of Araby

尚、Arthur Youngが演奏しているNovachord についてWikipediaを引用しました。

「Novachord(ノヴァコード) 」はハモンド社が1937年発表、1939年~1941年に製造したおそらく世界最初の減算合成型ポリフォニック・シンセサイザー製品である。」

1941年

302303

Photo above of Harry Parry by YouTube

・Harry Parry(ハリー・パリー=ウェールズ出身のクラリネット奏者)楽団に参加
Here is Harry Parry ando Radio Rhythm Club Sextet play  “Softly, as in a morning sunrise”.
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Joe Deniz (g) Tommy Bromley (b) Ben Edwards (d) London, January 28, 1941
Softly, as in a morning sunrise

・1941年2月以降はStephane Grappelli との共演を重ねながら「ソロ演奏」も録音しています。
Here is Stephane Grappelli with George Shearing play  “I never knew”.
Reg Conroy (vib) George Shearing (p,arr) Sid Jacobson (g) Harry Chapman (harp) Stephane Grappelli, Stan Andrews, Eugene Pini (vln) unknown (cello) George Gibbs (b) Jock Jacobson (d) Dennis Moonan (alto-vln) London, February 28, 1941
I never knew

・ Harry Parry のコンボ録音に参加
Here is  Harry Parry with George Shearing play “Dim blues”.
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Frank Deniz (g) Sam Molyneaux (b) Ben Edwards (d) London, May 3, 1941
Dim blues

1942年

Here is George Shearing plays “ Rosetta”.
George Shearing(solo) London, April 28, 1942
Rosetta

Here is George Shearing plays “Coquette”.
George Shearing(solo) London, April 28, 1942
Coquette

Here is George Shearing plays  “Time on my hands”.
George Shearing(solo) London, December 12, 1942
Time on my hands

1943年

Here is Stephane Grappelly And His Quintet play “Star dust”.
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) Dave Fullerton (d) unknown bar, g and b (バリトンサックス・ギター・ベースは不明)
London, January 28, 1943
Star Dust

Here is Stephane Grappelly And His Quintet with Beryl Davis(vo) play “Heavenly music “.
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) unknown el-g, b, Dave Fullerton (d,vcl) Beryl Davis (vcl) (ギター・ベースは不明)
London, October 6, 1943
Heavenly music

Stephane Grappellyとの共演についてはFB友長谷川光氏のブログを参考にしました。

1939年Django ReinhardtとStephane Grappelli はBeryl Davis(ボーカル)を伴い英国ツアーを行なっていました。しかし第二次世界大戦勃発によりDjango Reinhardtはパリに帰りましたがStephane Grappelli とBeryl Davisはロンドンに残りました。

詳細はこちら

Beryl Davis については下記を参照しました。

➡こちら