Don Redman

July 31. 2018

デューイ・レッドマン(Dewey Redman)やジョシュア・レッドマン(Joshua Redman)がお好きなジャズファンが多いとお聞きしております。

昨日からドン・レッドマン(Don Redman)とマッキニィズ・コットン・ピッカーズ(McKinney’s Cotton Pickers)のレコード(上記写真)を聞いています。

このレコードで故油井 正一氏が印象深い解説を書かれているのでご紹介させて頂きます。

尚、この箇所については下手な英語で英訳もしました。お気付きの箇所がございましたらご教示お願い申し上げます。

上記レコードの裏面

”Nowadays his music is old feeling.
He focused on ‘ensemble of reed’ and ‘a conflict between brass and sacks’. He was first attempted these issues in jazz history.
He was a pioneer in jazz,and an excellent sax player.
It is no exaggeration to say that all arranger in the same era imitated his arrangement technique.
If it is allowed to criticism, Redman was inferior to Duke Ellington.
Despite he had exceptionally aptitude,he abraded his talent for the purpose of adding polished performance such as white players.
It must be said that he walked a regrettable way.
On the other hand Duke Ellington had been do not lose the basic attitude of the ethnic musician.
It was regrettable that his personality was lost”.

SP愛好家の瀬谷徹氏が公開されている「Hot Jazz 78rpms」から1曲添付させて頂きました。詳細な録音データが記載されています。ありがとうございます。

Here is McKinney’s Cotton Pickers play “Gee, Ain’t I Good To You”.

Hot Jazz 78rpms(YouTubeチャンネル)については下記をご覧下さい。

▶️ クリックして下さい。

又、Don Redmanがオーケストラを率いていた時の映像も添付しました。(面白い映像ではないですが、Don Redmanが左利きであった事が確認出来ました)

Here is Don Redman Orchestra(Warner Brothers short December 1934)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中