日別アーカイブ: 2018年8月4日

Ralph Burns Among the JATP’s

August 04,2018

Photo above of Norman Granz by courtesy of Penn State News

In those days Norman Granz had appreciated the talent as Ralph Barn’s arranger.

So he produced ”Ralph Burns Among the JATP’s” .

The soloists include Jazz at the Philharmonic regulars Oscar Peterson, Ray Brown, Roy Eldridge Flip Phillips and Bill Harris and others.

According to Norman Granz “Ralph tried to capture the personality of the JATPs with his pen and baton.

ノーマン・グランツはラルフ・バーンズの才能を高く評価していました。それ故ノーマン・グランツはJ.A.T.P.のメンバーとラルフ・バーンズを組み合わせた録音を企画しました。

このアルバムではJ.A.T.P.のメンバーをフィーチャーした編曲が聞き所です。

今回はピーターソン、ジミー・ハミルトン、ルイ・ベルソンをフィーチャーした編曲をお楽しみください下さい。

 

”Ralph Burns Among the JATP’s” .
Roy Eldridge (tp-1) Al DeRisi, Bernie Glow, Lou Oles, Al Porcino (tp) Bill Harris (tb) Jimmy Hamilton (cl) Hal McKusick, Sam Marowitz (as) Al Cohn, Flip Phillips (ts) Danny Bank (bar) Oscar Peterson (p) Ray Brown (b) Louie Bellson (d) Ralph Burns (arr,cond)
New York, February 4, 1955

Ella Fitzgerald,Oscar Peterson,Roy Eldridge and Max Roach(1952)
Photoby courtesy of Pinterest

Perpetual Motion

Photo above of Jimmy Hamilton by Google Site

Pimlico

Photo above of Louis Bellson by courtesy of DRUMMERWORLD

Taxco

 

本ブログ作成中に 「けったいな(大阪弁でご勘弁を)」企画を発見しました。

伝説のジャズ・イベント『ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック 2018』

主催はユニバーサル ミュージック合同会社 (UNIVERSAL MUSIC LLC)

ノーマン・グランツさんも墓場で泣くような企画だと思います。

詳細は同社のHPをご覧下さい。 こちら▶️ をクリックして下さい。