日別アーカイブ: 2018年8月27日

神戸ジャズサロン8月例会(1)「ジャズのニューウェーブ」「その他 新譜、発掘盤、お気に入り」

August 27,2018

昨日(2018年8月26日)神戸ジャズサロン(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。

例会の案内をご覧下さい。

「秋立ちぬ。」 さすがの猛暑続きも、その気配が見えて来ました。
名曲・名演、話題の音源を持ち寄って楽しみましょう。
今回のテーマ
1.バリトン・サックスの名演
2.ジャズのニューウエーブ(今年のTOKYO JAZZに垣間見られましょうか)
Tokyo Jazz ホームページhttp://www.tokyo-jazz.com/
3.その他 新譜、発掘盤、お気に入りなど
・日時 8月26日(日) 13時半~16時半
・会場 高砂ビル5階 音楽サロン
・会費 5百円

特集の「バリトンサックスの名演」には9人の会員の方がお気に入りの演奏を持ち寄りされました。
それ故、後半に聞かせて頂いた「ジャズのニューウェーブ」「その他 新譜、発掘盤、お気に入り」からブログを作成致します。

Photo above of Tigran Hamasyan by courtesy of his HP

2.ジャズのニューウエーブ(ジャズサロン主宰者M渡氏)
Tigran Hamasyan(東京JAZZに出演し西宮でも公演が決定しています)
兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール(9月4日)  ➡️ こちら

以下プロフィールは本人のHPから転記致しました。

1987年、アルメニア生まれ。
3歳の頃から、家にあったピアノでレッド・ツェッペリンの曲を弾き語り、11歳から様々なフェスティバルやコンクールに出演。ジャズ、ロック、クラシック、アルメニア民謡、エレクトロニカと様々な音楽を吸収しながら、10代を過ごす。2006年、弱冠19歳で、新人ジャズ・ミュージシャンの登竜門「セロニアス・モンク・コンペティション」にて優勝を果たす。ジャンルを超越した音楽を生み出し、クラシック音楽ファンから、エレクトロニカのファンまで世界各地の聴衆を熱狂させている。2015年に発表されたデスメタル的作品「MockRoot」(Nonesuch)は、音楽シーンに強い衝撃を与えた。その後間もなく発表されたアルメニアの聖歌隊との作品「Luys i Luso」(ECM)では、ティグラン自身のルーツであるアルメニアの5世紀の音楽を掘り起こし、現代に蘇らせた。そして、2016年にエレクトロニカのJan Bangらと共に「ATMOSPHÈRES」(ECM)を発表。その猛烈なスピードの創造性は、ブラッド・メルドーをはじめ、現代を生きる様々な国のミュージシャンたちにも、音楽的な影響を与えている。人間の音楽という概念を越えたティグラン・ハマシアンのピアノの響きは、聴くものの魂に直接語りかける。2017年「An Ancient Observer〜太古の観察者〜」(Nonesuch)を発表。2018年に発表した最新作が今回の公演タイトルにもなっているEP「For Gyumri」(Nonesuch)。

Here is Tigran Hamasyan plays “The Cave of Rebirth”

 

3.その他 新譜、発掘盤、お気に入りなど

アレサ・フランクリン追悼(I氏)
今月8月16日に亡くなった名歌手アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)を追悼し1曲ご紹介されました。

Here is Aretha Franklin sings “You Make Me Feel Like(A Natural Woman)”.

Jug Bandのご紹介(トラッド愛好家T川氏)

Photo by YouTube

Here is Old Southern Jug Band play ”Hatchet head blues” and “Blues, Just Blues, That’s All.”
Theodore Boone (cnt) Clifford Hayes (vln) Cal Smith, Curtis Hayes (bj) Earl McDonald (jug)
New York, November 24, 1924

Here is Cincinnati Jug Band play “George Street stomp”.
Unknown hca, one or two jugs, wbd, prob Bob Coleman (g)
Chicago, c. January 1929

Cincinnati Jug Bandについて参考にしたWEB ➡️こちらをクリック

Photo above of Hoosier Hot Shots by Steve Terrell

Here is Hoosier Hot Shots play “Darktown Strutter’s Ball”
(Tさん及び小生が保有する資料等では録音記録は判りませんでした)

T川さんはLake Recordsを収集の対象とされており、2017年録音もご紹介されました。

Lake RecordsのHP ▶️ こちら
”I Had to Give up Gym” by The Jake Leg Jug Band
音源は著作権の関係でご紹介出来ませんので、2014年のライブ映像をお楽しみ下さい。

Here is The Jake Leg Jug Band play “Some of These Days”.

最後にジャズサロン主宰者M渡氏からカレン・ソウサ (Karen Souza)の最新作がご紹介されました。
カレン・ソウサ (KAREN SOUZA) ➡️ こちらをクリック

Here is Karen Souza sings ”Angel eyes”.

Here is Karen Souza and Toku sing “You got that something”.