ジャズ喫茶「bird/ 56」で聞いたレコード

October 18,2018

fullsizeoutput_1321

お店のマッチを撮影

先日、FB友人のT村さんが「男前は、誰だ?」というテーマで3枚のCD写真を投稿されていました。

3枚のアルバム写真を添付しました。

T村さんはFB友人のM庭さんと意見が一致しコンテ・カンドリ(Conte Candoli)が「1番男前」であるとされました。

*Stan Leveyはプロレスに出演していたほどの猛者らしいです。(JazzWax情報)

『閑話休題』

私がコンテ・カンドリ(モード盤)を初めて聞いた時と場所を確認しました。

当時大阪では「あのレコードはミナミのbird/56にある」「あの廃盤は兎我野町JoJoにある」というような噂話をよく聞いたものです。

30725639_1628126670642369_7593088208905175040_n

2017年4月17日撮影

「bird/56」は現在でも「道頓堀中座(1999年10月閉鎖)」裏の中和ディキシービル3階で営業されています。

FB友人お二人の楽しい会話を拝見し、久し振りに「bird/56」に行ってみたくなりました。

近くの松竹座で「十月大歌舞伎」を観劇してから行こうかなと考えています。

お店の様子については下記のリンクをご覧下さい。

▶️ こちら

2曲添付しましたのでお楽しみ下さい。

Here is Conte Candoli Quartet  play “Flamingo”.

Conte Candoli (tp), Vince Guaraldi (p), Monty Budwig (b), Stan Levey (ds)
Hollywood, June,1957

Here is Conte Candoli Quartet play  “No Moon at All”.

Members of the recording are the same as above.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中