月別アーカイブ: 2018年12月

Hank D’Amico(ハンク・ダミコ)

December 19,2018

「モダン・クラリネットはどちらが元祖か」


昨日、瀬谷徹さんのFBでMildred BaileyのMajestic盤が紹介されました。(ブログに添付させて頂きました)

本録音の2分過ぎにハンク・ダミコ(Hank D’Amicoクラリネット)の短いソロ演奏が聴こえます。

そんな訳で昨日は所有しているHank D’Amicoのレコード(上記写真)を久し振りに聞きました。

本レコードは「モダン・クラリネットはどちらが元祖か」をテーマにデフランコとダミコの演奏が表裏に収録されています。

個人的にはアナログLPはかなり処分しましたが、日本語解説文が面白いレコードは処分しておりません。

日本盤解説は「暮井 屯」さんです。

解説の末尾に記載された「暮井 屯」氏の見解を添付しました。

下記見解に対する故平井常哉氏(デフランコ協会会長)のご意見をお伺いしたかったです。

上記レコードの解説を転載しました。

Here is Mildred Bailey with Ellis Larkins Conducting play ”I’ll Close My Eyes”.

Mildred Bailey(vo) Irving Randolph(tp) Henderson Chambers(ts) Hank D’Amico(cl) Ellis Larkins(p) Barry Galbraith(g) Beverly Peer(b) Jimmy Crawford(d)
New York, October 18, 1946 Majestic 1093 B (T976-1)

最後にHank D’Amicoの映像がありますのでお楽しみ下さい。バックに映っているギター奏者はMary Osborneです。

Here is Hank D’Amico plays “on Art Ford’s Jazz Party”.
September 18 1958

Buddy DeFranco and Dodo Marmarosa

December 14,2018

Photo by Wikipedia

Photo by Wikipedia

瀬谷さんのFBでピアノ奏者ドド・マーマローサ(Dodo Marmarosa)の名演が紹介されていました。(12月12日が誕生日でした)

1945年から1946年ごろの録音が16曲もアップされていました。是非お聞き下さい。

1曲だけ添付させて頂きました。

Here is Dodo Marmarosa Trio play ”Dodo’s Blues” .

Dodo’s Blues Dodo Marmarosa Trio Atomic A-226-A Dodo Marmarosa(p) Ray Brown(b) Jackie Mills(d) Los Angeles, January 11, 1946

ドド・マーマローサの録音デビューはジーン・クルーパ(Gene Krupa)楽団と記録されております。

今回ご紹介する録音は1944年5月4日のV-Discセッションです。

Here is Gene Krupa Jazz Trio play ”(spoken introduction by Gene Krupa) Liza 〜 Hodge podge”. 
Buddy DeFranco (cl) Dodo Marmarosa (p) Gene Krupa (d)
V-Disc recording session, Chicago, May 4, 1944

私がこの録音を知ったのはJazzWaxさんの下記ブログからです。

こちら ➡️

 

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(3)『渡米前に録音されたジョージ・シアリングの名演』

December 7,2018

12月例会特集(2018年12月2日)は平野が担当させて頂きました。

ジョージ・シアリング(George Shearing)については1946年末、渡米後に録音した「Lullaby of Birdlad(バードランドの子守唄)」や「September in the Rain(九月の雨)」等が有名です。
しかし、渡米前のジョージ・シアリングの演奏については語られることが少ないようです。今回の特集では第二次世界大戦終結を挟んだ期間に録音された演奏を紹介致しました。

今回の特集は「The Early Years」というCD5枚セットに収録された曲を中心に選曲しました。

先ず本CDで最も初期の録音から

「How come you do me like you do ?」  March 2, 1939
George Shearing (p), Carlo Krahmer (ds)

 How Come You Do Me Like You Do

「ブギ・ウギスタイル」での演奏も披露しています。

Blue Boogie

COMPTON, CA.-NOVEMBER 17: Jazz author and critic Leonard Feather at home on November 17, 1977. (Photo by Jon Sievert/Getty Images).

同日の録音ですが、レナードフェザーがピアノを担当しジョージ・シアリングはアコーディオンを演奏しています。

「Squeezin’ the blues」
George Shearing (accor) Leonard Feather (p) Carlo Krahmer (ds)

Squeezin’ The Blues

Photo above of Sid Phillips by Alamy

本CDには当時の名歌手Al Bowlly(出生地はモザンビーク)の伴奏を行った録音も収録されています。

次にSid Phillipsシッド・フィリップス(イギリスの初期に活躍したバンドリーダー)とのトリオ演奏をお聴き下さい。

「Amoresque」 May 5, 1940
Sid Phillips (cl) George Shearing (p) Barry Wicks (ds)

Amoresque

戦時中に録音されたStephane Grappelli(ステファン・グラッペリ)との共演は重要です。

*Stephane Grappelliとの共演について
1939年、Django Reinhardt(ジャンゴ・ラインハルト)はStephane Grappelli とBeryl Davis(ベリル・デイビス)を伴い英国ツアーを行なっていました。しかし第二次世界大戦勃発によりDjango Reinhardtはパリに帰りましたがStephane Grappelli とBeryl Davisはロンドンに残りました。
二人はArthur Young(アーサー・ヤング)率いるThe Hatchett Swingtetteで初共演しています 。

*Arthur Youngが演奏しているNovachord(ノヴァコード) について
Novachord(ノヴァコード) はハモンド社が1937年発表、1939年~1941年に製造された世界最初の減算合成型ポリフォニック・シンセサイザー製品(楽器)です。

「The sheik of Araby」July 8, 1940
Arthur Young (novachord,dir) Bill Shakespeare (tp) Dennis Moonan (cl,ts) Stephane Grappelli (vln) George Shearing(p) Chappie d’Amato, Jack Llewellyn (g) George Senior (b) Tony Spurgin (ds)

The sheik of Araby

Stephane Grappelliをリーダーとするバンドに参加して以降、二人の親交は深くなっていきます。
5. 「Stephane’s tune」July 30, 1940
6.「After You’ve GoneI 」July 30, 1940
Stephane Grappelli, Stan Andrews (vln) Reg Conroy (vib) George Shearing (p) Jack
Llewellyn (g) Harry Chapman (harp) Hank Hobson (b) Al Philcock (d)

 Stephane’s Tune

 After You’ve Gone

Photo above of Beryl Davis by Gettyimages

「Star eyes」 October 6, 1943
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) Alan Mindell(g), Joe Nussbaum(b), Dave Fullerton (ds), Beryl Davis (vcl)

 Star Eyes

Photo above of Harry Parry by YouTube

Harry Parry(ウエールズ出身)率いる小編成バンドから2曲お聞き下さい。

「Softly, as in a morning sunrise」 January 28, 1941
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Joe Deniz (g) Tommy Bromley
(b)Ben Edwards(ds)

 Softly As In A Morning Sunrise

「Parry Opus」May 3, 1941
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Frank Deniz (g) Sam Molyneaux(b) Ben Edwards (ds)

Parry Opus

「Guilty」 December 21.1943

George Shearingのピアノソロ演奏は素晴らしいです。

 Guilty

オーケストラ (George Evans Orchestra) の一員として戦時中の「戦意高揚」を目的としたような演奏にも参加していました。ピアのソロの部分までお聞きして下さい。

「Mean To Me」October 23,1944

Mean To Me

次は Harry Hayes ビッグバンドでKenny Bakerと共演しています。

「Five Flat Flurry」February 14, 1944
Kenny Baker (tp) Harry Hayes (as) Aubrey Franks (ts) George Shearing (p) Tommy
Bromley (b) Carlo Krahmer (ds)

 Five Flat Flurry

エリントンサウンドを醸し出すようなHarry Hayes楽団の演奏です。

「Blue charm」 October 7, 1946
Harry Hayes and His Band with George Shearing
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George
hearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Billy Wiltshire (ds)

 Blue Charm

渡米後のシアリングでは聴けない演奏です。本録音後(翌年)、米国ジャズシーン(52st)にデビューしました。

「Rockin’ in rhythm」 December 13, 1946
Harry Hayes and His Band with George Shearing
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George
Shearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Johnny Wise (ds)

Rockin’ in rhythm

最後に一番印象に残った録音で締めさせて下さい。

「Moonray」 April 28,1942

Moonray

尚、過去4回に分けて投稿した拙ブログも添付致しましたので、お時間あればご覧下さい。

(1)2018年7月6日

(2)2018年7月9日

(3)2018年7月12日

(4)2018年7月14日

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(2) 持ち寄り『放送録音の魅力』

December 6,2018

大阪ジャズ同好会世話人寺本氏のコメントから
「ラジオによるジャズのライブ放送は1930年代から行われていました。音質が悪いにもかかわらずその内容はスタジオ録音にはない臨場感にあふれ多くのファンを虜にしたものです。」

・T村氏
1.ハリウッドの「Streets Of Paris」からのラジオ放送、絶頂期のハワード・マギーです。

Here is Howard Mcghee plays “A Night in Tunisia”.
Howard Mcghee(tp), Teddy Edwards(ts) ,J.D.King(ts), Vernon Biddle(p), Bob Kesterson(b), Roy Porter(ds)  Dec.2,1945

2.「Every Tub」(Jan.14.1953)
ニューヨークの「BIRDLAND」からのカウント・ベイシー楽団のラジオ放送、この曲だけレスターヤングが加わりソロをとります。

Photo by courtesy of Pinterest

ブログではレスターヤングのソロ演奏が聴ける「Jumpin’ at the woodside」を添付しました。
Here is Count Basie And His Orchestra featuaring Lester Young play ”Jumpin’ at the woodside”.
Wendell Culley, Reunald Jones, Joe Newman, Paul Campbell (tp), Henry Coker, Benny Powell, Jimmy Wilkins (tb) Marshal Royal (as,cl) Ernie Wilkins (as,ts) Paul Quinichette (ts,arr) Eddie “Lockjaw” Davis (ts) Charlie Fowlkes (bar) Count Basie (p) Freddie Green (g) Gene Ramey (b) Gus Johnson (d) Lester Young (ts) radio broadcast, “Birdland”, New York City, January 1, 1953

3.Hooray For Stan Getzから「Move」(Aug.12.1952)
Stan Getz(ts) Jimmy Raney (g) Duke Jordan(p) Gene Ramey (b) Phil Brown(ds)
ジャケットは最悪ですが、スタンゲッツの演奏は最高です。

上記録音は提供できませんので、代替として「Polish Radio Jazz Archives」からStan Getz and Andrzej Trzaskowski Trioによる録音を添付しました。

Here is Stan Getz & Andrzej Trzaskowski Trio play “You Go To My Head”.
National Philharmonic Concert Hall, Warsaw, Poland on 27 October 1960

・Y濑氏
2006年まで50年眠っていた1956年シアトルでの JATP音源から
1.ノーマン・グランツのMCに続きで「GROOVING HIGH」
2.ピーターソン・トリオでをバックにエラの「JUST ONE OF THOSE THI MG」
3.「AIR MAIL APECIAL」

下記に添付したWEBで司会も兼ねていたノーマン・グランツが「タバコ吸わんとちゃんと聴いてくれ!」と言っています。

こちら ➡️

上記の3曲は提供できませんが、同じ日のノーマン・グランツのMCとジーン・クルーパグループの録音を添付しました。
Here is Gene Krupa Quartet play ”Bernie’s Tune” and “My one and only Love” “Drum Boogie”.
Gene Krupa(ds),Eddie Shu(ts,as), Dave McKenna(p), John Drew(b)
Jazz at the Philharmonic, Seattle 1956

・H氏(今回もクラリネットの名演をご紹介されました)

Here is Benny Goodman Septet play ”Swedish Pasty”.
Benny Goodman(cl),Stan Hasselgard(cl), Wardell Gray(ts), Teddy Wilson(p),Billy Bauer(g), Arnord Fishkind(b),Mel Zeinik(ds)
(1948年5月27日 CBS Brodcast)

ブログ作成者から30分番組を追加しました。上記録音の3日前(5/24)の放送録音で「Patti Page 」が参加しています。
Here is Benny Goodman Septet play “Limehouse Blues 〜The man I love 〜Back home again in Indiana (Donna Lee)〜Confess”.
Broadcast, “Click Restaurant”, Philadelphia, May 24, 1948

・K氏(西明石から参加)

1.Charlie Parker「At The Finale Club」より、
Here is Charlie Parker plays “Ornithology〜Billie’s Bounce〜 Ornithology〜All the Things You Are 〜Blue ‘n’ Boogie 〜Anthropology”.

Charlie Parker(as) Miles Davis(tp) Joe Albany(p) Addison Farmer(b)Chuck Thompson(ds)  Los Angeles Broadcast,1946

2.Chet Baker「Live At The Paris Festival放送」
Here is Chet Baker Quartet play ”For Minors Only”.
Chet Baker(tp) Rene Urtreger(p) Pierre Michelot(b) Aldo Romano(ds)  Radio France,1981

・寺本氏(同好会世話人)
Bunny Berigan「Leader & Sideman」(Through The Years)より
放送録音の魅力は契約の関係上共演することが不可能なメンバーとの共演を聞くこと 出来る事ではないで しょうか。そういった意味で大スターが集まった次のセッションは正 に夢のセッションと言えるでしょう。
Here is Bunny Berigan and others play “Blues”.
Roy Eldrigde, Bunny Berigan, Harry James(tp) Tommy Dorsey, Jack Jenny(tb) Coleman Hawkins(ts) Count Basie(p) John Kirby(b) Gene Krupa(ds)
“Martin Block’s Make Believe Ballroom Jam Session” in Savoy Ballroom,June 14,1940

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(1)「新譜紹介」「その他」

December 4,2018

12月例会(2018年12月2日)の概要については「2.新譜紹介」「4.その他」からご紹介致します。特集「渡米前に録音されたジョージ・シアリングの名演」並びに「持ち寄り」については明日以降順次ご紹介する予定でございます。

2.新譜紹介(古川正孝氏)

(1)The Ken Peplowski (ケン・ペプロウスキー) Big Band 「Sunrise」(ARCD19458)より

詳細はこちら ▶️

Here is Ken Peplowski and His Big Band play ”All I Need Is The girl”.

(2)小川理子(p.vo) 「Baluchon」(ウルトラアートレコード UA1002)より
2025年大阪開催が決まった「万博」の最終プレゼンテーションにも登場した小川理子(みちこ)  さんの新譜です

詳細はこちら  ▶️

当日は「 In a sentimental mood」を選曲されましたが、音源の関係で出身大学の同窓会映像を添付します。

Here is Riko Ogawa plays “George Gershwin Medley” at 127mitakai.st.kansai.

(3)The Count Basie Orchestra directed by Scotty Barnhart

「All About That Basie」(CJA -00109)より「April In Paris」をご紹介されましたが、本ブログではBlueNote Tokyo(2017年2月公演)の映像を添付します。

Here is Count Basie Orchestra directed by Scotty Barnhart at BlueNote Tokyo

(4)畑ひろし(Hiroshi Hata) Trio Live! featuring Louis Nash」(COMK -004)

「日本のチャーリー・クリスチャン」と異名を持つ畑ひろしが盟友ルイス・ナッシュ(ds)荒玉哲郎(b)とで録音した新作。
「East of The Sun」畑さんのHPをご覧下さい。 こちら▶️

上記はご紹介できませんので、下記の映像をお楽しみ下さい。

Here is Hiroshi Hata Quintet play Solo Flight(Dedicate to Charlie Christian).
Tomotaka Matui(G) ,Nobumasa Takada(Mandolin),Kenjiro Ando(Clarinet)Takashi Nakayama(G),Kouichi Tsutsumishita(Bass)

4.その他

・S氏
神戸のジャズ例会ではいつも楽しいお話をされます。大阪ジャズ同好会でも「ブログでは書けない話」を披露され面白かったです。
「花岡詠二ホット・ジャズ・オーケストラ プレイ・ライオネル・ハンプトン」から2曲ご紹介されました。
花岡詠二(cl,ts,ss)鈴木直樹(cl,as,ts)下間哲(tp)高浜和英(p)ブルックス・テグラー(ds)松岡優慈(tb)佐久間和(g)小林真人(b)出口辰治(vib)
「Whoa Babe」「Hey Ba-Ba-Re-Bop 」(1999年10月13日録音)より

詳細はこちら ▶️

上記はご紹介できませんので、本家ライオネル・ハンプトン楽団による「Hey Ba-Ba-Re-Bop」をお聞き下さい。

Here is Lionel Hampton & his Orchestra (vocal by Hamp) play ”Hey Ba-Ba-Re-Bop”.

・M氏(神戸ジャズサロン主宰者)
最近聴かれたNHKFM番組をご紹介されました。詳細はこちら ▶️
当日ご紹介された音源は著作権の関係で添付出来ませんので、代替として”The Making of Miles Ahead”と題された映像を添付しました。

Here is Miles Davis & Gil Evans ”The Making of Miles Ahead”(May 10, 1957 NYC)