月別アーカイブ: 2019年1月

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)③特集「Riversideレーベルの名演」後半

January 30,2019

1月例会の特集「Riversideレーベルの名演」の後半は小生含め4人が紹介した演奏(計10曲)をお楽しみ下さい。
ディスコグラフィーから興味深い記録を確認致しました。

同じ日(1961年1月27日)に、ニューヨークのスタジオとニューオーリンズのホールで二つのアルバム制作されていました。(時差があるので大した事はないですが)

・M氏
パウエル派のピアニストとして知られるBarry Harrisをご紹介されました。(当日3回目の登場です)
Here is Barry Harris Trio play ”There’s no one but you.”
Barry Harris (p) Joe Benjamin (b) Elvin Jones (d)
New York, December 21, 1960 & January 19, 1961

Here is Barry Harris Trio play ”It’s the talk of the town”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Barry Harris Trio play ”What is this thing called love ?”.
Members of the recording are the same as above.

Photo above of Louis Cottrell by Discogs

・F川氏

昔から大好きだったルイス・コトレル(Louis Cottrell)をご紹介されました。

Here is Jim Robinson’s New Orleans Band play ”Yearning”.
Ernie Cagnolatti (tp) Jim Robinson (tb) Louis Cottrell (cl) George Guesnon (bj) Alcide “Slow Drag” Pavageau (b) Alfred Williams (d) Annie Pavageau (vcl)
“Jeunes Amis Hall”, New Orleans, LA, January 30, 1961

Here is Louis Cottrell Trio play ”Down By The Riverside”.
Louis Cottrell (cl) Emanuel Sayles (g,bj) McNeal Breaux (b)
“Hall Of The Societe Des Jeunes Amis”, New Orleans, LA, January 27, 1961

Here is Louis Cottrell Trio play ”You don’t love me”.
Members of the recording are the same as above.
“Hall Of The Societe Des Jeunes Amis”, New Orleans, LA, January 27, 1961

・寺本氏(当日時間が無く省略されました)

「Waltz for Debby」by Cannonball Adderley and Bill Evansをエントリーされていましたが、冒頭で言及しました「1961年1月27日」に録音された作品を添付させて頂きます。

Here is Cannonball Adderley with Bill Evans play “Goodbye”.
Cannonball Adderley (as) Bill Evans (p) Percy Heath (b) Connie Kay (d)
Bell Sound Studios, NYC, January 27, 1961

Here is Milt Jackson & Wes Montgomery Quintet play “S.K.J.”
Milt Jackson (vib) Wynton Kelly (p) Wes Montgomery (g) Sam Jones (b) Philly Joe Jones (d)
New York, December 19, 1961

・平野

Here is Lil Armstrong and Booker T. Washington play “Boogie me”.
Lil Armstrong (p) Booker T. Washington (ds)
Chicago, September 7, 1961
Boogie me

Here is Tadd Dameron and His Orchestra play “Fontainebleau”.
Charlie Shavers,Blue Mitchell, Clark Terry(tp); Jimmy Cleveland, Britt Woodman(tb), Julius Watkins(french horn); Jerry Dodgion, Leo Wright(as,flute);
Johnny Griffin(ts); Jerome Richardson(ts, fl); Tate Houston(bs); Bill Evans(p); Ron Carter(b); Philly Joe Jones(ds); Tadd Dameron(arranger, conductor)
NYC, March 9, 1962
Fontainebleau

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)②特集「Riversideレーベルの名演」

Photo above of Orrin Keepnews by WikiPedia

January 29,2019

1月例会の特集「Riversideレーベルの名演」については、8人の会員が計21曲を選曲しました。

今回は4人の会員がご紹介された演奏(計11曲)をお楽しみ下さい。

・K氏
Here is Blue Mitchell Quartet play ”I’ll Close My Eyes”.
Blue Mitchell (cnt) Wynton Kelly (p) Sam Jones (b) Roy Brooks (d)
New York, August 25, 1960

Here is Sonny Red Quintet play “The Mode”.
Sonny Red (as) Barry Harris (p) Grant Green (g) George Tucker (b) Jimmy Cobb (ds)
New York, December 14, 1961

・I氏
Here is Johnny Griffin Quartet play “Hush-A-Bye”.
Johnny Griffin (ts) Barry Harris (p) Ron Carter (b) Ben Riley (d)
New York, December 21, 1961

Here is Chet Baker plays ”You and the Night and the Music”.
Chet Baker(tp),Herbie Mann(fl),Pepper Adams(bs), Bill Evans(p), Kenny Burrell(g), Paul Chambers(b),Philly Joe Jones(ds)
NYC, January 19, 1959

Here is Bill Evans Trio “Nardis”.
Bill Evans,(p),Scott LaFaro(b),Paul Motian,(ds)
NYC, February 2, 1961

・T川氏

Here is Charles A. Matson’s Creole Serenaders plays “Taint Nobody’s business if I Do.”
unknown cnt, tb, cl/as, as, ts, Charles Matson (p,arr) unknown bj, tu and d.
New York, July 30, 1923
Ed 51222, Riverside RLP1005(10インチ)

Here is Scott Joplin plays “The Entertainer”.
Scott Joplin, piano roll.
December 29, 1902
Ragtime piano Rolls Vol.1,RLP1006(10インチ)

Here is Thelonious Monk plays “Blue Monk”.
Thelonious Monk (p)
Concert “Fugazi Hall”, San Francisco, CA, October 21, 1959

Here is Sonny Rollins Trio play “The Last Time I Saw Paris”.
Sonny Rollins (ts) Paul Chambers (b) Roy Haynes (d)
New York, June 19, 1957

Here is George Lewis Ragtime Band play “In the Sweet Bye and Bye”.
Kid Howard(tp), Jim Robinson(tb), George Lewis(cl), Alton Purnell(p),Lawrence Marrero(bj),Alcide “Slow Drag” Pavageau,(b),Joe Watkins(ds)
Trinity Episcopal Church, Oxford, OH, February 21, 1954

・N氏
Here is Thelonious Monk Septet play ”Well You Needn’t ”.
Ray Copeland (tp) Gigi Gryce (as) Coleman Hawkins, John Coltrane (ts) Thelonious Monk (p) Wilbur Ware (b) Art Blakey (d)
New York, June 26, 1957

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)①

January 28,2019

1月例会の概要については「映像コーナー」「持ち寄りコーナー 」「その他」からご紹介致します。
特集「Riversideレーベルの名演」については明日以降に投稿する予定でございます。

・映像コーナー」
『モダンジャズメンの群像』 寺本泰規氏(世話人)解説

当日ご紹介された映像については詳細をお伝え出来ない事をご了解下さい。
それ故、昨日紹介された演奏者によるYouTube映像をお楽しみ下さい。

Here is Zoot Sims plays at San Remo ’83

Here is Zoot Sims Quartet Live at Donte’s, LA, 1970

Here is Kenny Dorham Live at the Golden Circle

Here is Eric Dolphy in Stockholm, September 5, 1961 (TV Broadcast)

Here is Stan Getz, Lou Levy & Ray Brown Live – Italy

Here is Chet Baker live at Rome 1956

Here is Nice jazz festival 2018 – Randy Weston

・持ち寄りコーナー(Y瀬氏)
以下、レジュメを転載します。

進駐軍EP、国連LPを初めて知りました。昭和20(1945)年から7年間、米・英兵を中心として日本を統治した連合国軍のPX(購買部=大阪では心斎橋そごう)だけで売られたコロムビアのEP(全4曲)から3曲。さらに1 970年の千里万博の際に企画された8インチLPの「国連レコード =日本の旅情(全6曲) 」から1曲をお聴きください。
1.「JAPANESE RUMBA」(ノーメン西本&ジョージ島袋の2世コンビ)
2. 「GOMEN NASA」(リチャード・パワーズ)
3.「SOBA SIC」(美空ひばり)
4.「さくら さくら」(イブ・モンタン)

Here is JAPANESE RUMBA”.

Here is “GOMEN NASAI”

Here isSOBA SIC”.

Here isさくら さくら”.

・その他
I氏が例会開催前日に亡くなった Michel Legrandを追悼した曲(Phil Woodsとの共演盤)をご紹介されました。

ライブでの共演映像を添付致しました。

Here is Michel Legrand & Phil Woods play ”You Must Believe In Spring” at 2001 Montreal.

Photo above of Michel Legrand and Yves Montand by courtesy of Michel Legrand’s official site

 

Vido Musso and Charlie Ventura on Savoy 622(SP)

January 25,2019

Photo by Courtesy of Pinterest(Herman Leonard) Billy Bauer, Eddie Safranski, Charlie Parker, Lennie Tristano, New York, 1949

今年最初のブログでEddie Safranski and The poll Catsをご紹介させて頂きました。

こちら ▶️

Eddie Safranskiは上記録音の1年前に最初のリーダー作をSavoy RecordsにEddie Safranski’s Quartet & All Starsの名義で4曲録音しています。(1946年2月26日)

ディスコグラフィーによると、1日前に面白いメンバーで録音を行なっています。

Vido Musso’s All Stars

Kai Winding (tb) Gene Roland (v-tb) Boots Mussulli (as) Vido Musso (ts) Marty Napoleon (p) Eddie Safranski (b) Denzil Best (d)
New York, February 25, 1946

「Vido In A Jam」「My Jo-Ann」含め4曲録音しました。

Ohoto by Discogs

上記2日間の録音「計8曲」はStan Getzが録音した4曲(1945年12月録音)と共に「Loaded( Savoy MG12074)」というタイトルで発売されました。

本アルバムはベテランのジャズファンにとって懐かしいジャケットであると推測します。

Vido Musso’s All StarsについてTom Lord Discographyの注釈から初めて知った事実があります。

Photo by Discogs

* Savoy 622 Charlie Ventura – Big Deal / Vido Musso – My Jo-Ann

SPレコードの表・裏が「Charlie Ventura と Vido Musso」という面白い編集で発売しています。

当時の製作者Teddy Reigのアイデアでしょうか?

それにしてもはSavoy Recordsは面白い録音が多いですね。

Photo of Teddy Reid

Here is Vido Musso Sextet play ”Vido in a jam”.
Kai Winding (tb) Gene Roland (v-tb) Boots Mussulli (as) Vido Musso (ts) Marty Napoleon (p) Eddie Safranski (b) Denzil Best (d)
New York, February 25, 1946

 

Here is Charlie Ventura Quartet play ”Big deal”.
Charlie Ventura (ts) Arnold Ross (p) John Levy (b) Specs Powell (d)
New York, August 24, 1945
Good deal

 

SPの話題になりましたので、瀬谷徹氏が最近アップされたVido Mussoの演奏もお楽しみ下さい。

Here is Vido Musso and his Orchestra play ”Vido’s Bop”.
Ray Wetzel(tp) Kai Winding(tb) Boots Mussulli(as) Vido Musso(ts) Pete Rugolo(p) Eddie Safranski(b) Shelly Manne(d)
Los Angeles, June 1947

吉瀬さんとSol Yaged

January 19,2019

Photo above of Sol Yaged by his Official FB

昨日、大阪並びに神戸のジャズ例会でお世話になっている吉瀬さんと電車で偶然お会いしました。
今回は「2駅間の短い時間にお聞きした話」からブログを作成致します。

先ず吉瀬さんのご紹介を兼ねてSP愛好家の瀬谷徹氏のFacebookからのコメントを添付させて頂きます。

ヒット・オブ・ザ・ウィークのCDと吉瀬さん

瀬谷氏提供

瀬谷氏提供

瀬谷さん提供の紙製SPレコード(阪急百貨店も発売)の写真をご覧頂いた後、年末に開催された神戸ジャズサロンでご紹介されたレコードについてお聞きしました。

私は年末の例会を欠席しており当日配付されたレジュメを持っておりません。幸運にも西明石から参加されているK氏が例会の内容を個人ブログから投稿されていました。Kさんの了承を得て下記コメントを抜粋させて頂きました。Kさんありがとうございます。

「今年の(私の)ベストワン」(神戸ジャズサロン12月例会)

SOL YAGEDの古いLPを入手しました。 チャーリー・シェイバースのJASS盤で初めて聴き、1956年公開の映画「グッドマン物語」の音楽監修者だと知ったSOL YAGED。ニューヨークのクラブ・シー ンで活躍した有名なクラリネット奏者で、96歳の今も健在のようです。その彼が60年代初期にエリントン楽団にもいた多芸のレイ・ナンスと吹き込んだLPから、クリスマス定番曲を含め2曲お聴きください。
Sol Yaged and his quartet at the Gaslight Club

When The Saintas Go To Marching In (Nance=Trumpet, Vocal)

It Might As Well Be Swing  (Nance=Violin)

残念ですが上記2曲の音源は保有しておらず提供出来ません。

昨年JazzWaxさんが「Sol Yaged:Clarinet Swing」と題したブログを投稿されておりました。

英語で書かれたブログですが、「写真とYouTube音源」でSol Yagedの素晴らしさが理解出来ると思います。 こちら ▶️

又、Sol Yagedさん自身の公式Facebookもご一読下さい。こちら ▶️

昨年発売されたCD

Here is Sol Yaged Quintet play ”It Might As Well Be Spring”.
Sol Yaged (cl) Harry Sheppard (vib) Kenny Kersey (p) Mort Herbert (b) Mickey Sheen (d)
New York, 1956

Here is Sol Yaged Quintet play ”Yacht club swing”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Sol Yaged Quintet play “Easy living”.
Members of the recording are the same as above.

吉瀬さんが特集を担当された例会の概要です。

『おやまぁあんたまで!!「歌いたがり屋」列伝』 こちら ▶️

『まだまだいました シスターズ列伝Ⅱ』こちら▶️

『暴挙ご容赦! オール・オブ・ミーで60分』こちら▶️

『こんなに大勢いたなんて!! シスターズ列伝』こちら▶️

Eddie Safranski And The Poll Cats

January 05,2019

本年も宜しくお願い申し上げます。

最近入手した下記レコードについての駄文にお付き合い下さい。

本レコードは最初に販売された時には「new orleans jazz」という不思議なタイトルが付けられていました。私が所有しているレコードでは「new orleans jazz」が印刷されていません。

写真はDiscogs(ネット)からお借りしました。

再発売時には「new orleans jazz」というタイトルが外されたと想像します。

何故「new orleans jazz」?

「印刷ミス」と思われますが、気になる所です。

レコード裏面

写真はDiscogs(ネット)からお借りしました。

因みに本レコード発売前の録音「Wilbur De Paris(EP511)」には演奏内容から当然「new orleans jazz」が印刷されています。

Nesuhi Ertegun(ネスヒ・アーティガン)が製作しています。

末尾に粋な写真を添付しました。(瀬谷徹氏に感謝)

以下、瀬谷徹氏提供のSP音源から全4曲をお楽しみ下さい。

Here is The Poll Cats play ”Sa-Frantic”.

Ray Wetzel(tp) Eddie Bert(tb) Art Pepper(as) Bob Cooper(ts) Pete Rugolo(p,arr) Eddie Safranski(b,dir) Shelly Manne(d)
New York, December 20, 1947

Here is The Poll Cats play ”Turmoil”.

Members of the recording are the same as above.

Here is The Poll Cats play ”Jumpin’ For Jane”.

Members of the recording are the same as above.

Here is The Poll Cats play ”Bass Mood”.

Members of the recording are the same as above.

尚、本4曲はArt pepper「Complete 1947 – 1951 Small Group Studio」に収録されています。

Photo above of Nesuhi Ertegun with Kid Ory & Marili Morden(Nesuhi ’s wife) by Seya’s Facebook