(再)大阪ジャズ同好会第36回(2019.04.14)例会概要①「新譜紹介」

April 15,2019

4月例会には17人が参加されました。例会の概要については「新譜紹介」からご紹介致します。

1.Najponk(ナイポンク)『What’s Next』

チェコのメインストリーム・ジャズ・シーンで活躍している人気ピアニスト、ナイポンクの新作をご紹介されました。

本名は『Jan Knop(ヤン・ノップ)』名前の由来および経歴については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

Here is Najponk Trio play “Lester Leaps In”.
Najponk(p), Hans Backenroth(b), Jili Slavicek(ds)

 

2.John Pizzarelli(ジョン・ピザレリ)『For Centennial Reasons : 100 Year Salute To Nat Kig Cole』

ジョン・ピザレリが彼のトリオとともに、ナット・キング・コールの生誕100周年を祝い、ナットの名曲を彼流にアレンジした新作

詳細については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

Here is John Pizzarelli Trio play ”Straighten Up And Fly Right”.
John Pizzarelli(vo,g), Mike Karn(b) , Konrad Paszkudzki (p)

 

3.Peter Beets(ピーター・ビーツ)『Our Love Is Here To Stay』

オランダを代表するピアニストによるジョージ・ガーシュイン名曲集

詳細については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

尚、本アルバムのデザインはジャズ無料月刊情報誌「WAY OUT WEST」を編集・発行されている藤岡宇央氏です。

こちら ▶️

Here is Peter Beets play ”Lady Be Good!”.

Here is Peter Beets play ”The Shadow of Your Smile”.

 

4.足立衛(as,cl) & アゼリアジャズオーケストラ『The Best Of Jazz』

池田市民文化会館アゼリアホールを本拠地として活躍されているビッグバンドの詳細については

下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

例会当日は「The Man I Love」をご紹介されましたが、本ブログでは2016年12月の演奏を添付しました。

Here is 足立衛& アゼリアジャズオーケストラ play “Sing Sing Sing”.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中