月別アーカイブ: 2019年5月

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)⑥特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン(4)」

May 31,2019

Photo by Pinterst

特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」の最終回です。寺本世話人と平野の選曲を紹介します。

寺本氏
「I Got Rhythm」

Here is Dickie Wells and his Orchestra play “I Got Rhythm”.
Bill Coleman(tp) Dicky Wells(tb) Lester Young(ts) Ellis Larkins(p) Freddie Green(g) Al Hall(b) Jo Jones(ds) New York, December 21, 1943

「Nice Work if You Can Get It」

Here is Bud Powell Trio play “Nice Work if You Can Get It”.
Bud Powell(p),Curly Russell(b), Max Roach(ds) New York January 10, 1947

「How Long Has This Been Going On?」

Here is June Christy and Stan Kenton sings “How Long Has This Been Going On?”.

「 I’ve got a crush on you」

当日はLaurie Holloway(p)と共演したアルバム(1983年)からのご紹介でしたが、YouTube映像(画質の悪さについてはご了承願います)を添付しました。
Here is Cleo Laine sings “ I’ve got a crush on you.”

平野
「Embraceable You」だけに限定しました。
1930年のミュージカル「Girl Crazy」の挿入曲として「But Not for Me」「I Got Rhythm」と共に名曲となりました。
手元の資料では896曲(2014年まで)録音されています。最初の録音(1930年10月23日)はRed Nichols(The Captivators)が録音しています。

【追悼】Doris Day

Here is Doris Day sings “Embraceable You” (1944)

「Bobby Hackett」

当日はSavoryコレクションから選曲しましたが、ブログでは著作権の関係もあり別の録音を添付します。

Here is Bobby Hackett And His Orchestra play “Embraceable you”.
Bobby Hackett (cnt,arr) Sterling Bose, Jack Thompson (tp) Brad Gowans (v-tb,arr) George Troup (tb) Pee Wee Russell (cl) Louis Colombo (as) Bernie Billings (ts) Ernie Caceres (bar) Dave Bowman (p) Eddie Condon (g) Sid Jacobs (b) Don Carter (ds) Buck Ram (arr) New York, April 13, 1939

「Charlie Parker」

二つのテイクを聴き比べ(ダイヤルセッション)して頂きました。
Miles Davis(tp) Charlie Parker(as) Duke Jordan(p) Tommy Potter(b) Max Roach(ds)
New York, October 28, 1947

(D 1106-A)

(D-1106-B)

Photo above of Charlie Parker and Ross Russell by courtesy of Jazz Riffing on a Lost Worcester: Dial in the Birdie

 

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)⑤特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン(3)」

May 30,2019

Photo by courtesy of Classic FM

特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」の3回目です。

今回はY瀬氏とT川氏の選曲をお楽しみ下さい。

Y瀬氏(大阪ジャズ同好会ではいつも珍しい録音をご紹介頂いております)

1.「Somebody Loves Me」by Oscar Peterson

Here is Oscar Peterson Trio play “Somebody Loves Me”.
Oscar Peterson (p), Barney Kessel(g), Ray Brown(b) December 1952  LA

2.「The Man I Love」by Erroll Garner

Here is Erroll Garner Trio play “The Man I Love”.
Erroll Garner(p),Al Hall(b), Specs Powell(ds) June 7,1956  NYC

T川氏(古くからの「O.D.J.C」会員です)

1.「Liza」by Benny Goodman

Benny Goodman  Live In the Sixties
1960年から1963年の間に「シカゴ・クリーブランド・ニューヨーク・ワシントン」で行われた公演を収録したレコードです。本ブログでは上記公演後(1963年8月)に録音された「Liza」を添付しました。

Here is Benny Goodman Quartet play “Liza”.
Benny Goodman(cl),Gene Krupa(ds), Lionel Hampton(vin), Teddy Wilson(p) August 27,1963

2.「A Foggy Day」by George Chisholm

Here is George Chisholm’s Gentleman of Jazz play “A Foggy Day”.

 

3.「Summertime」by Acker Bilk

Here is Acker Bilk plays “Summertime”.

次の演奏家は全く知らない人ですし、ご紹介された曲もガーシュウィン作品である事を知りませんでした。ご存知の方おられましたら教えて下さい。
詳細資料は写真をご覧下さい。

T川氏の自作CD

4.「Nashville Tennessee」by Golden Gate Orchestra

Here is Golden Gate Orchestra play ”Nashville Tennessee”.

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)④特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン(2)」

May 29,2019

特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」の2回目ですが、お二人が同じCDアルバム「The Essential George Gershwin」(上記写真)から選曲されました。

N氏(神戸市在住)

1.「前奏曲第2番」by ジョージ・ガーシュウィン(自演)

Here is George Gershwin play ”Prelude 2”.

Here is Gershwin plays ”I Got Rhythm ”.(1931)

2.「Summertime」by Billie Holiday

Here is Billie Holiday And Her Orchestra sings ”Summertime”.
Billie Holiday (vcl) acc by Bunny Berigan (tp) Artie Shaw (cl) Joe Bushkin (p) Dick McDonough (g) Pete Peterson (b) Cozy Cole (ds)
New York, July 10, 1936

3.「Someone to Watch Over Me」by Frank Sinatra

Nさんが高校生の時に観た映画でFrank Sinatraが唄っていたシーンのお話をされました。
Here is Frank Sinatra sings ”Someone to Watch Over Me”.

Here is Frank Sinatra sings ”Someone to Watch Over Me”.

2.M氏(神戸ジャズサロン主宰者)

1.「A Foggy Day」 by Rosemary Croony

Here is Rosemary Croony sings ”Foggy Day”.

2. 「Liza」 by Benny Goodman Band

”Liza”含めメドレー演奏の映像がありました。

Here is The Benny Goodman Trio play “Gershwin Medley”.
“The Man I Love〜Embraceable you〜Lady Be Good〜Somebody Loves Me〜Liza”
Benny Goodman(cl),Mel Powell(p),Roy Burnes(ds)
March 23, 1957 New York

3. 「S’Wonderful」 by Dinah Shore and Buddy Clark

Here is Dinah Shore and Buddy Clark sings ”S’Wonderful”.

4. 「Soon」by Dorothy Kirsten

Here is Dorothy Kirsten sings ”Soon”.

【追悼】Doris Day
5. 「But Not For Me」

Here is Doris Day sings ”But Not For Me”.

映画「Lullaby of Broadway」のシーンを添付します。

Here is Doris Day ”Somebody Loves Me (Lullaby of Broadway)”.

 

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)③特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」

May 28,2019

American composer George Gershwin (1989 – 1937) works on a score at the piano in his 72nd Street apartment, New York, New York, 1934. (Photo by PhotoQuest/Getty Images)

特集は「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」でした。

例会には小生含め8人の会員がお気に入りの演奏を紹介しました。

本日は西明石から毎回参加されている2人のお気に入りをご紹介します。

最後に添付した映像は是非ご覧になって下さい。

K氏(大阪ジャズ同好会の4月特集を担当されました)

1.「Sweet And Low Down」

Here is Jackie & Roy sing “Sweet And Low Down”.
Jackie Cain (vcl) acc by Anthony Ortega (as,fl) Larry Bunker (vib) Roy Kral (p,vcl) Barney Kessel (g) Al McKibbon (b) Frank Butler (ds)
Los Angeles, February 23, 1960

写真はブログ作成者自宅で撮影

2.「They Can’t Take That Away From Me」

Here is Fred Astaire sings “They Can’t Take That Away From Me”.
Fred Astaire (vcl) acc by Charlie Shavers (tp) Flip Phillips (ts) Oscar Peterson (p) Barney Kessel (g) Ray Brown (b) Alvin Stoller (ds)
Los Angeles, December 1952

1937年製作の映画「Shall We Dance 」におけるアステアの歌唱シーンとGinger Rogersとのダンスシーンの映像を添付しました。

Here is Fred Astaire and Ginger Rogers ”They Can’t Take That Away From Me” from “Shall We Dance 1937”.

F川氏(大阪ジャズ同好会創立以来、新譜紹介を担当されています)

1.「A Foggy Day」
オーストラリア出身のコンラッド・パシュクデュスキ(Konrad Paszkudzki)によるジョージ・ガーシュイン曲集「Fascinating Rhythm.George Gershwin Song Book」から

当日はご紹介された「A Foggy Day」は本ブログでは紹介出来ませんので、代替として 「I’ve Got A Crush On You」を添付します。

Here is Konrad Paszkudzki Trio play “ I’ve Got A Crush On You” Live at Dizzy’s .

2.「Lady, Be Good!」
オランダを代表するピアニストであるピーター・ビーツ(Peter Beets)によるジョージ・ガーシュイン名曲集から

Here is Peter Beets Trio play ”Lady, Be Good!”.

尚、本アルバム『Our Love Is Here To Stay』は大阪ジャズ同好会4月新譜紹介でF川氏が解説されておられます。

大阪ジャズ同好会例会概要(新譜紹介) こちら ▶️

Photo by courtesy’s of 89.7 Eastside FM

3.「They Can’t Take That Away From Me」

F川氏お気に入りのジャネット・サイデル(Janet Seidel)による歌唱です。
本ブログ作成日「5月28日」はジャネット・サイデルの誕生日です。(1955年生まれ)

2017年8月7日、シドニーの病院で逝去されました。享年62歳。
初来日(2001年)から彼女をよく知っているF川さんが語る「仮題:ジャネット・サイデル想い出話」をお願いしておきます。

Here is Janet Seidel sings “They Can’t Take That Away From Me”.

ジャネット・サイデルは2016年末からジョージ・ガーシュウィンのトリビュート・コンサートを開始しておりました。ニュー・アルバム(ジョージ・ガーシュウィン曲集と想像します)は幻の作品となりました。

下記の映像はトリビュート・コンサートのPR映像であると推測します。

Here is ”JANET SEIDEL GERSHWIN EVENT AT ORPHEUM”.

神戸ジャズ愛好会5月例会② 番外編『miss evans』(大阪文の里)

May 27,2019

番外編『miss evans』(大阪文の里)

TさんからOrrin Evansのご紹介がございました。

Tさんの奥様が『miss evans』(大阪文の里)というお洒落なカフェを開店されて7年目になるということです。

今回はお店の名前の由来が「Orrin Evans」である事から、「The Evolution of Oneself」から”All The Things You Are”をご紹介されました。

Tさんご夫妻は、大阪ジャズ同好会にもほぼ毎回参加されておられます。

『miss evans』さんのご案内は こちら ▶️

『miss evans』さんのブログは こちら ▶️

Here is Orrin Evans Quartet play ”All The Things You Are”.

 

神戸ジャズ愛好会5月例会①「映像コーナー」

May 27,2019

5月例会には19人が参加されました。例会の概要については「映像コーナー」からご紹介致します。

Photo by BlueNote .com

Here is Jimmy Smith Live at Salle Pleyel 1969(K氏提供)
過日開催された「オルガン特集」において、時間がなく改めてご紹介頂きました。
Jimmy Smith(org), Charlie Crosby(ds),Eddie Mc Fadden(g)
December 1, 1969 – Salle Pleyel, Paris
当日は「Satin Doll」だけの紹介でしたが、添付のYouTubeでは映像全篇(1時間24分)が楽しめます。

Photo above of Eric Dolphy by courtesy of All Music

Here is Eric Dolphy in Stockholm, September 5, 1961 (寺本世話人提供)
Eric Dolphy(fl, as,basscl), Idrees Sulieman(tp), Rune Owferman(p),Jimmy Woode(b),Sture Kallin(ds)

1. Left Alone(5:23)
2. Miss Ann(4:25)
3. Serene(7:49)
4. God Bless the Child(5:23)
5. G.W.(6:14)

1959:Jazz’s Vintage Year

May 12,2019

大阪ジャズ同好会次回例会の持ち寄りテーマは『1960年代のジャズ』

以下、寺本世話人の案内を記載します。
「この例会ではあまり取り上げる機会がなかった1960年代のジャズで お気に入りのものがあればご紹介ください。当時最新のモダンジャズでも結構ですし、古くからのジャズメンの当時の演奏でも結構です。」

個人的な感想ですが「1960年代のジャズ」を語るためには「1959年に発表された傑作アルバム」は重要であると思っています。

1959年に録音された作品については、小生がインターネットで聴取しているジャズ番組で特集されていました。

「1959:Jazz’s Vintage Year」2009年3月放送

番組はストリーミング放送(1時間)で下記のサイトから聴くことが可能です。

こちら ▶️

以下、放送された名曲だけをYouTube音源で添付致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、1959年には3人のジャズの巨人が亡くなっている事も追記いたします。

3月15日 シドニーべシェ (パリで永眠)

5月14日 レスター・ヤング

7月17日 ビリー・ホリディ