月別アーカイブ: 2019年8月

第25回神戸ジャズサロン(20190825)「日本人のジャズ(戦前・戦後・現代)」③

August 28,2019

今回は3人のお気に入りをご紹介します。

・S氏

「花岡詠二」

大阪ジャズ同好会第34回例会でも紹介された「花岡詠二ホット・ジャズ・オーケストラ プレイ・ライオネル・ハンプトン」をご紹介されました。
花岡詠二(cl,ts,ss),出口辰治(vib),鈴木直樹(cl,as,ts),下間哲(tp),松岡優慈(tb),高浜和英(p),佐久間和(g),小林真人(b),ブルックス・テグラー(d) 1999年10月13日

花岡詠二さんは「神戸ジャズストリート」の音楽監督を務められています。下記公式サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

当日ご紹介された3曲の代替として「ブレダ・ジャズ・フェスティバル」に出演した時の演奏をお楽しみ下さい。ベースの小林真人さんもご一緒です。下記花岡詠二さんの公式HPをご覧下さい。

こちら ▶️

・N瀬氏

「Original Dixieland Heartwarmers(オリジナル・ディキシーランド・ハートウォーマーズ)」

LPレコードと自作CD(平野所蔵)

Here is Original Dixieland Heartwarmers play “Blues My Naughty Sweetie Gives To Me”.
右近雅夫(tp),大越泰蔵(tb),油井義光(cl),平生舜一(sax),小曽根実(p),福井康平(bjo),鈴木敏夫(b),加藤竜吉(ds) 1954年12月3日

 

右近雅夫さんについては故末廣光夫さんのエッセイ(2008年7月7日)を是非ご覧下さい。尚、M渡氏(神戸ジャズサロン主宰者)はエッセイに記載された「昭和30年8月のお別れコンサート」に行かれたそうです。

末廣光夫さんのエッセイはこちら ▶️

「宮岡信夫」(当日は時間切れでご紹介出来なかったトランペッター)

写真はジャズ喫茶ディアロードさんのHPからお借りしました。
2018年12月22日ライブ

Here is 宮岡信夫 plays “I Always Have Your Dream”.(宮岡氏のHPトップに添付されています)

「必殺仕置人(朝日放送)」のテーマは宮岡さんが演奏されています。ブログ作成者も昨年12月聞きました。

宮岡信夫さんのHP

・K氏

「銀巴里セッション」(Three Blind Mice レコード TBM-9 )

当日持参されたレコードには「慶応軽音楽鑑賞会・牧田先生メモリアル」というシールが貼られていました。K氏によると所属クラブ顧問「牧芳雄さん(本名牧田清志先生)」から戴いたレコードであると説明されました。
尚、故牧芳雄氏のコレクションは東海大学湘南校舎図書館に寄贈され保管されているそうです。(例会終了後にK氏からお聞きしました)

当日は「If I Were A Bell」(15分の時間限定故)をご紹介されましたが、お時間あれば全4曲お聞きください。

Here is 新世紀音楽研究所 play “銀巴里セッション”.
1963年6月26日

最近、新世紀音楽研究所の活動についての論文も読みました。(195~196ページ)

こちら ▶️

昔よく聴いたラジオ関西のジャズ番組で故いソノてルヲさんが「牧芳雄さんがジャズの師匠であります」と言われていた記憶があります。

スイングジャーナル1953年7月(22~23ページ)
平野所蔵

 

 

第25回神戸ジャズサロン(20190825)「日本人のジャズ(戦前・戦後・現代)」②

August 27,2019

神戸のジャズ例会専用の真空管アンプ(会員のN本さんが自作)

「日本人のジャズ(戦前・戦後・現代)」2回目の概要です。

・K氏(新旧二人のジャズメンを紹介)

「松本茜」

2009年「プレイング・ニューヨーク」から「Playing」を選曲されましたが、上記アルバムの音源は提供出来ません。

松本茜さんのHPをご覧下さい。添付された上質な公式YouTubeをお楽しみ下さい。

こちら ▶️

「小西徹」

大阪ジャズ同好会(2018年8月例会)『私が選んだ隠れ名盤』でも紹介された「A Life」から「Concierto De Aranjuez」を選曲されましたが音源は提供出来ません。

以下、CDジャーナルのミニレビューをご引用します。

本邦を代表するギターの名手だった小西が行った三つのライヴからの演奏を収録。レコーディングとはあまり縁のなかった彼だけに、この作品は貴重だ。しかも(2)と(7)は死の2ヵ月前の演奏という。いぶし銀のような正統派ジャズ・ギターが光る。

こちら ▶️

今回は1979年の演奏を添付します。
Here is 小西徹 Trio play “Hush-A-Bye”.

・Ch氏

「宮哲之」

写真はアロージャズオーケストラ公式HPからお借りしました。
http://www.arrow-jazz.co.jp/ajo/member.php

2005年のセカンドアルバム「Path I Passed」から「Calm Down, Please」「I’ll Be Bop」をご紹介されました。宮哲之(ts) 橋本有津子(p) 井上浩介(b) 北岡進(ds)

上記音源は提供出来ませんので、ROYAL HORSE(梅田のジャズライブハウス)の公式YouTubeから2曲添付します。

宮哲之(ts),大石浩之(p),魚谷のぶまさ(b),東敏之(ds),宗清洋(tb),田中洋一(tp)
(2013年2月公開)

宮哲之(ts),井上智(g),岩佐康彦(p),中村新太郎(b),東原力哉(ds)
(2016年10月公開)

宮哲之さんのOfficial ブログもご覧下さい。

こちら ▶️

ROYAL HORSEのHPもご覧下さい。

こちら ▶️

・T見氏

当日個別に配付されたカラーレジュメを添付します。

「田中武久」
当日は「Too Young」から「The Old Country」をご紹介されました。

こちら ▶️

今回は「ジャズクラブ・セントジェームス(2016年1月末日閉店)」の公開映像から2曲添付します。

又、田中さんが生前に取材に応じた記事も面白いです。

こちら ▶️

ブログ作成者の友人のブログも懐かしいです。

こちら ▶️

「日野皓正」
Here is Johnny Hartman acc by Terumasa Hino ‎sings ”Nearness of You”.
Johnny Hartman(vo),日野皓正(tp) 益田幹夫(p) 池田芳夫(b) 日野元彦(ds)
Tokyo November 29, 1972

上記作品に参加していた益田幹夫さんについて記載されたブログも添付しておきます。

こちら ▶️

(2019年9月8日追加)

後藤誠氏のJAZZ研究室から「田中武久の歴史」を追加添付致しました。追加については、昨夜お会いした後藤誠氏から許可を得ております。

こちら ▶️

第25回神戸ジャズサロン(20190825)「日本人のジャズ(戦前・戦後・現代)」①

August 26,2019

今回のテーマは「日本人のジャズ(戦前・戦後・現代)」でした。

初参加2人を含め計12人がお気に入りをリストアップされたことから、「次回持ち越し」となった会員もおられました。今回は4人のお気に入りをご紹介致します。

・Y瀬氏

今回も配布されたレジュメのコメントを編集せず記載致します。

「服部良一がいたお陰?!」
歌と言えば、「七つ釦は桜に碇」の予科練か「見よ落下傘」の空の神兵だったガキっ子が、10歳で終戦を 迎えた後にブギウギ(それより古くはブルース)のリズムを知り、やがて来るジャズの時代を楽しむだけの耳を持ち得ていたのは、この人・服部良一のお陰かもと痛感します。
①東京ブギウギ(福山雅治=元歌・笠置シズコ)②買い物ブギー関ジャニ∞=元歌・笠置シズコ)
③胸の振り子 (井上陽水=元歌・霧島昇)④別れのブルース(徳永英明=元歌・淡谷のり子)

ご紹介されたカバー楽曲については著作権の関係で音源を添付出来ませんので「オリジナル歌手」による音源(映像)を添付します。

「東京ブギウギ」

「セコハン娘」に変更しました。

「胸の振り子」

先月亡くなったジャーニー喜多川さんと「胸の振り子」のお話です。

こちら ▶️

「別れのブルース」

・T川氏

「南里文雄・北村英治・園田憲一・河合良一」をご紹介されました。

当日ご紹介された音源以外の演奏を添付しております。

Here is is 南里文雄(Fumio Nanri) with 宮間利之とニューハード Toshiyuki Miyama & New Herd play “Black And Blue”.

Here is 北村英治(Eiji Kitamura) with 北野タダオ & Arrow Jazz Orchestra play “Memories of You”.
北野タダオさんは昨年10月3日にお亡くなりになりました。

Here is 薗田憲一とディキシーキングス play “月の砂漠”.
(約50年前にラジオ神戸の電リクから録音された音源ですので、音質についてはご容赦ください)

河合良一さん(ニューオリンズ・ラスカルズのリーダー兼クラリネット奏者)の写真・音源(YouTube等)については下記理由にて添付致しません。

T川さんから「本日ご紹介した録音については河合さんの許可を得ています」との発言がございました。それ故、本ブログでは写真並びにYouTube映像等は添付しないことにしました。

・M氏(今回初めてのご案内です)

渡辺晋とシックスジョーズ (SHIN WATANABE’S SIX JOES)

本作品については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

ご紹介された「テーマ(九月の雨)」「黒い瞳」の代替として1953年(昭和28年)の演奏を添付します。

Here is 渡辺晋とシックスジョーズ (SHIN WATANABE’S SIX JOES) play “On The Sunny  Side of The Street”.
渡辺晋(b),松本英彦(ts),安藤八郎(vib),中村八大(p),宮川協三(b),南広(ds)

渡辺貞夫 (カクテルフォーツウー) with 八城一夫トリオ

ご紹介された「カクテルフォーツウー」「枯葉」は提供できる音源がございません。

尚、上記ご紹介に際し、参考とされた文献も教えて頂きました。

・F川氏

Here is 美空ひばりsings ”Shanghai上海”.
ブラインドフォールドテストとして出題されました。

Here is 三宅光子(マーサ三宅)  sings “My Melancholy Baby”.
北村英治,五十嵐明要,尾田悟,西代宗良,秋満義孝,永田睦雄,吉葉常雄,原田勇

Here is 八城一夫 Trio play “After You’ve Gone”.

大西教文「Guitar Man」をご紹介されましたが、ライブハウスでの演奏を添付します。

Here is 大西教文トリオ(NKT3) play “Tea for two”.

大阪ジャズ同好会第38回例会持ち寄り(2019年8月11日)「男性ヴォーカリスト群像」②

August 17,2019

Photo by Amazon.com

・N瀬氏(3年前に「1940年代のジャズ」を特集されました)

Eddy Howard

Photo above of Eddy Howord by Wikipedia

伴奏に参加したチャーリー・クリスチャン(Charlie Christian)の貴重なソロ演奏が聞けました。

Here is Eddy Howard sings “Star dust”.
Eddy Howard (vcl) acc by Bill Coleman (tp) Benny Morton (tb) Edmond Hall (cl) Bud Freeman (ts) Teddy Wilson (p) Charlie Christian (el-g) Billy Taylor, Sr. (b) Yank Porter (ds) New York, October 4, 1940

・寺本世話人
Bing Crosby

Here is Bing Crosby & Lee Wiley sing ”I Still Suits Me”.
Bing Crosby, Lee Wiley (vcl) duet acc. by Victor Young & His Orchestra
Los Angeles, March 17, 1947

Frankie Laine

Here is Frankie Laine sings ”Blue Turning Grey Over You”.
Frankie Laine with Paul Weston & His Orchestra(1957)

Buddy Greco

Here is Buddy Greco sing “Polka Dots and Moonbeams”.
当日ご紹介された「Live at Mister Kelly’s」の録音は手元にありませんので別音源を添付致します。

Frank Sinatra

1957年6月9日にワシントン州シアトルで行われたコンサート録音(編曲ネルソン・リドル) 。

Here is Frank Sinatra sings ”Just One Of Those Things”.
June 9,1957 Seattle, Washington Concert Frank Sinatra(vo) with Nelson Riddle & His Orchestra

 

・平野

Nat King Cole

Here is Nat King Cole sings ”A beautiful friendship”.
Nat King Cole (vcl) George Shearing (p,arr) Los Angeles, December 19~22, 1961

Al Bowlly
1898年モザンビークで生まれイギリスでデビューしアメリカにも進出した戦前の大歌手です。

Here is Al Bowlly sings “You’re my everything”.
Al Bowlly(vo) with Roy Fox and His Band London, August 8, 1932

1934年の映像を追加します。
Here is Al Bowlly Sings ”The Very Thought of You”.

Jack Teagarden
ブルースを歌わせたらBIG Tが最高です。当日は「Blues after hours(1947年) 」をご紹介しましたが映像を添付しました。

Here is Jack Teagarden sings “Basin’ Street Blues”.

Fats Waller

Photo above of Fats Waller by All About Jazz

45年前「アスペクト・イン・ジャズ」でファッツ・ウォーラーのボーカルを初めて聞きました。

Here is Ted Lewis Band play “Royal garden blues”.
Ted Lewis (cl),Muggsy Spanier (cnt),Benny Goodman (cl), Fats Waller (p,vcl) ,他
New York, March 5, 1931

大阪ジャズ同好会第38回例会持ち寄り(2019年8月11日)「男性ヴォーカリスト群像」①

 

August 16,2019

参加者持ち寄り『男性ヴォーカリスト群像』について4人のお気に入りをご紹介します。

・K氏(『春をテーマにしたジャズ』を特集されました)

The Four Freshmen

Here is The Four Freshmen sing “I’m Always Chasing Rainbows”.

以下はマーティ・ペイチ (Marty Paich)が編曲・伴奏をしていることから選曲されました。

Jesse Belvin

Here is Jesse Belvin sings “It’s All Right With Me”.

Ray Charles

Here is Ray Charles and Betty Carter sing “Every Time We Say Goodbye”.

Mel Torme
当日紹介されたは「Surrey With A Fringe On Top」は著作権の関係で日本公演の映像に変更させて頂きます。

Here is Mel Torme sings “More Than You Know” with Marty Paich Orchestra.
富士通コンコードジャズ・フェスティバル 1988.12.11

・T村氏(ジャズ随想(個人Facebook)を連想するコメントが面白いです)

Sam Cooke
若くして亡くなったサム・クックの、ニューヨークはコパカバーナ・クラブの実況録音。この美声を味わって下さい。

Here is Sam Cooke sings “The Best Things In Life Are Free”.(July 7,1964)

Bobby Troup
ジュリー・ロンドンの旦那ですが、奥さんより歌は上手い。赤坂のニューラテンク チーターの実況録音。「ルート66」の作曲家。

Photo by ディスクユニオンHP

当日ご紹介された「Yes Sir That’s My Baby」は手元になく、ハワード・ロバーツ(Howard Roberts)を従えた録音に変更させて頂きました。

Here is Bobby Troup sings “Route 66”.
Bobby Troup (vcl,p) Howard Roberts (g) Bob Enevoldsen (b) Don Heath (d)
Pasadena, CA, September 24, 1955

The Four Freshmen
白人男性コーラスグループの最高峰。キャンパスコンサートの実況録音。とにかく楽しい。

当日ご紹介された「Route 66」を含んだメドレーに変更させて頂きました。(Japan 1964)
Here is Four Freshmen sing “Angel Eyes,~Route 66~Polkadots and Moonbeams”.

Mel Torme
小粋にスイングするメル・トーメ。シナトラに匹敵する白人男性シンガーです。

Here is Mel Torme sings “South of the Border”.

Ray Charles
ご存知、先のサム・クックの先輩のリズム・アンド・ブルース歌手。来日公演は何回も行きました。

Here is Ray Charles sings “Hit the road Jack”.

Jack Teagarden
トロンボーンの巨匠ジャックTはサッチモ同様に歌手としても超一流。ルビー・ブラフ、ラッキー・トンプソンと共演したこのディスクは後期の最高作です。

Here is Jack Teagarden sings “St. James Infirmary”.

・I谷氏(神戸の例会にも参加されています)

Nat King Cole

Here is Nat King Cole sings “Those Lazy-Hazy-Crazy Days of Summer”.

・H氏(森山威男研究会の創設会員で「ハチママ・バースディ・パーティ&いんたーぷれい8」に毎年参加されています)

植木等
1954年、ギタリストとして「フランキー堺とシティ・スリッカーズ」に参加。上京後、声楽家に師事し発声レッスンを受けていたことからギタリストとしてではなくボーカルを担当。

Photo by Wikipedia

Here is Hitoshi Ueki(植木等) sings 「炭坑節」.
(伴奏:フランキー堺&シティー・スリッカーズ)

上記録音については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

【ブログ作成者からのおまけ】

Here is Bobby Troup sings ”My Funny Valentine〜Misty”.

Here is is Bobby Troup Lemon Twist Julie London Colour TV Show

Here is Nat King Cole sings ”Non Dimenticar”.

大阪ジャズ同好会第38回例会(2019年8月11日) 特集「また暴挙ご容赦様々なSUMMERTIME 60分」

August 15,2019

また暴挙ご容赦様々な「SUMMERTIME 」60分 解説 吉瀬拓雄氏

(当日配布されたレジュメを転載します)
昨年2月の「オール・オブ・ミー」に続いてまた1曲集中特集の最挙。60年余り前の学生時代、 松竹座裏の「ジャズ・ミー」で「この曲ナニ?」と尋ねた「サマータイム」です。 ご存じの通りガーシュインが1935年に作曲した「ポーギーとベス」冒頭の子守歌。現在までに2600バージョンが出ているそうですが、実は「これがその時に聴いた演奏」と言い切れる音には、いまだ出会えないでいます。「夏近し」の季節に免じてご容赦の上、 折にふれて集めた音源から、様々なアレンジや個性をお楽しみ頂ければ幸いです。

◆子守唄には似つかわしくないトランペットの3連発から

Henry “Red” Allen

Henry “Red” Allen (tp) Earl Warren (cl,as) Coleman Hawkins (ts) Marty Napoleon (p) Chubby Jackson (b) George Wettling (ds) New York, August 7, 1958

Charlie Shavers

Charlie Shavers (tp) with large studio orchestra, Sy Oliver (arr,cond)
New York, June, 1955 (Bethlehem BCP27)

Miles Davis

◆ペットのルイとエラがデュエットしビリーとサラも歌います

Ella Fitzgerald & Louis Armstrong

ブログ作成者から追加させて下さい。
Here is Ella Fitzgerald sings ”Summertime”. (1968)

Billie Holiday

Billie Holiday (vcl) ,Bunny Berigan (tp), Artie Shaw (cl) ,Joe Bushkin (p) ,Dick McDonough (g) ,Pete Peterson (b) ,Cozy Cole (ds)  New York, July 10, 1936

Sarah Vaughan

◆続いては男声の大御所ピングとシナトラに混声のプラターズ

Bing Crosby

Frank Sinatra

The Platters   (1990年殿堂入りした男4人女1人混声グループ)

◆ゴスペル、男女のロックやR&Bシンガーの登場です

・Mahalia Jackson

ブログ作成者から追加させて下さい。
Here is Mahalia Jackson sings ”Summertime”. (1960)

・Janis Joplin

Paul McCartney

Aaron Neville

Photo by Discogs

◆大震災前に「津軽弁ジャズ」で東北を巡演していたこの入をぜひ

・伊藤君子

当日紹介された「津軽弁ジャズ」の音源は提供出来ません。代替として伊藤君子さんのコメントと『A Touch Of Love(1994年)』から添付させて頂きます。

「津軽弁ジャズ ジャズだべ!ジャズださ!」(PRコメント)

Here is Kimiko Itoh sings “Summertime”.

伊藤君子(vo),Michael Brecker(ts), 日野皓正(Cor,Flh) ,Eddie Gómez(b),Steve Gadd(ds), 佐藤允彦(p) 松木恒秀(g) 1985年11月12日録音

(レジュメ末尾のコメント)
女性歌手では他にカーメン・マクレエ、ジュリー・ロンドン、メリー・フォード、ヘ レン・メリル、キリ・テ・カナワ、ナラ・レオン、チャカ・カーン、アニタ・ベイカー 、オリビア・ニュートンジョン、沖山秀子、矢代亜紀ら。男性でキャブ・キャロウェー、
SAM&DAVE、ゴールデン・ゲイトトリオ、アル・マルティノペリー・コモ、アンデ ・ウイリアムス、サム・クック、レイ・チャールス、ジョージ・ベンソン、ジョニー・ ハートマン。ウイリー・ネルソン、パリー・マニロウ、ガエターノ・ヴェローソらも。

大阪ジャズ同好会第38回例会(2019年8月11日) 「新譜紹介」

August 14,2019

猛暑にも拘わらず今回の例会には16人が参加されました。例会概要として「新譜紹介」からご紹介致します。

新譜紹介(古川 正孝氏)

1.『Stan Getz with European Friends』(CDSOL-45978)

上記アルバムと同じメンバーの映像を添付します。

Here is Stan Getz Quartet play “Ghost of A Chance”.(6:44迄)
Stan Getz (ts)Martial Solal (p) Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (ds)
Live, “Cannes Jazz Festival,” Cannes, France, July 12, 1958

 

2.『Karin Bachner/ Ella Forever』(CD-0932)

本CDについては下記のサイトをご覧下さい。

こちら ▶️

Here is Karin Bachner sings “A-Tisket, A-Tasket”.

Here is Karin Bachner sings “The Very Thought Of You”.

 

3.『大隅寿男/ キャラバン』(MYCJ-30663)(ジャズドラマー大隅寿男 活動50周年記念盤)

 

Here is 大隅寿男 plays “Caravan”.

大隅寿男のHPをご覧下さい。

こちら ▶️

4.『Calabria Foti / Prelude to A Kiss』(MOCO 23-06)

 

本CDについては下記のサイトをご覧下さい。

こちら ▶️

当日ご紹介されました「On the Street Where You Live」は音源が提供出来ませんので、3年前の映像を添付します。

Here is Calabria Foti sings “On the Street Where You Live”.

Live at E-Spot Lounge April 17,2016

今月(8月7日)に行われたライブの案内も添付します。

こちら ▶️

(追記)古川氏が上記CDについて「ピアノがロジャー・キャラウェイ(ROGER KELLAWAY)であったので購入しました」とコメントされました。

 

5.『Jiro Yoshida / Red Line』(SICJ-10010)

本CDについては下記のサイトをご覧下さい。

こちら ▶️

吉田次郎のHPをご覧下さい。

こちら ▶️

当日ご紹介されました「Goodbye Pork Pie Hat」は音源が提供出来ませんので、大阪ロイヤルホース(ROYAL HORSE)でのライブの映像を添付します。

Here is Jiro Yoshida ”LIVE AT ROYAL HORSE”.

(追記)古川氏が上記CDを選択した理由として「川口千里さんのドラムを聞きたかったからです」とコメントされました。

来月、上記大阪ロイヤルホース(ROYAL HORSE)に川口千里さんが出演予定です。