日別アーカイブ: 2019年8月16日

大阪ジャズ同好会第38回例会持ち寄り(2019年8月11日)「男性ヴォーカリスト群像」②

August 17,2019

Photo by Amazon.com

・N瀬氏(3年前に「1940年代のジャズ」を特集されました)

Eddy Howard

Photo above of Eddy Howord by Wikipedia

伴奏に参加したチャーリー・クリスチャン(Charlie Christian)の貴重なソロ演奏が聞けました。

Here is Eddy Howard sings “Star dust”.
Eddy Howard (vcl) acc by Bill Coleman (tp) Benny Morton (tb) Edmond Hall (cl) Bud Freeman (ts) Teddy Wilson (p) Charlie Christian (el-g) Billy Taylor, Sr. (b) Yank Porter (ds) New York, October 4, 1940

・寺本世話人
Bing Crosby

Here is Bing Crosby & Lee Wiley sing ”I Still Suits Me”.
Bing Crosby, Lee Wiley (vcl) duet acc. by Victor Young & His Orchestra
Los Angeles, March 17, 1947

Frankie Laine

Here is Frankie Laine sings ”Blue Turning Grey Over You”.
Frankie Laine with Paul Weston & His Orchestra(1957)

Buddy Greco

Here is Buddy Greco sing “Polka Dots and Moonbeams”.
当日ご紹介された「Live at Mister Kelly’s」の録音は手元にありませんので別音源を添付致します。

Frank Sinatra

1957年6月9日にワシントン州シアトルで行われたコンサート録音(編曲ネルソン・リドル) 。

Here is Frank Sinatra sings ”Just One Of Those Things”.
June 9,1957 Seattle, Washington Concert Frank Sinatra(vo) with Nelson Riddle & His Orchestra

 

・平野

Nat King Cole

Here is Nat King Cole sings ”A beautiful friendship”.
Nat King Cole (vcl) George Shearing (p,arr) Los Angeles, December 19~22, 1961

Al Bowlly
1898年モザンビークで生まれイギリスでデビューしアメリカにも進出した戦前の大歌手です。

Here is Al Bowlly sings “You’re my everything”.
Al Bowlly(vo) with Roy Fox and His Band London, August 8, 1932

1934年の映像を追加します。
Here is Al Bowlly Sings ”The Very Thought of You”.

Jack Teagarden
ブルースを歌わせたらBIG Tが最高です。当日は「Blues after hours(1947年) 」をご紹介しましたが映像を添付しました。

Here is Jack Teagarden sings “Basin’ Street Blues”.

Fats Waller

Photo above of Fats Waller by All About Jazz

45年前「アスペクト・イン・ジャズ」でファッツ・ウォーラーのボーカルを初めて聞きました。

Here is Ted Lewis Band play “Royal garden blues”.
Ted Lewis (cl),Muggsy Spanier (cnt),Benny Goodman (cl), Fats Waller (p,vcl) ,他
New York, March 5, 1931

大阪ジャズ同好会第38回例会持ち寄り(2019年8月11日)「男性ヴォーカリスト群像」①

 

August 16,2019

参加者持ち寄り『男性ヴォーカリスト群像』について4人のお気に入りをご紹介します。

・K氏(『春をテーマにしたジャズ』を特集されました)

The Four Freshmen

Here is The Four Freshmen sing “I’m Always Chasing Rainbows”.

以下はマーティ・ペイチ (Marty Paich)が編曲・伴奏をしていることから選曲されました。

Jesse Belvin

Here is Jesse Belvin sings “It’s All Right With Me”.

Ray Charles

Here is Ray Charles and Betty Carter sing “Every Time We Say Goodbye”.

Mel Torme
当日紹介されたは「Surrey With A Fringe On Top」は著作権の関係で日本公演の映像に変更させて頂きます。

Here is Mel Torme sings “More Than You Know” with Marty Paich Orchestra.
富士通コンコードジャズ・フェスティバル 1988.12.11

・T村氏(ジャズ随想(個人Facebook)を連想するコメントが面白いです)

Sam Cooke
若くして亡くなったサム・クックの、ニューヨークはコパカバーナ・クラブの実況録音。この美声を味わって下さい。

Here is Sam Cooke sings “The Best Things In Life Are Free”.(July 7,1964)

Bobby Troup
ジュリー・ロンドンの旦那ですが、奥さんより歌は上手い。赤坂のニューラテンク チーターの実況録音。「ルート66」の作曲家。

Photo by ディスクユニオンHP

当日ご紹介された「Yes Sir That’s My Baby」は手元になく、ハワード・ロバーツ(Howard Roberts)を従えた録音に変更させて頂きました。

Here is Bobby Troup sings “Route 66”.
Bobby Troup (vcl,p) Howard Roberts (g) Bob Enevoldsen (b) Don Heath (d)
Pasadena, CA, September 24, 1955

The Four Freshmen
白人男性コーラスグループの最高峰。キャンパスコンサートの実況録音。とにかく楽しい。

当日ご紹介された「Route 66」を含んだメドレーに変更させて頂きました。(Japan 1964)
Here is Four Freshmen sing “Angel Eyes,~Route 66~Polkadots and Moonbeams”.

Mel Torme
小粋にスイングするメル・トーメ。シナトラに匹敵する白人男性シンガーです。

Here is Mel Torme sings “South of the Border”.

Ray Charles
ご存知、先のサム・クックの先輩のリズム・アンド・ブルース歌手。来日公演は何回も行きました。

Here is Ray Charles sings “Hit the road Jack”.

Jack Teagarden
トロンボーンの巨匠ジャックTはサッチモ同様に歌手としても超一流。ルビー・ブラフ、ラッキー・トンプソンと共演したこのディスクは後期の最高作です。

Here is Jack Teagarden sings “St. James Infirmary”.

・I谷氏(神戸の例会にも参加されています)

Nat King Cole

Here is Nat King Cole sings “Those Lazy-Hazy-Crazy Days of Summer”.

・H氏(森山威男研究会の創設会員で「ハチママ・バースディ・パーティ&いんたーぷれい8」に毎年参加されています)

植木等
1954年、ギタリストとして「フランキー堺とシティ・スリッカーズ」に参加。上京後、声楽家に師事し発声レッスンを受けていたことからギタリストとしてではなくボーカルを担当。

Photo by Wikipedia

Here is Hitoshi Ueki(植木等) sings 「炭坑節」.
(伴奏:フランキー堺&シティー・スリッカーズ)

上記録音については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

【ブログ作成者からのおまけ】

Here is Bobby Troup sings ”My Funny Valentine〜Misty”.

Here is is Bobby Troup Lemon Twist Julie London Colour TV Show

Here is Nat King Cole sings ”Non Dimenticar”.