日別アーカイブ: 2019年10月23日

第26回神戸ジャズサロン(20191020)「ウイズ・ストリングスの魅力」②

October 23,2019

特集「ウイズ・ストリングスの魅力」の2回目は平野が持参した「BUDDY DeFRANCO with Strings」について投稿させて頂きます。

上記10インチアルバムは「EP2枚組(X253)」と同一内容であります。

1993年、「LP名盤コレクション・オン・ヴァーブ パート2」として「モダン・クラリネッツ/バディ・デフランコ〜ハンク・ダミコ)」が発売されました。(解説は暮井 屯氏)

裏面のハンク・ダミコについては拙ブログを参照願います。

こちら ▶️

Buddy DeFranco with Stringsの編曲・指揮はリチャード・モルトビー(Richard Maltby)が担当しております。

以下日本盤の順に全曲添付します。

Buddy DeFranco(cl),Kenny Drew(p), Curley Russell(b-2,4,6,8) ,Milt Hinton(b-1,3,5,7),Art Blakey(ds) ,Lotus Marztinez(conga), Richard Maltby(arr.cond)
with strings   NYC, October 1952 and January 1953

1.I’M GETTING SENTIMENTAL OVER YOU

2. STREET SCENE

3.Many ARE THE TIMES

4.OVER THE RAINBOW

5.LOST IN THE NIGHT

6.SUMMERTIME

7.THE SONG FROM MOULIN ROUGE

8.KAMASUTRA

Photo by courtesy of Fabrice Zammarchi(「A Life in the Golden Age of Jazz」の著者です)

バディ・デフランコはヴァーブレコードに移籍後もストリングス編成でアルバムを残しています。ガーシュイン作品集という事でMGM盤よりも有名だと思います。シングル盤しか所蔵しておりません。(EPN-91)

Here is Buddy DeFranco plays ”The Man I Love”
Harry Betts, Nick DiMaio, Murray McEachern, Dick Noel, Tommy Pederson (tb) Nick DeRisi (fhr) Buddy DeFranco (cl) Marty Berman, Jack Dumont, Herman Glunker, Jules Jacobs (woodwinds) Oscar Peterson (p) Herb Ellis (g) Ray Brown (b) Bobby White (d) + strings, Russ Garcia (arr,cond)
LA, December 6,1954