フランク・ティッシュメーカー~シカゴジャズの中心的存在

December 15,2019

左から Frank Teschemacher, Jimmy McPartland, Dick McPartland, Bud Freeman by Stanford Libraries

昨日ラジオ放送(ジャズSPタイム)で「フランク・ティッシュメーカー~シカゴジャズの中心的存在」を聴きました。

その昔、フランク・ティッシュメーカー(Frank Teschemacher)について、大阪在住の辛口ジャズ評論家が「素人名人会に出演している….」と言われた記憶があります。
私は「フランク・ティッシュメーカーは録音も古いし、いい音で聴けない」という単純な理由であまり熱心に聴いておりませんでした。
後年、白人系のジャズを中心に聞くようになり「シカゴ・スタイルジャズ」が大好きになりました。
次回の放送(12月29日)では「円熟のシカゴ・スタイル」という特集で「デッカの名盤(1939年制作)」をご紹介されるそうです。

故粟村政昭氏の発言については「白人のアマチュアミュージシャンによる黒人ジャズの模倣演奏の中心人物」という意味で「素人名人会…」という言葉を選ばれたと推測致します。

あれから40年以上経過しました。「素人名人会、そんな番組知らんけど!」というジャズファンも多くなりましたが、ラジオ放送並びにYouTube等でフランク・ティッシュメーカーの演奏を聞くことが出来る良い時代になりました。

以下、番組の解説者瀬谷徹氏が公開されている「Hot Jazz 78rpms」から2曲添付させていただきます。

「Hot Jazz 78rpms」こちら ▶️

Here is McKenzie and Condon’s Chicagoans ”China Boy”.
Jimmy McPartland(cnt) Frank Teschmacher(cl) Bud Freeman(ts) Joe Sullivan(p) Eddie Condon(bj) Jim Lannigan(b) Gene Krupa(d) Chicago, December 8, 1927

曲目解説は所蔵の書籍から

日本コロンビア「ジャズの歴史」168p

Here is Elmer Schoebel and his Friars Society Orchestra play ”Copenhagen”.
Dick Feige(cnt) Jack Reid(tb) Frank Teschmacher(cl) Floyd Townes(ts) Elmer Schoebel(p) Karl Berger(g) John Kuhn(tu) George Wettling(d) Chicago, October 18, 1929

上記録音は昨年(6月22日)阪急百貨店SPレコードコンサートでもご紹介されました。

2018年6月22日、阪急百貨店で撮影

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中