神戸ジャズ愛好会1月例会(2020年1月26日)③『コンボジャズの名演』後半

January 29,2020

特集テーマ『コンボジャズの名演』の後半は小生含め3人が持参した演奏をお楽しみ下さい。

・K氏

1960年クリード・テイラーが設立したインパルスレコードで制作された「The Great Kai & J.J」から「This Could Be The Start Of Something」「 Georgia On My Mind」をご紹介されました。
ブログ作成者も大好きなアルバムですのでお時間あれば全曲お聞き下さい。

Here is J.J Johnson and Kai Winding play “The Great Kai & J.J”.
1. This Could Be The Start Of Something Big (3:09)
2. Georgia On My Mind (3:48)
3. Blue Monk (4:28)
4. Judy (4:03)
5. Alone Together (3:33)
6. Side By Side (3:02)
7. I Concentrate On You (4:00)
8. Theme From Picnic (4:01)
9. Trixie (5:06)
10. Going, Going, Gong! (3:08)
11. Just For A Thrill (3:19)

ブログ作成者から名手二人による最後の共演「Aurex Jazz Festival ’82」からの映像を添付します。

Here is  J.J. Johnson & Kai Winding play ”It’s alright with me”.

本演奏の詳細は下記サイトをご覧下さい。
こちら ▶️

Photo above of Stanley Turrentine by Discogs

・寺本世話人
Stanley Turrentine の来日公演「The Live Iin ,Tokyo,July 30,1986」(司会青木誠)をご紹介されましたが音源は提供できません。代替として翌月に開催された「1986別府国際ジャズフェスティバル(大分県城島高原)」での映像を添付します。
Here is Stanley Turrentine Quintet play “Pieces of Dreams〜Gemini”.
Stanley Turrentine(ts) Tom Jones(p) Peter Brown(b) Greg Scaff(g)Ralph Peterson(ds)  August 1986

・平野

ジョン・カービーのコンボ作品を4曲ご紹介させて頂きました。

Here is John Kirby And His Onyx Club Boys play ”Royal Garden Blues”.
Charlie Shavers (tp) Buster Bailey (cl) Russell Procope (as) Billy Kyle (p) John Kirby (b) O’Neil Spencer (ds)  New York, July 28, 1939

Here is John Kirby And His Onyx Club Boys play ”Rose room”.
New York,August 10, 1939

Here is John Kirby And His Onyx Club Boys play ”Double talk”.
New York, January 15, 1941

Here is John Kirby And His Onyx Club Boys play ”Charlie’s Prelude”.
New York, Transcription, 1940
ジェリー・マリガンがお好きな方でしたらご存知の曲だと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中