作成者別アーカイブ: Sugarfootstomp

Sugarfootstomp について

I am collecting the music magazine series of articles, as well as the literature of Nogawa Kobun (first jazz critic in Japan)

大阪ジャズ同好会特集『まだまだいました シスターズ列伝Ⅱ』

April 23.2018

今回、1年前(2017年4月)に特集された「シスターズ列伝 II」をYouTubeの映像も交えブログを作成致しました。

吉瀬氏(解説)が配付されたレジュメの順にお楽しみ下さい。

尚、2年前に特集された「シスターズ列伝1」については、後日作成する予定です。

1.Here is The Paris Sisters sing “Dream Lover”.

2.Here is The Kaye Sisters singing “Together”.

3.Here is The Fontane Sisters sing “Hearts Of Stone”.

4.Here is Beverley Sisters sing “Her Bathing Suit Never Got Wet’”.

5.Here is England Sisters sing “Heartbeat”.

 

6.”Here is The Bonnie Sisters sing “Cry Baby”. (1956)

 

7.Here is Davis Sisters sing  “I Forgot More Than You’ll Ever Know”.

 

8.Here is Aaron sisters sing “She Came rollin’ Down The Mountain”.

Photo above of Kirby Sisters by courtesy of PopBopRocktilUDrop

9.Here is Kirby Sisters sing “Red Velvet.”

Photo above of Miller Sisters by YouTube

10.Here is Miller Sisters sing “Got you On My Mind.”

 

Photo above of Storey Sisters by courtesy of Do Wap

11.Here is Storey Sisters sing “Bad Motorcycle”.

 

12.Here is LaDell Sisters sing “Bye Bye Love”.

 

13.Here is The Brox Sisters sing “Crying for the Carolines”. (1930)

 

14.Here is The Pointer Sisters sing “Salt Peanuts”.(1975)

 

15.Here is The Puppini Sisters sing “Mr Sandman”.

 

16.Here is Chai-Chii Sisters sing “Hit That Jive Jack”.

世界最高齢のバンド「ゴールデンシニアトリオ」

April 15.2018

先週の土曜日(4/7)「西宮ジャズ3days」に行ってきました。

鍋島直昶氏(ヴィブラフォン)と交流があるMさん(神戸ジャズサロン主宰者)からのお誘いでした。

ギネス世界記録に登録されている世界最高齢のバンド「ゴールデンシニアトリオ」のメンバーの総年齢は今年で257歳!

(世界最高齢のジャズ・バンドというのではなく、世界最高齢のロック・バンドというのでもなく「あらゆる音楽において世界最高齢のバンド」ということで登録されています。)

ギネス世界記録についてはこちらをクリックして下さい。➡ 世界最高齢ゴールデンシニアトリオ

Here is Sound Live Tokyo 2016 Trailer by Golden Senior Trio

前回のブログで出題したブラインドフォールドテスの正解を下記に記載します。

「1.Fats Waller」「2.Art Tatum「3.Bud Powell」「4.Mal Waldron」

大阪ジャズ同好会第30回例会概要(3)『ソロ・ピアノの世界』(後編)

April 11.2018

johnson3

Photo by Jazz Pioneers(Andrew Oliver)

参加者持ち寄り『ソロ・ピアノの世界』(後編)

・寺本氏(同好会世話人)

ブラインドフォールドテストとして4曲が出題されました。

録音日については記載しておりますが演奏者は記載しておりません。(正解は後日掲載致します)

1.Love Me or Leave Me(Aug.2,1929)

2.Someone to Watch Over Me(May.1949)

3.Stella by Starlight(Sep.1953)

4.Three For Cicci(March 1,1966)

本題から離れて恐縮ですが、ブラインドフォールドテストについてご報告したいことがあります。

故見富栄一氏:1982年、東京・渋谷のジャズ喫茶スイング:日本経済新聞 (2015/11/19付朝刊から)

ブラインドフォールドテストの第一人者見富栄一氏がお亡くなりになりました。(JAZZ喫茶映画館さんのtwitterで知りました・3/24投稿)

心よりご冥福をお祈りいたします。

日本経済新聞 (2015/11/19付朝刊) から故人の記事を引用致しました。

「ジャズ聴き分け 草分け(演奏者当て60年の「帝王」、傘寿超えても衰えぬ聴力)」

下記をクリックして下さい。
「ジャズ聴き分け 草分け」 

・平野

1.Aaron Diehl

ブログではYouTube映像を添付しました。
Here is Aaron Diehl plays “Single Petal of a Rose” (Live at Dizzy’s).

hqdefault

Photo by courtesy of 1928 HITS ARCHIVE

2.Bix Beiderbecke
冒頭に「アスペクト・イン・ジャズ(FM放送)」から故油井正一氏の解説を付け加えました。又、ラトガース大学の研究資料からビックスが弾いていたと推測されるピアノの写真もご覧下さい。

Here is Bix Beiderbecke plays“In a Mist”.
New York, September 8, 1927

Bix’s piano:Wurlitzer baby grand, serial number 124231
Photo by courtesy of jjs.libraries.rutgers.edu

 

大阪ジャズ同好会第30回例会概要(2)・参加者持ち寄り『ソロ・ピアノの世界』(前編)

April 10.2018

大阪ジャズ同好会第30回例会概要(2)

参加者持ち寄り『ソロ・ピアノの世界』(前編) 当日配布されたレジュメを添付します。

ソロ・ピアノはジャズの世界では古くから録音が残されています。今回は6人の方が各人お気に入りの演奏をご紹介頂きました。本ブログでは映像も交え2回に分けてご紹介された楽曲の一部を添付致します。

T村氏

(1) Here is Teddy Wilson plays “I’ve got a feeling I’m falling” .
Live “Metropolitan Opera House”, New York, January 18, 1944
本コンサートではアート・テイタムが参加していたにも拘らず「ソロピアノ演奏を任された」と解説されました。

 

(2)Here is Erroll Garner plays “That old feeling”.
New York, March 14, 1955
「ガーナーはこのレコードだけでええ」

 

(3)Here is Oscar Peterson plays “I concentrate on you”.
Tallinn, Estonia, November 17, 1974

 

Y瀬氏
ブルーベックのソロ演奏をご紹介されましたが、ブログではYouTube映像でのソロ演奏を添付しました。
(1)Here is Dave Brubeck plays “Thank You”.

(2)Here is Dave Brubeck Quartet play “La Paloma Azul (The Blue Dove)”.
4曲目「Blue Dove」は原曲「La Paloma」です。カルテットの映像をお楽しみ下さい。
Dave Brubeck(p), Paul Desmond(as), Joe Morello(ds), Eugene Wright(b) France, July 22, 1967

 

H氏

セロニアス・モンクの特殊なピアノ技法は「他人の作曲した曲のソロ演奏」を聞くとよく理解出来るとの解説でした。(納得)
(1)Here is Thelonious Monk plays “Smoke gets in your eyes”.
Paris, France, June 7, 1954

(2)Here is Thelonious Monk plays “April in Paris”
N2ew York, April 12, 1957

 

 

K氏(西明石から毎回ご出席)
板橋文夫「渡良瀬」YouTubeからの音源でご容赦下さい。
ビル・エバンスも貴重な映像がYouTubeにありました。

Here is 板橋文夫 plays 「渡良瀬」

Here is Bill Evans plays “I Loves You Porgy” (NYC 1969)

 

T井氏(奥様と毎回参加されています)
Inaki Sandovalのソロ演奏をYouTube映像でお楽しみ下さい。
(1)Here is Iñaki Sandoval plyas “Old Folks “
Solo Piano concert at Metropolia University Hall, Helsinki (Finland)
March 22nd, 2011

(2)Here is Iñaki Sandoval plyas “All of You”
Solo Piano concert at Metropolia University Hall, Helsinki (Finland)
March 22nd, 2011

(3)ピアニスト工藤隆のHPを添付しました。
http://jamandouq.com/

尚、Tさんの奥様のお店「miss evans」をご紹介します。「大阪ジャズ喫茶map」9番のお店です。http://cafemissevans.wixsite.com/missevans

 

大阪ジャズ同好会第30回例会概要(1)

April 9.2018

miles-davis-2_wide-b2ba5a4cdd0039f88f30a83a579e47dc9874b5bd-s900-c85

Photo by NPR

(1)特集『60年代のマイルスミュージックを掘る』  ナビゲーター 矢木明氏

1960年代のマイルスは実に多くのミュージシャンと共演しながらジャズシーンを作り上げていきました。モード・ジャズからエレクトリック・ジャズへと変遷する60年代の多種多彩な音源をご紹介されました。

配付されたレジュメを添付しました。⇨こちらをクリックしてPDFをご覧下さい。矢木氏配布資料

会場ではCDでのご紹介でしたので、本ブログではYouTubeでのライブ映像も添付しました。

Photo by courtesy of kind-of-blue

 

Here is Bob Dorough with Miles Davis Sextet play “Blue Xmas” .
Bob Dorough (voc, p), Miles Davis (tp), Frank Rehak (tb), Wayne Shorter (ts), Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds), Willie Bobo (bongos), Gil Evans (arrange)

 

 

 

Here is Miles Davis Quintet play “All Blues”.
Miles Davis(tp), Wayne Shorter(ts),Herbie Hancock(p),Ron Carter(b),Tony Williams(ds)
1964 Milan, Italy October 11 1964

 

Here is Miles Davis Quintet play “Gingerbread Boy”.
Miles Davis(tp), Wayne Shorter(ts),Herbie Hancock(p),Ron Carter(b),Tony Williams(ds)
Live in Karlsruhe, November .8.1967

 

Here is Miles Davis Quintet play “Directions” at live in Rome(1969)
Miles Davis (tp), Wayne Shorter(ts), Dave Holland(b),Chic Corea(el-Piano) ,Jack De Johnette(ds)

 

Here is Miles Davis and his Orchestra plays “Corcovado” from Miles Davis’ 1963 album “Quiet Nights”.
Miles Davis (trumpet)
Gil Evans (arranger, conductor)

(2)新譜紹介     解説 古川 正孝氏

1.Here is Mayte Alguacil sings “What a Little Moonlight Can Do” from “Trav’lin Light”.

Mayte Alguacil(vo),Jaume Llombart(g),Pedro Campos(b),Enrique Oliver(sax),Felix Rossy(tp)
詳細はMayte AlguacilのHPをご覧下さい。

又、CDショップのアルバム紹介も併せてご覧下さい。

 

2.Roger Kellaway Trio

「New Jazz Standards, Vol. 3」から「Hurry Up & Wait」を選曲されました。
詳細はCDショップのアルバム紹介をご覧下さい。

又、JazzWaxとのインタービューを添付しました。2017年3月(英語表記です)

こちらをクリックしてご覧下さい。

 

3.Mike Dease

「Reaching Out」から「Blachfoot」を選曲されました。

Here is Mike Dease plays “Speak Low”(Trombone Solo) from Reaching Out

詳細はMike Dease のHPをご覧下さい。

又、CDショップのアルバム紹介ご覧下さい。

Kenny Clarke recordings in Paris

April 6.2018

fullsizeoutput_daf

Bud Powell, Clark Terry, Barney Wilen, Pierre Michelot,Kenny Clarke Photo by courtesy of Paris Jazz Corner(1959)

Kenny Clarke resettled in Paris in 1956.He had three recordings until the end of the year.

Today I would like to post about  three albums,”Reunion A Paris” ,”Kenny Clarke’s Sextet Plays Andre Hodeir”,”Afternoon In Paris”.

1956年、ケニー・クラークはパリに活動拠点を移し年末までに3枚のアルバム録音に参加しています。

今日は「Reunion A Paris」「Kenny Clarke’s Sextet Plays Andre Hodeir」「Afternoon In Paris」から数曲をブログに添付しました。

最初に「Reunion A Paris by Martial Solal」ですが参加メンバーが面白い組み合わせです。Benoit Quersinはベルギー、Jimmy Deuchar はイギリス出身です。又、ヨーロッパでの録音が少ないアレン・イーガー(Allen Eager)の演奏も貴重です。

「Kenny Clarke Sextet Plays Andre Hodeir」はアンドレ・オデール(Andre Hodeir)の編曲が凝ってます。アメリカの編曲者では味わえないようなサウンドが新鮮です。

最後に「Afternoon In Paris」の録音ですが、ルイス、ヒース、クラークの3人が久し振りに再会しました。残念なことですが3人揃っての録音はこの日が最後になりました。

Here is Martial Solal International All Stars play “Kenny special”.
Jimmy Deuchar (tp) Billy Byers (tb) Allen Eager (ts) Martial Solal (p) Benoit Quersin (b) Kenny Clarke (d) Paris, September 24, 1956

Here is Martial Solal International All Stars play “Love me or leave me”.Members of the recording are the same as above.

Here is Kenny Clarke Sextet Plays “Round about midnight”.
Roger Guerin (tp) Nat Peck, Billy Byers (tb)  Martial Solal (p), Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (d) Andre Hodeir (arr)Paris, France, October 26,1956
こんな「Round About Midnight」初めて聞きました。編曲に携わっている友人の意見を聞きたいです。

Here is Kenny Clarke Sextet Plays “Blue Serge”.
Billy Byers (tb)Roger Guerin (tp) Armand Migiani (bar) Martial Solal (p) Jean Warland (b) Kenny Clarke (d) Andre Hodeir (arr) Paris, France, November 30, 1956

Here is Kenny Clarke’s Sextet Plays “Swing spring”.
Members of the recording are the same as above.

Here is John Lewis and Sacha Distel Quintet play “Bags’ groove”.
Barney Wilen (ts) John Lewis (p) Sacha Distel (g) Percy Heath (b) Kenny Clarke (d)
Paris, France, December 4, 1956

Here is John Lewis and Sacha Distel Quintet play “Willow, weep for me”.
Members of the recording are the same as above.

kennyclarke01

Photo by courtesy of Mario Rodriguez

Kenny Clarke Quintet in Sweden

April 4.2018

Photo by courtesy of Mario Rodriguez

In the early 1940’s Kenny Clarke played as the house drummer at Minton’s Playhouse.

So he participated in the after hours jams that led to the birth of Be-Bop.

Also he played piano, trombone, and xylophone at initial stage of his career.

Today I would like to post about his xylophone performance.

Early 1937 he joined: Edgar Hayes And His Orchestra: Edgar Hayes’ big band Edgar Hayes’ big band.

Then Edgar Hayes And His Orchestra toured in Europe (Sweden, Norway, Finland, Denmark, Belgium, and Holland.)

Kenny Clarke made some recordings quintet under his own name in Sweden.

Photo by NPR

前回(Delta Rhythm Boys In Sweden)に続き、スウェーデンで録音された作品について投稿します。

1940年代初期、ケニー・クラーク(Kenny Clarke)はミントン・プレイハウスでハウスドラマーとして務めていました。

そこではBe-Bopの誕生に繋がるジャムセッションに参加していました。

又、音楽活動の初期においてKenny Clarkeはピアノ、トロンボーン、シロフォン(ザイロフォン)も演奏していました。

今回はKenny Clarkeによるシロフォン(ザイロフォン)演奏について調べました。

1937年初頭、Kenny Clarkeはエドガー・ヘイズ楽団(Edgar Hayes And His Orchestra)に加入し、欧州へのツアー(楽旅)に同行しました。
(訪問国はスウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、ベルギー、オランダ)

そしてスウェーデンで自身をリーダーとする演奏4曲録音しました。

尚、本録音は「Art Harding and his Swing Solists」という別名で発売されています。

先ずは渡欧前に録音された演奏をお聞き下さい。

(訂正)
瀬谷さんから「この録音はヴィブラフォン(鉄琴)での演奏」とご指摘頂きました。
ありがとうございます。

Here is Edgar Hayes And His Orchestra play “Help me”.
Leonard Davis, Bernard Flood, Henry Goodwin (tp) Bob Horton, Clyde Bernhardt, David “Jelly” James (tb) Rudy Powell (cl,as) Roger Boyd (as) William Mitchner (ts) Joe Garland (ts,bar) Edgar Hayes (p) Eddie Gibbs (g) Coco Darling (b) Kenny Clarke (d,vib)
New York, February 17, 1938  63294-A

Here is Kenny Clarke’s Quintet play “I Found a New Baby”.
Henry Goodwin (tp) Rudy Powell (cl) Edgar Hayes (p) Eddie Gibbs (g) Coco Darling (b) Kenny Clarke (xyl) James(Clay) Anderson (vocal)

Stockholm, Sweden, March 8, 1938 Sto-6317-2

Here is Kenny Clarke’s Quintet play “Once In a While”.
Sto-6318-1
Members of the recording are the same as above.

Here is Kenny Clarke’s Quintet play “You’re a Sweetheart.”
Sto-6319-2
Members of the recording are the same as above.

Here is Kenny Clarke’s Quintet(replace vocal)play “Sweet Sue”.
Sto-6320-1
Members of the recording are the same as above.