作成者別アーカイブ: Sugarfootstomp

Sugarfootstomp について

I am collecting the music magazine series of articles, as well as the literature of Nogawa Kobun (first jazz critic in Japan)

大阪ジャズ同好会第39回(2019年10月13日) 「新譜紹介(後半)The Cotton Sisters」

October 16,2019

新譜紹介の後半は「The Cotton Sisters」による最新CDについて投稿させていただきます。The Cotton Sistersの略歴についてはHP(Profile)を一部引用します。

2013年:中洲老舗ジャズスポット「Riverside」(現在閉店)で出会った3名のボーカリストでコーラスグループを結成。 1940年代からアメリカで活躍したThe Andrews Sistersのカバーを中心に演奏。

2018年12月8日:第38回浅草ジャズコンテスト・グランプリ受賞

2019年3月~6月:グランプリ受賞記念CD制作を目的に「クラウドファンディングで支援金を集め」レコーディングを行う。

2019年9月10日:ファーストアルバム「The Cotton Sisters」をリリース。

以下「(公式YouTube)The Cotton Sisters コットンシスターズ」から2曲添付させて頂きます。

Here is The Cotton Sisters sing ”Brazil”. 

Here is The Cotton Sisters sing ”Rhumboogie”.

「The Cotton Sisters」上記写真は「中洲ジャズ2019 公式サイト」からお借りしました。

THe Andrews Sistersについては大阪ジャズ同好会第9回例会特集『こんなに大勢いたなんて!! シスターズ列伝』(2014年10月26日)でも紹介されていました。当日紹介された「Boogie Woogie Bugle Boy」を唄っているThe Andrews Sistersの映像を添付しております。

Official Website of The Andrews Sisters

こちら ▶️

・本CDの購入についてはThe Cotton Sisters 「HP→CDAlbum」にてご確認願います。

こちら ▶️

上記写真から二つお伝えしたい事がございます。

写真(左)の川上俊彦さん(ベース)は8月31日に他界されました。

写真(右)「Jazz Spot Riverside 元店主”長老”こと小串洋一さん」はブログ作成者(平野)と30年来の友人です。

 

大阪ジャズ同好会第39回例会持ち寄り(2019年10月13日)「ヨーロッパのジャズ」②

October 15,2019

「ヨーロッパのジャズ」の後半は初参加の方とベテラン2人が紹介した演奏をお楽しみ下さい。

・T氏(名古屋市から参加いただきました)

「MOMENT ,Made in france Healing Jazz 」

音源を提供できませんので、T氏が事前に郵送されたCDの案内を添付します。

・T村氏

1.Here is John Lewis & Sacha Distel play “Dear Old Stockholm”.

John Lewis (p) Sacha Distel (g) Barney Wilen (ts) Pierre Michelot (b) Connie Kay (ds) Paris, Dec. 4 & 7 1956

2.Here is Georges Arvanitas Trio play “Airegin”.
Georges Arvanitas (p) Gene Taylor (b) Louis Hayes (ds) Paris, March 4, 1959

3.Here is Barney Wilen play “Stablemates”.
Barney Wilen(ts),Kenny Dorham (tp),Duke Jordan(p),Paul Rovère(b),Daniel Humair(ds) Paris, April 24 & 25, 1959

バルネ・ウィラン(Barney Wilen)については、ブログ作成者が参考にしているサイトを添付させて頂きました。

こちら ▶️

・寺本世話人

1.Here is Harry Arnold and His Swedish Radio Studio Orchestra play “Jersey Bounce”.

Sixten Eriksson, Weine Renliden, Bengt-Arne Wallin, Benny Bailey(tp), Ake Persson, Georg Vernon, Andreas Skjold(tb), Gordon Olsson(btb) ,Arne Domnerus, Rolf Lindell(as) Carl-Henrik Norin, Bjarne Nerem(ts), Lennart Jansson (bs) ,Bengt Hallberg(p), Bengt Hogberg(g) ,Georg Riedel(b)Egil Johansen(ds) October 3,1956

 

2.Ove LindとBengt Hallbergが共演した「Moment Like This(1957)」をご紹介されました。音源が手元にございませんので、代替としてテレビ放送(1963年)の一場面を添付します。

Here is Ove Lind and Lars Ehrstrand “Swingtime”.

ブログ作成者からスウェーデン・ジャズの名演「Whiskey Sour」を添付させて頂きます。
Here is Bengt Hallberg And His Swedish All Stars play “Whiskey sour”.
Ake Persson (tb) Arne Domnerus (as,cl-1) Lars Gullin (bar) Bengt Hallberg (p) Simon Brehm (b) William Schiopffe (d) Stockholm, November 9, 1953

Rita Reys, Johnny Griffin and the Pim Jacobs Trio   Photo by Allaboutaazz

 3. Rita ReysとJohnny Griffinが共演した「Everything Happens To Me(Aug. 1979)」をご紹介されました。本ブログでは2人の顔合わせによるメドレー(5曲)を添付しました。

Here is Rita Reys and Pim Jacobs Trio ft. Johhny Griffin play ”That Old Feeling~Mr. Wonderful~Poor Butterfly~The Touch Of Your Lips~Fly Me To The Moon”.(1979年ドイツテレビ局制作)

Rita Reys (vo) Johnny Griffin(ts) Pim Jacobs(p) Rudd Jacobs(b) Peter Ypma(ds)

Photo by JazzInoge

4.ノルウェーのBodil Niska(ボディル・ニスカ)を紹介されました。

Bodil Niska(1954年生まれ)はベン・ウェブスター直系のベテラン女流テナー奏者です。

Here is Bodil Niska plays “Danny Boy”.
Bodil Niska(ts) Egil Kapstad(p) Bjorn Alterhaug (b) Pelle Hulten(ds) 
Oslo September,2000

寺本氏が当日コメントされた別アルバム2006年の「NIGHT TIME(2006年)」から1曲添付します。

Here is Bodil Niska plays “Over the rainbow”. 
Bodil Niska (ts) Claes Crona (p) Staffan William-Olsson (g) Jorgen Smeby (b) Petur Ostlund (ds) Oslo, October 2006

ブログ作成者から初録音(1960年)を追加添付します。

Here is Bodil Niska and Einar Iversen(p) play “Ballad for Stan”.Norway, 1960

  

大阪ジャズ同好会第39回(2019年10月13日) 「新譜紹介(前半)」「ヨーロッパのジャズ(前半)

October 14,2019

大型台風が過ぎ去った翌日でしたが、今回の例会には13人が参加されました。例会概要は「新譜紹介(前半)」と「ヨーロッパのジャズ(前半)」からご紹介致します。

新譜紹介(古川 正孝氏)

『This I Dig of You』Jimmy Cobb(ジミー・コブ)最新リーダー作

本CDについては下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

本CDに収録された作品はブログに添付出来ませんので、代替として2017年9月のライブ映像を添付しました。

Here is” Jimmy Cobb Trio at Jazz Forum”.
海野雅威(p), Paolo Benedettini(b),Jimmy Cobb(ds) Tarrytown, Sept. 2017

『This I Dig of You』には9月19日に死去したHarold Mabern(ハロルド・メイバーン)が参加しています。生前のハロルド・メイバーンさんの映像を追加添付しました。テレビ局(ベルギー)のカメラがハロルド・メイバーンの演奏を後ろから撮影しています。

Here is Wes Montgomery Quintet play ”Jingles”.
Wes Montgomery(g),Harold Mabern(p), Arthur Harper(b),Jimmy Lovelace(b)
(Belgium 1965)

1968年にフランスで設立されたブラック&ブルー・レコード社の作品が「ブラック&ブルー・リアル・ジャズ・クラシック」として昨年から発売されています。今回ご紹介されたジョー・ジョーンズの作品は1974年にフランスで録音したスタジオ盤に同年パリで行ったライヴ音源を1曲加えたCDです。

「Jo Jones/Caravan」

パリで撮影されたライブ映像を添付します。(ドラムソロは動く映像の方が良いと判断しました)

Here is Jo Jones play ”Caravan”.

『ヨーロッパのジャズ』(前半)

・Y瀬氏

(当日配布されたレジュメを転載します)

【世界を吹きまくった男】
トゥーツ・シールマンス(1922,04.28~2016,08.22)94歳で死去は、バロン(男爵) の称号を持つベルギー貴族。ドイツ占領中にジャズへの関心を深め、1950年のグッドマン欧州ツアーにギタリストで同行。52年にアメリカに移住し、チャーリー・パーカー、ジョージ・シアリングらと組み、ハーモニカで人気に。ブラジル音楽にも傾倒し、山本剛(p)トリオとの「IN TOKYO」ライブ盤も残す。フレンチ・テイストの濃い「CHEZ TOOTS」(1998年)から2曲と、WIKIPEDIAでは無視された形の彼の晩年を支えたヨーロピアン・クアルテット(カレル・ボエリー(p)、ヴァンデ・クライン(b)、ハンス・ウースターホウト(ds))とのライブ盤(2010年)で,その輝きをお聴きください。2006年にこのクアルテットでビルボード・ライブ大阪に来演した際、今の私と同じ84歳だった彼から上機嫌でサインをもらったのも、懐かしい思い出です。
1.「パリの空の下セーヌは流れる」
2.「ネ・マ・キテ パ 」(Don’t Lesve Me)
3. 「枯葉」

Here is Tots Thielemans plays ”La vie en rose”.(CHEZ TOOTSから)

「WIKIPEDIAでは無視された」ヨーロピアン・クアルテットと同じメンバーでのコンサート映像を添付します。

Here is ”Toots Thielemans – Live At The Hague Jazz Festival (2010)”.

Toots Thielemans(harmonica),Karel Boehlee(p),Heyn van de Geyn(b) Hans van Oosterhout(ds)

・K氏

Here is Tubby Hayes Quartet play “You For Me”.
Tubby Hayes(ts) Horace Parlan(p) George Duvivier(b) Dave Bailey(ds)
NYC Octover 3,1961

Here is Michel Petrucciani plays ”Pasolini”.
Michel Petrucciani(p) , Furio Di Castri(b), Aldo Romano(ds) (1982)

Barney Wilen 「French Ballads」から 「My Way」をご紹介されましたが、日本での映像を添付します。

Here is Barney Wilen Quartet play “Besame Mucho”.

Barney Wilen(ts),Jacky Terrasson(p),Gilles Naturel(b),Peter Gritz(ds)
April 13,1990  豊中市立ローズ文化ホール

神戸ジャズ愛好会9月例会(2019年9月22日) 特集『Columbiaレーベルの名演』③

September 28,2019

『Columbiaレーベルの名演』3回目はN瀬氏と小生が持参した演奏をご紹介します。

・N瀬氏
コロンビアの代表的な歌手による珍盤をご紹介されました。

Photo by YouTube

Here is Darlene Edwards sings “Autumn In New York” with Jonathan Edwards(piano).

ジョナサンのピアノは超絶下手で、奥様ダーレンは酷い音痴です。2人の本当の名前は添付の曲でご確認下さい。

Here is Darlene Edwards sings “It’s Magic” with Jonathan Edwards(piano).

・平野

1.Fletcher Henderson「挫折の研究」

Here is Fletcher Henderson and His Orchestra play “Sugar Foot Stomp”.
Fletcher Henderson(p,dir) Elmer Chambers, Joe Smith, Louis Armstrong(tp) Charlie Green(tb) Buster Bailey(cl,as) Don Redman(cl,as,arr) Coleman Hawkins(cl,ts) Charlie Dixon(bj) Bob Escudero(tu) Kaiser Marshall(ds) New York, May 29, 1925

2. Charlie Christian(el-g)「Benny Goodman Sextet 1939」

Photo by YouTube

Here is Benny Goodman Sextet play ”Soft Winds”.
Benny Goodman(cl) Lionel Hampton(vib) Fletcher Henderson(p) Charlie Christian(el-g) Artie Bernstein(b) Nick Fatool(ds) New York, November 22, 1939

3.Bobby Hackett「Jazz Session」

Here is Bobby Hackett play “What A Difference A Day Made”.
Bobby Hackett(tp), Charlie Queener(p), Danny Perri(g), Bob Casey (b), Cliff Leeman(ds) September 13,1950

4.Joe Bushkin「Piano After Midnight」

Here is Joe Bushkin Quartet play “If I Had You”.
Joe Bushkin (p),Buck Clayton (tp),Eddie Safranski (b),Jo Jones (ds) July 31. 1951

日本盤解説も面白いので添付しました。

神戸ジャズ愛好会9月例会(2019年9月22日) 特集『Columbiaレーベルの名演』②

September 27,2019

寺本世話人が持参されたレコード 

『Columbiaレーベルの名演』2回目は3人のお気に入りをご紹介します。

・K氏

エピックレコードで製作された3枚のアルバムを持参されました。

エピック・レコードはコロンビア傘下のレコード会社として1953年に設立されました。個人的に参考にしているサイト「Birka Jazz Archive」で他のアルバムをご確認願います。

こちら ▶️

1.Curtis Fuller「The Magnificent Trombone of Curtis Fuller」
Here is Curtis Fuller Quintet play ”Sometimes I Feel Like A Motherless Child”.
Curtis Fuller(tb) ,Walter Bishop.jr(p),Les Spann(g),Jimmy Garrison(b),
Stu Martin(ds) NYC February 16,1961

2. Johnny Coles 「The Warm Sound」
Johnny Coles(tp), Kenny Drew(p),Peck Morrison(b), Charlie Persip(ds)
NYC April 10・13,1961

(発売当初未発表のボーナストラック2曲含め全曲添付します)

3. Dave Bailey 「Two Feet in the Gutter」
Bill Hardman(tp), Frank Haynes(ts), Bily Gardner(p), Ben Tucker(b), Dave Bailey(ds) NYC Octover 6,1961(全曲添付します)

・F川氏

1.Rampart Street Paraders「Dixieland My Dixieland」

Matty Matlock(cl),Eddie Miller(ts),Joe Rushton(bs),Clyde Harley(tp), Abe Lincoln(tb),Stan Wrightsman(p),George Van Eps(g),Phil Stephens(b)Nick Fatool(ds) LA June 7,19 1954, September 7,1954(全曲添付します)

2. Lambert, Hendricks & Ross 「The Hottest New Group in Jazz」
Dave Lambert, John Hendric, Annie Ross(vocal)
with The Ike Isaacs Trio and featuring Harry Edison(p)
May 9, 1960 – March 9, 1962(全曲添付します)

・寺本世話人

1.Here is Jack Jenney & His Orchestra play “Stardust” .
Nick Galetta, Oliver Suderman, Tommy Gonsoulin (tp) ,Jack Jenney, Henry Singer, Ray Noonan (tb), Hugo Winterhalter, Larry Gordon (as), Mario Dallolio, Bunny Bardach (ts), Arnold Ross (p) ,Al Costi (g), Iggy Shevak (b),Paul Richter (ds),
NYC October 19, 1939 (Col. GL 100)

2.Here is Frank Sinatra sings “That Old Feeling”.
Frank Sinatra(vo) with Axel Stordahl & His Orchestra
August 11,1947 (Col. CL 902)

3. Benny Goodman with strings「Let’s Hear The Melody(GL 102)」
当日は「If I Had You」をご紹介されましたが、手元に音源がございませんので別音源を添付します。
Here is Benny Goodman with strings play ”Good-Bye”.

4. Harry James「Trumpet After Midnight(Col. B-410)」
Here is Harry James(tp) & His Orchestra play “Autumn Leaves”.
December 14,1953

神戸ジャズ愛好会9月例会(2019年9月22日) 特集『Columbiaレーベルの名演』①

September 23,2019

今月のテーマ『Columbiaレーベルの名演』

・Y濑氏
(当日配付されたレジュメの記載を編集せず転載しました)

奇跡の名盤「カーネギーのグッドマン」
1938(昭和13)年1月16日にベニー・グッドマンがクラシック音楽の殿堂だったカーネ ギーホールで敢行したコンサートは、その歴史的な意義付けに留まらず、舞台に置かれた1本のマイクが秘かに拾っていた音がCBSに残され、長い眠りを経て1950年に33回転のLP技術と出会い、記録的な大ヒットとなる劇的な展開をみせました。
1956(昭和31)年の映画「グッドマン物語」も見た記憶もあるのですが、貧乏学生でL Pに手も出せなかった小生が、初めてコンサートの全容を聴いたのは1990年代に入ってからのSONYの日本版で、2枚組CDで5000円。油井正一の解説で、出演者への報酬配分は演奏小節で割り出し、ジーン・クルーパが最も多かったなどと書かれています。97年の再発時は3000円、 そして2000年に「完全版」が出て、それまで「録音不良で省略」とされていた2曲やグッドマン自身の曲紹介も収録が売りでした。
今回は完全版を冒頭からと思ったのですが、冒頭のグッドマンのコメントは1950年時点のものですし、削除曲はそれなりの理由があったようで、LP(あるいは初CD化当時のまま、頭からなじみの15分弱をお聴きください。

「その手はないよ→ワンオクロック・ジャンプ→ジャズの20年(センセイション・ラグ、
私はヴァージニアへ、恋人がほほ笑めば、シャイン)」

(録音全編を添付致します)

Here is Benny Goodman: January 16, 1938 Carnegie Hall (Full Concert)

本録音については、IAJRC(International Association of Jazz Record Collectors)の記事で詳しく記載されています。(2006年8月) (以下、録音時の秘話を引用します)

録音に際しては放送局の回線を極秘に使いました。その当時、CBSは毎週日曜日のニューヨーク・フィルの演奏を放送するためにカーネギーホールに常設の放送回線を設置していました。BGコンサートはCBSの電話線を通じてホールから離れたARS(Advertisers ‘Recording Service)スタジオで所謂「ダイレクトカッティング」されたようです。

Photo by The Famous 1938 Carnegie Hall Jazz Concert” by Jon Hancock

・T川氏

(当日補足資料として配付されたレジュメを添付致しました)

1. Here is Lillie Delk Christian with Louis Armstrong and his Hot Four play “You’re A Real Sweetheart”.
Lillie Delk Christian(vo) Louis Armstrong(cnt) Jimmie Noone(cl) Earl Hines(p) Mancy Cara(bj) Chicago, June 26, 1928

2. Here is The Original Cresent City Jazzers play “Carry It On Down”.
St.Louis November 261925(0keh 9410-A)

3. Here is Chas. Creath’s Jazz-0-Mamiacs play “Market Strteet Blues”.
St.Louis December 2,1924

4. Here is Kid Ory Creole Jazz Band play “At A Georgia Camp Meetig”.

5.Here is The Harlem Footwarmers(Duke Ellington) play “Mood Indigo”.

ブログ作成者も同じレコードを所蔵していました。

Sadamitsu Neil Fujita (1921-2010)

September 18,2019

Photo above of Sadamitsu Neil Fujita by Nytimes

神戸ジャズ愛好会の特集「Columbiaレーベルの名演」に関連して、アルバムデザイナーについて調べていました。

今回は戦後のデザイナーとして活躍した日系二世、S.ニール・フジタ(Sadamitsu Neil Fujita)について記載します。

下記2作品もS.ニール・フジタによるデザインです。

彼のインタビュー記事「S. Neil Fujita, 1921–2010」を読みましたが英語力の不足で困っていました。

こちら ▶️

「捨てる神あれば拾う神あり」

日頃お世話になっている寺井珠重さんの「INTERLUDE”ジャズクラブの片隅から…” 」でS.ニール・フジタについて記載されていました。「INTERLUDE 」については文末の「Jazz Club OverSeas」を参照願います。

こちら ▶️アルバム・デザインのパイオニア、S・ニール・フジタ

上記ブログをお読み頂けたら嬉しいです。私ごとき素人が付け加える事はございません。

尚、「INTERLUDE 」並びに「S. Neil Fujita, 1921–2010」でも記載されていますが、コロンビア・レコード退職後もデザイナー業界で活躍し、『冷血(カポーティ)』『ゴッドファーザー(マリオ・プーゾ)』をデザインされています。

(寺井さんのブログで印象に残った記載)

「日系人で組織された第442連隊戦闘団に従軍、玉砕した沖縄の悲惨な戦場を目の当たりにしました。」

同じ様な場面を山崎豊子「二つの祖国」で読みました。後年、NHK大河ドラマ「山河燃ゆ」でもドラマ化されたと記憶しています。

寺井さんありがとうございました。来月も(10月5日)ライブに行きますから。

Jazz Club OverSeas(大阪堺筋線本町駅)のHPを添付しました。

こちら ▶️