作成者別アーカイブ: Sugarfootstomp

Sugarfootstomp について

I am collecting the music magazine series of articles, as well as the literature of Nogawa Kobun (first jazz critic in Japan)

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(4) 持ち寄り『40年代のジャズ』②

October 12,2018

Y瀬氏「私的体験に基づく1940年代の音楽 」(当日配付されたレジメの内容を、Y瀬氏了解により一部編集しました)
ジャズ史的には「スイングとバップが同居した特異な時代」である1940年代だったの でしょうが、敵性音楽のレッテルを貼られて厳しく規制されたこともあるその時代(昭和15〜24年)を、ガキから少年期に実体験した者にとっては、全く違った景色でありまし た。

1.「金比羅船々・木曽節」和田肇(p)(1942年)
祖母が夕餉の支度を始める頃にラジオから流れる和田肇のピアノ。世界で一番うまい人だろうと思っていました。淡谷のり子と結婚。後の奥さんとの子が日活スターの和田浩二。後年、ヴィブラフォンの鍋島直昶氏から「あれはジャズだったよ」と教えられて驚きました。

例会当日ご紹介された「金比羅船々・木曽節」については音源が提供出来ません。代替として「日本俗曲集(和田肇編曲)」から添付します。

Here is Hajime Wada(和田肇) plays “かっぽれ・奴さん”.

旧大阪歌舞伎座 by Wikipedia

2.「夜のタンゴ」(ポーラ・ネグリ)(1937年制作=日本公開1941年)
中学2年の頃、旧・歌舞伎座近くの映画館の艶然たる美女の看板に書かれた題名 「したらアカンで!」といつも祖母に戒められる言葉を含む「ゴンタの夜」。
タンゴという単語をそれまで知らず、左頭で読んで「どんな映画?」と聞いて大笑いされました。友邦ドイツと中立国アルゼンチンの音楽タンゴは戦中も規制を免れ、外の風を運び続けました。

Here is Pola Negli(ポーラ・ネグリ) sings “Tango Notturno 夜のタンゴ”

3.「熱風」(カルア・カマアイナス)(1942年)
バッキー白方、灰田晴彦らハワイからの帰国組に朝吹英一(vib)ら慶応ボーイを加えて1937年ごろ結成。華族の子弟が多く、カオを効かせた部分も含めてハワイアンを「南方音楽」と言い逃れ、戦中も「南海楽友」と名を変えてしぶとく生き延びたそうです。

例会当日ご紹介された「熱風」については音源が提供出来ません。
代替としてワイラナ・グラス・シャック・ボーイズ(カルア・カマアイナスの変名バンド)が『セントルイス・ブルース(St.Louis Blues)』を録音した音源を見つけました。
添付のHPで聴くことが可能です。

➡️  こちら

4.「ラッパと娘」(笠置シヅ子)(1941年)
敗戦2年目の1947年に大ヒットした「東京ブギウギ」と同様、作曲・服部良一とのコ ンビ作。歌って跳ねて踊る笠置はことのほか当局から目の敵にされたようです。(注)3と4については戦後に得た知識であって、当時に演奏をラジオで聴いた記憶はありません。

Here is Kasagi Shizuko(笠置シヅ子) sings “Rappa To Musume (ラッパと娘)”.

平野
(1)1940年代に起こったニューオリンズ・ジャズの再評価運動は重要です。
「早稲田大学ニューオリンズジャズクラブ」のブログが参考になりました。(2011年11月03日掲載)
➡️  こちら

▶️ こちら


Here is Bunk Johnson’s Original Superior Band play ”Down by the Riverside”.
Bunk Johnson (tp), Jim Robinson (tb), George Lewis (cl), Walter Decou (p),
Lawrence Marrero (bj), Austin Young (b), Ernest Rogers (d)
New Orleans, June 11, 1942

Down by the riverside

(2)1942年の8月から1945年1月までの「吹き込みスト」期間中の貴重な録音です。
Here is The Esquire All-American Band play “Spotlight Band Thema~Esquire Blues”.
Metropolitan Opera House, New York, January 18, 1944
Roy Eldridge (tp), Jack Teagarden (tb), Barney Bigard (cl),Coleman Hawkins (ts),
Art Tatum (p), Al Casey (g),Oscar Pettiford (b), Sidney Catlett (ds)

 

『例会概要作成後記』
例会概要作成中に「カルア・カマアイナス」についての参考資料を見つけました。
・昭和戦中期の軽音楽に関する一考察
― カルア・カマアイナスについて ―(古川隆久氏著)
➡️こちら

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(3)持ち寄り『40年代のジャズ』①

October 11,2018

「40年代は30年代から続くスイングジャズと新しいムーブメントであるビバップとが同居していたジャズにとって特異な時代でした。素晴らしい演奏が多く残された時代でもあります。この時代への思いを残された演奏(もしくは歌)と共に語ってください。」(大阪ジャズ同好会世話人寺本氏のコメント)

竹村功 氏

1.「Stompin’ At The Savoy」(Jue.15 1944)
Teddy Wilson(p) Emmett Berry(tp) Benny Morton(tb) Edmond Hall(cl)Slam Stewart(b) Big Sid Catlett(ds)
メンバーも最高、スウィング時代を代表する名曲名演です。

 

2.「Street Beat」(Sep.4 1945)
Charlie Parker(as) Buck Clayton(tp) Dexter Gordon(ts)Sir Charles Thompson(p) Danny Baker(g) Jimmy Butts(5) J.C. Heard(ds)
アポロ音源、スウィング派とビ・バップ派との交流、好調なバード、デクスターがビ、バ ップの躍動を表しています。

 

Photo above of Charlie Rouse and Tadd Dameron and Fats Navarro

3.「Barry’s Bop」(Dec.5 1947)
Fats Navaro(tp) Charlie Rouse(ts) Tadd Dameron(p) Nelson Boyd(b)Art Blakey(ds)
典型的なビ・バップ演奏です。

 

Photo of Jackie Cain and Charlie Ventura in 1948,Boots Mussulli, Conte Candoli, Jackie Cain, Charlie Ventura, Roy Kral, Courtesy of Jeff Austin

4.「I’m Forever Blowing Bubbles」(May.9 1949)
Charlie Ventura(ts) Conte Candoli(tp) Benny Green(tb) Boots Mussulli (as)Roy Kral(p) Kenny O’Brien(b) Ed Shaughnessy (ds) Jackie Cain(vo)
スウィング・ジャズと違い、難解とされていたビバップを「Bop For the People」を大衆に広めたヴェンチュラ・グループの果たした功績を見直したいものです。

 

Photo by courtesy of Bob Willough by Wikipedia

5.「Crazy Chords」(Jun.21 1949)
Stan Getz(ts) AI Haig(p) Gene Ramey(b) Stan Levey(ds)
クールなゲッツは、50年代初頭、若きみなぎるホットなゲッツも最高です。

 

H氏

Burgandy Street Blues」(1944) (George Lewis 1943-45] (AM VC-7007)
George Lewis(cl) Lawrence Marrero(bi) Alcid(Slow Drag) Pavageau(b)

H氏からニューオーリンズジャズリバイバルの中心人物であったビル・ラッセル(Bill Russell)についての説明を頂きました。
「Burgundy Street Blues」をバックにビル・ラッセルの姿を撮らえているYouTube映像をお楽しみください下さい。

51ruYARSGKL._SS500

又、ジョージルイス(George Lewis)が「ザ・ジャズレコード誌」(1946年1月号)に寄稿した”Play number nine” を 菊池 ハルカさんがブログに掲載されています。
➡️ こちら

 

寺本氏

1948年に実施されたレコーディングストの間に行われた放送録音(ライブ録音含む)には 貴重な録音が多くあります。今日はその中から3つのセッションを聞いてください。
1. 「Four Brothers」(3:40) (Hollywood, Palladium Ballroom, March 7, 1948)
Woody Herman’s 2nd Herd(Solo:Sims, Chaloff, Cohn, Gets, Herman, Sims, Chaloff,Cohn, Gets, Herman(as), Chaloff)

2. 「Lover Man」(2:06) (Chicago, Illinois, Pershing Ballroom)
(possibly Aug. or Fall, 1948) Charlie Parker with Dizzy Gillespie Big Band

3. 「How High The Moon ~ Malaguena」(5:22) (Royal Roost, NYC) (Sep.25, 1948)
Anita O’Day(vo) with County Basie & His Orchestra」

*上記3曲は音源が提供できません。代替として下記に代表的な演奏を添付致します。

Here is Woody Herman and his Orchestra play “Four Brothers”.
Stan Fishelson, Bernie Glow, Marky Markowitz, Ernie Royal, Shorty Rogers(tp) Earl Swope(tb) Ollie Wilson(tb?) Bob Swift(b-tb) Woody Herman(cl,as,ldr) Sam Marowitz(as) Herbie Steward(as,ts) Stan Getz, Zoot Sims(ts) Serge Chaloff(bs) Fred Otis(p) Gene Sargent(g) Walt Yoder(b) Don Lamond(d) Jimmy Giuffre(arr) Hollywood, December 27, 1947

 

Here is Charlie Parker plays “Lover Man”.
Howard McGhee(tp) Charlie Parker(as) Jimmy Bunn(p) Bob Kesterson(b) Roy Porter(d) C.P. MacGregor Studios, Los Angeles, CA., February 29, 1947

 

Here is Anita O’Day with Ralph Burns and his Orchestra sing “Malagueña”.(1947)

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(2) 特集『Dick Hyman(p)七変化』

October 10,2018

Photo by AP Photo/Chrystyna Czajkowsky

『昔(1960年代)テレビであった松山容子の『琴姫七変化』を思い出しますが(年がばれますね。)、ピアニストのディック・ハイマン(1927/3/8~)は現在も尚現役で2015年にもCDを出しています。1948年にプロ入りしてから70年間にも及ぶプロ生活を彼のキャリア紹介と共にその音楽でたどります。 』(特集を担当された古川正孝氏のコメント)

当日古川氏から配布されたレジュメを添付します。

 

『ピアノスタイルの七変化』
今回は上記レコードが全曲紹介されました。裏面のラーナーノートに記載されているDick Hymanのコメントが興味深いです。残念ながら上記音源は本ブログ上でお聞き頂く事が出来ません。

『楽器の五変化』
(1)ハープシコード(ブログ作成者が下記音源とディスコグラフィー記録を確認しました)
Here is Dick Hyman (harpsichord) with his trio and orchestra play “Junglero”.
Dick Hyman & Harpsichord In Hi Fi(MGM E3606) New York, 1956

 

(2)パイプオルガン
Here is Ruby Braff and Dick Hyman play “High Society”.
Ruby Braff (cnt) Dick Hyman (pipe-org)
Concert “Keystone Oaks High School”, Dormont, PA, April 24, 1982

High Society

 

(3)オルガン
Here is Dick Hyman & Mary Mayo play “Bye Bye Blues”. (1962)

 

(4)モーグ・シンセサイザー
Here is Dick Hyman plays “The Moog and Me”.(1969)

 

『最近の演奏』
BUCKY, DICK & JAY「LOST SONGS OF 1936」は音源が手元にありませんので、2015年3月の演奏を添付しました。
Here is Dick Hyman plays ”Salon Piano Series”.
May 31, 2015

 

『番外編』

当日参加された神戸ジャズサロンの主宰者M氏がBIxの曲が収録された上記CDを提供されました。
The Bix Centennial All Stars 「 Celebrating Bix!」
Here is Dick Hyman plays ”Clementine (From New Orleans)”.
下記HPで上記音源が無料で聴くことが可能です。

➡️ こちら

Photo by Youtube

 

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(1)

October 09,2018

大阪ジャズ同好会第33回例会(2018年10月8日)が開催されました。

10月例会の概要については「2.新譜紹介」「4.その他」からご紹介致します。創立メンバーである古川氏による特集「Dick Hyman(p)七変化」並びに「持ち寄り」については明日以降順次ご紹介する予定でございます。

2.新譜紹介(寺本泰規)

photo by courtesy of John Coltrane © Jim Marshall Photography LLC.

(1) John Coltrane[The Lost Sessions] (IMP 00602567492993)より
「Impressions (take3)」 (4:36) (March 6,1963)
John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p) Jimmy Garrison(b) Elvin Jones (ds)

Here is John Coltrane Quartet play “Impressions”.

 

(2) Gene Krupa [Gene Krupa Quartet Live 1966] (DT 8010)より
「Big Noise From Winnetka] (7:11) (Nov. 6, 1966)
Gene Krupa(ds) Eddie Shu(ts) Benny Moten(b) Dill Jones(p)
同じ曲を翌年の映像でお楽しみ下さい。鮮明な映像ではありませんが、ベース(Benny Moten)との絡み合いが見ものです。

Here is Gene Krupa Quartet play “Big Noise From Winnetka”.

 

(3) 志水 愛 [Decade] (MS001) より
「Yardbird Suite]」(7:36) (Aug. 28, 2017)
Manami Shimizu(p) Yutaka Hashimoto(g) Tetsuro Aramata(b)Fukushi Tai naka (ds)

JAZZ喫茶 DEAR LORD(大阪ジャズ同好会会場)で開催されたMASAXこと長島雅枝さんと志水愛さんのデュオライブレポート(酒井オーナー記載)を添付しました。
➡️ こちら

志水 愛さんのピアノトリオ演奏(昨年)を添付します。
Here is Manami Shimizu plays at Osaka Mister Kelly’s in 2017.

 

(4) 山中 千尋 [Utopia] (BlueNote UCCJ-9215)より
「La Priere D’une Vierge(乙女の祈り)」(4:16)
「Rhapsody in Blue〜 Strike Up The Band 」(3:25) (Mar〜April, 2018)
Chihiro Yamanaka(p) Yosinori Waki(b) John Davis (ds)

Here is Chihiro Yamanaka plays “La Priere D’une Vierge(乙女の祈り)”.

Here is Chihiro Yamanaka plays “ I Loves You, Porgy”.

4.その他

今回は神戸ジャズサロン主宰者Mさんがジャズのニューウエーブをご紹介されました。
Tigran Hamasyanは東京ジャズ出演後、西宮市でも公演が予定されていましたが台風で公演中止になりました。

Here is Tigran Hamasyan play ”Rays of Light (Official Video)”.

Alice Babs(2)

Octorber 01,2018

今回はアリス・バブス(Alice Babs)が出演した初期の映画含め1950年代後半に「The Swe-Danes」というグループに参加した時の映像を投稿致します。

尚、スウェーデン映画並びにThe Swe-Danesについては詳しくありません。添付した映像についてのコメントは差し控えさせて頂きました。

1940年に映画「Swing it, magistern!」に起用されています。

 

1941年「Magistrarna på sommarlov」 に出演しました。

 

1942年「Vårat gäng」 という映画に出演しています。

 

次の映像はThe Swe-Danesに参加する前の映像と推測します。

 

1959年のスタジオ収録

The Swe- Danes
スヴェンド・アスムッセン(Svend Asmussen)、ユーリク・ノイマン(Urlik Neumann)という芸達者な男性二人を従えたコーラス・トリオ(1958年結成し1961年に解散)

尚、スヴェンド・アスムッセンは昨年(2017年2月)、100歳の天寿を全うしました。

Photo by YouTube

 

The Swe-Danesの映像を2本ご覧下さい。

前回のブログに対して、FB友の長谷川光氏から貴重なコメントを頂戴しました。

「Swe-Danes前とSwe-Danes後で感じ変わりますね。
声楽の教育を受けた凄さが分かるのはSwe-Danesの時と感じます。」

最後にDuke Ellington楽団と共演した映像を添付しました。

 

Early Recordings by Alice Babs(1)

September 27,2018

今週、ジャズ含め幅広い音楽に詳しいBar(梅田)のマスターがアリス・バブス(Alice Babs)の「Music with a Jazz Flavour」を紹介されていました。

本アルバムは小生の大好きなニールスリンドバーグ(Nils Lindberg)のオーケストラをバックにキャロル・キングの「タペストリー」等を録音した1973年の作品です。

アリス・バブス(Alice Babs)についてはエリントン楽団との共演作品等(上記2枚)がジャズファンには有名ですが、初期の録音について語られることが少ないようです。

今回上記写真「early Recordings 1939-1949」並びにYouTubeにアップされた初期の音源をディスコグラフィーで確認しながら聞きました。

又、アリス・バブス(Alice Babs)が歌っている初期の映像もYouTubeで楽しみました。

映像については明日に纏めてブログに投稿する予定でございます。

アリス・バブスは1924年1月26日、スウェーデンのカルマールで生まれ、2014年2月11日死去されています。

父親がピアニスト・作曲家であった音楽一家に育ち、15歳でレコーディングデビューしています。

最初の録音として記載されている音源は上記レコードには収められていませんでした。
”On the bumpy road to love”    Stockholm, May 31, 1939
上記の曲はJudy Garland が主演したMGM映画(1938年作品)でヒットしました。

上記レコードから1曲お楽しみ下さい。

Here is Alice Babs (with Nisse Linds Hot Trio) sings “Nobody’s sweetheart “.
Stockholm, July 5, 1939

Nobody’s sweetheart

Here is Alice Babs sings “Jag har en liten radiola”.
Alice Babs (vcl) acc by Rune Ander, Olle Jacobsson (tp) Miff Gorling (tb,arr) Olle Thalen (as,cl) Elver Jansson (as) [aka Borje Elvers-Elverman (as) ], Nisse Blucker (ts) Rolf Ohlsson (p) Sven Stiberg (g) Per Liljefors (b) Olle Blomberg (d)
Stockholm, July 7, 1939

2日後の録音です。

Jag har en liten radiola

スタンダードに取り組んでいます。

Here is (with Nisse Linds Hot Trio) sings “Stardust”.
Stockholm, February 9, 1940

Here is Alice Babs (with Nisse Linds Hot Trio) sings “F.D.R. Jones”.
Stockholm, February 9, 1940

デビュー当初はヨーデル歌手として脚光を浴びました。

Here is Alice Babs (with Nisse Linds Hot Trio) sings “Joddelswing”.
March 20 1940

Here is (with Nisse Linds Hot Trio) sings “Dedicated to you”.
Stockholm, May 16, 1940

Here is Alice Babs (with Eckert Lundins Filmorkester) sings “Swing it magistern”.
Alice Babs (vcl) , Thore Ehrling (tp) Tore Westlund (cl,as) Ove Ronn (as) Stig Holm (p)
Stockholm, December 4, 1940

オーケストラをバックに録音しています。

Here is Alice Babs sings “Swing fula fluga swing”.
Alice Babs (vcl) acc by Rune Ander, Olle Hedberg, Nisse Skoog (tp) Sven Hedberg, Miff Gorling (tb) Lasse Schoning (cl) Erik Fivel, Nils Landqvist (as) Karl-Axel Karlen, Alarik Ljungdahl (ts) Evert Heden (p) Sven Stiberg (g) Arthur Osterwall (b) Ake Brandes (d) Stockholm, January 31, 1942

小編成トリオをバックに録音しています。

Here is Alice Babs sings “Exactly like you”.
Nils “Nisse” Lind (p,celeste,accor) Birger Larsson (g) Henry Lundin (b) Alice Babs (vcl)
Stockholm, May 26, 1941

最後の曲ですが今回一番びっくりした録音です。迫力満点の歌唱です。

又、この演奏を聞いたことにより戦前のスウェーデン音楽界が先進的であったことも再確認出来ました。

Alice Babs (with Seymours Orkester) sings ”Minnie the Moocher’s wedding day”.
Stockholm, May 27, 1941

_Minnie the Moocher’s wedding day

Photo above of Alice Babs by courtesy of Skovde Nyheter

 

Claude Luter

September 25,2018

前々回、東宝レコード(Vogueシリーズ)が発売したジェイ・キャメロン(Jay Cameron)について投稿致しました。

投稿はこちら ▶️

今回は保存していた上記「Vogue」のカタログ(1974年10月作成)からブログを作成致します。

本カタログにはシドニー・ベシェ(Sidney Bechet)の録音が多く紹介されています。

一方、Sidney Bechetと共演したClaude Luter(クラウド・ルター)のレコードも多く掲載されています。

Claude Luterについては名前の読み方含め詳しくありません。

SP愛好家の瀬谷氏から投稿後に下記アドバイスを頂きました。ありがとうございます。

「名前読みはスウェーデンもそうですが、英語読みでよいのかその国読みがよいのか悩むところです。ルターで通っているのでいいのでしょうがリュテルと読むのかも知れませんね。」

今日はディスコグラフィーを読みながら、どこから聴いていこうかなと思案している所です。

Claude Luterについて先輩諸兄からの助け舟をお待ちしています。

以下、Claude Luterの映像も含め名曲を添付しました。

先ずはSidney Bechet(ソプラノサックス)とClaude Luter(クラリネット)が共演した「September Song」からお楽しみください。

Here is Sidney Bechet and Claude Luter & Son Orchestre play “September Song”.
Guy Longnon, Claude Rabanit (tp) Bernard Zacharias (tb) Claude Luter (cl) Sidney Bechet (sop) Christian Azzi (p) Claude Philippe (bj) Roland Bianchini (b) Moustache Galepides (d)
“Salle Pleyel”, Paris, January 31, 1952

Here is Sidney Bechet and Claude Luter play “Les Oignons”.
Sidney Bechet (ss) & Claude Luter (cl) ,Guy Longnon, Claude Rabanit (tp) ,Bernard Zacharias (tb) ,Christian Azzi (p) ,Roland Bianchini (b) ,Claude Philippe (bj,g) ,Moustache Galepides (ds)
May 30~31.1952

Here is Claude Luter and his Orchestra play “Blues De La Fin”.
Claude Luter(cl),Pierre Dervaux, Gil Thibaut (tp), Benny Vasseur (tb) ,William Conky (p), Claude Philippe (bj) ,Roland Bianchini (b), Marcel Blanche or Pierre Lemarchand (ds)
Paris November 26.1955

Here is Claude Luter and his Orchestra play “Petite fleur”.
July 10.1960

Here is Claude Luter and his Orchestra play “Charleston”.
July 10.1960