Category Archives: 大阪ジャズ同好会

大阪ジャズ同好会10月例会(後半特集)『Stan Kenton楽団』

October 24,2017

Photo by courtesy of yestercenturypop.com

大阪ジャズ同好会の特集後半は『Stan Kenton楽団』をご紹介しました。
以下概略と選曲を掲載します。
Stan Kenton楽団は1941年に創設されました。それまでのスイング楽団から脱却し「Progressive Jazz」と呼ばれた進歩的なジャズを発表しました。
Pete RugoloやBill Holeman等の重厚な編曲とウエストコーストの腕達者を数多く起用し、贅沢な作品をキャピトルレコードに数多く録音しました。
images
又、Anita O’Day, June Christy, Chris Connerなど優秀な専属歌手を擁しました。(Ann RichardsはStan Kentonの妻でした) 今回はボーカルとの演奏は選曲しておりません。
(1)Eager Beaver(3:10)
1943年10月19日録音 作曲・編曲はStan Kenton

(2)Artistry In Rhythm(3:23)
1944年1月19日録音  アーティストリーシリーズは大ヒットしました。

(3)Art Pepper(2:11)
1950年5月18日録音
50人編成のオーケストラをバックにソロ演奏しています。

(4) Invnetion For Guitar and Trumpet(2:55)
1952年9月15日録音  作曲・編曲 Bill Holeman
Sal Salvador(g), Maynard Ferguson(tp)

(5)Autumn In New York(2:34)

(6)You And The Night And The Music(2:38)
1953年7月8日録音

大阪ジャズ同好会10月例会 (前半特集)『Woody Herman楽団』

October 23,2017

大阪ジャズ同好会で特集を担当させて頂きました。(10/8)
前半は『Woody Herman楽団』でした。
以下概略を掲載します。

fullsizeoutput_a99

Photo from The Big Band by George T.Simon

1936年にWoody Hermanがボーカルとして参加していたIsham Jones楽団を引き継ぎWoody Herman楽団が創設されました。
1945年に新編成された『ファーストハード』はRalph Burnsの編曲や有能な新人を多数起用することによって超一流のバンドになっていきました。
1947年に再結成された『セカンドハード』はサックスアンサンブルを重視した編成で、本日お聞き頂く(5)(6)は『クール時代』の開幕を告げる作品として有名です。

igor-stravinsky-ebony-concerto-recorded-in-1946-igor-stravinsky-conducts-the-woody-herman-orchestra-in-the-ebony-concerto

Photo above of Igor Stravinsky – Ebony Concerto by courtesy of CLASSICAL20.COM

又、近代音楽のストラビンスキーも楽団に『Ebony Concerto』を提供しています。
今回はFirst HerdとSecond Herdの代表的な演奏を選曲致しました。
The First Herd時代
(1)Apple Honey(3:15)

(2)Laura(3:19)
1945年2月19日録音
1944年製作「ローラ殺人事件」主題歌(ビルボード誌 第4位)

(3)Caledonia(3:02)
1945年2月26日録音  上記3曲の編曲 Ralph Burns

(4)Woodchopper’s Ball(3:14)
1946年12月10日録音 編曲 Niel Hefti

The Second Herd時代

6a00e008dca1f088340153931d0126970b-500wi

(5)Summer Sequence(Part4)(1:00)
1947年12月27日録音(レコーディングスト直前)
StanGetzのソロ演奏部分をお聞き下さい。

(6)Early Autumn(3:09)
1948年12月30日録音(キャピトルに移籍)
上記の StanGetzのソロ演奏部分と聞き比べて下さい。

(7)Lemon Drop(2:55)
1948年12月30日録音

(8)Four Brothers(3:15)
1947年12月27日録音 (5)と同じ録音日です。
Stan Getz, Zoot Sims, Herbie Steward, Serge Chaloff

Isham Jones’ compositions(1)  

October 03,2017

Photo by courtesy of Wikimedia Commons

I am planning to feature Woody Herman’ work on this next Sunday.

Woody Herman took over the band from Isham Jones.

I am not familiar with Isham Jones but I love his songs.

So I would like to post about Isham Jones’ work this week.

先月、例会の準備でWoody Hermanの初期の活動について調べていました。

1936年Woody HermanはIsham Jonesのバンドを引き継ぎ自己のオーケストラとして活動を始めます。

私自身Isham Jonesについて詳しくありませんが彼の曲は大好きです。

今週はIsham Jonesが作曲した名曲にお付き合い下さい。

It Had to Be You(1924年) 作詞 Gus Kahn

この曲「アニーホール」でダイアン・キートンが歌っていたので覚えました。ブログの最後に添付しました。

Here is Isham Jones & his Orchestra play “It Had to Be You”.(1924)

Here is Django Reinhardt plays “It Had To Be You”.

Here is Ruth Etting sings “It Had To Be You” (1936).

Here is Dick Haymes and Helen Forrest sing “It Had To Be You”.

Here is Harry Carney Octet with Strings play “It Had to Be You”.

Here is Rod Stewart sings “It had to be you”.

Here is Annie Hall Diane Keaton sings  “It Had to Be You”.

主役より脇役がめだつモダンジャズ

August 7. 2017

昨日参加した大阪ジャズ同好会の特集が面白かったです。

「主役より脇役がめだつモダンジャズ」担当 竹村氏

今回はリーダーより共演者の活躍によって名盤と評価された作品の特集でした。

個人的には過去に聞いたことのある録音でしたが、竹村氏の解説により自宅でもう一度聞きたくなりました。

全7曲の演奏と聞き所を復習を兼ねて記載いたしました。

Here is Jutta Hipp With Zoot Sims play “Too Close For Comfort”.
Jerry Lloyd (trumpet) Zoot Sims (tenor sax) Jutta Hipp (piano) Ahmed Abdul-Malik (bass) Ed Thigpen (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, July 28, 1956
「Zoot Simsが思う存分にブローしています」

Here is Joe Morello with Art Pepper play “Straight Life.
Art Pepper (as), Gerald Wiggins (p) ,Ben Tucker (b) ,Joe Morello (ds)
United Western Recorders, Los Angeles, CA, January 3, 1957
「絶頂期のArt Pepperによる艶やかな音色 」

Here is Sarah Vaughan sings “Misty”.
Sarah Vaughan – vocals,Kirk Stuart – piano, vocals on “Misty”,Charles Williams – double bass,George Hughes – drums,Quincy Jones – producer  July 18,1963
「Piano奏者Kirk Stuartの歌唱力をお聞き下さい」

Here is Ella Fitzgerald and Duke Ellington play “It Don’t Mean A Thing If It Ain’t Got That Swing”.July 1966

「Ray Nance(tp)のボーカルが素敵です」

Here is Coleman Hawkins Quartet at the Village Gate play ” Josuha Fit the Battle of Jericho”.
Coleman Hawkins (ts), Tommy Flanagan (p), Major Holley (b), Eddie Locke (ds) August 1962
「Major Holleyがアルコソロで大活躍しています」

Here is Sonny Rollins and Coleman Hawkins Quintet play “All The Things You Are”.
Coleman Hawkins, Sonny Rollins (ts), Paul Bley (p), Bob Cranshaw (b) ,Roy McCurdy (ds) NYC,July 15, 1963
「後輩の前で頑張っているホーキンスに大拍手」

Here is Miles Davis Quintet play “Oleo”.
Miles Davis (tp) ,John Coltrane (ts) ,Wynton Kelly (p) ,Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds) Paris, France, March 21, 1960
「マイルスから独立したかったコルトレーンが御大を無視するかのような演奏に注目」