カテゴリー別アーカイブ: 大阪ジャズ同好会

吉瀬さんとSol Yaged

January 19,2019

Photo above of Sol Yaged by his Official FB

昨日、大阪並びに神戸のジャズ例会でお世話になっている吉瀬さんと電車で偶然お会いしました。
今回は「2駅間の短い時間にお聞きした話」からブログを作成致します。

先ず吉瀬さんのご紹介を兼ねてSP愛好家の瀬谷徹氏のFacebookからのコメントを添付させて頂きます。

ヒット・オブ・ザ・ウィークのCDと吉瀬さん

瀬谷氏提供

瀬谷氏提供

瀬谷さん提供の紙製SPレコード(阪急百貨店も発売)の写真をご覧頂いた後、年末に開催された神戸ジャズサロンでご紹介されたレコードについてお聞きしました。

私は年末の例会を欠席しており当日配付されたレジュメを持っておりません。幸運にも西明石から参加されているK氏が例会の内容を個人ブログから投稿されていました。Kさんの了承を得て下記コメントを抜粋させて頂きました。Kさんありがとうございます。

「今年の(私の)ベストワン」(神戸ジャズサロン12月例会)

SOL YAGEDの古いLPを入手しました。 チャーリー・シェイバースのJASS盤で初めて聴き、1956年公開の映画「グッドマン物語」の音楽監修者だと知ったSOL YAGED。ニューヨークのクラブ・シー ンで活躍した有名なクラリネット奏者で、96歳の今も健在のようです。その彼が60年代初期にエリントン楽団にもいた多芸のレイ・ナンスと吹き込んだLPから、クリスマス定番曲を含め2曲お聴きください。
Sol Yaged and his quartet at the Gaslight Club

When The Saintas Go To Marching In (Nance=Trumpet, Vocal)

It Might As Well Be Swing  (Nance=Violin)

残念ですが上記2曲の音源は保有しておらず提供出来ません。

昨年JazzWaxさんが「Sol Yaged:Clarinet Swing」と題したブログを投稿されておりました。

英語で書かれたブログですが、「写真とYouTube音源」でSol Yagedの素晴らしさが理解出来ると思います。 こちら ▶️

又、Sol Yagedさん自身の公式Facebookもご一読下さい。こちら ▶️

昨年発売されたCD

Here is Sol Yaged Quintet play ”It Might As Well Be Spring”.
Sol Yaged (cl) Harry Sheppard (vib) Kenny Kersey (p) Mort Herbert (b) Mickey Sheen (d)
New York, 1956

Here is Sol Yaged Quintet play ”Yacht club swing”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Sol Yaged Quintet play “Easy living”.
Members of the recording are the same as above.

吉瀬さんが特集を担当された例会の概要です。

『おやまぁあんたまで!!「歌いたがり屋」列伝』 こちら ▶️

『まだまだいました シスターズ列伝Ⅱ』こちら▶️

『暴挙ご容赦! オール・オブ・ミーで60分』こちら▶️

『こんなに大勢いたなんて!! シスターズ列伝』こちら▶️

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(3)『渡米前に録音されたジョージ・シアリングの名演』

December 7,2018

12月例会特集(2018年12月2日)は平野が担当させて頂きました。

ジョージ・シアリング(George Shearing)については1946年末、渡米後に録音した「Lullaby of Birdlad(バードランドの子守唄)」や「September in the Rain(九月の雨)」等が有名です。
しかし、渡米前のジョージ・シアリングの演奏については語られることが少ないようです。今回の特集では第二次世界大戦終結を挟んだ期間に録音された演奏を紹介致しました。

今回の特集は「The Early Years」というCD5枚セットに収録された曲を中心に選曲しました。

先ず本CDで最も初期の録音から

「How come you do me like you do ?」  March 2, 1939
George Shearing (p), Carlo Krahmer (ds)

 How Come You Do Me Like You Do

「ブギ・ウギスタイル」での演奏も披露しています。

Blue Boogie

COMPTON, CA.-NOVEMBER 17: Jazz author and critic Leonard Feather at home on November 17, 1977. (Photo by Jon Sievert/Getty Images).

同日の録音ですが、レナードフェザーがピアノを担当しアコーディオンを演奏しています。

「Squeezin’ the blues」
George Shearing (accor) Leonard Feather (p) Carlo Krahmer (ds)

Squeezin’ The Blues

Photo above of Sid Phillips by Alamy

本CDには当時の名歌手Al Bowlly(出生地はモザンビーク)の伴奏を行った録音も収録されています。

次にSid Phillipsシッド・フィリップス(イギリスの初期に活躍したバンドリーダー)とのトリオ演奏をお聴き下さい。

「Amoresque」 May 5, 1940
Sid Phillips (cl) George Shearing (p) Barry Wicks (ds)

Amoresque

戦時中に録音されたStephane Grappelli(ステファン・グラッペリ)との共演は重要です。

*Stephane Grappelliとの共演について
1939年、Django Reinhardt(ジャンゴ・ラインハルト)はStephane Grappelli とBeryl Davis(ベリル・デイビス)を伴い英国ツアーを行なっていました。しかし第二次世界大戦勃発によりDjango Reinhardtはパリに帰りましたがStephane Grappelli とBeryl Davisはロンドンに残りました。
二人はArthur Young(アーサー・ヤング)率いるThe Hatchett Swingtetteで初共演しています 。

*Arthur Youngが演奏しているNovachord(ノヴァコード) について
Novachord(ノヴァコード) はハモンド社が1937年発表、1939年~1941年に製造された世界最初の減算合成型ポリフォニック・シンセサイザー製品(楽器)です。

「The sheik of Araby」July 8, 1940
Arthur Young (novachord,dir) Bill Shakespeare (tp) Dennis Moonan (cl,ts) Stephane Grappelli (vln) George Shearing(p) Chappie d’Amato, Jack Llewellyn (g) George Senior (b) Tony Spurgin (ds)

The sheik of Araby

Stephane Grappelliをリーダーとするバンドに参加して以降、二人の親交は深くなっていきます。
5. 「Stephane’s tune」July 30, 1940
6.「After You’ve GoneI 」July 30, 1940
Stephane Grappelli, Stan Andrews (vln) Reg Conroy (vib) George Shearing (p) Jack
Llewellyn (g) Harry Chapman (harp) Hank Hobson (b) Al Philcock (d)

 Stephane’s Tune

 After You’ve Gone

Photo above of Beryl Davis by Gettyimages

「Star eyes」 October 6, 1943
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) Alan Mindell(g), Joe Nussbaum(b), Dave Fullerton (ds), Beryl Davis (vcl)

 Star Eyes

Photo above of Harry Parry by YouTube

Harry Parry(ウエールズ出身)率いる小編成バンドから2曲お聞き下さい。

「Softly, as in a morning sunrise」 January 28, 1941
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Joe Deniz (g) Tommy Bromley
(b)Ben Edwards(ds)

 Softly As In A Morning Sunrise

「Parry Opus」May 3, 1941
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Frank Deniz (g) Sam Molyneaux(b) Ben Edwards (ds)

Parry Opus

「Guilty」 December 21.1943

George Shearingのピアノソロ演奏は素晴らしいです。

 Guilty

オーケストラ (George Evans Orchestra) の一員として戦時中の「戦意高揚」を目的としたような演奏にも参加していました。ピアのソロの部分までお聞きして下さい。

「Mean To Me」October 23,1944

Mean To Me

次は Harry Hayes ビッグバンドでKenny Bakerと共演しています。

「Five Flat Flurry」February 14, 1944
Kenny Baker (tp) Harry Hayes (as) Aubrey Franks (ts) George Shearing (p) Tommy
Bromley (b) Carlo Krahmer (ds)

 Five Flat Flurry

エリントンサウンドを醸し出すようなHarry Hayes楽団の演奏です。

「Blue charm」 October 7, 1946
Harry Hayes and His Band with George Shearing
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George
hearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Billy Wiltshire (ds)

 Blue Charm

渡米後のシアリングでは聴けない演奏です。本録音後(翌年)、米国ジャズシーン(52st)にデビューしました。

「Rockin’ in rhythm」 December 13, 1946
Harry Hayes and His Band with George Shearing
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George
Shearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Johnny Wise (ds)

Rockin’ in rhythm

最後に一番印象に残った録音で締めさせて下さい。

「Moonray」 April 28,1942

Moonray

尚、過去4回に分けて投稿した拙ブログも添付致しましたので、お時間あればご覧下さい。

(1)2018年7月6日

(2)2018年7月9日

(3)2018年7月12日

(4)2018年7月14日

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(2) 持ち寄り『放送録音の魅力』

December 6,2018

大阪ジャズ同好会世話人寺本氏のコメントから
「ラジオによるジャズのライブ放送は1930年代から行われていました。音質が悪いにもかかわらずその内容はスタジオ録音にはない臨場感にあふれ多くのファンを虜にしたものです。」

・T村氏
1.ハリウッドの「Streets Of Paris」からのラジオ放送、絶頂期のハワード・マギーです。

Here is Howard Mcghee plays “A Night in Tunisia”.
Howard Mcghee(tp), Teddy Edwards(ts) ,J.D.King(ts), Vernon Biddle(p), Bob Kesterson(b), Roy Porter(ds)  Dec.2,1945

2.「Every Tub」(Jan.14.1953)
ニューヨークの「BIRDLAND」からのカウント・ベイシー楽団のラジオ放送、この曲だけレスターヤングが加わりソロをとります。

Photo by courtesy of Pinterest

ブログではレスターヤングのソロ演奏が聴ける「Jumpin’ at the woodside」を添付しました。
Here is Count Basie And His Orchestra featuaring Lester Young play ”Jumpin’ at the woodside”.
Wendell Culley, Reunald Jones, Joe Newman, Paul Campbell (tp), Henry Coker, Benny Powell, Jimmy Wilkins (tb) Marshal Royal (as,cl) Ernie Wilkins (as,ts) Paul Quinichette (ts,arr) Eddie “Lockjaw” Davis (ts) Charlie Fowlkes (bar) Count Basie (p) Freddie Green (g) Gene Ramey (b) Gus Johnson (d) Lester Young (ts) radio broadcast, “Birdland”, New York City, January 1, 1953

3.Hooray For Stan Getzから「Move」(Aug.12.1952)
Stan Getz(ts) Jimmy Raney (g) Duke Jordan(p) Gene Ramey (b) Phil Brown(ds)
ジャケットは最悪ですが、スタンゲッツの演奏は最高です。

上記録音は提供できませんので、代替として「Polish Radio Jazz Archives」からStan Getz and Andrzej Trzaskowski Trioによる録音を添付しました。

Here is Stan Getz & Andrzej Trzaskowski Trio play “You Go To My Head”.
National Philharmonic Concert Hall, Warsaw, Poland on 27 October 1960

・Y濑氏
2006年まで50年眠っていた1956年シアトルでの JATP音源から
1.ノーマン・グランツのMCに続きで「GROOVING HIGH」
2.ピーターソン・トリオでをバックにエラの「JUST ONE OF THOSE THI MG」
3.「AIR MAIL APECIAL」

下記に添付したWEBで司会も兼ねていたノーマン・グランツが「タバコ吸わんとちゃんと聴いてくれ!」と言っています。

こちら ➡️

上記の3曲は提供できませんが、同じ日のノーマン・グランツのMCとジーン・クルーパグループの録音を添付しました。
Here is Gene Krupa Quartet play ”Bernie’s Tune” and “My one and only Love” “Drum Boogie”.
Gene Krupa(ds),Eddie Shu(ts,as), Dave McKenna(p), John Drew(b)
Jazz at the Philharmonic, Seattle 1956

・H氏(今回もクラリネットの名演をご紹介されました)

Here is Benny Goodman Septet play ”Swedish Pasty”.
Benny Goodman(cl),Stan Hasselgard(cl), Wardell Gray(ts), Teddy Wilson(p),Billy Bauer(g), Arnord Fishkind(b),Mel Zeinik(ds)
(1948年5月27日 CBS Brodcast)

ブログ作成者から30分番組を追加しました。上記録音の3日前(5/24)の放送録音で「Patti Page 」が参加しています。
Here is Benny Goodman Septet play “Limehouse Blues 〜The man I love 〜Back home again in Indiana (Donna Lee)〜Confess”.
Broadcast, “Click Restaurant”, Philadelphia, May 24, 1948

・K氏(西明石から参加)

1.Charlie Parker「At The Finale Club」より、
Here is Charlie Parker plays “Ornithology〜Billie’s Bounce〜 Ornithology〜All the Things You Are 〜Blue ‘n’ Boogie 〜Anthropology”.

Charlie Parker(as) Miles Davis(tp) Joe Albany(p) Addison Farmer(b)Chuck Thompson(ds)  Los Angeles Broadcast,1946

2.Chet Baker「Live At The Paris Festival放送」
Here is Chet Baker Quartet play ”For Minors Only”.
Chet Baker(tp) Rene Urtreger(p) Pierre Michelot(b) Aldo Romano(ds)  Radio France,1981

・寺本氏(同好会世話人)
Bunny Berigan「Leader & Sideman」(Through The Years)より
放送録音の魅力は契約の関係上共演することが不可能なメンバーとの共演を聞くこと 出来る事ではないで しょうか。そういった意味で大スターが集まった次のセッションは正 に夢のセッションと言えるでしょう。
Here is Bunny Berigan and others play “Blues”.
Roy Eldrigde, Bunny Berigan, Harry James(tp) Tommy Dorsey, Jack Jenny(tb) Coleman Hawkins(ts) Count Basie(p) John Kirby(b) Gene Krupa(ds)
“Martin Block’s Make Believe Ballroom Jam Session” in Savoy Ballroom,June 14,1940

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(1)「新譜紹介」「その他」

December 4,2018

12月例会(2018年12月2日)の概要については「2.新譜紹介」「4.その他」からご紹介致します。特集「渡米前に録音されたジョージ・シアリングの名演」並びに「持ち寄り」については明日以降順次ご紹介する予定でございます。

2.新譜紹介(古川正孝氏)

(1)The Ken Peplowski (ケン・ペプロウスキー) Big Band 「Sunrise」(ARCD19458)より

詳細はこちら ▶️

Here is Ken Peplowski and His Big Band play ”All I Need Is The girl”.

(2)小川理子(p.vo) 「Baluchon」(ウルトラアートレコード UA1002)より
2025年大阪開催が決まった「万博」の最終プレゼンテーションにも登場した小川理子(みちこ)  さんの新譜です

詳細はこちら  ▶️

当日は「 In a sentimental mood」を選曲されましたが、音源の関係で出身大学の同窓会映像を添付します。

Here is Riko Ogawa plays “George Gershwin Medley” at 127mitakai.st.kansai.

(3)The Count Basie Orchestra directed by Scotty Barnhart

「All About That Basie」(CJA -00109)より「April In Paris」をご紹介されましたが、本ブログではBlueNote Tokyo(2017年2月公演)の映像を添付します。

Here is Count Basie Orchestra directed by Scotty Barnhart at BlueNote Tokyo

(4)畑ひろし(Hiroshi Hata) Trio Live! featuring Louis Nash」(COMK -004)

「日本のチャーリー・クリスチャン」と異名を持つ畑ひろしが盟友ルイス・ナッシュ(ds)荒玉哲郎(b)とで録音した新作。
「East of The Sun」畑さんのHPをご覧下さい。 こちら▶️

上記はご紹介できませんので、下記の映像をお楽しみ下さい。

Here is Hiroshi Hata Quintet play Solo Flight(Dedicate to Charlie Christian).
Tomotaka Matui(G) ,Nobumasa Takada(Mandolin),Kenjiro Ando(Clarinet)Takashi Nakayama(G),Kouichi Tsutsumishita(Bass)

4.その他

・S氏
神戸のジャズ例会ではいつも楽しいお話をされます。大阪ジャズ同好会でも「ブログでは書けない話」を披露され面白かったです。
「花岡詠二ホット・ジャズ・オーケストラ プレイ・ライオネル・ハンプトン」から2曲ご紹介されました。
花岡詠二(cl,ts,ss)鈴木直樹(cl,as,ts)下間哲(tp)高浜和英(p)ブルックス・テグラー(ds)松岡優慈(tb)佐久間和(g)小林真人(b)出口辰治(vib)
「Whoa Babe」「Hey Ba-Ba-Re-Bop 」(1999年10月13日録音)より

詳細はこちら ▶️

上記はご紹介できませんので、本家ライオネル・ハンプトン楽団による「Hey Ba-Ba-Re-Bop」をお聞き下さい。

Here is Lionel Hampton & his Orchestra (vocal by Hamp) play ”Hey Ba-Ba-Re-Bop”.

・M氏(神戸ジャズサロン主宰者)
最近聴かれたNHKFM番組をご紹介されました。詳細はこちら ▶️
当日ご紹介された音源は著作権の関係で添付出来ませんので、代替として”The Making of Miles Ahead”と題された映像を添付しました。

Here is Miles Davis & Gil Evans ”The Making of Miles Ahead”(May 10, 1957 NYC)

神戸ジャズサロン10月例会概要「ビブラフォンの名演・好演・お気に入り」②

November 01,2018

持ち寄りテーマ「ビブラフォンの名演・好演・お気に入り」
続編にお付き合い下さい。

Y瀬氏
前回の大阪ジャズ同好会で「私的体験に基づく1940年代の音楽」と題して面白いお話を披露されました。当日配付されたレジュメの内容をご覧下さい。(編集しておりません)

「ハンプトン・オールスターズの「スターダスト」でジャズに目ざめてMJQにドはまり。
どうもヴァイブの音に取りつかれたようで…。3人の最晩年に近い演奏をどうぞ。
I LOVE YOU (Lionel Hampton, 1989)
ハンプトン(1908~2002)の82歳時の吹き込み。リチャード・ヘインズ(シンセ)、ミルト・ヒントン(b)、ジェームス・フォード(d)とのカルテット。

Nature Boy (Milt Jackson, 1998)
ミルト(1923~1999)の死の前年、76歳での吹き込み。オスカー・ピーターソン(p)、レイ・ブラウン(b)とのトリオ(ベリー・トール・バンド)のNYブルーノ ート・ライブ版 ですが、この1曲はソロで終始します。

Autumn Leaves (Terry Gibbs, 2017)
テリー・ギブス(1924~)が引退表明から1年半後の昨年1月、息子のドラマー Gerryの 誘いに応え、Gerry率いるトリオ(ピアノJohn Campbell、ベースMike Gurrola)と共に 自宅のスタジオで録音したアルバム”92 YEARS YOUNG”(全14曲)から季節に合わせ て …。」

Lionel Hamptonについては前回もご紹介しました。ドラムの演奏もお楽しみ下さい。
次回神戸ジャズ同好会(11/18予定)の持ち寄りテーマは「ドラムの名手達」です。

Here is Lionel Hampton play ”Merv Griffin Show.”

最晩年のMilt Jacksonのソロ演奏は心に染みます。

Here is Milt Jackson play ”Nature Boy”.

Here is Terry Gibbs plays ”Autumn Leaves”.(最初の音が歪みますがご容赦下さい)

Autumn Leaves

上記アルバム”92 YEARS YOUNG”発売に際してビデオインタビューに答えています。

Here is Terry Gibbs talks “92 Years Young: Jammin’ at the Gibbs House”.

又、JazzWaxさんのブログ(英文表記)も読み応えがあります。下記サイトを参照願います。
▶︎こちら

ブログ作成者のお気に入り映像を添付致しました。上記メンバーのJohn Campbell (p), Gerry Gibbs (ds)がサポートしています。

Here is Terry Gibbs & Buddy DeFranco play “Giant Steps”.
Terry Gibbs (vib),
Buddy DeFranco (cl),John Campbell(p),Todd Coolman (b),Gerry Gibbs (ds)
Joe Segal’s Jazz Showcase, Chicago, July 1987

Tさん

例会ではいつもカラー印刷されたレジュメを別途配付されています。今回も当日配付されたレジュメを添付いたします。

音源が提供出来ませんのでYouTube映像を添付します。

Here is Arturo Serra Live at Jamboree Jazz Club in Barcelona.
Arturo Serra(vib),Juan Galiardo(p),Joan Motera(b),Xavi Hinojosa(ds)
May 2012

Here is Arturo Serra Quintet play ”Someday My Prince Will Come”

Photo by courtesy of Hep Records

平野

(1)Marjorie Hyams(マーギー・ハイアムズ)
Here is George Shearing Quintet play ”MoonOver Miami.
Marjorie Hyams (vib) George Shearing (p) Chuck Wayne (g) John Levy (b) Denzil Best (ds)
New York, January 31, 1949

Moon over Miami

(2)Joe Roland (ジョー・ローランド)
Here is George Shearing Quintet play “Swedish Pastry”.
Joe Roland(vib) George Shearing (p) Chuck Wayne (g) John Levy (b) Denzil Best (ds)
New York, 1950

Swedish pastry

上記2曲は宣伝です。大阪ジャズ同好会12月の例会で「初期のジョージ・シアリング」を特集させて頂く予定です。(12月2日14:00〜17:00・ジャズ喫茶DEAR LORD)

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(4) 持ち寄り『40年代のジャズ』②

October 12,2018

Y瀬氏「私的体験に基づく1940年代の音楽 」(当日配付されたレジメの内容を、Y瀬氏了解により一部編集しました)
ジャズ史的には「スイングとバップが同居した特異な時代」である1940年代だったの でしょうが、敵性音楽のレッテルを貼られて厳しく規制されたこともあるその時代(昭和15〜24年)を、ガキから少年期に実体験した者にとっては、全く違った景色でありまし た。

1.「金比羅船々・木曽節」和田肇(p)(1942年)
祖母が夕餉の支度を始める頃にラジオから流れる和田肇のピアノ。世界で一番うまい人だろうと思っていました。淡谷のり子と結婚。後の奥さんとの子が日活スターの和田浩二。後年、ヴィブラフォンの鍋島直昶氏から「あれはジャズだったよ」と教えられて驚きました。

例会当日ご紹介された「金比羅船々・木曽節」については音源が提供出来ません。代替として「日本俗曲集(和田肇編曲)」から添付します。

Here is Hajime Wada(和田肇) plays “かっぽれ・奴さん”.

旧大阪歌舞伎座 by Wikipedia

2.「夜のタンゴ」(ポーラ・ネグリ)(1937年制作=日本公開1941年)
中学2年の頃、旧・歌舞伎座近くの映画館の艶然たる美女の看板に書かれた題名 「したらアカンで!」といつも祖母に戒められる言葉を含む「ゴンタの夜」。
タンゴという単語をそれまで知らず、左頭で読んで「どんな映画?」と聞いて大笑いされました。友邦ドイツと中立国アルゼンチンの音楽タンゴは戦中も規制を免れ、外の風を運び続けました。

Here is Pola Negli(ポーラ・ネグリ) sings “Tango Notturno 夜のタンゴ”

3.「熱風」(カルア・カマアイナス)(1942年)
バッキー白方、灰田晴彦らハワイからの帰国組に朝吹英一(vib)ら慶応ボーイを加えて1937年ごろ結成。華族の子弟が多く、カオを効かせた部分も含めてハワイアンを「南方音楽」と言い逃れ、戦中も「南海楽友」と名を変えてしぶとく生き延びたそうです。

例会当日ご紹介された「熱風」については音源が提供出来ません。
代替としてワイラナ・グラス・シャック・ボーイズ(カルア・カマアイナスの変名バンド)が『セントルイス・ブルース(St.Louis Blues)』を録音した音源を見つけました。
添付のHPで聴くことが可能です。

➡️  こちら

4.「ラッパと娘」(笠置シヅ子)(1941年)
敗戦2年目の1947年に大ヒットした「東京ブギウギ」と同様、作曲・服部良一とのコ ンビ作。歌って跳ねて踊る笠置はことのほか当局から目の敵にされたようです。(注)3と4については戦後に得た知識であって、当時に演奏をラジオで聴いた記憶はありません。

Here is Kasagi Shizuko(笠置シヅ子) sings “Rappa To Musume (ラッパと娘)”.

平野
(1)1940年代に起こったニューオリンズ・ジャズの再評価運動は重要です。
「早稲田大学ニューオリンズジャズクラブ」のブログが参考になりました。(2011年11月03日掲載)
➡️  こちら

▶️ こちら


Here is Bunk Johnson’s Original Superior Band play ”Down by the Riverside”.
Bunk Johnson (tp), Jim Robinson (tb), George Lewis (cl), Walter Decou (p),
Lawrence Marrero (bj), Austin Young (b), Ernest Rogers (d)
New Orleans, June 11, 1942

Down by the riverside

(2)1942年の8月から1945年1月までの「吹き込みスト」期間中の貴重な録音です。
Here is The Esquire All-American Band play “Spotlight Band Thema~Esquire Blues”.
Metropolitan Opera House, New York, January 18, 1944
Roy Eldridge (tp), Jack Teagarden (tb), Barney Bigard (cl),Coleman Hawkins (ts),
Art Tatum (p), Al Casey (g),Oscar Pettiford (b), Sidney Catlett (ds)

 

『例会概要作成後記』
例会概要作成中に「カルア・カマアイナス」についての参考資料を見つけました。
・昭和戦中期の軽音楽に関する一考察
― カルア・カマアイナスについて ―(古川隆久氏著)
➡️こちら

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(3)持ち寄り『40年代のジャズ』①

October 11,2018

「40年代は30年代から続くスイングジャズと新しいムーブメントであるビバップとが同居していたジャズにとって特異な時代でした。素晴らしい演奏が多く残された時代でもあります。この時代への思いを残された演奏(もしくは歌)と共に語ってください。」(大阪ジャズ同好会世話人寺本氏のコメント)

竹村功 氏

1.「Stompin’ At The Savoy」(Jue.15 1944)
Teddy Wilson(p) Emmett Berry(tp) Benny Morton(tb) Edmond Hall(cl)Slam Stewart(b) Big Sid Catlett(ds)
メンバーも最高、スウィング時代を代表する名曲名演です。

 

2.「Street Beat」(Sep.4 1945)
Charlie Parker(as) Buck Clayton(tp) Dexter Gordon(ts)Sir Charles Thompson(p) Danny Baker(g) Jimmy Butts(5) J.C. Heard(ds)
アポロ音源、スウィング派とビ・バップ派との交流、好調なバード、デクスターがビ、バ ップの躍動を表しています。

 

Photo above of Charlie Rouse and Tadd Dameron and Fats Navarro

3.「Barry’s Bop」(Dec.5 1947)
Fats Navaro(tp) Charlie Rouse(ts) Tadd Dameron(p) Nelson Boyd(b)Art Blakey(ds)
典型的なビ・バップ演奏です。

 

Photo of Jackie Cain and Charlie Ventura in 1948,Boots Mussulli, Conte Candoli, Jackie Cain, Charlie Ventura, Roy Kral, Courtesy of Jeff Austin

4.「I’m Forever Blowing Bubbles」(May.9 1949)
Charlie Ventura(ts) Conte Candoli(tp) Benny Green(tb) Boots Mussulli (as)Roy Kral(p) Kenny O’Brien(b) Ed Shaughnessy (ds) Jackie Cain(vo)
スウィング・ジャズと違い、難解とされていたビバップを「Bop For the People」を大衆に広めたヴェンチュラ・グループの果たした功績を見直したいものです。

 

Photo by courtesy of Bob Willough by Wikipedia

5.「Crazy Chords」(Jun.21 1949)
Stan Getz(ts) AI Haig(p) Gene Ramey(b) Stan Levey(ds)
クールなゲッツは、50年代初頭、若きみなぎるホットなゲッツも最高です。

 

H氏

Burgandy Street Blues」(1944) (George Lewis 1943-45] (AM VC-7007)
George Lewis(cl) Lawrence Marrero(bi) Alcid(Slow Drag) Pavageau(b)

H氏からニューオーリンズジャズリバイバルの中心人物であったビル・ラッセル(Bill Russell)についての説明を頂きました。
「Burgundy Street Blues」をバックにビル・ラッセルの姿を撮らえているYouTube映像をお楽しみください下さい。

51ruYARSGKL._SS500

又、ジョージルイス(George Lewis)が「ザ・ジャズレコード誌」(1946年1月号)に寄稿した”Play number nine” を 菊池 ハルカさんがブログに掲載されています。
➡️ こちら

 

寺本氏

1948年に実施されたレコーディングストの間に行われた放送録音(ライブ録音含む)には 貴重な録音が多くあります。今日はその中から3つのセッションを聞いてください。
1. 「Four Brothers」(3:40) (Hollywood, Palladium Ballroom, March 7, 1948)
Woody Herman’s 2nd Herd(Solo:Sims, Chaloff, Cohn, Gets, Herman, Sims, Chaloff,Cohn, Gets, Herman(as), Chaloff)

2. 「Lover Man」(2:06) (Chicago, Illinois, Pershing Ballroom)
(possibly Aug. or Fall, 1948) Charlie Parker with Dizzy Gillespie Big Band

3. 「How High The Moon ~ Malaguena」(5:22) (Royal Roost, NYC) (Sep.25, 1948)
Anita O’Day(vo) with County Basie & His Orchestra」

*上記3曲は音源が提供できません。代替として下記に代表的な演奏を添付致します。

Here is Woody Herman and his Orchestra play “Four Brothers”.
Stan Fishelson, Bernie Glow, Marky Markowitz, Ernie Royal, Shorty Rogers(tp) Earl Swope(tb) Ollie Wilson(tb?) Bob Swift(b-tb) Woody Herman(cl,as,ldr) Sam Marowitz(as) Herbie Steward(as,ts) Stan Getz, Zoot Sims(ts) Serge Chaloff(bs) Fred Otis(p) Gene Sargent(g) Walt Yoder(b) Don Lamond(d) Jimmy Giuffre(arr) Hollywood, December 27, 1947

 

Here is Charlie Parker plays “Lover Man”.
Howard McGhee(tp) Charlie Parker(as) Jimmy Bunn(p) Bob Kesterson(b) Roy Porter(d) C.P. MacGregor Studios, Los Angeles, CA., February 29, 1947

 

Here is Anita O’Day with Ralph Burns and his Orchestra sing “Malagueña”.(1947)