カテゴリー別アーカイブ: 神戸ジャズサロン

神戸ジャズサロン6月例会(3)

July 02.2018

神戸ジャズサロンの特集は「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加(仲良し夫婦も可)のアルバム」でした。最終回もお付き合いください。

K原さん

日本のジャズオルガンの第一人者であり、神戸ジャズ界に功績を遺した故小曽根実氏(2月15日死去)を追悼した特集を行われました。

ご紹介されたアルバムは「Lazy Dad」(2002年12月録音)

本アルバムは神戸ジャズのゴッドファーザーがジャズミュージシャン50周年記念として収録しました。

故人のオリジナル「夜は君のもの」は11PM(読売テレビ)エンディングテーマとして有名です。

本録音のストリングス編曲は小曽根真が担当しています。

故人が自らのジャズ人生を振り返った痛快エッセイを是非お読み下さい。⇨「Lazy Dad」

 

昭和29年12月12日 東京 日本テレビにて。
右から、鳥居則達(Vo)、大越泰三(Tb)、福井康平(Banjo)、小曽根実、右近雅夫(Tp)、油井良光(Cla)、鈴木敏夫、?さん  Photo by courtesy of Kobejazz.jp

 

故小曽根実氏と小曽根真さんがピアノで共演している1983年の映像がありました。

 

余談になりますが上記写真のギターは作曲家の故奧村英夫氏です。「帰り道は遠かった」(チコとビーグルス)を作曲されました。「しゃぶ亭」のオーナーでした。又、「Don Shop (ドンショップ)」(閉店)で演奏されたギタリストも多くおられるでしょう。

最後に小生がご紹介した「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加のアルバム」を記載します。

(1)
Here is Edmond Hall(cl) and Herb Hall (cl) play “Lover”.
Edmond Hall (cl) Omer Simeon (cl) Herb Hall (cl) Dick Cary (p) Jimmy Raney (g) Al Hall (b) Jimmy Crawford (d) New York, June 25 & 26, 1959

LOVER

(2)
Here is Russell Jacquet(tp,vcl) and Illinois Jacquet(ts) play “Mean and Evil World”.
Russell Jacquet (tp,vcl) Snooky Young, Harry “Sweets” Edison, Gerald Wilson, Harry Parr Jones (tp) Eli Robinson,J.J. Johnson, Ted Donnelly (tb) Willie Smith, Preston Love (as) Illinois Jacquet, Lucky Thompson (ts) Rudy Rutherford (bar)Bill Doggett (p) Freddie Green (g) Billy Hadnott (b) Al “Cake” Wichard (d) Hollywood, 1946

_Mean and evil old world

(3)

Here is Ann Hampton Callaway(vcl) and Liz Callaway(vcl) sing “Moondance”.

例会ではCDをご紹介しましたが、今回はYouTube映像を添付します。

神戸ジャズサロン6月例会(2)  

July 01.2018

神戸ジャズサロン(6月例会)は「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加(仲良し夫婦も可)のアルバム」で盛り上がりました。当日は多くの会員の方が参加されました。本日もブログに添付した映像等でお楽しみ下さい。

T川さん(トラッドジャズ愛好家)
1.Humphrey (兄弟)
2.Wilbur Deparis(兄弟)
3 .BILLIE & DEDE PIERCE(夫婦)
4.Les Paul & Mary Ford(夫婦)

Photo by Lisle LaPlace

Here is Sweet Emma Barrett And Her Dixieland Boys play “Tishomingo blues”.
Percy Humphrey (tp) Jim Robinson (tb) Willie Humphrey (cl) Sweet Emma Barrett (p,vcl) Emanuel Sayles (bj,g) McNeal Breaux (b) Josiah “Cie” Frazier (d)
New Orleans, January 25, 1961

Tishomingo blues

Here is Wilbur DeParis And His “New” New Orleans Jazz play”.

Here is Billie & Dee Dee Pierce play “Goodbye Daddy Blues”.

Here is Les Paul & Mary Ford play “Vaya Con Dios & Sparkle”.

K口さん
鍋島直昶 (Naoteru Nabeshima)と小川理子(Michiko Ogawa) (師弟としてご紹介)

fullsizeoutput_105e

残念ながら師弟共演の音源は著作権の関係でご紹介出来ません。本CDを購入希望の方はご連絡下さい。

Here is Riko Ogawa(小川理子) play “I’ve Found A New Baby”.

Yo Kimura(Vo,Ds) Riko Ogawa(VO,P) Katsuhiko Kitaichi(B) 2016.6.12 六甲山ホテル

世界最高齢バンド 鍋島直昶(vib),大塚善章(p),宮本直介(b)

尚、今年のコンサートについては拙ブログをご覧下さい。⇨こちら

Nさん
Adrian Rollini and Arthur Rollinite (兄弟)

下記2曲をご紹介されました。

Photo by Wikipedia

Here is Adrian Rollini and his Orchestra play “It Had To Be You”.
Mannie Klein, Dave Klein(tp),Jack Teagarden(tb),Benny Goodman(cl),Arthur Rollini(ts),Adrian Rollini(bsx),Howard Smith(p),George van Eps(g),Artie Bernstein(b),Stan King(d),Ella Logan(vo)
New York City, October 23, 1934.

Here is Adrian Rollini and his Orchestra play “Davenport Blues”.
Manny Klein, Dave Klein(tp) Jack Teagarden(tb) Benny Goodman(cl) Arthur Rollini(ts) Adrian Rollini(bsx) Howard Smith(p) George Van Eps(g) Artie Bernstein(b) Stan King(d) New York, October 23, 1934

M渡さん(神戸ジャズサロン主宰者)
Herb Geller and Lorraine Geller(夫婦)

Here is Herb Geller Quartet play “Come Rain Or Come Shine”.
Herb Geller (as) Lorraine Geller (p) Red Mitchell (b) Mel Lewis (d)
Los Angeles, April 20, 1955

Here is Lorraine Geller plays “Poinciana”.

ロレイン・ゲラー(Lorraine Geller)が死亡した頃の状況をハーブ・ゲラー(Herb Geller)がインタビューに応じています。JazzWax Interviewをご覧下さい。⇨こちら(泣)

 

神戸ジャズサロン6月例会(1)   

June 30.2018

先日(2018年 6月24日)開催された神戸ジャズサロンの特集は「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加(仲良し夫婦も可)のアルバム」でした。

ブログでは当日紹介されたミュージシャンを2回に分けてご紹介致します。

Y瀬さん(大阪ジャズ同好会では姉妹特集を解説されました)

オーディオパークから発売された瀬川昌久コレクション「女性ジャズ・コーラス・グループの創世期(1918~1947)」から2曲

1. IF HE CAN FIGHT LIKE HE CAN LOVE / The Farber Sisters (1918)

_IF HE CAN FIGHT LIKE HE CAN LOVE

32組が揃う英盤Sisters Anthology(大阪ジャズ同好会で紹介)でもっとも古い録音は1924年のBox Sistersでした。上記は6年前(1918年)に録音されました。

大阪ジャズ同好会でご紹介された姉妹シリーズは下記のリンクをご覧下さい。

「こんなに大勢いたなんて! シスターズ列伝」 こちらをクリック

「まだまだいました シスターズ列伝Ⅱ」⇨ こちらをクリック

 

2. ALEXANDER’S RAGTIME BAND / The Boswell Sisters (1934)

Here is The Boswell Sisters sing “Alexander’s Ragtime Band”.

Sさん
Mills Brothers(兄弟)とLes Paul & Mary Ford(夫妻)
1.Paper Doll
Here is The Mills Brothers sing “Paper Doll”.

2. Basin Street Blues
Here is The Mills Brothers sing “Basin street blues”.

Photo by Les Paul.com

3. Dialog & in the mood
4. How high the moon
Here is Les Paul & Mary Ford play “How high the moon”.

Tさん
1. Tom Vickery and Don Vickery (双子の兄弟サックス)

Pictured above of Tom played trumpet, Don played drums by courtesy of Artist:Tom & Don Viceroy

詳細はこちら ⇨ http://www.cornerstonerecordsinc.com/pages/arttdv.html

2. Bob Rigter & Simon Right( 親子でサックス奏者)

Here is The Bob Rigter Quartet play “As Time Goes By”.

Here is Simon Rigter with Dutch Jazz Orchestraplays“Day Dream”.

F川さん

1.山下洋輔と山下眞理子(兄妹)
2.Paolo Alderighi and Stephanie Trick(夫妻)
3.Nicki Parrott and Lisa Parrott (姉妹)

Here is Mariko Yamashita sings “But Not for Me”.

Here is Stephanie Trick & Paolo Alderighi play(Duo) “Sentimental Journey”.

 

神戸ジャズサロン(2018年4月例会)「楽器も、歌も聴かせるミュージシャン」

May 2.2018

Photo by YouTube

先週の日曜日神戸ジャズサロンに参加しました。テーマは「楽器も、歌も聴かせるミュージシャン」でした。

自宅に帰ってから資料の順にYouTube映像を観て楽しんでいます。

今回もベテラン会員の方から面白い話が聞けとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

小生にとって「Andrea Motis,Nicki Parrott,Esperanza Spalding」については馴染みがありませんでしたがバラエティに富んだ内容だったと思います。

以下、当日ご紹介されたミュージシャンをYouTube映像でお楽しみ下さい。

1.T川さん(トラッド愛好家)

Here is Jack Teagarden & Louis Armstrong sing “Old Rockin’ Chair”.
New York,on December 30, 1957

Here is Fats Waller sings “Ain’t Misbehavin’” and “Stormy Weather” (1943).

2.Tさん

Here is Les McCann & Eddie Harris play “Compared To What”.
Eddie Harris(ts),Les McCann(p, vo),c(tp),Leroy Vinnegar(b),Donald Dean(ds)
June 21, 1969  at The Montreux Jazz Festival

3.Fさん(大阪ジャズ同好会で新譜紹介を担当されています)

Here is Nicki Parrott with Les Paul Trio play “I’ll Be Your Baby Tonight”.

Here is Andrea Motis and Joan Chamorro Quintet with Scott Hamilton play “Lullaby of Birdland”.

4.Y瀬さん(いつもおしゃれな選曲をされます)

Here is Gerry Mulligan Sings “I Never Was A Young Man”.

5.Iさん

Here is Esperanza Spalding sings “Little Fly” .

6.Kさん

Here is 「小川理子」Riko Ogawa Swinging’ Stride Jazz Band play “How Long Has This Been Goin’ On”.
小川理子(P.Vo) 佐久間 和(G) 小林真人(B) 木村純士(Ds) ODJC 2017.11.19(島之内教会)

7.M氏(神戸ジャズサロン主宰者)

Here is Frank Sinatra and Louis Armstrong sing “Birth of the Blues”.

8.平野

Here is Joe Bushkin with Axel Stordahl and orchestra singss “I Love A Piano” (1951 TV)

Here is Woody Herman Orchestra play “Doctor Jazz” 1939

最後に番外編として最近気に入っている映像を添付致します。

Here is Louis Armstrong, Jack Teagarden, Barney Bigard & Earl Hines
Jack Teagarden(tb,vo), Barney Bigard(cl), Earl Hines(p), Arvell Shaw(b), Cozy Cole(ds)  December 26, 1950, L.A. “THE STRIP”

世界最高齢のバンド「ゴールデンシニアトリオ」

April 15.2018

先週の土曜日(4/7)「西宮ジャズ3days」に行ってきました。

鍋島直昶氏(ヴィブラフォン)と交流があるMさん(神戸ジャズサロン主宰者)からのお誘いでした。

ギネス世界記録に登録されている世界最高齢のバンド「ゴールデンシニアトリオ」のメンバーの総年齢は今年で257歳!

(世界最高齢のジャズ・バンドというのではなく、世界最高齢のロック・バンドというのでもなく「あらゆる音楽において世界最高齢のバンド」ということで登録されています。)

ギネス世界記録についてはこちらをクリックして下さい。➡ 世界最高齢ゴールデンシニアトリオ

Here is Sound Live Tokyo 2016 Trailer by Golden Senior Trio

前回のブログで出題したブラインドフォールドテスの正解を下記に記載します。

「1.Fats Waller」「2.Art Tatum「3.Bud Powell」「4.Mal Waldron」

神戸ジャズサロン(2018年2月例会)

February 26.2018

神戸ジャズサロン会場 神戸居留地 高砂ビル 5階 「音楽サロン」

昨日「神戸ジャズサロン」(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。

今回のテーマは「昔、ジャズに惹き込まれたアルバム(演奏)」でした。ベテラン会員の方から面白い話が聞けとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

以下、ベテラン会員の方がお持ちになったレコード.CDをご紹介します。

1.Yさん(大阪ジャズ同好会でいつも素敵な選曲をされます)

Lionel Hampton All Stars ‎– The “Original” Star Dust
昭和29年、ご親戚の家でこの演奏をお聞きになったそうです。
いつもはCDしかお持ちにならないのですが、今回は「ご購入された4枚のSP」(上記写真)、「10インチ」「12インチ」をご持参されました。
曲が流れると「僕もこれ買ったで」とか「ラジオでよう聞いたな」と皆さん盛り上がってました。

2.Fさん

高校生の時の音楽クラブの顧問を故油井正一さんにお願いされていたことから、油井さんの思い出話をされました。
ご紹介されたCDは「THE AMAZING SHOICHI YUI VOLUME 2」 じ・あめいじんぐ油井正一 Vol.2
Kさんが配付された曲リストも上記に添付しました。

3.Tさん(トラッド愛好家で私が神戸の例会に参加して以降懇意にさせて頂いています)
日本コロンビアのHistory Of Jazz Vol.1を自作CDにされていました。(写真)
尚、昭和25年に発売されたSPも購入されていたそうですが、最初の赴任地を離れる際に捨てられたということです。

(1)King Oliver’s Jazz Band: High Society Rag Okeh 4933
June 22, 1923

又、神戸ACC(アメリカ文化センター)でのジャズレコードコンサート(解説故末廣光夫さん)の思い出話を披露され、印象に残った3曲を紹介されました。
(2)Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Original jelly roll blues
(3)Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Doctor Jazz
December 16, 1926

(4)Louis Armstrong And His Hot Five: Muskrat ramble
February 26, 1926

「末廣さんは須磨の放送局(現在のラジオ関西)での生放送の直後に多くのレコードを風呂敷に包んで、市電(現在は廃線)に乗ってアメリカ文化センターに来られていた」

4.Mさん(本例会の主宰者)
末廣さんのお兄さんに貸したまま、長い間返却されなかった「Vic Dickenson Showcase」
(1)Jeepers creepers
(2) Russian lullaby
Ruby Braff (tp) Vic Dickenson (tb) Edmond Hall (cl) Sir Charles Thompson (p) Steve Jordan (g) Walter Page (b) Les Erskine (d)
New York, December 29, 1953

Photo by KobeJazz Jp.

Mさんは若い頃からレコードコンサートの主宰をしたかったそうですが、その当時故末廣光夫さんから「レコードコンサートなんか止めとけ」と言われたそうです。
その後、Mさんが開始された例会には末廣さんは解説をされていました。

昭和29年12月12日 東京 日本テレビにて。
右から、鳥居則達(Vo)、大越泰三(Tb)、福井康平(Banjo)、小曽根実(p)、右近雅夫(Tp)、油井良光(Cl)、鈴木敏夫、?さん
Photo by courtesy of Kobejazz.jp

休憩中に最近お亡くなりになった小曽根実さんの写真をご覧になったTさんが「このクラ、油井さんの弟やで」と教えて頂きました。

最後に故油井正一氏がミュージックライフ(音楽誌)に故末廣光夫氏を紹介された記事を添付します。番組のテーマ音楽を聴きながらお読み下さい。