カテゴリー別アーカイブ: 神戸ジャズサロン

神戸ジャズサロン10月例会概要「ビブラフォンの名演・好演・お気に入り」②

November 01,2018

持ち寄りテーマ「ビブラフォンの名演・好演・お気に入り」
続編にお付き合い下さい。

Y瀬氏
前回の大阪ジャズ同好会で「私的体験に基づく1940年代の音楽」と題して面白いお話を披露されました。当日配付されたレジュメの内容をご覧下さい。(編集しておりません)

「ハンプトン・オールスターズの「スターダスト」でジャズに目ざめてMJQにドはまり。
どうもヴァイブの音に取りつかれたようで…。3人の最晩年に近い演奏をどうぞ。
I LOVE YOU (Lionel Hampton, 1989)
ハンプトン(1908~2002)の82歳時の吹き込み。リチャード・ヘインズ(シンセ)、ミルト・ヒントン(b)、ジェームス・フォード(d)とのカルテット。

Nature Boy (Milt Jackson, 1998)
ミルト(1923~1999)の死の前年、76歳での吹き込み。オスカー・ピーターソン(p)、レイ・ブラウン(b)とのトリオ(ベリー・トール・バンド)のNYブルーノ ート・ライブ版 ですが、この1曲はソロで終始します。

Autumn Leaves (Terry Gibbs, 2017)
テリー・ギブス(1924~)が引退表明から1年半後の昨年1月、息子のドラマー Gerryの 誘いに応え、Gerry率いるトリオ(ピアノJohn Campbell、ベースMike Gurrola)と共に 自宅のスタジオで録音したアルバム”92 YEARS YOUNG”(全14曲)から季節に合わせ て …。」

Lionel Hamptonについては前回もご紹介しました。ドラムの演奏もお楽しみ下さい。
次回神戸ジャズ同好会(11/18予定)の持ち寄りテーマは「ドラムの名手達」です。

Here is Lionel Hampton play ”Merv Griffin Show.”

最晩年のMilt Jacksonのソロ演奏は心に染みます。

Here is Milt Jackson play ”Nature Boy”.

Here is Terry Gibbs plays ”Autumn Leaves”.(最初の音が歪みますがご容赦下さい)

Autumn Leaves

上記アルバム”92 YEARS YOUNG”発売に際してビデオインタビューに答えています。

Here is Terry Gibbs talks “92 Years Young: Jammin’ at the Gibbs House”.

又、JazzWaxさんのブログ(英文表記)も読み応えがあります。下記サイトを参照願います。
▶︎こちら

ブログ作成者のお気に入り映像を添付致しました。上記メンバーのJohn Campbell (p), Gerry Gibbs (ds)がサポートしています。

Here is Terry Gibbs & Buddy DeFranco play “Giant Steps”.
Terry Gibbs (vib),
Buddy DeFranco (cl),John Campbell(p),Todd Coolman (b),Gerry Gibbs (ds)
Joe Segal’s Jazz Showcase, Chicago, July 1987

Tさん

例会ではいつもカラー印刷されたレジュメを別途配付されています。今回も当日配付されたレジュメを添付いたします。

音源が提供出来ませんのでYouTube映像を添付します。

Here is Arturo Serra Live at Jamboree Jazz Club in Barcelona.
Arturo Serra(vib),Juan Galiardo(p),Joan Motera(b),Xavi Hinojosa(ds)
May 2012

Here is Arturo Serra Quintet play ”Someday My Prince Will Come”

Photo by courtesy of Hep Records

平野

(1)Marjorie Hyams(マーギー・ハイアムズ)
Here is George Shearing Quintet play ”MoonOver Miami.
Marjorie Hyams (vib) George Shearing (p) Chuck Wayne (g) John Levy (b) Denzil Best (ds)
New York, January 31, 1949

Moon over Miami

(2)Joe Roland (ジョー・ローランド)
Here is George Shearing Quintet play “Swedish Pastry”.
Joe Roland(vib) George Shearing (p) Chuck Wayne (g) John Levy (b) Denzil Best (ds)
New York, 1950

Swedish pastry

上記2曲は宣伝です。大阪ジャズ同好会12月の例会で「初期のジョージ・シアリング」を特集させて頂く予定です。(12月2日14:00〜17:00・ジャズ喫茶DEAR LORD)

神戸ジャズサロン10月例会概要「ビブラフォンの名演・好演・お気に入り」①

October 30,2018

先日、神戸ジャズサロン(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。

例会の案内をご覧下さい。

樹々の紅葉も目立ち初めて秋の彩りが目を楽しませます。

1. 今回のテーマ ビブラフォンの名演・好演・お気に入りの盤などご紹介下さい。
2.その他新譜や未知の音源、愛聴盤などもお持ち下さい。
・日時  10月28日(日)    13時半~16時半
・会場  高砂ビル5階 音楽サロン
・会費 5百円

特集の「ビブラフォンの名演・好演・お気に入りの盤」には9人の会員がお気に入りの録音盤を持ち寄りました。今回は5人がご紹介された演奏家をお楽しみ下さい。

C氏
Eddie Costa

Here is Mike Cuozzo Quintet play “There Will Never Be Another You”.
Mike Cuozzo (ts), Eddie Costa (vib), Ronnie Ball (p), Vinnie Burke (b), Kenny Clarke (ds) November 22, 1955

Here is Mike Cuozzo Quintet play “What Is this Thing Called Love”.
Members of the recording are the same as above.

Photo above of Emil Richards by courtesy of AllMusic

K氏
Emil Richards,Gary Burton

Here is Paul Horn Quintet play ”Something Blue”.
Paul Horn (ts, fl),Emil Richards(vib),Jimmy Bond(b),Paul Moer(p), Billy Higgins(ds)
Los Angeles, March, 1960

Here is Gary Burton and Ralph Towner play “Innocente”.
Gary Burton(marimba) ,Ralph Towner(g) Montréal, Quebec, July, 3 1989

Photo by Wikipedia

S氏
Lionel Hampton
ピアノ演奏も併せてご紹介されましたのでピアノを弾いている映像を添付しました。

Here is Lionel Hampton plays ”Hamp’s Boogie Woogie” (1990).
Montreal Jazz Festival, July 7, 1990.

Photo by courtesy of IMDV

下記はブログ作成者のお気に入りです。 テレビ番組の司会はパティ・ペイジ(Patti Page)です。
Here is Lionel Hampton plays ”Flying Home (1957)”.

F川氏
George Shearing,Dany Doriz,Peter Appleyard

Here is George Shearing Quintet play ”September In The Rain”.
Marjorie Hyams (vib) George Shearing (p) Chuck Wayne (g) John Levy (b) Denzil Best (ds) New York, February 17, 1949

Here is George Shearing Quintet play ”Pick Yourself up”.
New York, July 5, 1950
Members of the recording are the same as above.

例会ではAir Mail Special を紹介されましたが、音源の関係で下記を添付しました。

Here is Scott Hamiton and Dany Doriz Quartet play “Jumpin’ At The Woodside”.
Scott Hamilton (ts), Philippe Duchemin (p), Dany Doriz(vib), Patricia Lebugle(b), Didier Dorise(ds) November 29,2012

Photo above of Emilie-Claire Barlow by courtesy of The Star Toronto Star

Here is Peter Appleyard with Emilie-Claire Barlow(vo) play “After You’re Gone”.
Peter Appleyard (vib), John Sherwood (p) ,Carol Welsman ,(p,) Reg Schwager (g) Neil Swainson (b) Terry Clarke (ds) Emilie-Claire Barlow (vcl)
Toronto, Canada 2012

2013年7月Peter Appleyard(ピーター・アップルヤード)が亡くなった時の追悼映像を添付します。

Here is Peter Appleyard plays ”Tangerine”.

Photo above of Bobby Hutcherson by courtesy of NewMusicBox(New Music USA)

I氏
Bobby Hutcherson,Gary Burton

Here is Bobby Hutcherson Quartet play ”When You Are Near”.
Bobby Hutcherson (vib,marimba,d-1), Herbie Hancock (p), Bob Cranshaw (b), Joe Chambers (ds) N.J., February 8, 1966

例会ではFallling Graceを紹介されましたが、作成者お気に入りの下記を添付しました。

Here is Chick Corea and Gary Burton play “Crystal Silence”.
Zurich Octover.28, 1979

神戸ジャズサロン8月例会「バリトンサックスの名演」番外編

August 31,2018

今回は当日ご紹介されなかったハリー・カーネイ(Harry Carney)さんの映像含め、例会概要作成時にチェックしたYouTube映像をブログに纏めました。
ブログをご覧になって「俺の好きなバリトン奏者出てないな」と思われる方が多いと推察致しますがご容赦願います。

Photo above of Duke Ellington and Harry Carney by courtesy of
The Jan Persson Jazz Collection

Harry Carney

Here is Duke Ellington Feat. Harry Carney plays ”Sophisticated Lady”.
演奏に参加した大物サックス奏者の表情がとても面白いです。

Here is Harry Carney with Strings play “We’re In Love Again”.

Photo above of Serge Chaloff by JazzWax

寺本氏がご紹介
Here is Serge Chaloff Quartet play “All the Things You Are”.
Serge Chaloff(bs) ,Sonny Clark(p),Philly Joe Jones(ds),Leroy Vinnegar(b) LA March 14 & 16, 1956

Serge Chaloff の映像をご覧下さい。(Four Brothersが揃っています)
Here is Woody Herman Orchestra play “Northwest Passage”.

Photo above of Sahib Shihab by courtesy of Alchtron

Sahib Shihab

Here is Dizzy Gillespie Reunion Band featuring Cecil Payne & Sahib Shihab play ”Ray’s Idea” (1968)

Howard Johnson

26分と長く映像も良くないですがバリサク好きには堪らない共演

Here is Baritone Sax Quartet: Nick Brignola, Ronnie Cuber, Cecil Payne, Howard Johnson, Berlin 1985

Pepper Adams

上記映像を提供したのがPepperAdamsJazz ですので、Pepper Adamsを一曲添付しました。

Photo above of Pepper Adams by YouTube

Here is Pepper Adams Quartet play “Bossallegro”.
Pepper Adams (bars) Tommy Flanagan (p) George Mraz (b) Leroy Williams (d)  New York, March 11, 1980

以下、小生のお気に入りにお付き合い下さい。

Photo above of Adrian Rollini by courtesy of Pinterst

Adrian Rollini(例会でご紹介した音源を添付します)
Here is Joe Venuti’s Blue Four play ”Beatin’ The Dog”.
Joe Venuti(vln), Adrian Rollini(bass Saxバス・サックス), Eddie Lang(g) ,Arthur Schutt(p)
NYC, June 28, 1927

Photo of Jackie Cain and Charlie Ventura in 1948,Boots Mussulli, Conte Candoli, Jackie Cain, Charlie Ventura, Roy Kral,by Courtesy of Jeff Austin

Charlie Ventura

Here is Charlie Ventura Quartet play “Blue Prelude”.
Charlie Ventura (bars), Gene Kutch (p),Ace Tesone (b),Chick Kenny (ds)
Norgran MGN-1075 NYC.December 22, 1952.

Joe Temperley

Here is Joe Temperley plays “The Very Thought of You”. (June 10, 2012)

Lars Gullin

例会でF川氏から「平野君、なんで大好きなLars Gullin持って来なかったの」と言われました。先月の神戸ジャズ愛好会でご紹介しましたので選曲しませんでした。

1962年コペンハーゲンのカフェモンマルトルでのライブ映像
Copenhagens Jazzclub Montmartre in 1962.
Here is Dexter Gordon, Lars Gullin and Sahib Shihab play ”The Flight”.

最後に添付しました映像は小生の大好きな3人がオーケストラと共演しています。(途中の解説は Nils Lindberg)

Here is Lars Gullin with Nils Lindberg and Rolf Billberg on Swedish television.

神戸ジャズサロン8月例会(3) 「バリトンサックスの名演(後半)」

August 29,2018

特集「バリトンサックスの名演」後半では、比較的渋いバリトンサックス奏者をご紹介することになりました。5人の会員の方がご紹介された録音とは異なる演奏を添付している事もご了承願います。

Gerrry Mulligan and Harry Carney by courtesy of Pinterest

 

N氏(前回Gerry Mulligan and Stan Getzをご紹介)
Tony Scott
Here is Tony Scott Quartet play “She’s different”.
Tony Scott (bars) Bill Evans (p) Milt Hinton (b) Paul Motian (ds)
New York,November 16, 1957

She’s different

C氏(例会の選曲取りまとめでお世話になっています)
Leo Parker
“Rollin’ With Leo”から
Here is Leo Parker plays ”Rollin’ with Leo”.
Dave Burns (tp) Bill Swindell (ts) Leo Parker (bar) Johnny Acea (p) Stan Conover (b) Purnell Rice (ds) N.J. October 12, 1961

Here is Leo Parker plays “Music hall beat ”.
Members of the recording are the same as above.

F川氏(次回大阪ジャズ同好会で『Dick Hyman(p)七変化』という特集を担当されます)
Lars Gullin
”Jeepers Creepers”(1956年録音)をご紹介されましたが、今回はStan Getzとの共演を添付しました。

Here is Stan Getz and Swedish All Stars play “Flamingo”.
Stan Getz(ts) Lars Gullin(bs) Bengt Hallberg(p) Yngve Akerberg(b) Jack Noren(d)
Stockholm, March 24, 1951

Nick Brignola
”Quick Silver”(1979年録音)をご紹介されましたが、今回はYouTube映像で”My Foolish Heart”を添付しました。

Here is Nick Brignola play “My Foolish Heart”.

Jack Nimitz
Here is Jack Nimitz and Friends play ”Shine”.
Bill Harris (tb) Jack Nimitz (bars) Kenny Burrell, Jimmy Raney, Chuck Wayne (g) Gene Orloff, Harry Lookofsky, Dick Whetmore (vln) Seymour Barab, George Koutzen, George Ricci, Alan Schulman, Lucien Schmidt, Harvey Shapiro (cello) Oscar Pettiford, Russ Saunders (b) Don Lamond, Ted Sommer (d) collective pers.
New York, March, 1957

Shine

Photo above of Cecil Payne by courtesy of Fresh Sound

T氏
Cecil Payne
“Casbah”から
”A walkin’ thing”を選曲されましたが音源が提供出来ません。
同アルバムから途中でフルートに持ち替えする“Casbah”(アルバムタイトル)を添付しました。
Here is Cecil Payne Quartet play “ Casbah”.
Cecil Payne (bar,fl) Richard Wyands (p) Joe Carter (g) Stafford James (b)
New York, February 27, 1985

Photo above of Rony Verbiest by courtesy of De Casino

Rony Verbiest
”Nature Boy”から
”I Hear Rapsody”をご紹介されましたが、小生の好きな”Tenderly”を添付しました。
尚、Rony Verbiestはバリトンサックスの他にアコーディオン、バンドネオンなども得意としています。

Here is Rony Verbiest plays “Tenderly”.

詳細は ➡️ こちら

Photo above of Nick Brignola, Ronnie Cuber and Gary Smulyan by JazzTimes

Nick Brignola and Ronnie Cuber
”Baritone Explosion” by Rein De Graaff(p)から
Here is Nick Brignola and Ronnie Cuber with Rein De Graaff Trio play ”Softly As In A Morning Sunrise〜Caravan〜A Night In Tunisia”.
Nick Brignola, Ronnie Cuber(bs),Rein De Graaff(p),Koos Serierse(b),Eric Ineke(ds)

Tさんが配付されたレジュメを添付させて頂きます。

神戸ジャズサロン8月例会(2) 「バリトンサックスの名演〜ジェリー・マリガン」

August 28,2018

前日にも記載いたしましたが特集には9人の会員の方(小生含め)がお気に入りの演奏を持ち寄りされました。全18曲中ジェリー・マリガン(Gerry Mulligan)が関わった録音が9曲でした。
本日は「ジェリー・マリガン祭り」としてブログを作成致します。
但し、人気名盤等はジャケット写真のみの掲載とさせて頂きます。

又、Gerry Mulliganについて情報満載のHPもご覧下さい。 ➡️こちら

I氏
「Night Lights」から
”Prelude In E Minor”

Night Lights: Gerry Mulligan Sextet
Art Farmer (tp,flhrn) Bob Brookmeyer (v-tb) Gerry Mulligan (bars) Jim Hall (g) Bill Crow (b) Dave Bailey (ds) New York, Octover 3, 1963

Photo by courtesy of http://www.gerrymulligan.com

S氏
「Night Lights」から
Morning Of The Carnival (カーニヴァルの朝)
Night Lights: Gerry Mulligan Sextet(同上)

「Lionel Hampton Presents Gerry Mulligan」から
当日、メンバー等詳細が不明という事でしたが上記アルバムからの選曲と判明しました。
「THE GERRY & FRANCA MULLIGAN FOUNDATION」のHPから確認しました。➡️ こちら

Here is Lionel Hampton with Gerry Mulligan play “Gerry Meets Hamp”.

Lionel Hampton(vib),Gerry Mulligan(bs),Hank Jones(p),Bucky Pizzarelli(p),George Duvivier(b),Grady Tate(ds),Candido(Conga) NYC, 1977

K氏
「Gerry Mulligan & the Concert Jazz Band」から
Here is Gerry Mulligan & the Concert Jazz Band play “Blueport”.
Gerry Mulligan And The Concert Jazz Band At The Village Vanguard
Clark Terry, Don Ferrara, Nick Travis (tp) Bob Brookmeyer (v-tb,arr) Willie Dennis (tb) Alan Raph (b-tb) Gene Quill (as,cl) Bob Donovan (as) Jim Reider (ts) Gerry Mulligan (bs) Gene Allen (bar,b-cl) Bill Crow (b) Mel Lewis (d) Al Cohn, Johnny Mandel (arr)
Live “Village Vanguard”, New York, December 11, 1960

 

N氏
「Getz Meets Mulligan」から(当日は2曲でしたが3曲連続でお楽しみ下さい)
Here is Stan Getz and Gerry Mulligan play “Let’s fall in love” ~ “Anything goes” ~ “Too close for comfort” .
尚、添付の音源は4曲目からStan GetzとGerry Mulliganの楽器が入れ替わります事をご了承願います。
Stan Getz (bs) Gerry Mulligan (ts) Lou Levy (p) Ray Brown (b) Stan Levey (ds)
Los Angeles, October 12, 1957

 

ブログ作成者から
有名なテレビ番組「Jazz Casual」の映像
Here is Gerry Mulligan Quartet play “Four for Three 〜Darn That Dream〜Open Country〜Utter Chaos”.
Gerry Mulligan (bs); Bob Brookmeyer (v-tb); Wyatt Ruther (b); Gus Johnson (ds)
July 18, 1962

 

Photo above of Judy Holliday and Gerry Mulligan by courtesy of Pinterst

最後にブログ作成者からのおまけです。

神戸ジャズサロン8月例会(1)「ジャズのニューウェーブ」「その他 新譜、発掘盤、お気に入り」

August 27,2018

昨日(2018年8月26日)神戸ジャズサロン(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。

例会の案内をご覧下さい。

「秋立ちぬ。」 さすがの猛暑続きも、その気配が見えて来ました。
名曲・名演、話題の音源を持ち寄って楽しみましょう。
今回のテーマ
1.バリトン・サックスの名演
2.ジャズのニューウエーブ(今年のTOKYO JAZZに垣間見られましょうか)
Tokyo Jazz ホームページhttp://www.tokyo-jazz.com/
3.その他 新譜、発掘盤、お気に入りなど
・日時 8月26日(日) 13時半~16時半
・会場 高砂ビル5階 音楽サロン
・会費 5百円

特集の「バリトンサックスの名演」には9人の会員の方がお気に入りの演奏を持ち寄りされました。
それ故、後半に聞かせて頂いた「ジャズのニューウェーブ」「その他 新譜、発掘盤、お気に入り」からブログを作成致します。

Photo above of Tigran Hamasyan by courtesy of his HP

2.ジャズのニューウエーブ(ジャズサロン主宰者M渡氏)
Tigran Hamasyan(東京JAZZに出演し西宮でも公演が決定しています)
兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール(9月4日)  ➡️ こちら

以下プロフィールは本人のHPから転記致しました。

1987年、アルメニア生まれ。
3歳の頃から、家にあったピアノでレッド・ツェッペリンの曲を弾き語り、11歳から様々なフェスティバルやコンクールに出演。ジャズ、ロック、クラシック、アルメニア民謡、エレクトロニカと様々な音楽を吸収しながら、10代を過ごす。2006年、弱冠19歳で、新人ジャズ・ミュージシャンの登竜門「セロニアス・モンク・コンペティション」にて優勝を果たす。ジャンルを超越した音楽を生み出し、クラシック音楽ファンから、エレクトロニカのファンまで世界各地の聴衆を熱狂させている。2015年に発表されたデスメタル的作品「MockRoot」(Nonesuch)は、音楽シーンに強い衝撃を与えた。その後間もなく発表されたアルメニアの聖歌隊との作品「Luys i Luso」(ECM)では、ティグラン自身のルーツであるアルメニアの5世紀の音楽を掘り起こし、現代に蘇らせた。そして、2016年にエレクトロニカのJan Bangらと共に「ATMOSPHÈRES」(ECM)を発表。その猛烈なスピードの創造性は、ブラッド・メルドーをはじめ、現代を生きる様々な国のミュージシャンたちにも、音楽的な影響を与えている。人間の音楽という概念を越えたティグラン・ハマシアンのピアノの響きは、聴くものの魂に直接語りかける。2017年「An Ancient Observer〜太古の観察者〜」(Nonesuch)を発表。2018年に発表した最新作が今回の公演タイトルにもなっているEP「For Gyumri」(Nonesuch)。

Here is Tigran Hamasyan plays “The Cave of Rebirth”

 

3.その他 新譜、発掘盤、お気に入りなど

アレサ・フランクリン追悼(I氏)
今月8月16日に亡くなった名歌手アレサ・フランクリン(Aretha Franklin)を追悼し1曲ご紹介されました。

Here is Aretha Franklin sings “You Make Me Feel Like(A Natural Woman)”.

Jug Bandのご紹介(トラッド愛好家T川氏)

Photo by YouTube

Here is Old Southern Jug Band play ”Hatchet head blues” and “Blues, Just Blues, That’s All.”
Theodore Boone (cnt) Clifford Hayes (vln) Cal Smith, Curtis Hayes (bj) Earl McDonald (jug)
New York, November 24, 1924

Here is Cincinnati Jug Band play “George Street stomp”.
Unknown hca, one or two jugs, wbd, prob Bob Coleman (g)
Chicago, c. January 1929

Cincinnati Jug Bandについて参考にしたWEB ➡️こちらをクリック

Photo above of Hoosier Hot Shots by Steve Terrell

Here is Hoosier Hot Shots play “Darktown Strutter’s Ball”
(Tさん及び小生が保有する資料等では録音記録は判りませんでした)

T川さんはLake Recordsを収集の対象とされており、2017年録音もご紹介されました。

Lake RecordsのHP ▶️ こちら
”I Had to Give up Gym” by The Jake Leg Jug Band
音源は著作権の関係でご紹介出来ませんので、2014年のライブ映像をお楽しみ下さい。

Here is The Jake Leg Jug Band play “Some of These Days”.

最後にジャズサロン主宰者M渡氏からカレン・ソウサ (Karen Souza)の最新作がご紹介されました。
カレン・ソウサ (KAREN SOUZA) ➡️ こちらをクリック

Here is Karen Souza sings ”Angel eyes”.

Here is Karen Souza and Toku sing “You got that something”.

神戸ジャズサロン6月例会(3)

July 02.2018

神戸ジャズサロンの特集は「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加(仲良し夫婦も可)のアルバム」でした。最終回もお付き合いください。

K原さん

日本のジャズオルガンの第一人者であり、神戸ジャズ界に功績を遺した故小曽根実氏(2月15日死去)を追悼した特集を行われました。

ご紹介されたアルバムは「Lazy Dad」(2002年12月録音)

本アルバムは神戸ジャズのゴッドファーザーがジャズミュージシャン50周年記念として収録しました。

故人のオリジナル「夜は君のもの」は11PM(読売テレビ)エンディングテーマとして有名です。

本録音のストリングス編曲は小曽根真が担当しています。

故人が自らのジャズ人生を振り返った痛快エッセイを是非お読み下さい。⇨「Lazy Dad」

 

昭和29年12月12日 東京 日本テレビにて。
右から、鳥居則達(Vo)、大越泰三(Tb)、福井康平(Banjo)、小曽根実、右近雅夫(Tp)、油井良光(Cla)、鈴木敏夫、?さん  Photo by courtesy of Kobejazz.jp

 

故小曽根実氏と小曽根真さんがピアノで共演している1983年の映像がありました。

 

余談になりますが上記写真のギターは作曲家の故奧村英夫氏です。「帰り道は遠かった」(チコとビーグルス)を作曲されました。「しゃぶ亭」のオーナーでした。又、「Don Shop (ドンショップ)」(閉店)で演奏されたギタリストも多くおられるでしょう。

最後に小生がご紹介した「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加のアルバム」を記載します。

(1)
Here is Edmond Hall(cl) and Herb Hall (cl) play “Lover”.
Edmond Hall (cl) Omer Simeon (cl) Herb Hall (cl) Dick Cary (p) Jimmy Raney (g) Al Hall (b) Jimmy Crawford (d) New York, June 25 & 26, 1959

LOVER

(2)
Here is Russell Jacquet(tp,vcl) and Illinois Jacquet(ts) play “Mean and Evil World”.
Russell Jacquet (tp,vcl) Snooky Young, Harry “Sweets” Edison, Gerald Wilson, Harry Parr Jones (tp) Eli Robinson,J.J. Johnson, Ted Donnelly (tb) Willie Smith, Preston Love (as) Illinois Jacquet, Lucky Thompson (ts) Rudy Rutherford (bar)Bill Doggett (p) Freddie Green (g) Billy Hadnott (b) Al “Cake” Wichard (d) Hollywood, 1946

_Mean and evil old world

(3)

Here is Ann Hampton Callaway(vcl) and Liz Callaway(vcl) sing “Moondance”.

例会ではCDをご紹介しましたが、今回はYouTube映像を添付します。