カテゴリー別アーカイブ: 神戸ジャズサロン

Theme Songs(神戸元町で購入した10インチ盤)

April,30,2019

先日、神戸ジャズサロンの帰りに神戸元町の中古レコード店に行きました。最近は10インチ盤か7インチ盤以外は興味がないので在庫には期待していませんでした。

10インチ専用の「餌箱」には歌謡曲等20枚しかありませんでしたが、1枚だけ購入しました。(価格はワンコイン)

8バンドのテーマ曲が収集されています。

そういえば自宅を出る前に自分のFBタイムラインに「番組のテーマ曲は大切ですね」と記載していました。

レコードの神様が「バンドのテーマ曲も大事ですよ!」とお告げになったようです。

以下、アルバムの曲順にYouTube音源を並べました。

Frankie Carle

Gene Krupa(再生される場合には音量を下げてスタートして下さい)

Claude Thornhill

Les Brown

Xavier Cugat

Dick Jurgens

Elliot Lawrence

Ray Noble

神戸ジャズサロン2月例会(2019年)「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」③

February 27.2019

神戸ジャズサロン2月例会では主宰者のM氏がジャズライブ映像を提供されました。今回はM氏が選曲したオルガンの名演と映像をお楽しみ下さい。

・M氏(神戸ジャズサロン主宰者)
「爽やかな風に乗せた音楽の響きは耳に心地良さを感じますがオルガンの音色は正にそれです。」

Ethel Smith

Here is Ethel Smith play “Tico Tico”.

映像も添付しました。
Here is Ethel Smith play “The Breeze And I”.

Buddy Cole

Photo above of Buddy Cole by YouTube

Here is Rosemary Clooney with Buddy Cole Trio play ”Deed I Do”.

Barbara Dennerlein

Photo above of Barbara Dennerlein from her HP

Here is Barbara Dennerlein play ”Hot House”.
Roy Hargrove (tp) Ray Anderson (tb) Mike Sim (sax) Joe Locke (vib) Barbara Dennerlein (org,p) Mitch Watkins (g) Lonnie Plaxico (b) Dennis Chambers (d) Don Alias (perc) New York, February 19-25, 1995

Roy Hargroveが参加しています。

Photo above of Roy Hargrove by courtesy RR Jones(2014)

映像も添付しました。
Here is Barbara Dennerlein plays ”Jimmy’s Walk”.

Count Basie

Here is Count Basie plays ”Song of the islands”.
Count Basie (org) Ray Brown (b) Louie Bellson (ds)
Los Angeles, May 22, 1974

映像コーナー

自宅に帰って調べましたが、1958年にフランスのカンヌで開催されたジャズフェフティバルを収録した映像でした。

こちらの資料を参考にしました。  こちら ▶️

次の2曲のドラムはRoy Eldridgeです。
Here is Sidney Bechet and others plays ”Once In A While”.
Teddy Buckner (tp) Vic Dickenson (tb) Sidney Bechet (cl,ss) Sammy Price (p) Arwell Shaw (b) Roy Eldridge (ds) July 10,1958, Cannes Jazz festival

映像が劣りますがご容赦願います。
Here is Sidney Bechet and others play ”Sweet Georgia Brown”.
Members of the recording are the same as above.

Roy Eldridgeの本職をお楽しみ下さい。

Here is Roy Eldridge and Coleman Hawkins, play ”Undecided”.

Roy Eldridge (tp) Vic Dickenson (tb) Hubert Rostaing (cl) Coleman Hawkins (ts) Michel de Villers (as,bs) Lou Levy (p) Arvell Shaw (b) J.C. Heard (ds)
July 8,1958, Cannes Jazz festival

神戸ジャズサロン2月例会(2019年)「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」②

February 26.2019

神戸ジャズサロン2月例会のテーマは「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」でした。今回も4人がご紹介された演奏家をお楽しみ下さい。

先日お亡くなりになった児山 紀芳さんの思い出話もございました。

Photo of Mike LeDonne above courtesy of MikeLeDonne.com

・Ch氏

Mike LeDonne

Here is Frode Kjekstad Quartet play “The Lone Ranger”.

Frode Kjekstad (g),Eric Alexander (ts),Mike LeDonne (org),Joe Farnsworth (ds)

Tedesco Studio, USA January 9, 2014

The Lone Ranger (再生時には音量調整をお願いします)

上記CDに関しては下記のサイトを参照して下さい。

こちら ▶️

Photo by BlueNote Records

・SW氏

Jimmy Smith

今月(2月3日)、お亡くなりになった児山 紀芳さんが解説を書かれている「The Cats」から3曲 ”Basin Street blues”,”St. Louis blues”,”Blues in the night”をご紹介されました。

全曲お聴き下さい。

Here is Jimmy Smith plays ”The Cats(Full Album)”.

Ernie Royal, Bernie Glow, Snooky Young, Jimmy Maxwell, Marky Markowitz, Thad Jones (tp) Jimmy Cleveland, Urbie Green, Billy Byers (tb) Tony Studd (b-tb) Ray Alonge, Earl Chapin, Jimmy Buffington, Bill Correa (fhr) Don Butterfield (tu) Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g) George Duvivier (b) Grady Tate (d) Phil Kraus (perc) Lalo Schifrin (arr,dir) New York,, April 29, 1964

Shirley Scott & Stanley Turrentine at MIST Harlem by courtesy of ZEALnyc

・KT氏

Shirley Scott

Here is Shirley Scott & Stanley Turrentine play ”Five Spot After Dark”.

Stanley Turrentine (ts) Shirley Scott (org) Bob Cranshaw (b) Otis “Candy” Finch (ds)

N.J., March 31, 1964

Jose Roberto Bertrami (AZYMUTHのキーボード担当)

Here is Jose Roberto Bertrami and Otavio Bonfa play “Novo Leblon”.

Jose Roberto Bertrami (org) Otavio Bonfa (g)

Rio de Janeiro, 1984 (Milestone M9141)

Shirley Scottの映像を追加します。

Here is Shirley Scott Trio (with Harold Vick on tenor) play “Don’t Look Back”.(1976)

Here is Joe Williams / Count Basie play “Ain’t Misbehavin’”.

Count Basie (org) Freddie Green (g) George Duvivier (b) Jimmy Crawford (d) Joe Williams (vcl) New York, October 13, 1958

1分40秒経過してからのFreddie Green(フレディ・グリーン)のギターもお聴き下さい。

Here is Fats Waller plays Ain’t misbehavin’

Fats Waller (vo,organ) , Dave Wilkins (tp) George Chisholm (tb) Alfie Kahn (cl,ts) Ian Shepherd (ts,vln) Alan Ferguson (g) Len Harrison (b) Edmundo Ros (d) London, August 21, 1938

余談ですが、ジャズオルガンについて面白い「系譜」を添付します。

出典元「Jazz Organ History」  by Geoff Alexander(1988)

神戸ジャズサロン2月(2019年)「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」①

February 25.2019

昨日、神戸ジャズサロン(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。 今回のテーマ 「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」には8人の会員がお気に入りの録音盤を持ち寄りました。今回は4人がご紹介された演奏家(8人)をお楽しみ下さい。

・Y瀬氏


Jimmy Smith

以下、レジュメに記載されたコメントを転載させて頂きました。
「昭和29年(1954年)、貧乏学生が、小遣いを貯めて三宮センター街のヤマハで初めて買った 12インチLPが、初めて聴いたジミー・スミスでした。初期と晩年から各1曲。 」

1曲目は「Jimmy Smith At The Organ,Vol 3(BlueNote BLP1525)」から”Willow Weep For Me”を選曲されました。

ブログでは1962年パリのライブ映像を添付します。
Here is Jimmy Smith Trio play ”Willow Weep For Me”.
Jimmy Smith(organ); Roy Montrell(g); Donald Bailey(ds)

Photo above of Nicholas Payton by courtesy of The New York Times

Here is Jimmy Smith and Nicholas Payton play ”Days of Wine and Roses”.
Jimmy Smith(Organ),Nicholas Payton (Trumpet) New York, January 25 & 26, 1995

・T川氏


Fats Waller

Here is Louisiana Sugar Babes play ”Willow tree”.
Jabbo Smith (cnt) Garvin Bushell (cl,as,bassoon) James P. Johnson (p) Fats Waller (org) N.J., March 27, 1928

当日はFats Wallerの演奏として上記1曲だけをご紹介されましたが、ブログ作成者より1曲追加させて頂きます。

Here is Louisiana Sugar Babes play ”Thou Swell”.
Members of the recording are the same as above.

Marvin Ash
「Have A Good Time With Big George Bruns」というCDから2曲”When you’re smiling”,”Where has the melody gone ?”を紹介されました。
Dick Cary (tp) George Bruns (tb) Dick Anderson (cl) Marvin Ash (org) Allen Reuss (g) Jess Bourgeois (b) Irv Cottler (d) California, prob. mid-1960’s

残念ですが上記2曲は本ブログでは提供できません。

Photo above of René Rooimans(in the middle) by courtesy of Deskgram

René Rooimans

Rik van den Bergh(as)の「Swingmatism (1999年)」から”Hard time”をご紹介されました。

Rik van den Bergh(as),Raymond Nijenhuis(g) ,René Rooimans(org),Erik Kooger(ds)
Miscellaneous Music MR5030

上記CDに関しては下記のサイトにおいて試聴可能です。

こちら ▶️

・F川氏

Photo above of René Rooimans(in the middle) by courtesy of Deskgram

Joey DeFrancesco

Here is Count Basie Orchestra with Joey DeFrancesco play “April in Paris”.

Here is Count Basie Orchestra with Joey DeFrancesco play “April in Paris”.

Richard “Groove” Holmes

本CDの詳細についてはこちら ▶️

上記CDから2曲”Just one of those things”,”Killer Joe”をご紹介されましたが、今回はプロモート用に制作されたYouTube映像でご容赦下さい。

Here is Richard “Groove” Holmes play “Swedish Lullaby”.

又、昨年JazzWaxさんがRichard “Groove” Holmesについて投稿されています。

こちら ▶️

・T見氏

例会ではいつもカラー印刷されたレジュメを別途配付されています。今回も当日配付されたレジュメをブログの末尾に添付致しました。

Photo above of Reuben Wilson by courtesy of All About Jazz

Reuben Wilson

Here is Reuben Wilson Quatet play ”Blues for McDuff”.

Melvin Butler (ts) Reuben Wilson (org) Grant Green, Jr. (g) Bernard “Pretty” Purdie (d) New York, 2001

photo above of Gene Ludwig by Wikipedia

Gene Ludwig

当日、Jimmy Ponderがリーダーとなった「What’s New」から”God bless the child”をご紹介されましたが都合により本ブログでは提供出来ません。

代替曲として、Gene Ludwigのコンサート映像を添付致します。

Here is Gene Ludwig Organ Trio play “Duff’s Blues”.(親友のJack McDuffジャック・マクダフに捧げた曲)

Gene Ludwig(Hammond organ), Dave Stryker(g), Vince Ector(ds)October 23, 2009

大阪ジャズ同好会第35回例会概要(1)「新譜紹介」

February 13,2019

2月例会には18人が参加されました。
例会の概要については「古川氏による新譜紹介」「Y瀬氏の持ち寄り」からご紹介致します。
一部ご紹介された音源と異なる演奏を添付していることをご容赦下さい。

新譜紹介(解説 古川正孝氏)

1.弘田三枝子(vo)『Isn’t lt Romantic?』(OLC-19)
後藤誠一氏記載のライナーノーツを添付致します。
こちら ▶️

尚、当日ご紹介された音源は著作権の関係で添付出来ませんので、1994年の映像をご覧下さい。
Here is 弘田三枝子 sings “It’s Only A Paper Moon ~S’Wounderful ~Day By Day ~Fly Me To The Moon”.

2.Michael Dease(tb)『Bonafide』(PR-8188)

詳細はこちら ▶️
尚、当日ご紹介された「Theme For Basie」に加え、2012年の映像をご覧下さい。

追記

ジャズ喫茶〔BUDHOUSE〕の裏谷オーナーから「Theme For Basie」の音源がYouTubeにアップされている事を教えて頂きました。ありがとうございます。

Here is Michael Dease plays “Theme For Basie”.

Michael Dease,Marshall Gilkes,Conrad Herwig(tb)
Gina Benalcazar(bass tb),Sam Dillon(ts) ,David Hazeltine(p)
Todd Coolman(b), E.J. Strickland(ds)  (2018)

Here is Michael Dease Quintet play “Solid Gold ~ The Release”.

Michael Dease(tb),Steve Wilson(as), Helio Alves(p), John Lee(b),Ulysses Owens Jr.(ds)
Live at Smalls.NYC July 4,2012

3.Petra Van Nvis(vo) & Dennis Luxion(p)『Because We’re Night People』(MZCF-1378)

本CDについては添付のサイトを参照願います。 こちら▶️

Here is Petra van Nuis and Dennis Luxion play “Because We’re Night People” from recordings.

4.Richard “Groove”Holmes(org)『Swedish Lullaby』(PCD-24800)

Richard “Groove” Holmes”の詳細についてはこちら ▶️

Here is Richard “Groove”Holmes play ”Swedish Lullaby”.

5.JUJU(vo)『Delicious-JUJU’s Jazz 3rd Dish』(AICL-3577)

詳細はこちら ▶️

全曲ダイジェストムービーを添付しました。

Here is JUJU sings “DELICIOUS ~JUJU‘s JAZZ 3rd Dish”.

 

Y瀬氏 (当日配付されたレジメの内容を編集せず転載致しました)

年初にアメリカの友人からの思わぬメールで「進駐軍ジャズ」の存在を知りました。米軍関係者だけにPX(購買部 =大阪では心斎橋そごうを接収)などで売られたようです。今月のテーマ「ビッグバンド」に沿ってまず、従軍中に英仏海峡で消息を絶ったグレン・ミラー、そしてジョニー・ワトソン指揮の第293陸軍軍楽隊が日本ビクターに遺した2000年のCD復刻を中心して、日本の曲をお聴きください。世代的には彼らによってジャズに目ざめた我々と同様、彼らも初めて触れる異国の音文化に大いに刺激を受けたようです。

1.「Moonlight Serenade」(グレン・ミラー楽団 = 1939年の初録音)
2.「Moshi Moshi Anone」(モシ・モシ・アノネ=239軍楽隊・1952年)
3.「Song of Early Spring」(早春譜 =同・1953年)
4.「Gomen nasai」(Anita Darian 名義のKAPP盤)(年代不詳)
まずリチャード・パワーズがコロムビア盤で歌った4.は、江利チエミも歌い、スリム ・ゲイラードの名演もあるとか。アニタ嬢は無名ながら敬意をもこめてオペラ風に美し く歌い上げます。

Y瀬氏は神戸ジャズ愛好会1月例会でも「進駐軍ジャズ」についてご紹介されています。
こちら ▶️

Here is “The Glenn Miller story featuaring Moonlight Serenade”.

Here is Anita Darian sings “Gomen nasai “.

スリム・ゲイラード(Slim Gaillard)による“Gomen nasai “をお楽しみ下さい。

Here is Slim Gaillard and His Shintoists play “Gomen Nasai(Forgive me)”.
Ben Webster (ts) Cyril Haynes (p) Slim Gaillard (g,vcl) Ray Brown (b) Milt Jackson (d) NYC December,1952

_ Gomen nasai [Forgive me]

又、ドラム奏者がMilt Jacksonであることにご注目を!
彼の楽歴でドラム奏者として録音が記録されているのはこの録音だけでしょうか?
上記音源については拙ブログから添付しました。こちら ▶️

下記の写真はY瀬氏持参のEPレコードです。(例会当日撮影)

神戸ジャズサロン10月例会概要「ビブラフォンの名演・好演・お気に入り」②

November 01,2018

持ち寄りテーマ「ビブラフォンの名演・好演・お気に入り」
続編にお付き合い下さい。

Y瀬氏
前回の大阪ジャズ同好会で「私的体験に基づく1940年代の音楽」と題して面白いお話を披露されました。当日配付されたレジュメの内容をご覧下さい。(編集しておりません)

「ハンプトン・オールスターズの「スターダスト」でジャズに目ざめてMJQにドはまり。
どうもヴァイブの音に取りつかれたようで…。3人の最晩年に近い演奏をどうぞ。
I LOVE YOU (Lionel Hampton, 1989)
ハンプトン(1908~2002)の82歳時の吹き込み。リチャード・ヘインズ(シンセ)、ミルト・ヒントン(b)、ジェームス・フォード(d)とのカルテット。

Nature Boy (Milt Jackson, 1998)
ミルト(1923~1999)の死の前年、76歳での吹き込み。オスカー・ピーターソン(p)、レイ・ブラウン(b)とのトリオ(ベリー・トール・バンド)のNYブルーノ ート・ライブ版 ですが、この1曲はソロで終始します。

Autumn Leaves (Terry Gibbs, 2017)
テリー・ギブス(1924~)が引退表明から1年半後の昨年1月、息子のドラマー Gerryの 誘いに応え、Gerry率いるトリオ(ピアノJohn Campbell、ベースMike Gurrola)と共に 自宅のスタジオで録音したアルバム”92 YEARS YOUNG”(全14曲)から季節に合わせ て …。」

Lionel Hamptonについては前回もご紹介しました。ドラムの演奏もお楽しみ下さい。
次回神戸ジャズ同好会(11/18予定)の持ち寄りテーマは「ドラムの名手達」です。

Here is Lionel Hampton play ”Merv Griffin Show.”

最晩年のMilt Jacksonのソロ演奏は心に染みます。

Here is Milt Jackson play ”Nature Boy”.

Here is Terry Gibbs plays ”Autumn Leaves”.(最初の音が歪みますがご容赦下さい)

Autumn Leaves

上記アルバム”92 YEARS YOUNG”発売に際してビデオインタビューに答えています。

Here is Terry Gibbs talks “92 Years Young: Jammin’ at the Gibbs House”.

又、JazzWaxさんのブログ(英文表記)も読み応えがあります。下記サイトを参照願います。
▶︎こちら

ブログ作成者のお気に入り映像を添付致しました。上記メンバーのJohn Campbell (p), Gerry Gibbs (ds)がサポートしています。

Here is Terry Gibbs & Buddy DeFranco play “Giant Steps”.
Terry Gibbs (vib),
Buddy DeFranco (cl),John Campbell(p),Todd Coolman (b),Gerry Gibbs (ds)
Joe Segal’s Jazz Showcase, Chicago, July 1987

Tさん

例会ではいつもカラー印刷されたレジュメを別途配付されています。今回も当日配付されたレジュメを添付いたします。

音源が提供出来ませんのでYouTube映像を添付します。

Here is Arturo Serra Live at Jamboree Jazz Club in Barcelona.
Arturo Serra(vib),Juan Galiardo(p),Joan Motera(b),Xavi Hinojosa(ds)
May 2012

Here is Arturo Serra Quintet play ”Someday My Prince Will Come”

Photo by courtesy of Hep Records

平野

(1)Marjorie Hyams(マーギー・ハイアムズ)
Here is George Shearing Quintet play ”MoonOver Miami.
Marjorie Hyams (vib) George Shearing (p) Chuck Wayne (g) John Levy (b) Denzil Best (ds)
New York, January 31, 1949

Moon over Miami

(2)Joe Roland (ジョー・ローランド)
Here is George Shearing Quintet play “Swedish Pastry”.
Joe Roland(vib) George Shearing (p) Chuck Wayne (g) John Levy (b) Denzil Best (ds)
New York, 1950

Swedish pastry

上記2曲は宣伝です。大阪ジャズ同好会12月の例会で「初期のジョージ・シアリング」を特集させて頂く予定です。(12月2日14:00〜17:00・ジャズ喫茶DEAR LORD)

神戸ジャズサロン10月例会概要「ビブラフォンの名演・好演・お気に入り」①

October 30,2018

先日、神戸ジャズサロン(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。

例会の案内をご覧下さい。

樹々の紅葉も目立ち初めて秋の彩りが目を楽しませます。

1. 今回のテーマ ビブラフォンの名演・好演・お気に入りの盤などご紹介下さい。
2.その他新譜や未知の音源、愛聴盤などもお持ち下さい。
・日時  10月28日(日)    13時半~16時半
・会場  高砂ビル5階 音楽サロン
・会費 5百円

特集の「ビブラフォンの名演・好演・お気に入りの盤」には9人の会員がお気に入りの録音盤を持ち寄りました。今回は5人がご紹介された演奏家をお楽しみ下さい。

C氏
Eddie Costa

Here is Mike Cuozzo Quintet play “There Will Never Be Another You”.
Mike Cuozzo (ts), Eddie Costa (vib), Ronnie Ball (p), Vinnie Burke (b), Kenny Clarke (ds) November 22, 1955

Here is Mike Cuozzo Quintet play “What Is this Thing Called Love”.
Members of the recording are the same as above.

Photo above of Emil Richards by courtesy of AllMusic

K氏
Emil Richards,Gary Burton

Here is Paul Horn Quintet play ”Something Blue”.
Paul Horn (ts, fl),Emil Richards(vib),Jimmy Bond(b),Paul Moer(p), Billy Higgins(ds)
Los Angeles, March, 1960

Here is Gary Burton and Ralph Towner play “Innocente”.
Gary Burton(marimba) ,Ralph Towner(g) Montréal, Quebec, July, 3 1989

Photo by Wikipedia

S氏
Lionel Hampton
ピアノ演奏も併せてご紹介されましたのでピアノを弾いている映像を添付しました。

Here is Lionel Hampton plays ”Hamp’s Boogie Woogie” (1990).
Montreal Jazz Festival, July 7, 1990.

Photo by courtesy of IMDV

下記はブログ作成者のお気に入りです。 テレビ番組の司会はパティ・ペイジ(Patti Page)です。
Here is Lionel Hampton plays ”Flying Home (1957)”.

F川氏
George Shearing,Dany Doriz,Peter Appleyard

Here is George Shearing Quintet play ”September In The Rain”.
Marjorie Hyams (vib) George Shearing (p) Chuck Wayne (g) John Levy (b) Denzil Best (ds) New York, February 17, 1949

Here is George Shearing Quintet play ”Pick Yourself up”.
New York, July 5, 1950
Members of the recording are the same as above.

例会ではAir Mail Special を紹介されましたが、音源の関係で下記を添付しました。

Here is Scott Hamiton and Dany Doriz Quartet play “Jumpin’ At The Woodside”.
Scott Hamilton (ts), Philippe Duchemin (p), Dany Doriz(vib), Patricia Lebugle(b), Didier Dorise(ds) November 29,2012

Photo above of Emilie-Claire Barlow by courtesy of The Star Toronto Star

Here is Peter Appleyard with Emilie-Claire Barlow(vo) play “After You’re Gone”.
Peter Appleyard (vib), John Sherwood (p) ,Carol Welsman ,(p,) Reg Schwager (g) Neil Swainson (b) Terry Clarke (ds) Emilie-Claire Barlow (vcl)
Toronto, Canada 2012

2013年7月Peter Appleyard(ピーター・アップルヤード)が亡くなった時の追悼映像を添付します。

Here is Peter Appleyard plays ”Tangerine”.

Photo above of Bobby Hutcherson by courtesy of NewMusicBox(New Music USA)

I氏
Bobby Hutcherson,Gary Burton

Here is Bobby Hutcherson Quartet play ”When You Are Near”.
Bobby Hutcherson (vib,marimba,d-1), Herbie Hancock (p), Bob Cranshaw (b), Joe Chambers (ds) N.J., February 8, 1966

例会ではFallling Graceを紹介されましたが、作成者お気に入りの下記を添付しました。

Here is Chick Corea and Gary Burton play “Crystal Silence”.
Zurich Octover.28, 1979