カテゴリー別アーカイブ: 神戸ジャズ愛好会

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)③特集「Riversideレーベルの名演」後半

January 30,2019

1月例会の特集「Riversideレーベルの名演」の後半は小生含め4人が紹介した演奏(計10曲)をお楽しみ下さい。
ディスコグラフィーから興味深い記録を確認致しました。

同じ日(1961年1月27日)に、ニューヨークのスタジオとニューオーリンズのホールで二つのアルバム制作されていました。(時差があるので大した事はないですが)

・M氏
パウエル派のピアニストとして知られるBarry Harrisをご紹介されました。(当日3回目の登場です)
Here is Barry Harris Trio play ”There’s no one but you.”
Barry Harris (p) Joe Benjamin (b) Elvin Jones (d)
New York, December 21, 1960 & January 19, 1961

Here is Barry Harris Trio play ”It’s the talk of the town”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Barry Harris Trio play ”What is this thing called love ?”.
Members of the recording are the same as above.

Photo above of Louis Cottrell by Discogs

・F川氏

昔から大好きだったルイス・コトレル(Louis Cottrell)をご紹介されました。

Here is Jim Robinson’s New Orleans Band play ”Yearning”.
Ernie Cagnolatti (tp) Jim Robinson (tb) Louis Cottrell (cl) George Guesnon (bj) Alcide “Slow Drag” Pavageau (b) Alfred Williams (d) Annie Pavageau (vcl)
“Jeunes Amis Hall”, New Orleans, LA, January 30, 1961

Here is Louis Cottrell Trio play ”Down By The Riverside”.
Louis Cottrell (cl) Emanuel Sayles (g,bj) McNeal Breaux (b)
“Hall Of The Societe Des Jeunes Amis”, New Orleans, LA, January 27, 1961

Here is Louis Cottrell Trio play ”You don’t love me”.
Members of the recording are the same as above.
“Hall Of The Societe Des Jeunes Amis”, New Orleans, LA, January 27, 1961

・寺本氏(当日時間が無く省略されました)

「Waltz for Debby」by Cannonball Adderley and Bill Evansをエントリーされていましたが、冒頭で言及しました「1961年1月27日」に録音された作品を添付させて頂きます。

Here is Cannonball Adderley with Bill Evans play “Goodbye”.
Cannonball Adderley (as) Bill Evans (p) Percy Heath (b) Connie Kay (d)
Bell Sound Studios, NYC, January 27, 1961

Here is Milt Jackson & Wes Montgomery Quintet play “S.K.J.”
Milt Jackson (vib) Wynton Kelly (p) Wes Montgomery (g) Sam Jones (b) Philly Joe Jones (d)
New York, December 19, 1961

・平野

Here is Lil Armstrong and Booker T. Washington play “Boogie me”.
Lil Armstrong (p) Booker T. Washington (ds)
Chicago, September 7, 1961
Boogie me

Here is Tadd Dameron and His Orchestra play “Fontainebleau”.
Charlie Shavers,Blue Mitchell, Clark Terry(tp); Jimmy Cleveland, Britt Woodman(tb), Julius Watkins(french horn); Jerry Dodgion, Leo Wright(as,flute);
Johnny Griffin(ts); Jerome Richardson(ts, fl); Tate Houston(bs); Bill Evans(p); Ron Carter(b); Philly Joe Jones(ds); Tadd Dameron(arranger, conductor)
NYC, March 9, 1962
Fontainebleau

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)②特集「Riversideレーベルの名演」

Photo above of Orrin Keepnews by WikiPedia

January 29,2019

1月例会の特集「Riversideレーベルの名演」については、8人の会員が計21曲を選曲しました。

今回は4人の会員がご紹介された演奏(計11曲)をお楽しみ下さい。

・K氏
Here is Blue Mitchell Quartet play ”I’ll Close My Eyes”.
Blue Mitchell (cnt) Wynton Kelly (p) Sam Jones (b) Roy Brooks (d)
New York, August 25, 1960

Here is Sonny Red Quintet play “The Mode”.
Sonny Red (as) Barry Harris (p) Grant Green (g) George Tucker (b) Jimmy Cobb (ds)
New York, December 14, 1961

・I氏
Here is Johnny Griffin Quartet play “Hush-A-Bye”.
Johnny Griffin (ts) Barry Harris (p) Ron Carter (b) Ben Riley (d)
New York, December 21, 1961

Here is Chet Baker plays ”You and the Night and the Music”.
Chet Baker(tp),Herbie Mann(fl),Pepper Adams(bs), Bill Evans(p), Kenny Burrell(g), Paul Chambers(b),Philly Joe Jones(ds)
NYC, January 19, 1959

Here is Bill Evans Trio “Nardis”.
Bill Evans,(p),Scott LaFaro(b),Paul Motian,(ds)
NYC, February 2, 1961

・T川氏

Here is Charles A. Matson’s Creole Serenaders plays “Taint Nobody’s business if I Do.”
unknown cnt, tb, cl/as, as, ts, Charles Matson (p,arr) unknown bj, tu and d.
New York, July 30, 1923
Ed 51222, Riverside RLP1005(10インチ)

Here is Scott Joplin plays “The Entertainer”.
Scott Joplin, piano roll.
December 29, 1902
Ragtime piano Rolls Vol.1,RLP1006(10インチ)

Here is Thelonious Monk plays “Blue Monk”.
Thelonious Monk (p)
Concert “Fugazi Hall”, San Francisco, CA, October 21, 1959

Here is Sonny Rollins Trio play “The Last Time I Saw Paris”.
Sonny Rollins (ts) Paul Chambers (b) Roy Haynes (d)
New York, June 19, 1957

Here is George Lewis Ragtime Band play “In the Sweet Bye and Bye”.
Kid Howard(tp), Jim Robinson(tb), George Lewis(cl), Alton Purnell(p),Lawrence Marrero(bj),Alcide “Slow Drag” Pavageau,(b),Joe Watkins(ds)
Trinity Episcopal Church, Oxford, OH, February 21, 1954

・N氏
Here is Thelonious Monk Septet play ”Well You Needn’t ”.
Ray Copeland (tp) Gigi Gryce (as) Coleman Hawkins, John Coltrane (ts) Thelonious Monk (p) Wilbur Ware (b) Art Blakey (d)
New York, June 26, 1957

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)①

January 28,2019

1月例会の概要については「映像コーナー」「持ち寄りコーナー 」「その他」からご紹介致します。
特集「Riversideレーベルの名演」については明日以降に投稿する予定でございます。

・映像コーナー」
『モダンジャズメンの群像』 寺本泰規氏(世話人)解説

当日ご紹介された映像については詳細をお伝え出来ない事をご了解下さい。
それ故、昨日紹介された演奏者によるYouTube映像をお楽しみ下さい。

Here is Zoot Sims plays at San Remo ’83

Here is Zoot Sims Quartet Live at Donte’s, LA, 1970

Here is Kenny Dorham Live at the Golden Circle

Here is Eric Dolphy in Stockholm, September 5, 1961 (TV Broadcast)

Here is Stan Getz, Lou Levy & Ray Brown Live – Italy

Here is Chet Baker live at Rome 1956

Here is Nice jazz festival 2018 – Randy Weston

・持ち寄りコーナー(Y瀬氏)
以下、レジュメを転載します。

進駐軍EP、国連LPを初めて知りました。昭和20(1945)年から7年間、米・英兵を中心として日本を統治した連合国軍のPX(購買部=大阪では心斎橋そごう)だけで売られたコロムビアのEP(全4曲)から3曲。さらに1 970年の千里万博の際に企画された8インチLPの「国連レコード =日本の旅情(全6曲) 」から1曲をお聴きください。
1.「JAPANESE RUMBA」(ノーメン西本&ジョージ島袋の2世コンビ)
2. 「GOMEN NASA」(リチャード・パワーズ)
3.「SOBA SIC」(美空ひばり)
4.「さくら さくら」(イブ・モンタン)

Here is JAPANESE RUMBA”.

Here is “GOMEN NASAI”

Here isSOBA SIC”.

Here isさくら さくら”.

・その他
I氏が例会開催前日に亡くなった Michel Legrandを追悼した曲(Phil Woodsとの共演盤)をご紹介されました。

ライブでの共演映像を添付致しました。

Here is Michel Legrand & Phil Woods play ”You Must Believe In Spring” at 2001 Montreal.

Photo above of Michel Legrand and Yves Montand by courtesy of Michel Legrand’s official site

 

吉瀬さんとSol Yaged

January 19,2019

Photo above of Sol Yaged by his Official FB

昨日、大阪並びに神戸のジャズ例会でお世話になっている吉瀬さんと電車で偶然お会いしました。
今回は「2駅間の短い時間にお聞きした話」からブログを作成致します。

先ず吉瀬さんのご紹介を兼ねてSP愛好家の瀬谷徹氏のFacebookからのコメントを添付させて頂きます。

ヒット・オブ・ザ・ウィークのCDと吉瀬さん

瀬谷氏提供

瀬谷氏提供

瀬谷さん提供の紙製SPレコード(阪急百貨店も発売)の写真をご覧頂いた後、年末に開催された神戸ジャズサロンでご紹介されたレコードについてお聞きしました。

私は年末の例会を欠席しており当日配付されたレジュメを持っておりません。幸運にも西明石から参加されているK氏が例会の内容を個人ブログから投稿されていました。Kさんの了承を得て下記コメントを抜粋させて頂きました。Kさんありがとうございます。

「今年の(私の)ベストワン」(神戸ジャズサロン12月例会)

SOL YAGEDの古いLPを入手しました。 チャーリー・シェイバースのJASS盤で初めて聴き、1956年公開の映画「グッドマン物語」の音楽監修者だと知ったSOL YAGED。ニューヨークのクラブ・シー ンで活躍した有名なクラリネット奏者で、96歳の今も健在のようです。その彼が60年代初期にエリントン楽団にもいた多芸のレイ・ナンスと吹き込んだLPから、クリスマス定番曲を含め2曲お聴きください。
Sol Yaged and his quartet at the Gaslight Club

When The Saintas Go To Marching In (Nance=Trumpet, Vocal)

It Might As Well Be Swing  (Nance=Violin)

残念ですが上記2曲の音源は保有しておらず提供出来ません。

昨年JazzWaxさんが「Sol Yaged:Clarinet Swing」と題したブログを投稿されておりました。

英語で書かれたブログですが、「写真とYouTube音源」でSol Yagedの素晴らしさが理解出来ると思います。 こちら ▶️

又、Sol Yagedさん自身の公式Facebookもご一読下さい。こちら ▶️

昨年発売されたCD

Here is Sol Yaged Quintet play ”It Might As Well Be Spring”.
Sol Yaged (cl) Harry Sheppard (vib) Kenny Kersey (p) Mort Herbert (b) Mickey Sheen (d)
New York, 1956

Here is Sol Yaged Quintet play ”Yacht club swing”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Sol Yaged Quintet play “Easy living”.
Members of the recording are the same as above.

吉瀬さんが特集を担当された例会の概要です。

『おやまぁあんたまで!!「歌いたがり屋」列伝』 こちら ▶️

『まだまだいました シスターズ列伝Ⅱ』こちら▶️

『暴挙ご容赦! オール・オブ・ミーで60分』こちら▶️

『こんなに大勢いたなんて!! シスターズ列伝』こちら▶️

神戸ジャズ愛好会11月例会『ドラムの名手達』②        

November 22,2018

前回は、兵庫県西宮市・芦屋市・神戸市・西明石市に在住されている4人がご紹介された演奏をご紹介致しました。

今回は、大阪府茨木市並びに大阪市在住の2人が持参した録音をご紹介致します。

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

Here is Jo Jones Trio play ”Jive At Five”.
Ray Bryant(p) Tom Bryant(b) Jo Jones(ds)
NYC March, 1959

Here is Tommy Flanagan play “Little Rock”.
Tommy Flanagan(p) Wilbur Little(b) Elvin Jones(ds)
Stockholm Sweden August. 15, 1957

Here is Sonny Rollins Quartet play “Strode Rode”.
Sonny Rollins(ts) Tommy Flanagan(p) Doug Watkins(b) Max Roach(ds)
NJ June 22, 1956

上記 “Strode Rode”については『サキソフォン・コロッサスに押された「怒りの刻印」/ソニー・ロリンズ』が参考になります。FB友人寺井珠重さん(Jazz Club OverSeas奥方)の「ジャズクラブの片隅から…」を添付します。▶︎ こちら

 

・平野
ケニー・クラーク(Kenny Clarke)の演奏を4曲ご紹介しました。

(1)スイング時代の花形セッションに参加しています。
Here is Mildred Bailey sings ”Tennessee fish fry”.
Mildred Bailey (vcl),Roy Eldridge (tp) Jimmy Carroll, Robert Burns (cl,as), Irving Horowitz (b-cl) ,Mitch Miller (oboe,eng-hrn), Eddie Powell (fl) ,Teddy Wilson (p), John Collins (g) ,Pete Peterson (b) ,Kenny Clarke (ds) ,Eddie Sauter (arr)
NYC, May 15, 1940

Tennessee fish fry

Photo by Wikipedia

(2)パリでシドニー・べシェと録音しています。
Here is Sidney Bechet Quartet play ”Out of nowhere”.
Sidney Bechet (sop sax) Charlie Lewis (p) Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (ds)
Paris, October 20, 1949(オーディオパーク復刻盤シリーズ Sidney Bechet 1944~1950から)

Out Of Nowhere

(3)アニー・ロスの珍しい録音です。(是非お聞き下さい)
Here is Annie Ross sings “I’m Beginning To Think You Care For Me”.
Annie Ross(vo),Milt Jackson(vib),Blossom Dearie(p), Percy Heath(p), Kenny Clarke(ds)
NYC, April 1, 1952

_I_m Beginning To Think You Care For Me_

上記録音当時アニー・ロスはケニー・クラークと同棲中に授かった子供の養育に悩んでいたそうです。詳細については拙ブログをご覧下さい。▶︎ こちら

(4)最後にケニー・クラークのリーダー作(Klook’s Clique)から大好きな曲を
Here is Kenny Clarke Quintet play ”Play, Fiddle, Play”.
Donald Byrd (tp) John LaPorta (as) Ronnie Ball (p) Wendell Marshall (b) Kenny Clarke (ds)
NYC, February 6, 1956

Play, Fiddle, Play

 

神戸ジャズ愛好会11月例会『ドラムの名手達』①        

November 21,2018

先日、神戸ジャズ愛好会に参加しました。例会の案内をご覧下さい。

前回は台風のため中止としたため久しぶりの例会です。
特集:「ドラムの名手達」
ドラムは重要なリズム楽器として現在に至るまで発展を遂げてきていますが、ジャズの歴史の中で誰しも好きなドラマーが一人はいると思います。そのドラマーの演奏をご紹介ください。(必ずしもドラム奏者がリーダーである必要ではありません。)(一人15分以内でお願いします。)

特集には6人の会員がお気に入りの録音盤を持ち寄りました。今回は4人がご紹介された演奏家をお楽しみ下さい。

・T川氏
1. Yoichi Kimura(New Orleans Rascals) (SAM CD003)
「Silver Threads Among The Gold」
2.Cie Frazier(Kid Howard Band)(Icon LP-8))
「Willie The Weeper」
3.Sammy Penn(Kid Thomas Band)(Icon LP-3)
「Just A Closer Walk With Thee」
4. Baby Dodds(solo) (LI M8/ALP241)
「Spooky Drums No,1」
5.ドラマー不明(Country Brass Band) (Folkways LP FA2650)
「Just Over In The Gloryland」

T川さんが木村陽一さんから直接お聞きされたお話を引用します。
「ニューオーリンズで修行した時にベイビー・ドッズよりもシー・フレイザーにドラム奏法をよく教わった」

Yoshimasa Kasai 笠井義正(cl) and Yoichi (Yo )Kimura 木村陽一(ds) 写真はFB友人笠井正氏のYouTube映像からお借りしました。

Here is New Orleans Rascals play ”When You Wore A Tulip”
河合良一(Cl) 川合純一(Bj) 木村陽一(Ds) 石野美惠子(P) 村橋 健(B)
田村浩一(Tp) 秋定 暢(Tb)
OSAKA BIG RIVER JAZZ FESTIVAL 2018.5.5

Photo above of Josiah “Cie” Frazier by courtesy of Tulane University

Here is Kid Howard with Cie Frazier play ”Willie the weeper”.
Kid Howard (tp,vcl) Eddie Summers (tb) Israel Gorman (cl) Emanuel Sayles (bj) Louis James (b) Josiah “Cie” Frazier (d)
New Orleans, August 31, 1961

Photo above of Sammy Penn by courtesy of Flicker

Here is Kid Thomas with Sammy Penn play ”Just a closer walk with thee”.
Kid Thomas (tp) Louis Nelson (tb) Paul Barnes (cl) Emanuel Paul (ts) Joe James (p,vcl) George Guesnon (bj,vcl) Alcide “Slow Drag” Pavageau (b) Sammy Penn (d,vcl)
New Orleans, LA, July 3, 1960

Here is Baby Dodds play “NEW ORLEANS DRUMMING”.

Here is Country Brass Bands play ”Just Over in the Gloryland”.

 

スヰングジャーナル 1952年6月号

・Y瀬 氏「ドラマーブームのころ」(下記は当日配付されたレジュメの内容を修正せず記載しました)

特集「ドラムの名手達」に、いわば「懐メロ」で参加させてください。ジャスの存在さえ知らずに少年期を過ごした後、戦後7年の1952年に突如来日したジーン・クルーパ
(1909~73)トリオは衝撃で した。 SP 2枚組4面にわたるハンプトンの「スターダスト」でジャズに目さめたのとほぼ同時期。EPで3曲(LPでは7曲)の演奏にしびれました。これに刺激され、ジョージ川口(1927.6.15~2003.11.1)、ジミー竹内 (1930.6.29~2009.12.29)、白木秀雄(1933.1.1~ 1972.8.22)のドラマー三羽鳥時代が来るのですが、ここでは演奏時間も短めにして日米各1人を披露。
1.「荒城の月」(1952)(ジーン・クルーパ・トリオ)
チャーリー・ヴェンチュラ(ts) テディ・ナポレオン(0)

2.「ホワイト・ジャケット」(1953)(ジョージ川口&ビッグフォー)
松本英彦(ts)小野満(b)中村八大(p)

3.映画「男と女」の例の「シャバダバダ」と、ヒット中の1967年にフランス公演したMJQがご当地サービスで演奏したレア音源(8:00)
*Y瀬氏から「コニー・ケイの躍動したドラミングをお聞き下さい」とのコメントでした。

Here is Gene Krupa Trio play 「荒城の月」and「銀座なストムプ」

Here is ジョージ川口ビッグフォー 映画「青春ジャズ娘」(1953年制作)
ジョージ川口(d),松本英彦(ts),中村八大(p),小野満(b)

Photo by Discos

Y瀬さんがご紹介された音源は提供できませんので、ブログ作成者のお気に入りを添付しました。

Here is Andre Condouant Quartet play “Brother Meeting”.
Andre Condouant (g),Percy Heath (b),Connie Kay (ds),Eddy Louiss (p)

・K氏「ブログ作成時にはAnita O’Dayの映像でお願いしますとのリクエストがございました」
Here is Dave Bailey Sextet play ”Osmosis”.
Kenny Dorham(tp), Curtis Fuller(tb), Frank Haynes(ts), Tommy Flanagan(p),Ben Tucker(b),Dave Bailey(ds)NYC, October 1, 1961

Here is Anita O’DAY and Roy Eldridge with Gene Krupa Orchestra play ”Let Me Off Uptown”.

photo by Wikipedia

・N氏「インパルス盤を是非聞いて下さい」
Here is Chico Hamilton and Charles Lloyd play “Forest Flower: Sunrise/Sunset”.
Chico Hamilton(ds),Charles Lloyd(ts), Gabor Szabo(g), Albert Stinson(b)
New Jersey,December 11, 1963

神戸ジャズ愛好会7月例会(2)          

July 23.2018

Photo above of Ginger Rogers, Irving Berlin and Fred Astaire by courtesy of Pinterest.com (1938)

神戸ジャズ愛好会7月例会の後半をご紹介させて頂きます。

2.映像コーナー

「Golden Jazz Concert 〜Ray Bryant Live in Japan 1991」
当日は4曲を紹介頂きましたがYouTubeに同じ映像がアップされていました。
Here is Ray Bryant Trio in Japan.
Ray Bryant(p),Jimmy Rowser(b),Winard Harper(ds)
Keystone Corner, Tokyo Nov.30,1991

3.その他(番外編)

・N瀬氏

フレッド・アステア(Fred Astaire)を2曲ご紹介されました。
アーヴィング・バーリンの作品「Cheek to Cheek」Fred Astair
Here is Fred and Ginger sings ”Cheek to Cheek”.

フレッド・アステアとカウント・ベイシーとの共演
Here is Fred Astaire and Count Basie play ”Sweet Gorgia Brown”(1960).

・平野

「Always」
Here is Lars Gullin Quintet play “Always”.
Ake Persson(tb) Lars Gullin(bars) Rune Of werman(p) Georg Riedel(b)
Bert Dahlander(ds) Stockholm, April 25, 1956

「How Deep Is The Ocean」
Here is Ann Hampton Callaway sings ”How Deep Is The Ocean”.