カテゴリー別アーカイブ: 神戸ジャズ愛好会

神戸ジャズ愛好会7月例会(2)          

July 23.2018

Photo above of Ginger Rogers, Irving Berlin and Fred Astaire by courtesy of Pinterest.com (1938)

神戸ジャズ愛好会7月例会の後半をご紹介させて頂きます。

2.映像コーナー

「Golden Jazz Concert 〜Ray Bryant Live in Japan 1991」
当日は4曲を紹介頂きましたがYouTubeに同じ映像がアップされていました。
Here is Ray Bryant Trio in Japan.
Ray Bryant(p),Jimmy Rowser(b),Winard Harper(ds)
Keystone Corner, Tokyo Nov.30,1991

3.その他(番外編)

・N瀬氏

フレッド・アステア(Fred Astaire)を2曲ご紹介されました。
アーヴィング・バーリンの作品「Cheek to Cheek」Fred Astair
Here is Fred and Ginger sings ”Cheek to Cheek”.

フレッド・アステアとカウント・ベイシーとの共演
Here is Fred Astaire and Count Basie play ”Sweet Gorgia Brown”(1960).

・平野

「Always」
Here is Lars Gullin Quintet play “Always”.
Ake Persson(tb) Lars Gullin(bars) Rune Of werman(p) Georg Riedel(b)
Bert Dahlander(ds) Stockholm, April 25, 1956

「How Deep Is The Ocean」
Here is Ann Hampton Callaway sings ”How Deep Is The Ocean”.

神戸ジャズ愛好会7月例会(1)               

July 18.2018

Photo by Discogs

今月のテーマ『ジャズスタンダード名曲集(第3回)~アーヴィング・バーリン』

寺本氏(愛好家世話人)からの案内メールから名曲をご確認下さい。

作曲家シリーズの第3弾です。(例)「Alexander’s Ragtime Band」「Always」「Blue Skies」「CHeek To Cheek」「Heat Wave」「How Deep Is The Ocean」「I’ve Got My Love To Keep Me Warm」「Let’s Face the Music and Dance」「Marie」「Puttin’ on The Ritz」「Russian Lullaby」「There’s No Business Like Show Business」「They Say It’s Wonderful」「This Year’s Kisses」「Top Hat」etc.

・Y瀬氏
1.「AIL By Myself」
Jimmy Rushing with Dave Brubeck Quartet(1960)から
バーリン33歳の1921年にレビュー用に書いた曲。あまりヒットしなかったそうですが、ポッ プスのボビー ダーリンがいい味を出している盤もあります。
Here is Dave Brubeck Quartet, Jimmy Rushing sings ”All By Myself”.

2.「The Song is Ended」
Gerry Mulligan With strings(1955)
1950年代中期以降、エラの歌やピーターソンのピアノ、そしてナット・コール、シナトラた ちの歌も残されていますが、ここでは野太いマリガンサウンドに弦を添わせて。
申し訳ないですが音源が提供出来ません。

3.「Soft Lights & Sweet Music」
Gerry Mulligan & Scott Hamilton(1986)から
パーシー・フェイスやメラクリーノ・ストリングスやコルトレーンやレイ・チャー ルスの歌もあるようですが、マリガンとハミルトンの2管でしっとりと。
Here is Scott Hamilton & Gerry Mulligan play ”Soft Lights & Sweet Music”.
最初の曲だけで終了して下さい。(Full Albumでアップされています)

4.「White Christmas」
Tony Bennett(1998)から
真夏の白雪。場違いも極まった感じですが、バーリンのディスコグラフィーには欠かせない 1曲かと…。
Here is Tony Bennett sings ”White Christmas”.

 

・I谷氏

7666ecf3-s
1. 「Russian Lullaby」
Vladimir Shafranov Trio(2003)から
Vladimir Shafranov(p) Pekka Sarmanto(b) Jukkis lotila(ds)
Here is Vladimir Shafranov Trio play “Russian Lullaby”.

2.「Cheek to Cheek」
Janet Seidel「Little Jazz Bird」(1992)から
Janet Seidel(vo) lan Date(g) Tom Baker(ts) Bobby Gabert(p) David Seidel(b)
John Morrison(ds)

著作権の関係でSpotifyでの音源提供となります。
https://open.spotify.com/embed/user/21cqwjk7qrbjr6hmzbtlzpwyi/playlist/5ttspr9qU4INdJs1TMiqpK

3.「They say it’s wonderful」
John Coltrane & Johnny Hartman(1963)から
Johnny Hartman(vo) John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p)Jimmy Garrison(b) Elvin Jones(ds)
Here is John Coltrane & Johnny Hartman play “They Say It’s Wonderful”.

・T川氏
1. 「I’ve Last Hart In Dixieland」
Original Dixieland Jazz Band(LP SH220)から
Here is Original Dixieland Jazz Band play “I Lost My Heart In Dixie Land” .

2.「When I Leave The World Behind」
Chris Tylis Silver Leaf Jazz Band (stom off 1258)から
音源がありませんでした。代わりにT川さんがよくご存知の木村陽一さんのボーカルでお楽しみください下さい。
Here is Yo Kimura and New Orleans 4T’s play “When I Leave The World Behind “.

3.「Easter Parade」
Acker Bilk (Reprise R-6031)から
Here is Acker Bilk play ”Easter Parade”.

4.「White Christmas」
Chris Barber’s Jazzmen(Lake LACD 222)から
Here is Chris Barber’s Jazz Band play ”White Christmas”.

・F川氏
「Russian Lullaby」
Vic Dickenson Showcaseから
Here is Vic Dickenson Septet play ”Russian Lullaby”.
Vic Dickenson(tb) Edmond Hall(cl) Ruby Braff(tp) Steve Jordan(g) Walter Page(b)
Sir Charles Thompson(p) Les Erskine(ds)

・K田氏
1.「There’s No Business Like Show Business」
Sonny Rollins「Work Time」から
Sonny Rollins(ts) Ray Bryant(p) George Morrow(b) Max Roach(ds)
Here is Sonny Rollins play “There’s no business like show business”.

2.「Always」
Harry Nilsson「A touch more SCHMILSSON in the night」から
Here is Harry Nilsson with Gordon Jenkins(arr&condct) sings “Always”.

3.「Supper Time」
Nancy Wilson「Just One of Those Things」から
Here is Nancy Wilson sings “Suppertime”.
Nancy Wilson(vo) Hank Jones(p) Ron Carter(b) Gino Bertachini(g) Grady Tate(ds)

4.「The Song ls Ended」
Nat King Cole with Billy May Orchestra から
Here is Nat King Cole sings “The Song Is Ended”.

Sugarfootstomp

2018年5月30日

Photo above of Johnny Dodds by NOLA Jazz Museum

特集は「私が好きなジャズのヒーロー」でした。最初にトラッド愛好家のT川さんがJohnny Doddsをご紹介されました。ご紹介された内容は配付されたレジュメに詳しく記載されています。

Here is New Orleans Wanderers play “Perdido Street blues”.
George Mitchell (cnt) Kid Ory (tb) Johnny Dodds (cl) Joe Clark (as) Lil Armstrong (p) Johnny St. Cyr (bj)  Chicago, July 13, 1926
_Perdido Street blues

Here is Johnny Dodds’ Washboard Band play “Bull fiddle blues”.
Natty Dominique (cnt) Honore Dutrey (tb) Johnny Dodds (cl) Charlie Alexander (p) Bill Johnson (b) Baby Dodds (wbd)  Chicago, July 6, 1928
Bull fiddle blues

Here is Johnny Dodds Trio play  “Clarinet wobble”.
Johnny Dodds (cl) Lil Armstrong (p) Bud Scott (g)  Chicago, April 21, 1927
Clarinet wobble

Here is New Orleans Bootblacks play “I can’t say”.
George Mitchell (cnt) Kid Ory (tb) Johnny Dodds (cl) Joe Clark (as) Lil Armstrong (p) Johnny St. Cyr (bj)  Chicago, July 14, 1926
I can’t say

Here is Johnny Dodds And His Orchestra play “Red onion blues”.
Natty Dominique (cnt) Preston Jackson (tb) Johnny Dodds (cl) Richard M. Jones (p) Lonnie Johnson (g) John Lindsay (b) Baby Dodds (d)  Chicago, June 5, 1940
Red onion blues

○瀬さん

Here is Dave Brubeck (solo) plays Lili Marleen.

ウォルター・クロンカイト(Walter Cronkite)が進行役を務めた「The Jazz of Dave Brubeck」(テレビ番組)をご覧下さい。1961年12月31日放送

Here is The Jazz of Dave Brubeck by Walter Cronkite.

ウォルター・クロンカイトについては、Wikipediaを参照しました。こちらをクリック

○○田さん(大阪同好会にも西明石から参加されています)

上記パンフレット(加古川でのライブコンサート)と同じメンバーでの映像です。

Here is Ray Brown Trio play “If I Loved You.

Ray Brown(b), Gene Harris(p), Jeff Hamilton(ds)

富士通コンコードジャズ・フェスティバル 1988.12.11

寺本氏(世話人)

1946年のJATPご紹介されました。(寺本氏のメールアドレスからもパーカー好きが理解できます)

Here is Jazz At The Philharmonic play “Oh,Lady Be Good”.(1946)

Al Killan, Howard McGhee (tp) Charlie Parker, Willie Smith (as) Lester Young (ts) Arnold Ross (p) Billy Hadnott (b) Lee Young (d) “Philharmonic Auditorium”, Los Angeles, CA, January 28, 1946

平野

上記の書籍は「なか見検索(amazon)」ができます。こちらをクリック

昨年発売されたTBMの本を持参し、若い時のお恥ずかしい話を一席させて頂きました。

『40年以上前、TBM大阪営業所(大阪市同心町)に訪問し「学内で日本ジャズメンを特集したコンサートを企画したのでレコード貸してもらえませんか」とアポ無し訪問。事務所にあったかなりの数のレコードを貸して頂きましたが、今考えると礼儀をわきまえない行動でお恥ずかしい話です。』

”Jazz for Kutsurogi” fe.New Orleans style clarinet players(3)

May 12.2018

神戸在住のトラッド愛好家T川さんから頂いたCD特集の最終回です。

今回は14〜19曲目までの6曲を添付しました。

私自身が今回ご紹介する奏者について馴染みがなく、奏者の読み方含め楽歴を調べることが大変でした。

月末の神戸ジャズ愛好会でT川さんに今回作成したブログの内容をご報告するのが楽しみです。

14. Here is Chris Blount’s New Orleand Jazz Band play ”In the garden”.
Derek Winters (Tp), Ron Radford (Tb), Chris Blount (CI), Tony Peatman (Bj), Harry Slater (B), Barry Grummett (P), Pete Jackman (Dr) Private CBCD 05

 

Here is Chris Blount`s N. O. Band play “It`s No Secret”.
Chris Blount (cl), Derek Winters (tp/voc), Ron Radford (tb), Barry Grummet (p), Harry Slater (b), Tony Peatman (bj), Jim Finch (dr).
Hamburg 09.03.1996

 

Photo above of Pierre Claessens by courtesy of Jazz In Belgium

15. Here is New Orleans Roof Jazzmen play “The old rugged cross”.
Michel Thyrion (Tp), Cor Fabrie (Tb), Pierre Claessens (CI), Arsene Devliegen (Bj), Karel Algoed (B), Adri Van Wljeghem (Dr) Private VSOP CD02

 

Photo above of Kjeld Brandt by courtesy of Foto: © Erik Lund

16. Here is New Orleans Delight play “Mary wore a golden chain”.
Kjeld Brandt (CI), Kristian Barfoed (Tb), Goran Magnusson (P), Erling Lindhardt (Bj), Karl Ake Krongvist (B), Claus Lindhardt (Dr) Music Mecca CD 3019-2

Here is New Orleans Delight “The Old Rugged Cross”.
Kjeld Brandt(cl),Bengt Hansson(tb),Erling Rasmussen(p),Erling Lindhardt(bj),Stefan Kärfve(b),Claus Lindhardt(dr) 30. Oct. 2011 Live at Long John Jazzklub

デンマークの ライブハウス「Long John Jazzklub」のHPです。⇨こちらをクリックして下さい。

17. Here is The Spirit of New Orleans “Wiegenlied”.
Preben Nissen (Tb),Erik Bæk (Cl), Carsten Henningsen (B), Kim Holm Nielsen (B), Anders Haugaard (Dr) Music Mecca CD 3016-2

The Spirit of New Orleansについては、CD会社(Music Mecca社)のHPを参照しました。⇨こちらをクリックして下さい。

Photo above of Brian Carrick by YouTube

18. Here is Jensens Jazz Sernaders play “How great thou art”.
Brian Carrick (CI), Kurt Jensen (CI), Van Ehrenstrale (B), Nina Ehrenstrale (Bj), Erik Vand hansen (P) Music Mecca CD 4037-2

Jensens Jazz SernadersについてはHPを参照しました。こちらをクリックして下さい。

Photo above of Sverker Nyström by courtesy of e Sea

19. Here is Gota River Jazzmen “In the springtime fair”.
Esbjorn Olsson (Tp), Lars Ehnstrom (Tb), Sverker Nystrom (Cl), Ingemar Wagerman (P), Bertil Bostrom (B), Goran Moller (Bj), Hans Asberg (Dr) Music Mecca CD 3069-2

Sverker Nyströmさんの映像をご覧下さい。
Here is Sverker Nyström with New Orleans Jazzcats play “Lily of the valley…”.

Hans Zakrisson(tb),Sverker Nyström(cl),Hans Jörgensen(bj),Sune Linder(p),Staffan Pålsson(b),Hans Åsberg(dr)  4 July,2013

”Jazz for Kutsurogi” fe.New Orleans style clarinet players(2)

May 10.2018

神戸在住のトラッド愛好家T川さんから頂いたCD特集の2回目です。

今回は8〜13曲目までの6曲を添付しました。

8. Here is Doc Paulin’s N.O.L.A.Band play “Ciribiribin”.
Ernest Doc Paulin (Tp), Eddie Morris (Tb), Emile Barnes (CI),Fan Bourgeau (Bj), Sylvester Handy (B), Henry Revel (Dr)
Icon Records LP-13 New Orleans, August 9, 1962

 

Emile Barnes ⇨ こちらをクリックして下さい。

9. Here is John Casimir’s Young Tuxedo Jazz Band “What a friend we have in Jesus”.
Kid Howard (Tp), Albert Warner (Tb), John Casimir (Cl),Emanuel sayles (Bj), Albert Tillman (B), Alfred Willams (Dr)
Icon Records LP-11 New Orleans, September 5, 1962

(レコード録音時のハムノイズについてはご容赦下さい)

 

Photo by The Manchester Sports Guild

10. Here is Kid Martyn New Orleans Ragtime Band “Careless love”.
Keith Cuff Billet (Tp), Peter Dyer (Tb), Bill Greenow (CI), Graham Patterson (P), John Coles (Bj), Terry Knight (B), Barry Martyn (Dr),
GHB Records LP-10
Cricklewood, London, August 10, 1963

 

Bill Greenowの写真(Barry Martin’s Ragtime Band)は下記HPからお借りしました。⇨ こちらをクリックして下さい。

Jim Robinson, George Lewis, and Sammy Rimington(June 1962)
Photo by courtesy of Tom Sancton’s News & Views

11. Here is Kid Sheik With Barry Martyn’s Band play “When your hair has turned to silver”.
Kid Sheik Cola (Tp), Jack Wedell (Tb), Sammy Rimington (Cl),
Paul Seeley (Bj), Harry Richardson (B), Barry Martyn (Dr), GHB GHB-187
Egham Cricket Club, Egham, England, June 12, 1963

Sammy Rimington さんのHPです。こちらをクリックして下さい。

 

12. Here is Chris Barber’s Jazz Band play “Storyville blues”.
Pat Halcox (Tp), Chris Barber (Tb), Monty Sunshine (CI), Lonnie Donegan (Bj), Jim Bray (B), Ron Bowden (Dr), ”Royal Festival Hall”, London, October 30, 1954 Lake CD LACS4

Monty Sunshineについてはクリス・バーバー(Chris Barber)さんのHPを参照しました。⇨ こちらをクリックして下さい。

 

Photo by Discos

13. Here is Acker Bilk’s Paramount Jazz Band “Franklin St. blues”.
Ken Sims (Tp), Johnny Mortimer (Tb), Acker Bilk (Cl), Joy Hawkins (Bj), Ernie Price (B), Ron Mckay (Dr),London March 6.1958 Reprise Records R-6031

(音量を少し下げてお聞き下さい)

Acker BILK & His Paramount Jazz Band: In A Persian Market (Live in Jazz Festival Prague 1964)

”Jazz for Kutsurogi” fe.New Orleans style clarinet players(1)

May 8.2018

先日の神戸例会の会場でトラッド愛好家のT川さんから1枚のCDをプレゼントされました。

「平野君、古いジャズ好きやろ。クラで好きな曲をCDにしたんやけど」

誠にお恥ずかしいことですが知らない演奏も多く収録されています。

T川さんと次回お会いするまでに一生懸命聞かないといけません。

以下、全19曲を3回に分けてブログに纏めることにしました。(本日は7曲)

1.Kid Thomas’ Creole Jazz Band play “Put on your old grey bonnet”.
Kid Thomas (Tp), Louis Nelson (Tb), Paul Barnes (Cl),George Guesnon (Bj), Joe James (P), Sammy Penn (Dr) New Orleans, July 3, 1960
Icon Records LP-3

 

Paul Barnes ⇨ こちらをクリックして下さい。

2. George Guesnon’s New Orleans Band play “In the shade of old apple tree”.
Kid Thomas (Tp), Jim Robinson (Tb), George Lewis (CI),George Guesnon (Bj), John Joseph (B), Josiah Frazier (Dr)New Orleans, 1962
Icon Records LP-9

 

 George Lewisについては説明不要と思いますので、リーダーのGeorge Guesnonを調べました ⇨ こちらをクリックして下さい。

3. Here is Sweet Emma Barret her Dixieland Boys play “Tishoming blues”.
Percy Humphrey (Tp), Jim Robinson (Tb), Willie Humphrey (CI),Emanuel Sayles (Bj), McNeal Breax (B), Josiah Frazier (Dr) New Orleans, January 25, 1961
Riverside Records RLP-364

 

Willie Humphrey⇨ こちらをクリックして下さい。

4. Here is Percy Humphrey’s Crescent City Joymakers play“Lonesome road”.
Percy Humphrey (Tp), Louis Nelson (Tb), Albert Burbank (Cl),
Emanuel Sayles (Bj), Louis James (B), Josiah Frazier (Dr) New Orleans, January 24, 1961
Riverside Records RLP-378

 

「Audio-Visual Trivia」(koukinobaabaさんが運営)の下記ブログが参考になります。引用させていただきます

Albert Burbank ⇨ こちらをクリックして下さい。

5. Here is Kid Howard La Viva Jazz Band play  “Londonderry air”.
Kid Howard (Tp), Eddie Summers (Tb), Israel Gorman (Cl), Louis James (B), Cie Frazier (Dr) New Orleans, September 3, 1961
Icon Records LP-4

 

Israel Gorman ⇨ こちらをクリックして下さい。

6. Here is Jim Robinson’s New Orleans Band play “Take my hand, Precious Lord”.
Ernest Cagnolitti (Tp), Jim Robinson (Tb), Louis Cottrell (CI)
George Guesnon (Bj), Slow Drag Pavageau (B), Alfred Willman (Dr),
New Orleans, January 24, 1961 Riverside Records RLP-393

 

Louis Cottrell And His New Orleans Jazz Bandの映像をご覧下さい。

7. Here is Kid Sheik Storyville Ramblers play “Willie the Weeper”.

Kid Sheik (Tp), Albert Warner (Tb), Steve Angrum (Cl), Harrison Verret (Bj), Slow Drag Pavageau (B),Alex Bigard (Dr),New Orleans, August 6, 1961
Icon Records LP-6

 

Steve Angrumがマーチングバンドで行進している写真をご覧下さい。 ⇨ こちらをクリックして下さい。

神戸ジャズ愛好会(2018年3月)「魅惑のアルトサックス」(2)

March 27.2018

A1+U0FHa3FL._SL1000_

Photo by Wikipedia

I introduced Jimmy Dorsey and Arne Domnerus as my favorite alto saxphone.

Particularly Jimmy Dorsey was the idol of Charlie Parker.

1.今月のテーマ(昨日の続き)

・Kさん(西明石から大阪の例会にも参加されています)
Phil Woods(フィル・ウッズ)のDVD映像(Molde Jazz Festival 1969)を持参されました。本ブログでは同じメンバーの演奏をYouTUbeでご覧下さい。
Here is Phil Woods’ European Rhythm Machine (Molde Jazz Festival in 1969)
Phil Woods(as),Gordon Beck(p),Henry Texler(b),Daniel Humair(ds)

・平野
少年パーカーのアイドルであったJimmy Dorsey(ジミー・ドーシー) をご紹介しました。

会場ではCD音源でしたが、本ブログではYouTube映像を添付しました。

Here is Jimmy Dorsey And His Orchestra play “ “Beebe”.

Photo above of Arne Domnerus by courtesy of apoloybaco.

次にスウェーデンを代表するサックス奏者(Arne Domnerus)アルネ・ドムネラスの名演(名曲)をご紹介しました。

Quincy Jones(クインシー・ジョーンズ)の編曲が素晴らしいです。

Here is Harry Arnold’s Orchestra with Arne Domnerus play “The Midnight Sun Never Sets”.
Quincy Jones (arr,dir) Stockholm, April 29, 1958

Photo by Wikipedia

Phill Woodsの演奏と比較すると面白いです。(YouTubeから)

Here is The Quincy Jones Big Band with Phill Woods play “The Midnight Sun Will Never Set”.

やっぱりこの曲はArne Domnerusの方が良いと思います。(個人的感想です)

81+Cb0oaprL._SL1500_
2.映像コーナー
「1969 New Orleans Jazz Festival」(寺本氏所蔵のビデオから)
主な出演者 Dizzy Gillespie, Sarah Vaughn, Count Basie, Clark Terry and Zoot Sims,Gerry Mulligan and Paul Desmond

YouTube映像でClark TerryとZoot Simsの共演を観ることが出来ます。尚、ピアノはJaki Byardです。
Here is Clark Terry(tp),Zoot Sims(ts),Alan Dawson(ds),Jaki Byard(p)

3.番外編

写真は「Hot Jazz 78rpms」から撮影しました。

「ジャズSPアワー第2回目BG&ガールズ」解説 SP愛好家瀬谷徹氏
寺本氏(世話人)のご配慮でNHKFM放送の一部を聞いて頂きました。
瀬谷さん宅に訪問されたY瀬氏並びにMusicraft(大阪)でのSPコンサートに参加されたTさんにも喜んで頂けたようです。又、大阪ジャズ同好会で新譜紹介されているFさんから「最終回のフレディー・グリーンを聞くのが楽しみです」と言われました。3月の放送を聞かれた会員の方が少なく例会の場でご紹介出来てよかったと思っております。

今回は番組のエンディング曲を添付しました。
本当は特例でCメロディーサックスを例会でご紹介したかったです。
Here is TRAM, BIX AND LANG play “Wringin’ An’ Twistin’”.
Bix Beiderbecke,(p,cor), Frank Trumbauer(Cm sax),Eddie Lang(g)
New York, September 17, 1927. 81450-A OK 40916