カテゴリー別アーカイブ: 神戸ジャズ愛好会

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)⑤特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン(3)」

May 30,2019

Photo by courtesy of Classic FM

特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」の3回目です。

今回はY瀬氏とT川氏の選曲をお楽しみ下さい。

Y瀬氏(大阪ジャズ同好会ではいつも珍しい録音をご紹介頂いております)

1.「Somebody Loves Me」by Oscar Peterson

Here is Oscar Peterson Trio play “Somebody Loves Me”.
Oscar Peterson (p), Barney Kessel(g), Ray Brown(b) December 1952  LA

2.「The Man I Love」by Erroll Garner

Here is Erroll Garner Trio play “The Man I Love”.
Erroll Garner(p),Al Hall(b), Specs Powell(ds) June 7,1956  NYC

T川氏(古くからの「O.D.J.C」会員です)

1.「Liza」by Benny Goodman

Benny Goodman  Live In the Sixties
1960年から1963年の間に「シカゴ・クリーブランド・ニューヨーク・ワシントン」で行われた公演を収録したレコードです。本ブログでは上記公演後(1963年8月)に録音された「Liza」を添付しました。

Here is Benny Goodman Quartet play “Liza”.
Benny Goodman(cl),Gene Krupa(ds), Lionel Hampton(vin), Teddy Wilson(p) August 27,1963

2.「A Foggy Day」by George Chisholm

Here is George Chisholm’s Gentleman of Jazz play “A Foggy Day”.

 

3.「Summertime」by Acker Bilk

Here is Acker Bilk plays “Summertime”.

次の演奏家は全く知らない人ですし、ご紹介された曲もガーシュウィン作品である事を知りませんでした。ご存知の方おられましたら教えて下さい。
詳細資料は写真をご覧下さい。

T川氏の自作CD

4.「Nashville Tennessee」by Golden Gate Orchestra

Here is Golden Gate Orchestra play ”Nashville Tennessee”.

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)④特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン(2)」

May 29,2019

特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」の2回目ですが、お二人が同じCDアルバム「The Essential George Gershwin」(上記写真)から選曲されました。

N氏(神戸市在住)

1.「前奏曲第2番」by ジョージ・ガーシュウィン(自演)

Here is George Gershwin play ”Prelude 2”.

Here is Gershwin plays ”I Got Rhythm ”.(1931)

2.「Summertime」by Billie Holiday

Here is Billie Holiday And Her Orchestra sings ”Summertime”.
Billie Holiday (vcl) acc by Bunny Berigan (tp) Artie Shaw (cl) Joe Bushkin (p) Dick McDonough (g) Pete Peterson (b) Cozy Cole (ds)
New York, July 10, 1936

3.「Someone to Watch Over Me」by Frank Sinatra

Nさんが高校生の時に観た映画でFrank Sinatraが唄っていたシーンのお話をされました。
Here is Frank Sinatra sings ”Someone to Watch Over Me”.

Here is Frank Sinatra sings ”Someone to Watch Over Me”.

2.M氏(神戸ジャズサロン主宰者)

1.「A Foggy Day」 by Rosemary Croony

Here is Rosemary Croony sings ”Foggy Day”.

2. 「Liza」 by Benny Goodman Band

”Liza”含めメドレー演奏の映像がありました。

Here is The Benny Goodman Trio play “Gershwin Medley”.
“The Man I Love〜Embraceable you〜Lady Be Good〜Somebody Loves Me〜Liza”
Benny Goodman(cl),Mel Powell(p),Roy Burnes(ds)
March 23, 1957 New York

3. 「S’Wonderful」 by Dinah Shore and Buddy Clark

Here is Dinah Shore and Buddy Clark sings ”S’Wonderful”.

4. 「Soon」by Dorothy Kirsten

Here is Dorothy Kirsten sings ”Soon”.

【追悼】Doris Day
5. 「But Not For Me」

Here is Doris Day sings ”But Not For Me”.

映画「Lullaby of Broadway」のシーンを添付します。

Here is Doris Day ”Somebody Loves Me (Lullaby of Broadway)”.

 

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)③特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」

May 28,2019

American composer George Gershwin (1989 – 1937) works on a score at the piano in his 72nd Street apartment, New York, New York, 1934. (Photo by PhotoQuest/Getty Images)

特集は「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」でした。

例会には小生含め8人の会員がお気に入りの演奏を紹介しました。

本日は西明石から毎回参加されている2人のお気に入りをご紹介します。

最後に添付した映像は是非ご覧になって下さい。

K氏(大阪ジャズ同好会の4月特集を担当されました)

1.「Sweet And Low Down」

Here is Jackie & Roy sing “Sweet And Low Down”.
Jackie Cain (vcl) acc by Anthony Ortega (as,fl) Larry Bunker (vib) Roy Kral (p,vcl) Barney Kessel (g) Al McKibbon (b) Frank Butler (ds)
Los Angeles, February 23, 1960

写真はブログ作成者自宅で撮影

2.「They Can’t Take That Away From Me」

Here is Fred Astaire sings “They Can’t Take That Away From Me”.
Fred Astaire (vcl) acc by Charlie Shavers (tp) Flip Phillips (ts) Oscar Peterson (p) Barney Kessel (g) Ray Brown (b) Alvin Stoller (ds)
Los Angeles, December 1952

1937年製作の映画「Shall We Dance 」におけるアステアの歌唱シーンとGinger Rogersとのダンスシーンの映像を添付しました。

Here is Fred Astaire and Ginger Rogers ”They Can’t Take That Away From Me” from “Shall We Dance 1937”.

F川氏(大阪ジャズ同好会創立以来、新譜紹介を担当されています)

1.「A Foggy Day」
オーストラリア出身のコンラッド・パシュクデュスキ(Konrad Paszkudzki)によるジョージ・ガーシュイン曲集「Fascinating Rhythm.George Gershwin Song Book」から

当日はご紹介された「A Foggy Day」は本ブログでは紹介出来ませんので、代替として 「I’ve Got A Crush On You」を添付します。

Here is Konrad Paszkudzki Trio play “ I’ve Got A Crush On You” Live at Dizzy’s .

2.「Lady, Be Good!」
オランダを代表するピアニストであるピーター・ビーツ(Peter Beets)によるジョージ・ガーシュイン名曲集から

Here is Peter Beets Trio play ”Lady, Be Good!”.

尚、本アルバム『Our Love Is Here To Stay』は大阪ジャズ同好会4月新譜紹介でF川氏が解説されておられます。

大阪ジャズ同好会例会概要(新譜紹介) こちら ▶️

Photo by courtesy’s of 89.7 Eastside FM

3.「They Can’t Take That Away From Me」

F川氏お気に入りのジャネット・サイデル(Janet Seidel)による歌唱です。
本ブログ作成日「5月28日」はジャネット・サイデルの誕生日です。(1955年生まれ)

2017年8月7日、シドニーの病院で逝去されました。享年62歳。
初来日(2001年)から彼女をよく知っているF川さんが語る「仮題:ジャネット・サイデル想い出話」をお願いしておきます。

Here is Janet Seidel sings “They Can’t Take That Away From Me”.

ジャネット・サイデルは2016年末からジョージ・ガーシュウィンのトリビュート・コンサートを開始しておりました。ニュー・アルバム(ジョージ・ガーシュウィン曲集と想像します)は幻の作品となりました。

下記の映像はトリビュート・コンサートのPR映像であると推測します。

Here is ”JANET SEIDEL GERSHWIN EVENT AT ORPHEUM”.

神戸ジャズ愛好会5月例会② 番外編『miss evans』(大阪文の里)

May 27,2019

番外編『miss evans』(大阪文の里)

TさんからOrrin Evansのご紹介がございました。

Tさんの奥様が『miss evans』(大阪文の里)というお洒落なカフェを開店されて7年目になるということです。

今回はお店の名前の由来が「Orrin Evans」である事から、「The Evolution of Oneself」から”All The Things You Are”をご紹介されました。

Tさんご夫妻は、大阪ジャズ同好会にもほぼ毎回参加されておられます。

『miss evans』さんのご案内は こちら ▶️

『miss evans』さんのブログは こちら ▶️

Here is Orrin Evans Quartet play ”All The Things You Are”.

 

神戸ジャズ愛好会5月例会①「映像コーナー」

May 27,2019

5月例会には19人が参加されました。例会の概要については「映像コーナー」からご紹介致します。

Photo by BlueNote .com

Here is Jimmy Smith Live at Salle Pleyel 1969(K氏提供)
過日開催された「オルガン特集」において、時間がなく改めてご紹介頂きました。
Jimmy Smith(org), Charlie Crosby(ds),Eddie Mc Fadden(g)
December 1, 1969 – Salle Pleyel, Paris
当日は「Satin Doll」だけの紹介でしたが、添付のYouTubeでは映像全篇(1時間24分)が楽しめます。

Photo above of Eric Dolphy by courtesy of All Music

Here is Eric Dolphy in Stockholm, September 5, 1961 (寺本世話人提供)
Eric Dolphy(fl, as,basscl), Idrees Sulieman(tp), Rune Owferman(p),Jimmy Woode(b),Sture Kallin(ds)

1. Left Alone(5:23)
2. Miss Ann(4:25)
3. Serene(7:49)
4. God Bless the Child(5:23)
5. G.W.(6:14)

神戸ジャズサロン4月例会(2019年) 楽器別名演持ち寄り「ウッド・ベース」(T川氏)

April,29,2019

Milt Hinton performs with Cab Calloway’s band in Havana, Cuba, 1951. Photo credit: The Milton J. Hinton Photographic Collection

昨日参加した神戸ジャズサロンでの楽器別名演持ち寄りは「ウッド・ベース」でした。トラッド愛好家のT川さんが選曲された4人のベースマンについてブログを作成しました。

以下、当日T川さんがご用意された解説メモを編集せず転載致します。

今回のテーマは「ウッド・ベース」とのことで、従来より楽器別のプレイヤーを調べ てみたいと考えていましたので良い機会と思い、手持ちの資料やLPレコードを見ながらプレイヤーを選び出してみました。 有名、無名のバンドのベーシスト達でニュー・オーリンズ・タイプのメンバーでも約80人ほど見つかり、中間派やモダンのジャズメンを含めると250人ほど見つかるのでは無いかと思いました。 Jazzの歴史で「ウッド・ベース」について見ると1910年代から1920年代ではリズム楽器として使用されていたのは「ブラス・ベース」が主体でした。当時のジャズ楽器の編成は三管楽器にチューバとドラムというのが標準で、一部のダンス・バンドでは 「ウッド・ベース」を採用していた大編成のオーケストラが有った様です。 マーチング・バンドより発達し影響を受けたジャズを考えればブラス・ベースが当然と思えます。
ジャズの進化においては「チューバとバンジョ」、「ウッド・ベースとギター」の組み合わせは音律上好まれる様で1930年代に入ると「ウッド・ベースとギター」の 組み合わせが多く見られるように思えます。

さて、今回私は次の四人のベイシストを取り上げてみました。

Slow Drag Pavageau (1888年3月7日 New Orleans生 1969年1月19日死去)
「Walk through the street of the city」 Bunk Johnsons Jazz Band
Chester Zardis (1900年6月27日 New Orleans生 1990年8月14日死去)
「Put on your old gray bonnet」 Billie & DeDe Pierce and Their Preservation Hall Jazz Band
Ed Garland (1895年1月9日 New Orleans生 1980年1月22日死去)
「Blues for Jimmie」Kid Ory Creole Jazz Band
Milt Hinton (1910年6月23日 ヴィックスバーグ(ミシシッピ州)生 2000年12月19日 NYCで死去)
「Russian lullaby」Joe Venuti and Zoot Sims

以下、YouTubeによる音源を添付致します。

Photo above of “Slow Drag” Pavageau by courtesy of Louisiana Digital Library

Here is Bunk Johnsons Jazz Band play ”Walk Through The Streets”.
Bunk Johnson (tp), Jim Robinson (tb), George Lewis (cI), Slow Drag (b), Lawerence Marrero (bj), Baby Dodds(ds)
American Music Records LP647 1944

Photo above of Chester Zardis by courtesy of 64 Parishes

当日ご紹介された録音とは異なる音源ですがご了承願います。
Here is  New Orleans Footwarmers play  “Put on Your Old Grey Bonnet”.
Cliff “Kid” Bastien (tp,vcl) Frederik John (tb) Sammy Rimington (cl,as) Jon Marks (p) Chester Zardis (b) Sven Stahlberg (d)  New Orleans, May 6, 1990

left to right: Ed Garland (bass), Buster Wilson (piano), Marili Morden (proprietor, Jazz Man Records), Jimmie Noone (clarinet), Mutt Carey (trumpet), Zutty Singleton (drums), Kid Ory (trombone), Bud Scott (guitar) Photo by Wikipedia

Here is Kid Ory Creole Jazz Band play “Blues For Jimmy”.
Mutt Carey(tp) Kid Ory(tb) Omer Simeon(cl) Buster Wilson(p) Bud Scott(g) Ed Garland(b) Alton Redd(d)
Los Angeles, August 3, 1944

Ed Garlandが演奏している映像もありましたので添付します。

Here is “Legends Of Jazz Blues For Jimmy”.
Andrew Blakeney(tp) , Louis Nelson(tb) , Rudi Balliu(cl) , Alton Purnell(p) ,Ed Garland(b) Barry Martyn(ds)

Photo above of Milt Hinton by courtesy of NPR

Here is Joe Venuti and Zoot Sims play “Russian lullaby.
Joe Venuti (violin), Zoot Sims (ts), John Bunch (p), Milt Hinton (b), Bobby Rosengaden (ds),
Chiaroscuro Records CR-142 May 1975

神戸ジャズ愛好会3月例会(2019年3月21日) ③ 特集「あなたの好きなカウント・ベイシー」

March 27,2019

・寺本世話人
1954年に録音された「Count basie Live at Birdland」から4曲紹介されました。上記レコードにはベイシー楽団とスタン・ゲッツによる唯一の共演が3曲収録されています。

1. April in Paris
2. Little Pony(solo:Stan Getz)
3. Easy Living(solo:Stan Getz)
4. Nails(solo:Stan Getz)
Count Basie And His Orchestra
Wendell Culley, Reunald Jones, Thad Jones, Joe Newman(tp) Henry Coker, Bill Hughes, Benny Powell(tb) Marshall Royal(as,cl) Frank Foster, Stan Getz, Ernie Wilkins(ts) Charlie Fowl kes(bs) Count Basie(p) Freddie Green(g) Eddie Jones(b) Gus Johnson(ds)
“Birdland”, NYC, December 16, 1954)

以下スタン・ゲッツのソロ演奏を3曲メドレーでお楽しみ下さい。(司会はバードランドの名物司会者Pee Wee Marquetteでベイシーとの写真も下記に添付しました)

Here is Count Basie And His Orchestra with Stan Getz play “Little Pony〜Easy Living〜Nails”.

 

 

Count Basie and Stan Getz seated with two unknown men, in Musicians Club with band performing in background with bass and trumpet, Pittsburgh, Pennsylvania, 1950. (Photo by Charles ‘Teenie’ Harris/Carnegie Museum of Art/Getty Images)

Photo by courtesy of birdlandclub.com Pee Wee Marquette (Birdland MC) and Count Basie (Photo: Lee Friedlander)

名物司会者ピーウィー・マーケット(左)についてはINTERLUDE(オーバーシーズ寺井珠重さんのブログ)が参考になります。

こちら ▶️

・平野
カウント・ベイシー楽団と男性ボーカル(4人)をご紹介しました。

Photo by courtesy of JazzLives
ベイシー御大の肩越しに Earl Warren と Jimmy Rushing が立っています。

Here is Count Basie And His Orchestra with Earl Warren “Let Me Dream”.
Count Basie(p,dir) Buck Clayton, Ed Lewis, Bobby Hicks(tp) Eddie Durham(tb,g) Benny Morton, Dan Minor(tb) Earl Warren(as,vo) Jack Washington(as,bs) Herschel Evans, Lester Young(cl,ts) Freddie Green(g) Walter Page(b) Jo Jones(d)
New York, October 13, 1937

Here is Count Basie And His Orchestra with Jimmy Rushing play ”Blue Skies”.
Count Basie(p,dir) Joe Newman, Ed Lewis, Harry Edison, Al Killian(tp) Dickie Wells, Ted Donnelly, Eli Robinson, Louis Taylor(tb) Earl Warren, James Powell(as) Buddy Tate(ts) Rudy Rutherford(bs) Freddie Green(g) Rodney Richardson(b) Joe Jones(d)
Los Angeles, October 9, 1945

上記2曲の音源をお借りしているSP愛好家瀬谷徹氏が解説される24bit衛星デジタル音楽放送「ジャズSPタイム」のPRもさせて頂きました。

番組についてはこちら ▶️  

Here is Count Basie And His Orchestra with Billy Eckstine “Stormy Monday Blues”.
Wendell Culley, Thad Jones, Snooky Young, Joe Newman (tp) Henry Coker, Al Grey, Benny Powell (tb) Marshal Royal (as,cl) Frank Wess (as,fl) Frank Foster, Billy Mitchell (ts) Charlie Fowlkes (bar) Count Basie (p) Freddie Green (g) Eddie Jones (b) Sonny Payne (d)
New York, May 23, 1959

Here is Count Basie And His Orchestra with Joe Williams play “I’m Beginning to See the Light”.
Thad Jones, Joe Newman, Wendell Culley, Reunald Jones (tp) Henry Coker, Benny Powell, Bill Hughes (tb) Marshal Royal (as,cl) Frank Wess (as,ts,fl) Bill Graham (as) Frank Foster (ts) Charlie Fowlkes (bar) Count Basie (p) Freddie Green (g) Eddie Jones (b) Sonny Payne (d)
Los Angeles, April 28, 1956

Photo by Los Angeles Times
Joe Williams and Nancy Wilson sing a duet in 1999.

Joe Williamsと昨年亡くなったNancy Wilsonとの共演映像を追加添付しました。

Here is Joe Williams and Nancy Wilson with Count Basie Orch. sing ”All right Okay You Win”.