カテゴリー別アーカイブ: 神戸ジャズ愛好会

神戸ジャズ愛好会9月例会(2019年9月22日) 特集『Columbiaレーベルの名演』①

September 23,2019

今月のテーマ『Columbiaレーベルの名演』

・Y濑氏
(当日配付されたレジュメの記載を編集せず転載しました)

奇跡の名盤「カーネギーのグッドマン」
1938(昭和13)年1月16日にベニー・グッドマンがクラシック音楽の殿堂だったカーネ ギーホールで敢行したコンサートは、その歴史的な意義付けに留まらず、舞台に置かれた1本のマイクが秘かに拾っていた音がCBSに残され、長い眠りを経て1950年に33回転のLP技術と出会い、記録的な大ヒットとなる劇的な展開をみせました。
1956(昭和31)年の映画「グッドマン物語」も見た記憶もあるのですが、貧乏学生でL Pに手も出せなかった小生が、初めてコンサートの全容を聴いたのは1990年代に入ってからのSONYの日本版で、2枚組CDで5000円。油井正一の解説で、出演者への報酬配分は演奏小節で割り出し、ジーン・クルーパが最も多かったなどと書かれています。97年の再発時は3000円、 そして2000年に「完全版」が出て、それまで「録音不良で省略」とされていた2曲やグッドマン自身の曲紹介も収録が売りでした。
今回は完全版を冒頭からと思ったのですが、冒頭のグッドマンのコメントは1950年時点のものですし、削除曲はそれなりの理由があったようで、LP(あるいは初CD化当時のまま、頭からなじみの15分弱をお聴きください。

「その手はないよ→ワンオクロック・ジャンプ→ジャズの20年(センセイション・ラグ、
私はヴァージニアへ、恋人がほほ笑めば、シャイン)」

(録音全編を添付致します)

Here is Benny Goodman: January 16, 1938 Carnegie Hall (Full Concert)

本録音については、IAJRC(International Association of Jazz Record Collectors)の記事で詳しく記載されています。(2006年8月) (以下、録音時の秘話を引用します)

録音に際しては放送局の回線を極秘に使いました。その当時、CBSは毎週日曜日のニューヨーク・フィルの演奏を放送するためにカーネギーホールに常設の放送回線を設置していました。BGコンサートはCBSの電話線を通じてホールから離れたARS(Advertisers ‘Recording Service)スタジオで所謂「ダイレクトカッティング」されたようです。

Photo by The Famous 1938 Carnegie Hall Jazz Concert” by Jon Hancock

・T川氏

(当日補足資料として配付されたレジュメを添付致しました)

1. Here is Lillie Delk Christian with Louis Armstrong and his Hot Four play “You’re A Real Sweetheart”.
Lillie Delk Christian(vo) Louis Armstrong(cnt) Jimmie Noone(cl) Earl Hines(p) Mancy Cara(bj) Chicago, June 26, 1928

2. Here is The Original Cresent City Jazzers play “Carry It On Down”.
St.Louis November 261925(0keh 9410-A)

3. Here is Chas. Creath’s Jazz-0-Mamiacs play “Market Strteet Blues”.
St.Louis December 2,1924

4. Here is Kid Ory Creole Jazz Band play “At A Georgia Camp Meetig”.

5.Here is The Harlem Footwarmers(Duke Ellington) play “Mood Indigo”.

ブログ作成者も同じレコードを所蔵していました。

Sadamitsu Neil Fujita (1921-2010)

September 18,2019

Photo above of Sadamitsu Neil Fujita by Nytimes

神戸ジャズ愛好会の特集「Columbiaレーベルの名演」に関連して、アルバムデザイナーについて調べていました。

今回は戦後のデザイナーとして活躍した日系二世、S.ニール・フジタ(Sadamitsu Neil Fujita)について記載します。

下記2作品もS.ニール・フジタによるデザインです。

彼のインタビュー記事「S. Neil Fujita, 1921–2010」を読みましたが英語力の不足で困っていました。

こちら ▶️

「捨てる神あれば拾う神あり」

日頃お世話になっている寺井珠重さんの「INTERLUDE”ジャズクラブの片隅から…” 」でS.ニール・フジタについて記載されていました。「INTERLUDE 」については文末の「Jazz Club OverSeas」を参照願います。

こちら ▶️アルバム・デザインのパイオニア、S・ニール・フジタ

上記ブログをお読み頂けたら嬉しいです。私ごとき素人が付け加える事はございません。

尚、「INTERLUDE 」並びに「S. Neil Fujita, 1921–2010」でも記載されていますが、コロンビア・レコード退職後もデザイナー業界で活躍し、『冷血(カポーティ)』『ゴッドファーザー(マリオ・プーゾ)』をデザインされています。

(寺井さんのブログで印象に残った記載)

「日系人で組織された第442連隊戦闘団に従軍、玉砕した沖縄の悲惨な戦場を目の当たりにしました。」

同じ様な場面を山崎豊子「二つの祖国」で読みました。後年、NHK大河ドラマ「山河燃ゆ」でもドラマ化されたと記憶しています。

寺井さんありがとうございました。来月も(10月5日)ライブに行きますから。

Jazz Club OverSeas(大阪堺筋線本町駅)のHPを添付しました。

こちら ▶️

 

 

Columbia House Party Series(神戸ジャズ愛好会9月例会関連)

September 17,2019

1955年、コロンビアレコードは「House Party Series(ハウス・パーティー・シリーズ)と呼ばれる新しいシリーズ(10インチ盤)を発売開始しました。

レコードジャケットの左上隅に「House Party」とデザインされたロゴも有名です。

詳細は「Columbia House Party Series (CL 2501 to CL 2606) 1955-1956」をご覧下さい。

こちら ▶️

Photo by Discogs

上記添付のレコードはレコードコレクターズ創刊第2号巻頭「RANDOM MEMORANDUM」に紹介されていました。岡郷三氏の記載を添付させて頂きます。

レコードコレクターズ創刊第2号6ページを撮影しました。

YouTubeで全曲公開されています。(下記に添付しました)

こちら ▶️  Columbia House Party (Full Album) Released in 1955

Photo by Discogs

Photo by Discogs

 

Mary Osborne(メリー・オズボーン)

August 02,2019

Photo by Flicker

Mary Osborne(メリー・オズボーン)
先日の神戸ジャズ愛好会でご紹介したかった「白人ジャズウィメンの名手」です。

5月例会後の反省会(三宮)で「次回(7月)持ち寄りはメリー・オズボーンにしようかな」と言った記憶があります。今回、番外編でご紹介致します。

添付のYouTubeでは「A Girl And Her Guitar」 から3曲収録されています。

Here is Mary Osborne play ”I Love Paris〜How High The Moon〜Mary’s Good-Bye Blues”.
Tommy Flanagan (p) Mary Osborne (g) Danny Barker (rhythm-g) Tommy Potter (b) Jo Jones (ds) New York, 1959

尚、3曲目終了後(10:24)に上記アルバム以外の音源が追加されています。
(ディスコグラフィーデータから記載します。違っていたらご指摘願います。)

Here is Leon Prima Band play ”Rose room”.
Esquire Second Annual Jazz Concert
Leon Prima (tp) Julian Laine (tb) Irving Fazola (cl) Pete Laudeman (p) Frank Frederico (g) Bunny Franks (b) Charlie Drake (d) Claire Nunn (vcl) Mary Osborne (g)
Live “The Municipal Auditorium”, New Orleans, LA, January 17, 1945

1958年の映像ですが48秒と短いのが残念です。

下記ブログ(英文)も参考にしました。

こちら ▶️

Photo above of Billie Holiday and Mary Osborne on the Art Ford Show by courtesy of UMKC University Libraries

Here is Billie Holiday on Art Ford´s Jazz Party
Billie Holiday(vo),Mal Waldron(p),Mary Osborne(g)
October 7, 1958

 

神戸ジャズ愛好会7月例会(2019年7月28日)特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』③

2019年7月31日

・K氏

「Bill Evans」

1970年にヘルシンキで収録されたビデオから「Nardis」をご紹介されました。本ブログでは全編添付致しました。

Here is Bill Evans in Helsinki (1970 Live Video)
Bill Evans(p),Eddie Gomez(b),Marty Morell(ds)

「Ann Burton:Blue Burton」

当日は“I Can’t Give You Anything But Love”をご紹介されましたが、アルバム全曲お聴き下さい。

Here is Ann Burton sings “Blue Burton ( Full Album )”.
Ann Burton(vcl), Louis van Dijk (p), Jacques Schols (b) John Engels (ds) Piet Noordijk(as) Amsterdam, July 27~28, 1967

ブログ作成者から1972年のテレビ映像(ドイツ)を添付させて頂きます。
Here is Ann Burton sings ”Got To Get You Into My Life”.
Ann Burton(vcl), Wim Overgaauw(g),Louis van Dijk (p), Jacques Schols (b), John Engels (ds)

例会当日はアン・バートンの伝記(Annette Muller著)もご紹介されました。K氏が参考された下記ブログもご覧下さい。

こちら ▶️

・平野

「Lou Mecca」

ブルーノートレコードでは数少ない白人による録音です。

Here is Lou Mecca Quartet play ”All The Things You Are”.
Lou Mecca (g) Jack Hitchcock (vib) Vinnie Burke (b) Jimmy Campbell (ds)
N.J., March 25, 1955
All The Things You Are

Here is Lou Mecca Quartet play ”Bernies Tune”.
Members of the recording are the same as above.
Bernies Tune

Photo above of Eddie Lang by courtesy of YouTube

「Eddie Lang」

1920 年代の録音とは思えない斬新な演奏です。

Here is Eddie Lang and Arthur Schutt play “Eddie’s Twister”.
Eddie Lang (g), Arthur Schutt (p) New York, April 1, 1927
Eddie’s Twister

「Bix Beiderbecke」

F川さんから前回終了時に「平野君、ビックスかけるよね」と言われました。又、T川さんには「ビックス紹介権利」を譲って頂きました。下記の録音は大阪ジャズ同好会でもご紹介しました。

Here is Bix Beiderbecke plays “In a Mist”.
Bix Beiderbecke( piano solo) New York, September 8, 1927
In a Mist

上記録音は「THE BIX BEIDERBECKE STORY(上記写真)」に収録されており、故油井正一氏による長文の解説書(20ページ)は貴重な資料だと思います。

(ビックスが弾いたピアノ)Bix’s piano:Wurlitzer baby grand, serial number 124231
Photo by courtesy of jjs.libraries.rutgers.edu

 

神戸ジャズ愛好会7月例会(2019年7月28日)特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

2019年7月30日

特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

T川氏(古くからのODJC会員)

「Sunset Cafe Stompers」

当日は「Carry Me Back To Old Virginy」をご紹介されました。お恥ずかしい話ですが「Sunset Cafe Stompers」というグループ名を初めて知った次第です。(汗)

当日ご紹介されたCDについては こちら ▶️ をご覧下さい。

今回は小生が馴染みのある曲を添付致します。

Here is Sunset Cafe Stompers play “Apex Blues”.

グループの詳細については下記HPをご覧下さい。

こちら ▶️

「Lu Watters Yerba Buena Jazz Band」

このバンドのレコードは持っています。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play “Riverside Blues”.

1曲追加させて下さい。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play ”Sunset Cafe Stomp”.
Lu Watters, Bob Scobey(tp) Turk Murphy(tb) Ellis Horne(cl) Wally Rose(p) Clancy Hayes, Russ Bennett(bj) Squire Girsback(tu) Bill Dart(d)
San Francisco, CA, March 29, 1942

「Monty Sunshine」
モンティ・サンシャインはイギリスのトラッド・ジャズシーンで活躍したクリス・バーバーのバンドでクラリネットを担当していました。

当日は「Love Like A Violin」ご紹介されましたが、1990年の映像を添付致します。

Here is Monty Sunshine Band play “Old Rugged Cross”.

「Sharkry’s Kings Of Dixieland」

このバンド名も当日初めて聞きました。奥が深いです!

Here is Sharkry’s Kings Of Dixieland play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

T川さんが“Auf Weidersehn Sweetheart”は「ラジオ神戸で放送していた電リクのエンディング曲」であるとコメントされました。小生は電リクは聞いたことがありませんが、例会に参加されていた多くの会員は「ああ、あの曲や!」と思われたでしょう。電話リクエスト(ラジオ神戸)については下記のサイトを参照願います。

こちら ▶️

Here is Les Baxter play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

「Lee Wiley」

Here is Lee Wiley sings “Let’s Do It”.
Lee Wiley(vo) Bunny Berigan(tp) Joe Bushkin(p) Sid Weiss(b) George Wettling(ds)
New York,April 10,1940

「Buddy DeFranco」

直前に出演していたオスカー・ピーターソンによる司会もお聴き下さい。

Here is Introduction for Buddy DeFranco by Oscar Peterson.

Here is Buddy DeFranco Quartet play ”Street Of Dreems”.
Buddy DeFranco(cl) Kenny Drew(p) Eugene Wright(b) Art Blakey(ds)
At The Blue Note,Chicago May 1,1953

「Art Pepper」(ラジオ放送「Stars Of Jazz」から)

43年前「Calliope盤」として発売された事もありました。

Here is Art Pepper Quartet play ”Everything Happens To Me”.
Art Pepper(as) Larry Bunker(p) Don Payne(b) Chuck Flores(ds)
LA,March 31,1957

「Stars Of Jazz」については下記英語サイトに詳しく記載されています。

こちら ▶️

ブログ作成者から1曲追加させて下さい。

Lee WileyとBunny Beriganが共演した録音日「1940年4月10日」をディスコグラフィーで確認してびっくり!

この日、Bunny BeriganはTommy Dorsey楽団のトランペット席でスター歌手Frank Sinatraの伴奏も行っていました。
又、The Pied Pipersも控えておりJo Staffordも一緒にいた訳ですね。

Here is Tommy Dorsey And His Orchestra with Frank Sinatra play ”I Haven´t the Time to Be a Millionaire”.

Tommy Dorsey And His Orchestra: (vcl) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers
Bunny Berigan, John Dillard, Ray Linn, Jimmy Blake (tp) Les Jenkins, George Arus, Lowell Martin (tb) Johnny Mince (cl,as) Fred Stulce (as,arr) Hymie Schertzer (as) Paul Mason, Don Lodice (ts) Joe Bushkin (p) Clark Yocum (g) Sid Weiss (b) Buddy Rich (d) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers (vcl) Sy Oliver, Axel Stordahl, Dean Kincaide (arr) Tommy Dorsey (tb,ldr)
New York, April 10, 1940

神戸ジャズ愛好会7月例会(2019年7月28日)特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』①

2019年7月29日

神戸ジャズ愛好会7月例会の特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』

今回は4人のベテラン会員がご紹介された演奏をお楽しみ下さい。尚、僭越ながらブログ作成者が追加した音源もございます。

Y瀬氏(8月度大阪ジャズ同好会で特集「また暴挙ご容赦〜さまざまなSUMMERTINE で60分』を担当されます)

「Gerry Mulligan」

(以下、当日配付されたレジュメのコメントを修正せず転載します)

マリガンにパリが大熱狂
ジャズを手ほどきしてくれた遠縁の従兄に影響され、ブルーベックにはまった私が、初めての冒険で大枚?をはたいたのがジェリー・マリガンのパリ・コンサート盤でLPの両面に各4曲。 三色旗のジャケが粋で、バリトンサックスの音が凄くて、何よりもピアノレスの編曲が素敵でした。そのマリガンとブルーベックが組んだ時代もありさらにCDの時代に入って全18曲収録盤まで現われました。ファン大熱狂の中でのメンバー紹介に続き、最も気に入りの曲と、拡大盤からの1曲を。

Here is Gerry Mulligan Quartet play ”Love me or Leave me”.
Bob Brookmeyer (valve tb), Gerry Mulligan (bs), Red Mitchell (b), Frank Isola (ds)
Paris June ,1,1954

Here is Gerry Mulligan Quartet play ”Bark for Barksdale”.
Members of the recording are the same as above.

下記はGerry Mulliganの公式HPです。(いつも参考にしています)

こちら ▶️

M渡氏(神戸ジャズサロン主宰者)

「 Tal Farlow」

Here is Tal Farlow Quartet play “These Foolish Things”.
Claude Williamson(p) Tal Farlow(g) Red Mitchell(b) Stan Levey(ds)
LA January 17,1955

Here is Tal Farlow Quartet play “I Remember You”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Tal Farlow Quartet play ”How Deep Is The Ocean”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Tal Farlow Quartet play “Manhattan”.
Members of the recording are the same as above.

当日は上記の他に「Fascinating Rhythm」をご紹介されましたが、この曲に関しては映像を添付します。

Here is Tal Farlow Trio play “Fascinating Rhythm”.
Tommy Flanagan and Red Mitchell

下記写真はブログ作成者が大阪ジャズ同好会でご紹介したTal Farlowに関する名著です。

 

F川氏(大阪ジャズ同好会で新譜紹介をされています)

「Gene Dinovi(ジーン・ディノヴィ)」

当日は「Jordu」他1曲をご紹介されましたが、本ブログでは同じアルバムから 「I concentrate on you」を添付致します。

Here is Gene Dinovi Trio play “I concentrate on you”.
Gene Di Novi (p) Neil Swainson (b) Kazuaki Yokoyama (ds)
Yokohama, November 21, 2006

同じくマシュマロレコード制作でもう1曲添付しました。

Here is Gene DiNovi Trio play “So In Love”.

Gene DiNovi (p)Neil Swainson (b)Terry Clark (ds)
Canada March 2001

マシュマロレコードのHPで詳細をご確認願います。

こちら ▶️ HP右端のARTISTS(一番上)「GENE DINOVI」をクリックして下さい。

ブログ作成者からサイドメンとして参加した録音を1曲追加させて下さい。

Here is Lester Young And His Band play “The Sheik of Araby”.
Lester Young (ts) Gene Di Novi (p) Chuck Wayne (el-g) Curly Russell (b) Tiny Kahn (d)
New York, December 29, 1947

 

Photo by AllMusic

N瀬氏(サックスも吹かれるドクターです)

「Gil Evans」

Here is Miles Davis With Gil Evans Orchestra play “Springville”.
Miles Davis – Flugelhorn
Gil Evans – Arranger, Conductor
Johnny Carisi, Bernie Glow, Taft Jordan, Louis Mucci,Ernie Royal(tp)
Lee Konitz(as)
Joe Bennett, Jimmy Cleveland, Frank Rehak(tb),Tom Mitchell(btb)
Edwin Caine,Sid Cooper,Romeo Penque -(flute, cl),Danny Bank(bcl)
Jim Buffington, Tony Miranda,Willie Ruff(French Horn),Bill Barber(tuba)
Paul Chambers(b),Art Taylor(ds)
NYC May 23,1957

ブログ作成者から1曲追加させて下さい。

上記傑作の4ヶ月後にGil Evansは最初の自己リーダー作を録音しています。

Here is Gil Evans And Ten play ”Remember”.
John Carisi, Jake Koven (tp) Jimmy Cleveland (tb) Bart Varsalona (b-tb) Willie Ruff (fhr) Lee Konitz (as) [as Zeke Tolin (as) ] Steve Lacy (sop) Dave Kurtzer (bassoon) Gil Evans (p,arr,cond) Paul Chambers (b) Jo Jones (d)
Hackensack, N.J., September 6, 1957