カテゴリー別アーカイブ: film

大阪ジャズ同好会第37回例会(2019年6月9日) 持ち寄り『1960年代のジャズ』②

June 12,2019

Photo by courtesy’s of http://www.ricocks.net

今回は参加者持ち寄り『1960年代のジャズ』の2回目です。

・Y瀬氏
1961年に録音されたドリス・デイとアンドレ・プレヴィントリオによる「DUET」とドリス・デイの追悼として「MY HEART」も併せてご紹介されました。以下、当日配付された案内を修正せず転載します。

ドリス・デイとアンドレ・プレヴィン、そしてテリー・メルチャーのこと
2019年6月の持ち寄りテーマ「1860年代ジャズ」で、ドリス・デイを紹介したい・・・と考 えました。18歳だった1940年、レスブラウン楽団の専属歌手として芸能界デビューし た彼女ですが、早々にトロンボーン奏者のアル・ジョーダンと結婚して妊娠。中絶要求を 拒んで愛息テリーを産んだものの家庭内暴力に悩み2年で離婚。46年の再婚もわずか8カ月で破局した後、3度目の夫で代理人マーティイン・メルチャーの尽力もありワーナー映画 のオーディションをパスし、その主題歌を含めて映画の世界で大成功を納めていきます。
そんな彼女が、ウエストコースト系のジャズピアニストとしてスタートし、同じハリウッドのMGM映画で音楽監督をしていたアンドレ・プレヴィンとコロンビアレコードのスタジオで出会ったのが1861年。彼は後にクラシックの世界でも世界各地の交響楽団の指揮者や監督を務めた人物です。共にジャズに飢えていた2人が、化学反応を起こして吹き込んだのが「DUET」です。ドリスとプレヴィン・トリオ(レッド・ミッッチェルb、フランク・ キャップds)にとって、ジャズマインドに満ちたまさに奇跡の1枚になりました。
①CLOSE YOUR EYE
②MY ONE AND ONLY LOVE
プレヴィンは今年2月28日、90歳を目前に亡くなっていたことを知り、その追悼にもなるかと思ったのですが、ドリスは2004年に先立った愛息テリー(メルチャー姓に改名)のため、(歌いたくて歌った)新旧のお気に入り音源による新作「MY HEART」を2011年に発表。この中でテリー作の表題曲を労苦を共にしたbuddy(相棒・同志) へのメッセージを語るなど、なお健在だったのですが、残念ながら今年5月13日に97 歳で逝去。これまた追悼盤ということになってしまいました。ちなみに、先ほどの②は、 この「MY HEART」にも収録されており、ドリスの愛着ぶりがしのばれます。
③MY HEART
④Message for Terry

Here is Doris Day sings “CLOSE YOUR EYE”.
Doris Day (vcl) acc by Andre Previn (p) Red Mitchell (b) Frank Capp (ds)
Hollywood, CA, November 30 & December 16, 1961

Here is Doris Day sings “My One And Only Love”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Doris Day sings “My Heart” (from New Album 2011)

当日は「ドリス・デイのメッセージ」(30秒)だけのご紹介でしたが、本ブログでは全編お聞き頂けるYouTube映像(収録された写真が秀逸です)を添付しました。

Here is Doris Day with Terry Melcher

・T村氏

1960年代は、前衛ジャズの台頭、ビートルズ旋風、ボサノバや電化サウンドの流行などで、主流派ジャズが翻弄された時代でした。マイルス・デヴィスとジョン・コルトレー ンが時代を席巻したように思います。ここでは、伝統を守り、頑張っていた中間派ジャズを紹介します。
①Sweet Georgia Brown」(July.2.1964)
シカゴ派のオールスターズが、一堂に会してのニューポートジャズフェスティバルでの演奏です。
②「Swinging at the Coppers ‘Rail」(May.2 .1961)
1960年代初頭のバッククレイトン・オールスターズの欧州ツアーの演奏です。私の一番好きなジャズです。
③「Autumn Leaves」(Apr.29.1967)
ドン・バイアスの晩年のドイツで行われたライヴ演奏です。

1.Here is Newport Jazz Festival All Stars play “Sweet Georgia Brown”.
Muggsy Spanier, Max Kaminsky,Wingy Manone, Joe Thomas, George Brumies(tp) ,Lou McGarity(tb) ,Edmond Hall,Peanuts Hucko(cl),George Wein(p),Bob Haggart, Slam Stewart(b),Jo Jones,Buzzy Drootin(ds)  July 2,1964

添付の音源では、最初の曲「Sweet Georgia Brown」含め収録された全12曲を聴くことが可能です。

2. Here is Buck Clayton All Stars play “Swinging at the Coppers ‘Rail”.
Buck Clayton,Emmett Berry(tp),Dickie Wells(tb),Earle Warren(as)
Buddy Tate(ts), Sir Charles Thompson (p), Gene Ramey(b), Oliver Jackson(ds) May 2,1961

3. Here is Don Byas Quartet play “Autumn Leaves”.
Don Byas(ts), Sir Charles Thompson(p), Isla Eckinger(b), Peter Schmidlin(ds)
April 29,1967

ブログ作成者からDon Byasのドキュメンタリー映像を追加致します。川で釣りをしているシーンから始まります。(前半のBGは関係なく、Don Byasの映像が開始する箇所から添付しております)

Here is Don Byas Documentary Complete

・H氏(ODJC会員)

George Lewis in Tokyo 1963(1963年8月21日東京厚生年金会館ホール)

H氏は1965年(3度目の来日)の公演は行かれたそうです。

Here is George Lewis and His New orleans All Stars play “The world Os Waiting For The Sunrise”.

Punch Miller(tp), Louis Nelson(yb), George Lewis(cl), Joe Robichaux(p), Emanuel Sayles(bj), Pap John Joseph(b), Joe Watkins(ds)  August 21,1963

「ライブ・イン・ジャパン名盤選」(AERA.dotから)
林 建紀氏による解説が良いと思いましたので添付しました。(2011.6. 2)

こちら ▶️

上記来日公演に参加した「パンチ・ミラー(トランペット奏者)」が映画「シンシナティ・キッド」の冒頭シーン(葬送シーン)に出演していた事をお話しされました。

 

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)④特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン(2)」

May 29,2019

特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」の2回目ですが、お二人が同じCDアルバム「The Essential George Gershwin」(上記写真)から選曲されました。

N氏(神戸市在住)

1.「前奏曲第2番」by ジョージ・ガーシュウィン(自演)

Here is George Gershwin play ”Prelude 2”.

Here is Gershwin plays ”I Got Rhythm ”.(1931)

2.「Summertime」by Billie Holiday

Here is Billie Holiday And Her Orchestra sings ”Summertime”.
Billie Holiday (vcl) acc by Bunny Berigan (tp) Artie Shaw (cl) Joe Bushkin (p) Dick McDonough (g) Pete Peterson (b) Cozy Cole (ds)
New York, July 10, 1936

3.「Someone to Watch Over Me」by Frank Sinatra

Nさんが高校生の時に観た映画でFrank Sinatraが唄っていたシーンのお話をされました。
Here is Frank Sinatra sings ”Someone to Watch Over Me”.

Here is Frank Sinatra sings ”Someone to Watch Over Me”.

2.M氏(神戸ジャズサロン主宰者)

1.「A Foggy Day」 by Rosemary Croony

Here is Rosemary Croony sings ”Foggy Day”.

2. 「Liza」 by Benny Goodman Band

”Liza”含めメドレー演奏の映像がありました。

Here is The Benny Goodman Trio play “Gershwin Medley”.
“The Man I Love〜Embraceable you〜Lady Be Good〜Somebody Loves Me〜Liza”
Benny Goodman(cl),Mel Powell(p),Roy Burnes(ds)
March 23, 1957 New York

3. 「S’Wonderful」 by Dinah Shore and Buddy Clark

Here is Dinah Shore and Buddy Clark sings ”S’Wonderful”.

4. 「Soon」by Dorothy Kirsten

Here is Dorothy Kirsten sings ”Soon”.

【追悼】Doris Day
5. 「But Not For Me」

Here is Doris Day sings ”But Not For Me”.

映画「Lullaby of Broadway」のシーンを添付します。

Here is Doris Day ”Somebody Loves Me (Lullaby of Broadway)”.

 

大阪ジャズ同好会第36回例会(2019年4月14日) 概要③持ち寄り「『マイ・ベスト・マイルス・デヴィス』(前)

April 17,2019

Jeanne Moreau and Miles Davis during the recording of the music for Louis Malle’s film “Elevator to the Gallows,” in December, 1957.Photograph by AGIP / RDA / Everett

4月例会の持ち寄り『マイ・ベスト・マイルス・デヴィス』については、2回に分け(前半は4人)ご紹介させて頂きます。

・Y瀬氏(レジュメに記載されたコメントを編集せず転載致しました)

学生のころにいた森小路に近い千林商店街のレコード店で「来月出るのが凄いらしいよ」 と教えられたのが1957(昭和32)年3月発売の「ラウンド・ミッドナイト」です。マイルスのメジャー・レーベル移籍第1弾で、それまでマイルスを聴いたことは無かったのですが、その音盤以上に衝撃を受けたのは翌58年9月に公開された映画「死刑台のエレベータ ー」でした。そのサウンドトラックと、後年に完全版として追加されたテストテイクを合わせて、マイルスとルイ・マル、そしてジャンヌ・モローの輝きをご堪能ください。
1.「テーマ(GENERIQUE)」
2.「ドライブウェーのスリル」
3.「プティバックの酒場にて」
(以上サウンドトラック)
4.「シャンゼリゼの夜(テーマ)」
(テイク1-3 冒頭各0:30+テイク4)

本ブログでは映画の予告編を添付しました。

ご紹介された「テイク1-3 冒頭各0:30+テイク4」を本ブログで再現しました。

 

・T村氏(レジュメに記載されたコメントを編集せず転載致しました)

マイルス デヴィスの持ち味が最もよく表れた演奏が、プレスティジのマラソンセッ ションです。バラードのワンホーンを二曲聴いてください。
1.「When I Fall In Love」
2.「It Never Entered My Mind」(May 11,1956)
Miles Davis(tp) Red Garland(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds) John Coltrane(ts)が加わっての演奏です。
3.「Airegin」(Oct.26,1956)
個人的には、ジョン コルトレーンを帯同した1960年の3月のJATPの欧州ツア ーでのマイルスが一番好きですが、マイルスがかすむくらいコルトレーンが凄すぎて、今 回は取り上げるのを遠慮(?)しました。マイルスは、私の最初のアイドルであり、特別な存在です。1960年代の末に二度目の来日公演が、トニー ウイリアムスの麻薬が原因で中止になった時ほど失望したことはありません。

Here is Miles Davis Quartet play “When I Fall in Love”.
Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, May 11, 1956

Here is Miles Davis Quartet play “It Never Entered My Mind”.
Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, May 11, 1956

Here is Miles Davis Quintet play “Airegin”.
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, October 26, 1956

 

・K氏(今回の特集を担当されました)
Another Tracks Of Kind Of Blueより「Blue In Green」
Here is Miles Davis Quintet play “Blue In Green”.
Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), John Coltrane(ts), Bill Evans(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds)
Columbia 30th Street Studios, NYC, March 2, 1959

 

・N瀬氏(神戸ジャズ愛好会のベテラン会員)
Miles Davis European Tour ’56より「How High The Moon」
Here is Miles Davis and Lester Young play “How High The Moon”.
Miles Davis(tp) Lester Young(ts) John Lewis(p) Milt Jackson(vi) Percy Heath(b) Connie Kay(ds)
Germany,Nov.12,1956

UNSPECIFIED – CIRCA 1970: Photo of Lester Young Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images

神戸ジャズ愛好会3月例会(2019年3月21日)①「映像コーナー」「持ち寄りコーナー」

March 25,2019

3月例会には18人の会員が参加されました。3月例会の概要については「映像コーナー」「持ち寄りコーナー」からご紹介致します。

映像コーナー(以下、寺本世話人のコメントを編集せず転載致しました)

非常にレアなグラント・グリーン(1935年6月6日~1979年1月31日)の映像をお送りしたいと思いま す。この映像は最近発掘された「Grant Green / Funk In France」(Resonance HCD-2033)の1枚目のCDで1~5の演奏と同一です。彼としては中期の演奏になるものですが、funk色よりもJazz色の方 が強い演奏となっています。
Grant Greeen(g) Larry Ridley(b) Don Lamond(ds) Oct, 26, 1969 (La Maison de la radio, studio 104 in Paris)

Here is Grant Green Trio play “I Don’t Want Nobody To Give Me Nothing”〜“Oleo”〜“How Insensitive”〜“Untitled Blues”〜“Sonnymoon For Two”.

・K氏
「あなたの好きなカウント・ベイシー(今月のテーマ)』ということで、DVD映像を持参されました。
当日は2曲「Easin’ It」「Corner Pocket」を紹介されましたが、添付の34分の映像をお楽しみ下さい。最後のドラムソロは必見です。

Here is Count Basie and His Orchestra Live in Sweden 1962. “
Count Basie(p,dir) Al Aarons , Sonny Cohn , Thad Jones , Snooky Young (tp), Henry Coker,Quentin Jackson , Benny Powell (tb) Marshall Royal (as), Frank Wess, Eric Dixon, Frank Foster (ts), Charlie Fowlkes (bs), Freddie Green (g), Eddie Jones (b), Sonny Payne (ds)

本DVDの詳細についてHPをご覧下さい。こちら ▶️

Photo by Discogs

「持ち寄りコーナー」
・S氏(今回もお気に入りのライオネル・ハンプトンの名演をご紹介されました)

Here is Lionel Hampton Quintet play “Flying home”.
Lionel Hampton (vib) Buddy DeFranco (cl) Oscar Peterson (p) Ray Brown (b) Buddy Rich (d)
New York, April 13, 1954

「The Lionel Hampton Story 1908-2002」を下記に添付致しました。お時間あればご覧下さい。

こちら ▶️

Alice Babs(2)

Octorber 01,2018

今回はアリス・バブス(Alice Babs)が出演した初期の映画含め1950年代後半に「The Swe-Danes」というグループに参加した時の映像を投稿致します。

尚、スウェーデン映画並びにThe Swe-Danesについては詳しくありません。添付した映像についてのコメントは差し控えさせて頂きました。

1940年に映画「Swing it, magistern!」に起用されています。

 

1941年「Magistrarna på sommarlov」 に出演しました。

 

1942年「Vårat gäng」 という映画に出演しています。

 

次の映像はThe Swe-Danesに参加する前の映像と推測します。

 

1959年のスタジオ収録

The Swe- Danes
スヴェンド・アスムッセン(Svend Asmussen)、ユーリク・ノイマン(Urlik Neumann)という芸達者な男性二人を従えたコーラス・トリオ(1958年結成し1961年に解散)

尚、スヴェンド・アスムッセンは昨年(2017年2月)、100歳の天寿を全うしました。

Photo by YouTube

 

The Swe-Danesの映像を2本ご覧下さい。

前回のブログに対して、FB友の長谷川光氏から貴重なコメントを頂戴しました。

「Swe-Danes前とSwe-Danes後で感じ変わりますね。
声楽の教育を受けた凄さが分かるのはSwe-Danesの時と感じます。」

最後にDuke Ellington楽団と共演した映像を添付しました。

 

The Jazz Sceneに収録されたRalph Burns と George Handy

August 03,2018

Night Lights is a weekly one-hour radio program of classic jazz hosted by David Brent Johnson and produced by WFIU Public Radio.

私がいつもインターネットで聴取しているジャズ番組「Afterglow」でノーマン・グランツ(Norman Granz)の特集が予定されています。

8月9日に番組が公開される予定です。詳細は ▶️ こちらをクリック

現在、2年前に「Nights Lights」で放送された「Norman Granz’s Jazz Scene」をスクリーミング放送で聞く事が可能です。

▶️ こちらをクリック

上記ストリーミング放送ではノーマン・グランツが1949年4月に製作した「The Jazz Scene」を紹介しています。オリジナルは12インチSPレコードのセットで限定5,000部が製作販売されノーマン・グランツ自身のサインとシリアル・ナンバーが記載されたそうです。

Ralph Burns, Edwin A. Finckel, George Handy, Neal Hefti, Johnny Richards, and Eddie Sauter (at MOMA 1947) Photo by William P.Gottlieb

個人的にはJATPの興行主でもあったノーマン・グランツがラルフ・バーンズ(Ralph Burns)と ジョージ・ハンディ (George Handy)を起用している事が興味深いです。以下2曲添付しました。

Here is George Handy And His Orchestra play “The Bloos”.
Pete Candoli, Sonny Berman, Al Killian, Conrad Gozzo, Dale Pierce (tp) Bill Harris, Ollie Wilson, Ed Kusby (tb) Evan Hall, Vince DeRosa (fhr) Jules Jacobs (oboe) Robert Swanson (bassoon) Art Fleming (contra-bassoon) Harry Klee (as,fl,cl) Hal McKusick (as) Herbie Steward, Lucky Thompson (ts) Chuck Gentry (bar,b-cl) Dodo Marmarosa (p) Arvin Garrison (g) Harry Bluestone, Robert Jamison, Carl Walker (vln) Arthur Kafton (cello) Red Callender (b) Don Lamond (d) Jimmy Pratt, Jackie Mills (perc) George Handy(arr,dir)
Los Angeles,October 15, 1946

The Bloos

Here is Ralph Burns And His Orchestra play “Introspection”.
Sonny Berman, Conrad Gozzo (tp) Bill Harris, Ollie Wilson (tb) Vince DeRosa (fhr) Hal McKusick, Harry Klee (cl,as,fl) Herbie Steward, Lucky Thompson (ts) Chuck Gentry (bar) Dodo Marmarosa (p) Arvin Garrison (g) Red Callender (b) Don Lamond (d) Ralph Burns (arr,comp)
Los Angeles, probably October 15,1946

Introspection

Ralph Burns は後年(1951年)クレフレコードでLee Konitz 並びにストリングス編成の「Free Forms」を録音しています。この10インチ盤持っていますが久しく聞いていないです。お恥ずかしい限りです。

Here is Ralph Burns Orchestra with Lee Konitz “Vignette at Verney’s”.

余談ですが「The Jazz Scene」にはジョン・ミリ(Gjon Milli)が撮影した写真が32枚含まれていました。Gjon Mili監督による「Jammin´ The Blues 」はアカデミー賞でノミネートされました。

Here is “Jammin´ The Blues” by Goon Mili(1944年)

Melba Liston(4)

June 16.2017

Photo above of Buck Clayton band with Melba Liston by courtesy of UMKC WordPress

Melba Liston had a particularly difficult time when she went on a Southern tour with Billie Holiday.

Southern racism was rife and the crowds were sparse.

After returning her home,she put her trombone down.

She took a desk job at the Los Angeles School Board and won some small movie roles.

She said of this experience:

“I had a long thing with Lana Turner and walked around behind her playing a harp in The Prodigal (1955) and was a member of the palace orchestra in The Ten Commandments. “

In 1956 Melba Liston returned to playing her trombone in Dizzy Gillespie’s orchestra commissioned by the U.S. State Department as a musical ambassador of the U.S. in South America.

She wrote and arranged many of her most memorable tunes during her work with Dizzy’s ambassador orchestra including “Stella By Starlight,” “My Reverie,” and “The Gypsy.”

Photo above of Dizzy in South America: Official U.S. State Department Tour, 1956 by courtesy of AvaxHome

In 1958, Melba Liston recorded her only album as a leader, “Melba Liston and Her ‘Bones” – a true gem in jazz history.

At the end of the 1950s, Liston joined up with Quincy Jones’ big band as it headed over to Europe.

Liston played trombone, soloed, and contributed both charts and original compositions to Jones’ orchestra.

Also she arranged and conducted the bassist Charles Mingus 1962 Town Hall Concert.

Melba Listonが同行したBillie Holidayの南部への興行は困難を極めた。
南部では根強い人種差別主義が蔓延していて観衆の入りも少なかった。
巡業が終わり自宅に帰ったMelbaはトロンボーン演奏を辞めてしまいました。
ロサンゼルス教育委員会での仕事に従事しハリウッド映画の端役にも出演していました。
彼女はこの経験について回想します。

「The Prodigal(1955制作)ではLana Turnerの後ろで歩き廻りながらハープを演奏したり、「十戒」では宮殿でのオーケストラのメンバーの一人として演奏していました。」

1956年、米国務省初の親善大使としてDizzy Gillespieが率いたオーケストラに加入しトロンボーンを演奏しました。
この時「Stella By Starlight」「My Reverie」「The Gypsy」など記憶に残る編曲をDizzy Gillespieオーケストラに提供しました。
1958年、彼女の唯一のリーダーアルバムになった「Melba Liston and Her ‘Bones」をレコーディングしています。
1950年代末、Quincy Jonesバンドに参加しヨーロッパ各地で演奏しました。
もちろんオーケストラ編曲とオリジナル作品も提供していました。
又、彼女の貴重なソロ演奏も映像に残っています。
1962年、Charles Mingus Town Hall Concertでは編曲を提供しオーケストラの指揮者としても参加しています。

Here is Melba Liston and Her Bones play “Zagred This”.
Melba Liston, Frank Rehak(tb),Marty Flax(bs),
Walter Davis Jr(p),Nelson Boyd(b), Charlie Persip(ds)
June 1956

Here is Quincy Jones band with Melba Liston play “My Reverie”.