カテゴリー別アーカイブ: Japanese Musician

神戸ジャズ愛好会11月例会『ドラムの名手達』①        

November 21,2018

先日、神戸ジャズ愛好会に参加しました。例会の案内をご覧下さい。

前回は台風のため中止としたため久しぶりの例会です。
特集:「ドラムの名手達」
ドラムは重要なリズム楽器として現在に至るまで発展を遂げてきていますが、ジャズの歴史の中で誰しも好きなドラマーが一人はいると思います。そのドラマーの演奏をご紹介ください。(必ずしもドラム奏者がリーダーである必要ではありません。)(一人15分以内でお願いします。)

特集には6人の会員がお気に入りの録音盤を持ち寄りました。今回は4人がご紹介された演奏家をお楽しみ下さい。

・T川氏
1. Yoichi Kimura(New Orleans Rascals) (SAM CD003)
「Silver Threads Among The Gold」
2.Cie Frazier(Kid Howard Band)(Icon LP-8))
「Willie The Weeper」
3.Sammy Penn(Kid Thomas Band)(Icon LP-3)
「Just A Closer Walk With Thee」
4. Baby Dodds(solo) (LI M8/ALP241)
「Spooky Drums No,1」
5.ドラマー不明(Country Brass Band) (Folkways LP FA2650)
「Just Over In The Gloryland」

T川さんが木村陽一さんから直接お聞きされたお話を引用します。
「ニューオーリンズで修行した時にベイビー・ドッズよりもシー・フレイザーにドラム奏法をよく教わった」

Yoshimasa Kasai 笠井義正(cl) and Yoichi (Yo )Kimura 木村陽一(ds) 写真はFB友人笠井正氏のYouTube映像からお借りしました。

Here is New Orleans Rascals play ”When You Wore A Tulip”
河合良一(Cl) 川合純一(Bj) 木村陽一(Ds) 石野美惠子(P) 村橋 健(B)
田村浩一(Tp) 秋定 暢(Tb)
OSAKA BIG RIVER JAZZ FESTIVAL 2018.5.5

Photo above of Josiah “Cie” Frazier by courtesy of Tulane University

Here is Kid Howard with Cie Frazier play ”Willie the weeper”.
Kid Howard (tp,vcl) Eddie Summers (tb) Israel Gorman (cl) Emanuel Sayles (bj) Louis James (b) Josiah “Cie” Frazier (d)
New Orleans, August 31, 1961

Photo above of Sammy Penn by courtesy of Flicker

Here is Kid Thomas with Sammy Penn play ”Just a closer walk with thee”.
Kid Thomas (tp) Louis Nelson (tb) Paul Barnes (cl) Emanuel Paul (ts) Joe James (p,vcl) George Guesnon (bj,vcl) Alcide “Slow Drag” Pavageau (b) Sammy Penn (d,vcl)
New Orleans, LA, July 3, 1960

Here is Baby Dodds play “NEW ORLEANS DRUMMING”.

Here is Country Brass Bands play ”Just Over in the Gloryland”.

 

スヰングジャーナル 1952年6月号

・Y瀬 氏「ドラマーブームのころ」(下記は当日配付されたレジュメの内容を修正せず記載しました)

特集「ドラムの名手達」に、いわば「懐メロ」で参加させてください。ジャスの存在さえ知らずに少年期を過ごした後、戦後7年の1952年に突如来日したジーン・クルーパ
(1909~73)トリオは衝撃で した。 SP 2枚組4面にわたるハンプトンの「スターダスト」でジャズに目さめたのとほぼ同時期。EPで3曲(LPでは7曲)の演奏にしびれました。これに刺激され、ジョージ川口(1927.6.15~2003.11.1)、ジミー竹内 (1930.6.29~2009.12.29)、白木秀雄(1933.1.1~ 1972.8.22)のドラマー三羽鳥時代が来るのですが、ここでは演奏時間も短めにして日米各1人を披露。
1.「荒城の月」(1952)(ジーン・クルーパ・トリオ)
チャーリー・ヴェンチュラ(ts) テディ・ナポレオン(0)

2.「ホワイト・ジャケット」(1953)(ジョージ川口&ビッグフォー)
松本英彦(ts)小野満(b)中村八大(p)

3.映画「男と女」の例の「シャバダバダ」と、ヒット中の1967年にフランス公演したMJQがご当地サービスで演奏したレア音源(8:00)
*Y瀬氏から「コニー・ケイの躍動したドラミングをお聞き下さい」とのコメントでした。

Here is Gene Krupa Trio play 「荒城の月」and「銀座なストムプ」

Here is ジョージ川口ビッグフォー 映画「青春ジャズ娘」(1953年制作)
ジョージ川口(d),松本英彦(ts),中村八大(p),小野満(b)

Photo by Discos

Y瀬さんがご紹介された音源は提供できませんので、ブログ作成者のお気に入りを添付しました。

Here is Andre Condouant Quartet play “Brother Meeting”.
Andre Condouant (g),Percy Heath (b),Connie Kay (ds),Eddy Louiss (p)

・K氏「ブログ作成時にはAnita O’Dayの映像でお願いしますとのリクエストがございました」
Here is Dave Bailey Sextet play ”Osmosis”.
Kenny Dorham(tp), Curtis Fuller(tb), Frank Haynes(ts), Tommy Flanagan(p),Ben Tucker(b),Dave Bailey(ds)NYC, October 1, 1961

Here is Anita O’DAY and Roy Eldridge with Gene Krupa Orchestra play ”Let Me Off Uptown”.

photo by Wikipedia

・N氏「インパルス盤を是非聞いて下さい」
Here is Chico Hamilton and Charles Lloyd play “Forest Flower: Sunrise/Sunset”.
Chico Hamilton(ds),Charles Lloyd(ts), Gabor Szabo(g), Albert Stinson(b)
New Jersey,December 11, 1963

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(4) 持ち寄り『40年代のジャズ』②

October 12,2018

Y瀬氏「私的体験に基づく1940年代の音楽 」(当日配付されたレジメの内容を、Y瀬氏了解により一部編集しました)
ジャズ史的には「スイングとバップが同居した特異な時代」である1940年代だったの でしょうが、敵性音楽のレッテルを貼られて厳しく規制されたこともあるその時代(昭和15〜24年)を、ガキから少年期に実体験した者にとっては、全く違った景色でありまし た。

1.「金比羅船々・木曽節」和田肇(p)(1942年)
祖母が夕餉の支度を始める頃にラジオから流れる和田肇のピアノ。世界で一番うまい人だろうと思っていました。淡谷のり子と結婚。後の奥さんとの子が日活スターの和田浩二。後年、ヴィブラフォンの鍋島直昶氏から「あれはジャズだったよ」と教えられて驚きました。

例会当日ご紹介された「金比羅船々・木曽節」については音源が提供出来ません。代替として「日本俗曲集(和田肇編曲)」から添付します。

Here is Hajime Wada(和田肇) plays “かっぽれ・奴さん”.

旧大阪歌舞伎座 by Wikipedia

2.「夜のタンゴ」(ポーラ・ネグリ)(1937年制作=日本公開1941年)
中学2年の頃、旧・歌舞伎座近くの映画館の艶然たる美女の看板に書かれた題名 「したらアカンで!」といつも祖母に戒められる言葉を含む「ゴンタの夜」。
タンゴという単語をそれまで知らず、左頭で読んで「どんな映画?」と聞いて大笑いされました。友邦ドイツと中立国アルゼンチンの音楽タンゴは戦中も規制を免れ、外の風を運び続けました。

Here is Pola Negli(ポーラ・ネグリ) sings “Tango Notturno 夜のタンゴ”

3.「熱風」(カルア・カマアイナス)(1942年)
バッキー白方、灰田晴彦らハワイからの帰国組に朝吹英一(vib)ら慶応ボーイを加えて1937年ごろ結成。華族の子弟が多く、カオを効かせた部分も含めてハワイアンを「南方音楽」と言い逃れ、戦中も「南海楽友」と名を変えてしぶとく生き延びたそうです。

例会当日ご紹介された「熱風」については音源が提供出来ません。
代替としてワイラナ・グラス・シャック・ボーイズ(カルア・カマアイナスの変名バンド)が『セントルイス・ブルース(St.Louis Blues)』を録音した音源を見つけました。
添付のHPで聴くことが可能です。

➡️  こちら

4.「ラッパと娘」(笠置シヅ子)(1941年)
敗戦2年目の1947年に大ヒットした「東京ブギウギ」と同様、作曲・服部良一とのコ ンビ作。歌って跳ねて踊る笠置はことのほか当局から目の敵にされたようです。(注)3と4については戦後に得た知識であって、当時に演奏をラジオで聴いた記憶はありません。

Here is Kasagi Shizuko(笠置シヅ子) sings “Rappa To Musume (ラッパと娘)”.

平野
(1)1940年代に起こったニューオリンズ・ジャズの再評価運動は重要です。
「早稲田大学ニューオリンズジャズクラブ」のブログが参考になりました。(2011年11月03日掲載)
➡️  こちら

▶️ こちら


Here is Bunk Johnson’s Original Superior Band play ”Down by the Riverside”.
Bunk Johnson (tp), Jim Robinson (tb), George Lewis (cl), Walter Decou (p),
Lawrence Marrero (bj), Austin Young (b), Ernest Rogers (d)
New Orleans, June 11, 1942

Down by the riverside

(2)1942年の8月から1945年1月までの「吹き込みスト」期間中の貴重な録音です。
Here is The Esquire All-American Band play “Spotlight Band Thema~Esquire Blues”.
Metropolitan Opera House, New York, January 18, 1944
Roy Eldridge (tp), Jack Teagarden (tb), Barney Bigard (cl),Coleman Hawkins (ts),
Art Tatum (p), Al Casey (g),Oscar Pettiford (b), Sidney Catlett (ds)

 

『例会概要作成後記』
例会概要作成中に「カルア・カマアイナス」についての参考資料を見つけました。
・昭和戦中期の軽音楽に関する一考察
― カルア・カマアイナスについて ―(古川隆久氏著)
➡️こちら

Eiji Kitamura(4)

March 09.2017

Photo above of Eiji Kitamura and Buddy DeFranco by 北村英治 Official website(from Eiji Kitamura Gallery)

Buddy DeFrancoからの言葉を週刊朝日(2016年5月20日号)から引用致しました。Go here

『プロが俺の真似をするなんて、冗談じゃない。自分のものがないじゃないか。スタイルは何でも良いけれど、自分のスタイルがない限り、プロとは言えないんだよ。コピーなんかやめて、自分のスタイルで吹いてみろ』

Eiji kitamura became one of Japan’s most internationally-recognised musical figures.

He is still an active performer touring Japan with his band and frequently appearing abroad.

Finally I want to summarize the speaking of Buddy DeFranco with Eiji Kitamura.

When Buddy came to Japan as leader of Glenn Miller Orchestra,

Eiji Kitamura visited a dressing room in Buddy and played clarinet in front of Buddy.

In those days he always listened to the record of Buddy DeFranco.

Proudly he played like Buddy Defranco’s records.

Then Buddy said:

“You took a good playing. Are you an amateur or a professional? “

Eiji answered “I am professional musician”.

Consequently he got angry at once.

“It is embarrassing for professional musician to imitate me.

You should have your own distinctive.

Unless you have your own style, you are not a professional musician.

Do not imitate my performance.

You should play with your own style.”

So he ceased to play bebop jazz and returned to swing jazz style.

Here is Buddy DeFranco plays “Yesterdays”.
with Les Brown and his Band of Renown “Aurex Jazz Festival”.

Here is Eiji Kitamura plays “The World Is Waiting For The Sunrise”.

Here is Eiji Kitamura plays “Memories of You”.

Here is Eiji Kitamura plays .

Eiji Kitamura(3)

March 08.2017

Photo above of Eiji Kitamura and Woody Herman by 北村英治 Official website(Eiji Kitamura Gallery)

下記は週刊朝日 2016年5月20日号から引用しました。

レナード・フェザーという評論家が、『クラリネットの出ずる国、日本』と書いてくれたんです。『クラリネットの沈滞を救った男』とね。嬉しくて、その記事は宝物のようにしています」

 

In 1991 – 2000,He and Bill Berry jointly planned International Jazz party.

His performance gained a high rating by Leonard Feather.

“The man saved the stagnation of the jazz clarinet.”

Photo above of Leonard Feather

Also Leonard Feather wrote “JAZZ REVIEW” in 1993.

“Kitamura has been hailed as the man who saved Japan from allowing the clarinet to sink into oblivion there. Winner of countless polls on home turf, he has graduated from a Benny Goodman influence to become his country’s counterpart of Buddy De Franco.”

Then the Concord Jazz label signed him up for a few recordings as its first Japanese artist.

Here is The Woody Herman Orchestra With Eiji Kitamura, Cal Tjader and others play “The Woodchopper’s Ball”.

Here is Eiji Kitamura plays “Someday Sweethart”.

Here is Eiji Kitamura plays “Liebesfreud by Fritz Kreisler”.(愛の喜び クライスラー)

Eiji Kitamura(2)

March 07.2017

Photo above of Eiji Kitamura from Official website

Eiji Kitamura devoted himself to clarinet playing while still an undergraduate at Keio University in Tokyo.

He decided to become a professional musician in 1951.

Then he had been named ”Swing Journal Poll Winners” each and every year since 1959.

He had making many recordings and concerts throughout the 1960s/70s.

Also he had played with a legend musicians like Buddy DeFranco and Teddy Wilson.

In 1977 he was invited to the Montreux Jazz Festival.

Fortunately his performance got great praise.

So he appeared in 18 consecutive times and 1996 until 1994.

He was invited numerous times in major jazz festivals such as America, Europe and Australia.

Photo above courtesy by Pinterst

Here is Eiji Kitamura with Teddy Wilson, Cal Tjader play “Avalon”.

Here is Scott Hamilton with Eiji Kitamura play “Lover, Come Back To Me”.

Eiji Kitamura(1)

March 06.2017

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Photo above of Eiji Kitamura from Official website.

I’ve posted about a superb clarinetist in the recent two weeks.

I will post about Eiji Kitamura who is a clarinet player comparable to Richard Stoltzman and Paquito D’Rivera this week.

Eiji Kitamura (北村 英治) was born April 8, 1929 in Tokyo.

nipponmaru-yokohama

Photo above by Wikipedia

Today (March 6th) he is playing on Nippon Maru(にっぽん丸).

彼は現在(3月6日)にっぽん丸に乗船して演奏しています。

「春の味覚クルーズ ~阿波・串本〜」

Next month, the memorial concert will be held for celebrating his 88th birthday in Osaka.

img7

Photo above from Official website

Here is Eiji Kitamura(北村英治) with Tadao Kitano(北野タダオ) & Arrow Jazz Orchestra play “Memories of you”.

Richard Stoltzman and Mika Yoshida(5)

February 25.2017

071dd982fe5149cef7a693fc60241ed0_original

Mika Yoshida has been performing actively with the duo “The Stotlzmans on Clarinet and Marimba” with Richard Stoltzman.

They have been performing globally in New York, Boston, Austin, Buenos Aires, Beijing, Hong Kong, and Japan.

Last year, they recorded a duo album with producer Stephen Epstein, and a performance DVD.

Producer Steven Epstein won a 17-time Grammy award.

Also they are launching  “Kickstarter Campaign” for producing new Marimba and Clarinet DUO album. Go here

Here is Mika Stoltzman talks  ”Marimba Journey” (日本語字幕).

Here is Richard Stoltzman plays “Bach Goldberg Variations”.