神戸ジャズ愛好会(2018年3月)「魅惑のアルトサックス」(2)

March 27.2018

A1+U0FHa3FL._SL1000_

Photo by Wikipedia

I introduced Jimmy Dorsey and Arne Domnerus as my favorite alto saxphone.

Particularly Jimmy Dorsey was the idol of Charlie Parker.

1.今月のテーマ(昨日の続き)

・Kさん(西明石から大阪の例会にも参加されています)
Phil Woods(フィル・ウッズ)のDVD映像(Molde Jazz Festival 1969)を持参されました。本ブログでは同じメンバーの演奏をYouTUbeでご覧下さい。
Here is Phil Woods’ European Rhythm Machine (Molde Jazz Festival in 1969)
Phil Woods(as),Gordon Beck(p),Henry Texler(b),Daniel Humair(ds)

・平野
少年パーカーのアイドルであったJimmy Dorsey(ジミー・ドーシー) をご紹介しました。

会場ではCD音源でしたが、本ブログではYouTube映像を添付しました。

Here is Jimmy Dorsey And His Orchestra play “ “Beebe”.

Photo above of Arne Domnerus by courtesy of apoloybaco.

次にスウェーデンを代表するサックス奏者(Arne Domnerus)アルネ・ドムネラスの名演(名曲)をご紹介しました。

Quincy Jones(クインシー・ジョーンズ)の編曲が素晴らしいです。

Here is Harry Arnold’s Orchestra with Arne Domnerus play “The Midnight Sun Never Sets”.
Quincy Jones (arr,dir) Stockholm, April 29, 1958

Photo by Wikipedia

Phill Woodsの演奏と比較すると面白いです。(YouTubeから)

Here is The Quincy Jones Big Band with Phill Woods play “The Midnight Sun Will Never Set”.

やっぱりこの曲はArne Domnerusの方が良いと思います。(個人的感想です)

81+Cb0oaprL._SL1500_
2.映像コーナー
「1969 New Orleans Jazz Festival」(寺本氏所蔵のビデオから)
主な出演者 Dizzy Gillespie, Sarah Vaughn, Count Basie, Clark Terry and Zoot Sims,Gerry Mulligan and Paul Desmond

YouTube映像でClark TerryとZoot Simsの共演を観ることが出来ます。尚、ピアノはJaki Byardです。
Here is Clark Terry(tp),Zoot Sims(ts),Alan Dawson(ds),Jaki Byard(p)

3.番外編

写真は「Hot Jazz 78rpms」から撮影しました。

「ジャズSPアワー第2回目BG&ガールズ」解説 SP愛好家瀬谷徹氏
寺本氏(世話人)のご配慮でNHKFM放送の一部を聞いて頂きました。
瀬谷さん宅に訪問されたY瀬氏並びにMusicraft(大阪)でのSPコンサートに参加されたTさんにも喜んで頂けたようです。又、大阪ジャズ同好会で新譜紹介されているFさんから「最終回のフレディー・グリーンを聞くのが楽しみです」と言われました。3月の放送を聞かれた会員の方が少なく例会の場でご紹介出来てよかったと思っております。

今回は番組のエンディング曲を添付しました。
本当は特例でCメロディーサックスを例会でご紹介したかったです。
Here is TRAM, BIX AND LANG play “Wringin’ An’ Twistin’”.
Bix Beiderbecke,(p,cor), Frank Trumbauer(Cm sax),Eddie Lang(g)
New York, September 17, 1927. 81450-A OK 40916

神戸ジャズ愛好会(2018年3月)「魅惑のアルトサックス」(1)

March 26.2018

Yesterday, I went to the jazz regular meeting in Kobe.

I heard many recordings by alto saxophone players.

I would like to post a summary of the meeting.

昨日、神戸ジャズ愛好会に参加しました。例会の概要を2回に分けて記載させて頂きます。

特集のテーマ「魅惑のアルトサックス」

以下、当日の選曲一部と印象的なコメントを記載致します。

・Tさん(トラッド愛好家)
スウィング期の3大アルト奏者 Johnny Hodges, Benny Carter, Willie Smith

JPシリーズ(上記)は西宮のタイヘイ・レコードから「グランツ・レコード」として発売されました。残念ながら購入したSPは行方不明になったそうです。

タイヘイ・レコードから発売されたSP盤についてはこちらをクリックして下さい。

Here is Charlie Parker Quintet play “My Melancholy Baby”.(JP-1015)
Dizzy Gillespie(tp); Charlie Parker(as); Thelonious Monk(p); Curly Russell(b); Buddy Rich(ds). NYC. June 6,1950

Capt. John Handy(キャプテン・ジョン・ハンディ)
モダンの「John Handy」と混同される人が多いので注意して下さいと私の方を見てコメントされました。

Here is John Handy And His New Orleans Stompers play “Hindustan”.
Kid Thomas (tp) Jim Robinson (tb) Sammy Rimington (cl) Capt. John Handy (as) Bill Sinclair (p) Dick Griffith (bj) “Mouldy” Dick McCarthy (b) Sammy Penn (d) Live “Motor Inn”, West Haven, CT, December 6, 1965

・Y瀬さん(大阪ジャズ同好会にも参加されています)
Paul Desmond(ポール・デスモンド)
「ブルーベックの『ガンガン・ピアノ』に辟易していたのか、親分への忠誠を示すためか、グループを離れた時はピアノレスに徹した。」(唯一の例外はMJQとの共演)

Here is Dave Brubeck Quartet play “Georgia on my mind”.
Paul Desmond (as) Dave Brubeck (p) Eugene Wright (b) Joe Morello (d) April 22, 1959

Here is Paul Desmond Quartet play “East of the sun”.
Paul Desmond (as) Jim Hall (g) Percy Heath (b) Connie Kay (d)
New York, September 5, 6 & 7, 1959

・Mさん(神戸ジャズサロン主宰者)
Sonny Criss(ソニー・クリス)
1977年の日本公演直前の自殺について「ジャズメン死亡診断書(小川隆夫著)」を引用しながらコメントされました。寺本氏は公演チケットを購入していたそうです。

Here is Sonny Criss Quintet play “Easy to Love”.
Sonny Criss (as) Larry Bunker (vib) Sonny Clark (p) Buddy Clark(b), Lawrence Marable(d).Los Angeles, CA, October 3, 1956

Here is Sonny Criss Quintet play “In The Still Of The Night”.
Members of the recording are the same as above.

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)
Art Pepper,Julian”Cannonball Adderley”,Eddy House(初めて聞く名前です)
Art Pepper(アルトが白人でピアノが黒人)
誰も事前にリストアップしなかったので選択されました。Carl Perkins(カール・パーキンス)の演奏が素晴らしいです。

Here is Art Pepper Quartet play “Summertime”
Art Pepper (as) Carl Perkins (p) Ben Tucker (b) Chuck Flores (d) Hollywood, CA, April 1, 1957

C.Adderley(アルトが黒人でピアノが白人)

Here is Cannonball Adderley With Bill Evans play “Waltz for Debby”.
Cannonball Adderley (as) Bill Evans (p) Percy Heath (b) Connie Kay (d) New York, March 13, 1961

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright

March 19.2018

Photo by Pinterest

One of Tommy Dorsey’s best vocalists of the 1930s was Edythe Wright.

Today I would like to introduce Tommy Dorsey and His Clambake Seven featuring Edythe Wright.

Photo by Wikipedia

週末の神戸ジャズ愛好会でJimmy Dorsey(ジミー・ドーシー)を紹介することにしました。詳細は来週に記載します。

そんな訳で先週は兄貴の演奏を聞いてばかりでしたので、本日は弟Tommy Dorseyトミー・ドーシー)を聞いています。

「 Tommy Dorsey and His Clambake Seven featuring Edythe Wright(トミー・ドーシーコンボ名演集ーイーディス・ライト快唱集)」

誠にお恥ずかしい話ですがTommy Dorsey and His Clambake Sevenをあまり真剣に聞いておりませんでした。

トミー・ドーシーというと「フルオーケストラでセンチなトロンボーンソロで魅了する」というイメージだったのですが、今回「コンボ演奏」をじっくり聞きましたらディキシー風の陽気な演奏でびっくりしています。

又、Edythe Wright(イーディス・ライト)についても情報が少なくブログに書くネタがありません。

CDを選曲・解説された柳澤安信氏も「ウィキペディア百科事典によると…..」と書かれている次第です。

それにしてもシカゴ派の強者による快調な演奏と乗りのいい歌唱で気持ちが良くなってきます。

いつか機会があれば大阪か神戸のジャズ例会で紹介したいCDです。

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright play  「ジャズは高鳴る」”The music goes ‘round and around”.
Sterling Bose (tp) Tommy Dorsey (tb,vcl) Sid Stoneburn (cl),Johnny Van Eps (ts) Dick Jones (p) Dick Jones (p) William Schaffer (g) Gene Traxler (b)Sam Weiss (d) Edythe Wright (vcl)
New York, December 9, 1935 98363-1

 

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright play「モンテ・カルロの一夜」 “One night in Monte Carlo”.
Sterling Bose (tp) Tommy Dorsey (tb) Tom Mace (cl) Sid Bloch (ts) Dick Jones (p) William Schaffer(g) Gene Traxler (b) Sam Weiss (d) Edythe Wright (vcl)
New York, December 21, 1935 98389-1

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright play 「お魚の舞踏会」 “At the codfish ball”.
Max Kaminsky (tp) Tommy Dorsey (tb) Joe Dixon (cl) Bud Freeman (ts) Dick Jones (p) William Schaffer (g) Gene Traxler (b) Dave Tough (d) Edythe Wright (vcl)
New York, April 15, 1936 101453-1

Dave_Tough_1947_(Gottlieb_08701)

Photo above of Dave Tough by Wikipedia

Tommy Dorsey And His Clambake Seven And Orchestra featuring Edythe Wright play 「感激の一瞬」 “Having wonderful time”.
Pee Wee Erwin(tp), Tommy Dorsey (tb), Johnny Mince (cl), Bud Freeman (ts), Howard Smith (p),Carmen Mastren (g), Gene Traxler (b) Dave Tough (d) Edythe Wright(vcl) New York, July 20, 1937 011351-1

 

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright play 「気まぐれレディー」 “The lady is a tramp”.
Pee Wee Erwin (tp) Tommy Dorsey (tb) Johnny Mince (cl) Bud Freeman (ts) Howard Smith (p) Carmen Mastren (g) Gene Traxler (b) Dave Tough (d) Edythe Wright (vcl) New York, September 11, 1937 013522-1

95385949_134504794641

Photo by Findagrave.com

Annie Ross’ first recordings on Dee Gee label

March 16.2018

Photo by Pinterest

The Dee Gee label was started in Detroit Michigan in 1951 by Dizzy Gillespie and Divid Usher.

Dee Gee recorded jazz, R&B, and popular music. The label was acquired by Savoy records in the late 1950’s.

今日は久し振りにアニー・ロス(Annie Ross)の初期の録音を聞きました。

オリジナルは7 inch EP(Dee Gee盤)です。(当然持っていません)

この日の録音は私生活で子供を授かった相手のケニー・クラーク(Kenny Clarke)との共演でしたが、二人の間には深刻な問題があったそうです。

81mls6oR0EL._SY355_

親友であったブロッサム・ディアリー(Blossom Dearie)が参加しているのも、彼女の希望だったかも知れません。

MJQの創立マンバーが参加しているということでジャズファンには注目されていますが、当時の彼女の状況を知って聞くと悲しくなってきました。

下記の記載で当時の状況が確認できます。(英語でごめんなさい)

Dizzy Gillespie and Kenny Clarke (Photo by Drummer Cafe)

Annie Ross 4

Annie Ross at the Glasgow Film Festival

2012年制作されたドキュメンタリーフィルムNo One But Me」関連のインタービューから引用します。

In 1947, she went to Paris to sing jazz, where she worked with Charlie Parker and Dizzy Gillespie.She also met black drummer Kenny “Klook” Clarke, with whom she had a son, Kenny Clarke Junior.Back in America, Annie encountered problems because Kenny Jr was a “half breed” child and, combined with her late-night job, she decided to let him be raised by his dad’s brother in Pittsburgh.

Here is Annie Ross sings “The Way You Look Tonight”.
Annie Ross(vo),Milt Jackson(vib),Blossom Dearie(p), Percy Heath(p), Kenny Clarke(ds)
NYC, April 1, 1952   Dee Gee XP 4010; Regent MG 6031

Here is Annie Ross sings “I’m Beginning To Think You Care For Me”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Annie Ross sings “Devil And The Deep Blue Sea”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Annie Ross sings “Everytime”.
Members of the recording are the same as above.

暗い話になりましたので、明るい映像で締めさせていただきます。

後年の映像ですが面白いYou Tube映像です。

Here is Annie Ross with the Count Basie Septet sings “Twisted and Everyday I Have The Blues” from Playboy’s Penthouse television(1959)

 

「魅惑のアルトサックス」アール・ボスティック(Earl Bostic)と渡辺貞夫

March 13.2018

Last Sunday I was listening to a radio program hosted by Sadao Watanabe(渡辺貞夫).

He was talking about the musician who was interested in the beginning.

First,he was fascinated by Earl Bostic’s timbre from “Far East Network”.

Photo by Amazon

先週放送された渡辺貞夫(以下ナベサダ)のラジオ番組で、ナベサダが最初に興味を持ったアール・ボスティック(Earl Bostic)について話していました。

ナベサダはFENから放送されたEarl Bosticの音色に魅了されたそうです。

Earl Bsticに関して一枚の写真を持っています。

この写真は大阪のジャズ例会でY瀬さんがEarl Bosticをご紹介された時に撮らせて頂きました。

(個人的に故野川香文氏のジャズ解説文を集めています)

この駄文を書きながら「Y瀬さんもナベサダと同年代だから、FENでEarl Bosticを聞いた」と勝手に想像しています。

Earl Bosticの話題から「ナベサダのデビュー時の思い出」について話題が変わります。

ナベサダは過去の放送でプロとしてのデビュー時の思い出話もしています。

占領下GHQのキャンプで仕事をするためには「芸能格付審査会」で格付を受ける必要があったそうです。

渡辺貞夫も宇都宮のバンド仲間と格付け審査を受けることにしたそうです。

「野川香文という高名な先生が来るので、審査前日に宇都宮で一番高級な鰻屋に招きました。

そして格付を取得して仕事ができました」

Earl Bosticから脱線したブログを書いてしまいました。

次回(3/25)、神戸ジャズ愛好会の持ち寄りテーマ「魅惑のアルトサックス」

Y瀬さんがこのレコードを神戸に持って来られると嬉しいです。

 

Here is Earl Bostic plays “Flamingo”.

Here is Earl Bostic plays “Swing Low Sweet Boogie”.

Here is Earl Bostic plays “I Can’t Give You Anything But Love”.

Here is Earl Bostic plays “The Moon is Low”.

以下、お時間があればお読み下さい。

芸能格付審査会(スイングジャーナル1949年12月号から引用・抜粋)

評論家の野川香文、紙恭輔、渡辺弘など日本人評論家や演奏家によって各バンドの等級が決められた 。

スペシャルA、スペシャルB,ABCDの6階級に格付けされた。

この格付けによって、進駐軍キャンフで仕事をする際のバンドの出演料が決まった。

第1回目は1949年9月20日、第2回目は10月31日

何故か宮沢昭(ts)は新S級と格付されています。

進駐軍でのジャズについて面白い記事がありました。

下記をクリックして下さい。

「東京散歩進駐軍ジャズの跡を訪ねて」

渡辺プロの記録も参考になります(15ページ)

渡辺プロダクションの誕生

JazzWaxさんによるEarl Bosticに関する記事

こちらをクリッククリックして下さい。

 

(4) Larry Clinton and his Orchestra

March 10.2018

「The Great Dance Band Era」(ダンスバンドの黄金時代)から第4回目はLarry Clinton and his Orchestraです。

ラリー・クリントンはドビュッシーの「Reverie」を原曲とし歌詞を付け加え「My Reverie」としました。

Photo above of Bea Wain by YouTube

今回は楽団の専属歌手であったビー・ウェイン(Bea Wain)の歌唱を3曲添付しました。

以下、レコードの解説部分を添付しました。

Here is Bea Wain with Larry Clinton and his Orchestra sings “My Reverie”.
July 16, 1938   Vic 26006

Here is Bea Wain with Larry Clinton and his Orchestra sings ” You Go To My Head”.
February 24, 1938   Vic 25849

Her is Bea Wain with Larry Clinton and his orchestra sings “I Get Along Without You Very Well”.January 20, 1939  Vic 26151

 

又、後年ラリー・クリントンはヘレン・ウォード(Helen Ward)を擁し「My Reverie」含め4曲を録音しています。

上記レコードは2年前にお亡くなりになった故林貞夫氏から譲って頂いた思い出深いレコードです。「ダンスバンドの黄金時代」には収録されていませんが1曲だけ添付をお許し下さい。

故林貞夫さんからは私が就職する前から「ジャズ喫茶オアシス」で多くの事を教えて頂きました。故人についてはこちらをクリックして下さい。

Here is Helen Ward with Larry Clinton and his Orchestra sings ” My Reverie”.
Chris Griffin, Doc Severinsen, Billy Butterfield (tp) Jack Satterfield, Urbie Green, Lou McGarity (tb) Toots Mondello, Sam Musiker (cl,as) Boomie Richman, Hank Ross (ts) Sol Schlinger (bar) Buddy Weed (p) Art Ryerson (g) Eddie Safranski (b) Jimmy Crawford (d) Helen Ward (vcl) Larry Clinton (arr,dir)
New York, May 31, 1956

Here is Larry Clinton and his Orchestra with Bea Wain and Ford Leary sing “Get Happy”.(1939).

 

Here is Larry Clinton and his Orchestra with Bea Wain play “Heart And Soul” (1939).

尚、「My Reverie」はSonny Rollins 「Tenor Madness」(1956年録音)にも収録されています。詳細については、モダンジャズに詳しい方にお譲り致します。

(3)Leo Reisman and His Orchestra

March 9.2018

Photo above of Leo Reisman and His Orchestra by courtesy of historicimages.com

「The Great Dance Band Era」(ダンスバンドの黄金時代)から第3回目はLeo Reisman and His Orchestra です。

レオ・レイズマン楽団(解説ではレオ・ライスマンと記載)を知ったのは、ウディ・アレン(Woody Allen)の映画でした。

映画「Husbands And Wives(夫たち、妻たち)」の予告編でバッバー・マイリー(Bubber Miley)をフィーチャーした「What Is This Thing Called Love」が聞こえます。

Here is “Husbands And Wives” (夫たち、妻たち) 予告編(1992)

この5枚組レコードが制作されたのは1975年ですので、ウディ・アレンの作品については当然記載がありません。

解説では「1934年から第二次大戦中、1947年まで ウォルドルフホテルで演奏していた」と記載されています。つまりこの時代においてレイズマン楽団がダンスバンドとして高い評価を受けていたという事実が理解できました。

Photo by HistoricImages

Photo by Period Paper

以下、レコードの解説部分を添付しました。

尚、添付した曲の録音データはTom Lord Discographyを参考にしました。

Photo above of Bubber Miley and Duke Ellington by courtesy of La Maison du Duke

Here is Leo Reisman And His Orchestra play “What is this thing called love ?”.
Bubber Miley, Louis Shaffrin (tp) + other (tp) Ernie Gibbs (tb) Jessie Smith (cl,as,fl) Louis Martin (as) Burt Williams (as,bar) Bill Tronstein (cl,sop,as,ts) Adrian Rollini (bassax) Leo Reisman (vln,dir) Lew Conrad (vln,vcl) unknown (cello) Eddie Duchin (p) unknown (bj) poss. Harry Atlas (tu) Harry Sigman (d) New York, January 20, 1930 Vic.22282

Photo by Pinterst

Here is Lee Wiley with Leo Reisman And His Orchestra sings “Time On My Hands”.
New York, October 26, 1931 Vic.22839

Photo above of Harold Arlen by courtesy of gettyimages

Here is Harold Arlen with Leo Reisman And His Orchestra sings “Stormy Weather”.
February 28.1933 Vic.24262