大阪ジャズ同好会第30回例会概要(2)・参加者持ち寄り『ソロ・ピアノの世界』(前編)

April 10.2018

大阪ジャズ同好会第30回例会概要(2)

参加者持ち寄り『ソロ・ピアノの世界』(前編) 当日配布されたレジュメを添付します。

ソロ・ピアノはジャズの世界では古くから録音が残されています。今回は6人の方が各人お気に入りの演奏をご紹介頂きました。本ブログでは映像も交え2回に分けてご紹介された楽曲の一部を添付致します。

T村氏

(1) Here is Teddy Wilson plays “I’ve got a feeling I’m falling” .
Live “Metropolitan Opera House”, New York, January 18, 1944
本コンサートではアート・テイタムが参加していたにも拘らず「ソロピアノ演奏を任された」と解説されました。

 

(2)Here is Erroll Garner plays “That old feeling”.
New York, March 14, 1955
「ガーナーはこのレコードだけでええ」

 

(3)Here is Oscar Peterson plays “I concentrate on you”.
Tallinn, Estonia, November 17, 1974

 

Y瀬氏
ブルーベックのソロ演奏をご紹介されましたが、ブログではYouTube映像でのソロ演奏を添付しました。
(1)Here is Dave Brubeck plays “Thank You”.

(2)Here is Dave Brubeck Quartet play “La Paloma Azul (The Blue Dove)”.
4曲目「Blue Dove」は原曲「La Paloma」です。カルテットの映像をお楽しみ下さい。
Dave Brubeck(p), Paul Desmond(as), Joe Morello(ds), Eugene Wright(b) France, July 22, 1967

 

H氏

セロニアス・モンクの特殊なピアノ技法は「他人の作曲した曲のソロ演奏」を聞くとよく理解出来るとの解説でした。(納得)
(1)Here is Thelonious Monk plays “Smoke gets in your eyes”.
Paris, France, June 7, 1954

(2)Here is Thelonious Monk plays “April in Paris”
N2ew York, April 12, 1957

 

 

K氏(西明石から毎回ご出席)
板橋文夫「渡良瀬」YouTubeからの音源でご容赦下さい。
ビル・エバンスも貴重な映像がYouTubeにありました。

Here is 板橋文夫 plays 「渡良瀬」

Here is Bill Evans plays “I Loves You Porgy” (NYC 1969)

 

T井氏(奥様と毎回参加されています)
Inaki Sandovalのソロ演奏をYouTube映像でお楽しみ下さい。
(1)Here is Iñaki Sandoval plyas “Old Folks “
Solo Piano concert at Metropolia University Hall, Helsinki (Finland)
March 22nd, 2011

(2)Here is Iñaki Sandoval plyas “All of You”
Solo Piano concert at Metropolia University Hall, Helsinki (Finland)
March 22nd, 2011

(3)ピアニスト工藤隆のHPを添付しました。
http://jamandouq.com/

尚、Tさんの奥様のお店「miss evans」をご紹介します。「大阪ジャズ喫茶map」9番のお店です。http://cafemissevans.wixsite.com/missevans

 

大阪ジャズ同好会第30回例会概要(1)

April 9.2018

miles-davis-2_wide-b2ba5a4cdd0039f88f30a83a579e47dc9874b5bd-s900-c85

Photo by NPR

(1)特集『60年代のマイルスミュージックを掘る』  ナビゲーター 矢木明氏

1960年代のマイルスは実に多くのミュージシャンと共演しながらジャズシーンを作り上げていきました。モード・ジャズからエレクトリック・ジャズへと変遷する60年代の多種多彩な音源をご紹介されました。

配付されたレジュメを添付しました。⇨こちらをクリックしてPDFをご覧下さい。矢木氏配布資料

会場ではCDでのご紹介でしたので、本ブログではYouTubeでのライブ映像も添付しました。

Photo by courtesy of kind-of-blue

 

Here is Bob Dorough with Miles Davis Sextet play “Blue Xmas” .
Bob Dorough (voc, p), Miles Davis (tp), Frank Rehak (tb), Wayne Shorter (ts), Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds), Willie Bobo (bongos), Gil Evans (arrange)

 

 

 

Here is Miles Davis Quintet play “All Blues”.
Miles Davis(tp), Wayne Shorter(ts),Herbie Hancock(p),Ron Carter(b),Tony Williams(ds)
1964 Milan, Italy October 11 1964

 

Here is Miles Davis Quintet play “Gingerbread Boy”.
Miles Davis(tp), Wayne Shorter(ts),Herbie Hancock(p),Ron Carter(b),Tony Williams(ds)
Live in Karlsruhe, November .8.1967

 

Here is Miles Davis Quintet play “Directions” at live in Rome(1969)
Miles Davis (tp), Wayne Shorter(ts), Dave Holland(b),Chic Corea(el-Piano) ,Jack De Johnette(ds)

 

Here is Miles Davis and his Orchestra plays “Corcovado” from Miles Davis’ 1963 album “Quiet Nights”.
Miles Davis (trumpet)
Gil Evans (arranger, conductor)

(2)新譜紹介     解説 古川 正孝氏

1.Here is Mayte Alguacil sings “What a Little Moonlight Can Do” from “Trav’lin Light”.

Mayte Alguacil(vo),Jaume Llombart(g),Pedro Campos(b),Enrique Oliver(sax),Felix Rossy(tp)
詳細はMayte AlguacilのHPをご覧下さい。

又、CDショップのアルバム紹介も併せてご覧下さい。

 

2.Roger Kellaway Trio

「New Jazz Standards, Vol. 3」から「Hurry Up & Wait」を選曲されました。
詳細はCDショップのアルバム紹介をご覧下さい。

又、JazzWaxとのインタービューを添付しました。2017年3月(英語表記です)

こちらをクリックしてご覧下さい。

 

3.Mike Dease

「Reaching Out」から「Blachfoot」を選曲されました。

Here is Mike Dease plays “Speak Low”(Trombone Solo) from Reaching Out

詳細はMike Dease のHPをご覧下さい。

又、CDショップのアルバム紹介ご覧下さい。

Kenny Clarke recordings in Paris

April 6.2018

fullsizeoutput_daf

Bud Powell, Clark Terry, Barney Wilen, Pierre Michelot,Kenny Clarke Photo by courtesy of Paris Jazz Corner(1959)

Kenny Clarke resettled in Paris in 1956.He had three recordings until the end of the year.

Today I would like to post about  three albums,”Reunion A Paris” ,”Kenny Clarke’s Sextet Plays Andre Hodeir”,”Afternoon In Paris”.

1956年、ケニー・クラークはパリに活動拠点を移し年末までに3枚のアルバム録音に参加しています。

今日は「Reunion A Paris」「Kenny Clarke’s Sextet Plays Andre Hodeir」「Afternoon In Paris」から数曲をブログに添付しました。

最初に「Reunion A Paris by Martial Solal」ですが参加メンバーが面白い組み合わせです。Benoit Quersinはベルギー、Jimmy Deuchar はイギリス出身です。又、ヨーロッパでの録音が少ないアレン・イーガー(Allen Eager)の演奏も貴重です。

「Kenny Clarke Sextet Plays Andre Hodeir」はアンドレ・オデール(Andre Hodeir)の編曲が凝ってます。アメリカの編曲者では味わえないようなサウンドが新鮮です。

最後に「Afternoon In Paris」の録音ですが、ルイス、ヒース、クラークの3人が久し振りに再会しました。残念なことですが3人揃っての録音はこの日が最後になりました。

Here is Martial Solal International All Stars play “Kenny special”.
Jimmy Deuchar (tp) Billy Byers (tb) Allen Eager (ts) Martial Solal (p) Benoit Quersin (b) Kenny Clarke (d) Paris, September 24, 1956

Here is Martial Solal International All Stars play “Love me or leave me”.Members of the recording are the same as above.

Here is Kenny Clarke Sextet Plays “Round about midnight”.
Roger Guerin (tp) Nat Peck, Billy Byers (tb)  Martial Solal (p), Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (d) Andre Hodeir (arr)Paris, France, October 26,1956
こんな「Round About Midnight」初めて聞きました。編曲に携わっている友人の意見を聞きたいです。

Here is Kenny Clarke Sextet Plays “Blue Serge”.
Billy Byers (tb)Roger Guerin (tp) Armand Migiani (bar) Martial Solal (p) Jean Warland (b) Kenny Clarke (d) Andre Hodeir (arr) Paris, France, November 30, 1956

Here is Kenny Clarke’s Sextet Plays “Swing spring”.
Members of the recording are the same as above.

Here is John Lewis and Sacha Distel Quintet play “Bags’ groove”.
Barney Wilen (ts) John Lewis (p) Sacha Distel (g) Percy Heath (b) Kenny Clarke (d)
Paris, France, December 4, 1956

Here is John Lewis and Sacha Distel Quintet play “Willow, weep for me”.
Members of the recording are the same as above.

kennyclarke01

Photo by courtesy of Mario Rodriguez

Kenny Clarke Quintet in Sweden

April 4.2018

Photo by courtesy of Mario Rodriguez

In the early 1940’s Kenny Clarke played as the house drummer at Minton’s Playhouse.

So he participated in the after hours jams that led to the birth of Be-Bop.

Also he played piano, trombone, and xylophone at initial stage of his career.

Today I would like to post about his xylophone performance.

Early 1937 he joined: Edgar Hayes And His Orchestra: Edgar Hayes’ big band Edgar Hayes’ big band.

Then Edgar Hayes And His Orchestra toured in Europe (Sweden, Norway, Finland, Denmark, Belgium, and Holland.)

Kenny Clarke made some recordings quintet under his own name in Sweden.

Photo by NPR

前回(Delta Rhythm Boys In Sweden)に続き、スウェーデンで録音された作品について投稿します。

1940年代初期、ケニー・クラーク(Kenny Clarke)はミントン・プレイハウスでハウスドラマーとして務めていました。

そこではBe-Bopの誕生に繋がるジャムセッションに参加していました。

又、音楽活動の初期においてKenny Clarkeはピアノ、トロンボーン、シロフォン(ザイロフォン)も演奏していました。

今回はKenny Clarkeによるシロフォン(ザイロフォン)演奏について調べました。

1937年初頭、Kenny Clarkeはエドガー・ヘイズ楽団(Edgar Hayes And His Orchestra)に加入し、欧州へのツアー(楽旅)に同行しました。
(訪問国はスウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、ベルギー、オランダ)

そしてスウェーデンで自身をリーダーとする演奏4曲録音しました。

尚、本録音は「Art Harding and his Swing Solists」という別名で発売されています。

先ずは渡欧前に録音された演奏をお聞き下さい。

(訂正)
瀬谷さんから「この録音はヴィブラフォン(鉄琴)での演奏」とご指摘頂きました。
ありがとうございます。

Here is Edgar Hayes And His Orchestra play “Help me”.
Leonard Davis, Bernard Flood, Henry Goodwin (tp) Bob Horton, Clyde Bernhardt, David “Jelly” James (tb) Rudy Powell (cl,as) Roger Boyd (as) William Mitchner (ts) Joe Garland (ts,bar) Edgar Hayes (p) Eddie Gibbs (g) Coco Darling (b) Kenny Clarke (d,vib)
New York, February 17, 1938  63294-A

Here is Kenny Clarke’s Quintet play “I Found a New Baby”.
Henry Goodwin (tp) Rudy Powell (cl) Edgar Hayes (p) Eddie Gibbs (g) Coco Darling (b) Kenny Clarke (xyl) James(Clay) Anderson (vocal)

Stockholm, Sweden, March 8, 1938 Sto-6317-2

Here is Kenny Clarke’s Quintet play “Once In a While”.
Sto-6318-1
Members of the recording are the same as above.

Here is Kenny Clarke’s Quintet play “You’re a Sweetheart.”
Sto-6319-2
Members of the recording are the same as above.

Here is Kenny Clarke’s Quintet(replace vocal)play “Sweet Sue”.
Sto-6320-1
Members of the recording are the same as above.

Delta Rhythm Boys In Sweden

April 1.2018

The Delta Rhythm Boys (vcl group) : Carl Jones, Clinton Holland, Kelsey Pharr, Lee Gaines

Since joining to Jazz meeting in Kobe last month, I am hearing Sweden Jazz such as Arne and Stan.

Today, I will introduce an interesting recordings that Arne Domnérus participated as accompaniment.

By the way I do not have much familiarity with Jazz chorus group.

先月の神戸ジャズ愛好会に参加して以降、アルネ・ドムネラス(Arne Domnerus)やスタン・ハッセルガード(Stan Hasselgard),Lars gullin(ラーシュ・グリン)等スウェーデンジャズを久し振りに聞いています。

私が好きなスウェーデンジャズについては大阪ジャズ同好会2016年8月特集概要をご覧下さい。

今回はスウェーデンミュージシャンがThe Delta Rhythm Boys(デルタ・リズム・ボーイズ)の伴奏者として参加した録音を紹介します。

お恥ずかしい話ですがジャズコーラスグループ全般についてあまり精通していないのが現状です。

私自身教会のコーラス隊やワーク・ソング(労働歌)に馴染みがありませんでした。

そんな私にとってジャズコーラスグループを聞きたいと思えるようなレコードに巡り会えました。

以下、アルバムからを7曲添付致します。

本録音は昨年CDとして日本で初めて発売されました。詳細についてはこちらをクリックして下さい。

尚、オーディオパーク社から発売された「スウェーデンのジャズ (1940~1953)」にはDelta Rhythm Boysによる貴重な録音が2曲選曲されています。
“Begin The Beguine”,”On The Sunny Side Of The Street”     録音日 Aug. 2, 1950

Here is Delta Rhythm Boys sings “Perdido”.
The Delta Rhythm Boys (vcl group)Carl Jones, Clinton Holland, Kelsey Pharr, Lee Gaines :acc. by Bengt Arne Wallin (tp), Arne Domnérus (as), Curt Blomquist(fl), Georg Björklund (ts), Rolf Larsson (p), RolfBerg (g), Arne Söderlund (b), Gunnar Ohlsson (d).  Oct 11, 1955

Here is Delta Rhythm Boys sings “Indiana”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Delta Rhythm Boys sings “It Had to be You”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Delta Rhythm Boys sings “Midnight Sun”.
The Delta Rhythm Boys (vcl group) :acc by Sixten Eriksson (tp) Curt Blomquist (fl) Rolf Lindell (as,cl) Georg Bjorklund (ts) Rolf Larson Knight (p) Rolf Berg (g) Arne Soderlund (b) Gunnar Ohlsson (d) Stockholm, October 12, 1955

Here is Delta Rhythm Boys sings “Lullaby of Birdland ”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Delta Rhythm Boys sings “Early Autumn”.
Members of the recording are the same as above.
Stockholm, October 13, 1955

Here is Delta Rhythm Boys sings “Chloe”.
Members of the recording are the same as above.
Stockholm, October 13, 1955

最後にDelta Rhythm BoysのYouTube映像を添付しました。

Here is Delta Rhythm Boys “Flickorna i småland”

Here is The Delta Rhythm Boys sings “Take the “A” Train”.

神戸ジャズ愛好会(2018年3月)「魅惑のアルトサックス」(2)

March 27.2018

A1+U0FHa3FL._SL1000_

Photo by Wikipedia

I introduced Jimmy Dorsey and Arne Domnerus as my favorite alto saxphone.

Particularly Jimmy Dorsey was the idol of Charlie Parker.

1.今月のテーマ(昨日の続き)

・Kさん(西明石から大阪の例会にも参加されています)
Phil Woods(フィル・ウッズ)のDVD映像(Molde Jazz Festival 1969)を持参されました。本ブログでは同じメンバーの演奏をYouTUbeでご覧下さい。
Here is Phil Woods’ European Rhythm Machine (Molde Jazz Festival in 1969)
Phil Woods(as),Gordon Beck(p),Henry Texler(b),Daniel Humair(ds)

・平野
少年パーカーのアイドルであったJimmy Dorsey(ジミー・ドーシー) をご紹介しました。

会場ではCD音源でしたが、本ブログではYouTube映像を添付しました。

Here is Jimmy Dorsey And His Orchestra play “ “Beebe”.

Photo above of Arne Domnerus by courtesy of apoloybaco.

次にスウェーデンを代表するサックス奏者(Arne Domnerus)アルネ・ドムネラスの名演(名曲)をご紹介しました。

Quincy Jones(クインシー・ジョーンズ)の編曲が素晴らしいです。

Here is Harry Arnold’s Orchestra with Arne Domnerus play “The Midnight Sun Never Sets”.
Quincy Jones (arr,dir) Stockholm, April 29, 1958

Photo by Wikipedia

Phill Woodsの演奏と比較すると面白いです。(YouTubeから)

Here is The Quincy Jones Big Band with Phill Woods play “The Midnight Sun Will Never Set”.

やっぱりこの曲はArne Domnerusの方が良いと思います。(個人的感想です)

81+Cb0oaprL._SL1500_
2.映像コーナー
「1969 New Orleans Jazz Festival」(寺本氏所蔵のビデオから)
主な出演者 Dizzy Gillespie, Sarah Vaughn, Count Basie, Clark Terry and Zoot Sims,Gerry Mulligan and Paul Desmond

YouTube映像でClark TerryとZoot Simsの共演を観ることが出来ます。尚、ピアノはJaki Byardです。
Here is Clark Terry(tp),Zoot Sims(ts),Alan Dawson(ds),Jaki Byard(p)

3.番外編

写真は「Hot Jazz 78rpms」から撮影しました。

「ジャズSPアワー第2回目BG&ガールズ」解説 SP愛好家瀬谷徹氏
寺本氏(世話人)のご配慮でNHKFM放送の一部を聞いて頂きました。
瀬谷さん宅に訪問されたY瀬氏並びにMusicraft(大阪)でのSPコンサートに参加されたTさんにも喜んで頂けたようです。又、大阪ジャズ同好会で新譜紹介されているFさんから「最終回のフレディー・グリーンを聞くのが楽しみです」と言われました。3月の放送を聞かれた会員の方が少なく例会の場でご紹介出来てよかったと思っております。

今回は番組のエンディング曲を添付しました。
本当は特例でCメロディーサックスを例会でご紹介したかったです。
Here is TRAM, BIX AND LANG play “Wringin’ An’ Twistin’”.
Bix Beiderbecke,(p,cor), Frank Trumbauer(Cm sax),Eddie Lang(g)
New York, September 17, 1927. 81450-A OK 40916

神戸ジャズ愛好会(2018年3月)「魅惑のアルトサックス」(1)

March 26.2018

Yesterday, I went to the jazz regular meeting in Kobe.

I heard many recordings by alto saxophone players.

I would like to post a summary of the meeting.

昨日、神戸ジャズ愛好会に参加しました。例会の概要を2回に分けて記載させて頂きます。

特集のテーマ「魅惑のアルトサックス」

以下、当日の選曲一部と印象的なコメントを記載致します。

・Tさん(トラッド愛好家)
スウィング期の3大アルト奏者 Johnny Hodges, Benny Carter, Willie Smith

JPシリーズ(上記)は西宮のタイヘイ・レコードから「グランツ・レコード」として発売されました。残念ながら購入したSPは行方不明になったそうです。

タイヘイ・レコードから発売されたSP盤についてはこちらをクリックして下さい。

Here is Charlie Parker Quintet play “My Melancholy Baby”.(JP-1015)
Dizzy Gillespie(tp); Charlie Parker(as); Thelonious Monk(p); Curly Russell(b); Buddy Rich(ds). NYC. June 6,1950

Capt. John Handy(キャプテン・ジョン・ハンディ)
モダンの「John Handy」と混同される人が多いので注意して下さいと私の方を見てコメントされました。

Here is John Handy And His New Orleans Stompers play “Hindustan”.
Kid Thomas (tp) Jim Robinson (tb) Sammy Rimington (cl) Capt. John Handy (as) Bill Sinclair (p) Dick Griffith (bj) “Mouldy” Dick McCarthy (b) Sammy Penn (d) Live “Motor Inn”, West Haven, CT, December 6, 1965

・Y瀬さん(大阪ジャズ同好会にも参加されています)
Paul Desmond(ポール・デスモンド)
「ブルーベックの『ガンガン・ピアノ』に辟易していたのか、親分への忠誠を示すためか、グループを離れた時はピアノレスに徹した。」(唯一の例外はMJQとの共演)

Here is Dave Brubeck Quartet play “Georgia on my mind”.
Paul Desmond (as) Dave Brubeck (p) Eugene Wright (b) Joe Morello (d) April 22, 1959

Here is Paul Desmond Quartet play “East of the sun”.
Paul Desmond (as) Jim Hall (g) Percy Heath (b) Connie Kay (d)
New York, September 5, 6 & 7, 1959

・Mさん(神戸ジャズサロン主宰者)
Sonny Criss(ソニー・クリス)
1977年の日本公演直前の自殺について「ジャズメン死亡診断書(小川隆夫著)」を引用しながらコメントされました。寺本氏は公演チケットを購入していたそうです。

Here is Sonny Criss Quintet play “Easy to Love”.
Sonny Criss (as) Larry Bunker (vib) Sonny Clark (p) Buddy Clark(b), Lawrence Marable(d).Los Angeles, CA, October 3, 1956

Here is Sonny Criss Quintet play “In The Still Of The Night”.
Members of the recording are the same as above.

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)
Art Pepper,Julian”Cannonball Adderley”,Eddy House(初めて聞く名前です)
Art Pepper(アルトが白人でピアノが黒人)
誰も事前にリストアップしなかったので選択されました。Carl Perkins(カール・パーキンス)の演奏が素晴らしいです。

Here is Art Pepper Quartet play “Summertime”
Art Pepper (as) Carl Perkins (p) Ben Tucker (b) Chuck Flores (d) Hollywood, CA, April 1, 1957

C.Adderley(アルトが黒人でピアノが白人)

Here is Cannonball Adderley With Bill Evans play “Waltz for Debby”.
Cannonball Adderley (as) Bill Evans (p) Percy Heath (b) Connie Kay (d) New York, March 13, 1961