タグ別アーカイブ: 小曽根実

第25回神戸ジャズサロン(20190825)「日本人のジャズ(戦前・戦後・現代)」③

August 28,2019

今回は3人のお気に入りをご紹介します。

・S氏

「花岡詠二」

大阪ジャズ同好会第34回例会でも紹介された「花岡詠二ホット・ジャズ・オーケストラ プレイ・ライオネル・ハンプトン」をご紹介されました。
花岡詠二(cl,ts,ss),出口辰治(vib),鈴木直樹(cl,as,ts),下間哲(tp),松岡優慈(tb),高浜和英(p),佐久間和(g),小林真人(b),ブルックス・テグラー(d) 1999年10月13日

花岡詠二さんは「神戸ジャズストリート」の音楽監督を務められています。下記公式サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

当日ご紹介された3曲の代替として「ブレダ・ジャズ・フェスティバル」に出演した時の演奏をお楽しみ下さい。ベースの小林真人さんもご一緒です。下記花岡詠二さんの公式HPをご覧下さい。

こちら ▶️

・N瀬氏

「Original Dixieland Heartwarmers(オリジナル・ディキシーランド・ハートウォーマーズ)」

LPレコードと自作CD(平野所蔵)

Here is Original Dixieland Heartwarmers play “Blues My Naughty Sweetie Gives To Me”.
右近雅夫(tp),大越泰蔵(tb),油井義光(cl),平生舜一(sax),小曽根実(p),福井康平(bjo),鈴木敏夫(b),加藤竜吉(ds) 1954年12月3日

 

右近雅夫さんについては故末廣光夫さんのエッセイ(2008年7月7日)を是非ご覧下さい。尚、M渡氏(神戸ジャズサロン主宰者)はエッセイに記載された「昭和30年8月のお別れコンサート」に行かれたそうです。

末廣光夫さんのエッセイはこちら ▶️

「宮岡信夫」(当日は時間切れでご紹介出来なかったトランペッター)

写真はジャズ喫茶ディアロードさんのHPからお借りしました。
2018年12月22日ライブ

Here is 宮岡信夫 plays “I Always Have Your Dream”.(宮岡氏のHPトップに添付されています)

「必殺仕置人(朝日放送)」のテーマは宮岡さんが演奏されています。ブログ作成者も昨年12月聞きました。

宮岡信夫さんのHP

・K氏

「銀巴里セッション」(Three Blind Mice レコード TBM-9 )

当日持参されたレコードには「慶応軽音楽鑑賞会・牧田先生メモリアル」というシールが貼られていました。K氏によると所属クラブ顧問「牧芳雄さん(本名牧田清志先生)」から戴いたレコードであると説明されました。
尚、故牧芳雄氏のコレクションは東海大学湘南校舎図書館に寄贈され保管されているそうです。(例会終了後にK氏からお聞きしました)

当日は「If I Were A Bell」(15分の時間限定故)をご紹介されましたが、お時間あれば全4曲お聞きください。

Here is 新世紀音楽研究所 play “銀巴里セッション”.
1963年6月26日

最近、新世紀音楽研究所の活動についての論文も読みました。(195~196ページ)

こちら ▶️

昔よく聴いたラジオ関西のジャズ番組で故いソノてルヲさんが「牧芳雄さんがジャズの師匠であります」と言われていた記憶があります。

スイングジャーナル1953年7月(22~23ページ)
平野所蔵

 

 

神戸ジャズサロン6月例会(3)

July 02.2018

神戸ジャズサロンの特集は「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加(仲良し夫婦も可)のアルバム」でした。最終回もお付き合いください。

K原さん

日本のジャズオルガンの第一人者であり、神戸ジャズ界に功績を遺した故小曽根実氏(2月15日死去)を追悼した特集を行われました。

ご紹介されたアルバムは「Lazy Dad」(2002年12月録音)

本アルバムは神戸ジャズのゴッドファーザーがジャズミュージシャン50周年記念として収録しました。

故人のオリジナル「夜は君のもの」は11PM(読売テレビ)エンディングテーマとして有名です。

本録音のストリングス編曲は小曽根真が担当しています。

故人が自らのジャズ人生を振り返った痛快エッセイを是非お読み下さい。⇨「Lazy Dad」

 

昭和29年12月12日 東京 日本テレビにて。
右から、鳥居則達(Vo)、大越泰三(Tb)、福井康平(Banjo)、小曽根実、右近雅夫(Tp)、油井良光(Cla)、鈴木敏夫、?さん  Photo by courtesy of Kobejazz.jp

 

故小曽根実氏と小曽根真さんがピアノで共演している1983年の映像がありました。

 

余談になりますが上記写真のギターは作曲家の故奧村英夫氏です。「帰り道は遠かった」(チコとビーグルス)を作曲されました。「しゃぶ亭」のオーナーでした。又、「Don Shop (ドンショップ)」(閉店)で演奏されたギタリストも多くおられるでしょう。

最後に小生がご紹介した「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加のアルバム」を記載します。

(1)
Here is Edmond Hall(cl) and Herb Hall (cl) play “Lover”.
Edmond Hall (cl) Omer Simeon (cl) Herb Hall (cl) Dick Cary (p) Jimmy Raney (g) Al Hall (b) Jimmy Crawford (d) New York, June 25 & 26, 1959

LOVER

(2)
Here is Russell Jacquet(tp,vcl) and Illinois Jacquet(ts) play “Mean and Evil World”.
Russell Jacquet (tp,vcl) Snooky Young, Harry “Sweets” Edison, Gerald Wilson, Harry Parr Jones (tp) Eli Robinson,J.J. Johnson, Ted Donnelly (tb) Willie Smith, Preston Love (as) Illinois Jacquet, Lucky Thompson (ts) Rudy Rutherford (bar)Bill Doggett (p) Freddie Green (g) Billy Hadnott (b) Al “Cake” Wichard (d) Hollywood, 1946

_Mean and evil old world

(3)

Here is Ann Hampton Callaway(vcl) and Liz Callaway(vcl) sing “Moondance”.

例会ではCDをご紹介しましたが、今回はYouTube映像を添付します。