タグ別アーカイブ: 川口千里

大阪ジャズ同好会第38回例会(2019年8月11日) 「新譜紹介」

August 14,2019

猛暑にも拘わらず今回の例会には16人が参加されました。例会概要として「新譜紹介」からご紹介致します。

新譜紹介(古川 正孝氏)

1.『Stan Getz with European Friends』(CDSOL-45978)

上記アルバムと同じメンバーの映像を添付します。

Here is Stan Getz Quartet play “Ghost of A Chance”.(6:44迄)
Stan Getz (ts)Martial Solal (p) Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (ds)
Live, “Cannes Jazz Festival,” Cannes, France, July 12, 1958

 

2.『Karin Bachner/ Ella Forever』(CD-0932)

本CDについては下記のサイトをご覧下さい。

こちら ▶️

Here is Karin Bachner sings “A-Tisket, A-Tasket”.

Here is Karin Bachner sings “The Very Thought Of You”.

 

3.『大隅寿男/ キャラバン』(MYCJ-30663)(ジャズドラマー大隅寿男 活動50周年記念盤)

 

Here is 大隅寿男 plays “Caravan”.

大隅寿男のHPをご覧下さい。

こちら ▶️

4.『Calabria Foti / Prelude to A Kiss』(MOCO 23-06)

 

本CDについては下記のサイトをご覧下さい。

こちら ▶️

当日ご紹介されました「On the Street Where You Live」は音源が提供出来ませんので、3年前の映像を添付します。

Here is Calabria Foti sings “On the Street Where You Live”.

Live at E-Spot Lounge April 17,2016

今月(8月7日)に行われたライブの案内も添付します。

こちら ▶️

(追記)古川氏が上記CDについて「ピアノがロジャー・キャラウェイ(ROGER KELLAWAY)であったので購入しました」とコメントされました。

 

5.『Jiro Yoshida / Red Line』(SICJ-10010)

本CDについては下記のサイトをご覧下さい。

こちら ▶️

吉田次郎のHPをご覧下さい。

こちら ▶️

当日ご紹介されました「Goodbye Pork Pie Hat」は音源が提供出来ませんので、大阪ロイヤルホース(ROYAL HORSE)でのライブの映像を添付します。

Here is Jiro Yoshida ”LIVE AT ROYAL HORSE”.

(追記)古川氏が上記CDを選択した理由として「川口千里さんのドラムを聞きたかったからです」とコメントされました。

来月、上記大阪ロイヤルホース(ROYAL HORSE)に川口千里さんが出演予定です。

 

 

 

 

 

 

 

大阪ジャズ同好会(2018年8月例会) 新譜紹介

August 15,2018

2018年8月12日(日)に開催された大阪ジャズ同好会の概要をご紹介致します。

今回の例会には14人の方が参加されました。

本日は『新譜紹介(古川正孝氏解説)』でご紹介されたCDに関連のある動画等を添付しました。

1.Nikoletta Szoke『Moonglow』(NR-001)
「Moonglow」
Nico Cori(cl), Istvan Gyarfas(g), Robert Lakatos(p)

ハンガリーの人気女性ヴォーカリストニコレッタ・セーケ(Nikoletta Szoke)による自主制作盤
詳細はこちらを参照して下さい。 ▶️ クリック 

Here is Nikoletta Szoke with Roberto Lakatos Trio sings “Moonglow”.

 

2.KIYO-SEN『Organizer』(ELFA-1816)
「Come On Over」
KIYO-SEN(大高清美(org), 川口千里(ds)), 渋谷有希子(b) ,矢堀孝一(g)
CASIOPEA3rdのオルガニスト大髙清美(Organ)と若き天才女性ドラマー川口千里(Drums)からなるユニットの新譜(7月4日発売)

詳細はこちらを参照して下さい。 ▶️ クリック 

KIYO*SEN『organizer』のトレーラーを添付しました。

 

3.Nicki Parrott featuring Byron Stripling『STOMPIN’ AT THE SAVOY』(VHCD-1238)
Nicki Parrott (vo,b),Byron Stripling (tp,vo),John Di Martino (p),Alvin Atkinson (drums)
オーストラリア出身のベーシスト兼ジャズ・ボーカリストであるニッキ・ パロット(Nicki Parrott) とバイロン・ストリップリング(Byron Stripling)がエラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロングに捧いだアルバムです。

詳細はこちらを参照して下さい。 ▶️ クリック

今回はバイロン・ストリップリング(Byron Stripling)が2年前にキューバで行った演奏を添付しました。
Here is Byron Stripling with Aldo López-Gavilán Quartet in Cuba(2016)

 

4.Scott Hamilton『Moon Mist』(BLAU-022)
「I’ll Close Your Eyes」
Scott Hamilton(ts),Dena Derose(p), Ignasi Gonzales(b), Jo Krause(ds)

詳細はこちらを参照して下さい。 ▶️ クリック

今年の3月に収録されたスコット・ハミルトン(Scott Hamilton)の映像を添付しました。
Here is Scott Hamilton Quartet play “Body & Soul”.(2018)

神戸ジャズ愛好会(2018年5月) 例会概要「Legends of Jazz Drumming」

May 28.2018

昨日参加した神戸ジャズ愛好会の概要を2回に分けて投稿させて頂きます。

(1)特集「私が好きなジャズのヒーロー」

(2)映像コーナー

(3)持ち寄りコーナー

本日は(2)と(3)について映像も添付して概要をご紹介致します。

(2)映像コーナー「Legends of Jazz Drumming」(例会世話人の寺本氏が上記写真のDVDより7人をご紹介)

Here is Louis Jordan & His Tympany Five play “Jumpin’ At The Jubilee”.

下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。

 

Here is WOODY HERMAN and Stan Getz-Shorty Rodgers and Don Lamond play “Caldonia and Northwest Passage”.

昨日紹介された「Northwest Passage」に前半の「Caldonia」もお楽しみ下さい。

 

Here is Max Roach plays “Solo performance”.

昨日の映像とは別ですが約10分のドラムソロ演奏の映像です。

 

Here is Shelly Manne Quintet play “Speak Low”.
Shelly Manne (ds), Conte Candoli (tp), Richie Kamuca (ts), Russ Freeman (p), Monty Budwig (b)
Jazz Scene USA(1962年)からの映像です。

Here is Shelly Manne Quintet play ”Fantan”.
Members of the recording are the same as above.

 

Here is Sonny Payne’s Drum solo performance(1962)

昨日ご紹介された映像と違います(ソロ中心の映像です)
冒頭にベイシー親分がピアノで「存分にやれよ」と指示しているようです。

 
下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。
Here is Ray Bauduc with The Bobcats play “Who’s Sorry Now”.

Eddie Miller(ts),Billy Butterfield(tp),Warren Smith(tb),Jess Stacy(p),Matty” Matlock(cl),Ray Bauduc(ds),Bob Haggart(b),Nappy Lamare(g)

 

Here is Bob Haggart & Ray Bauduc play “Big Noise From Winnetka”.

二人の息がぴったりです。

 

Here is John Kirby’s little band with Big Sid Catlett play “Can’t Find a Word to Say”.

Charlie Shavers(tp),Buster Bailey(cl),Russell Procope(as),Billy Kyle(p),John Kirby(b),Big Sid Catlett(ds)

(3)持ち寄りコーナー

F川さん(大阪ジャズ同好会にも西明石から毎回参加されています)
「副題:私が紹介したミュージシャンのその後」

 

1.花岡詠二(神戸ジャズストリートに出演したクラリネット奏者としてご紹介)

花岡詠二インターナショナル・オールスターズ /名歌でスイング!! から1曲ご紹介されました。花岡詠二さんは先日開催された「Breda Jazz Festival 2018」に出演されています。
詳細は花岡さんのFacebookをご覧下さい。こちらをクリック

 

2.川口千里(天才女性ドラマーとして1月の例会でご紹介されました)
3月15日に Virtuosoレーベルよりリリースされた矢堀孝一の新作品trailer
Here is Koichi Yabori(矢堀孝一) and Kento Yokota(横田健斗) and Senri Kawaguchi(川口千里)   Live at Virtuoso

川口千里さんのHPをご覧下さい。こちらをクリック