タグ別アーカイブ: 末廣光夫

(再編集版)神戸ジャズサロン(2018年2月例会概要)「昔、ジャズに惹き込まれたアルバム(演奏)」

April 23 ,2020

神戸ジャズサロン(2018年2月例会)に参加した翌日に投稿した例会概要を再編集致しました。今回のテーマは「昔、ジャズに惹き込まれたアルバム(演奏)」でした。ベテラン会員の方から面白い話が聞けとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

以下、ベテラン会員の方がお持ちになったレコード.CDをご紹介します。

1.Y瀬氏(大阪ジャズ同好会でいつも素敵な選曲をされます)

Lionel Hampton All Stars ‎– The “Original” Star Dust.
昭和29年、ご親戚の家でこの演奏をお聞きになったそうです。
いつもはCDしかお持ちにならないのですが、今回は「ご購入された4枚のSP」「10インチ」「12インチ」をご持参されました。
曲が流れると「僕もこれ買ったで」とか「ラジオでよう聞いたな」と皆さん盛り上がってました。

2.Fさん

高校の先輩が故油井正一さんであった事から、先輩油井さんの思い出話を披露されました。
ご紹介されたCDは「THE AMAZING SHOICHI YUI VOLUME 2(じ・あめいじんぐ油井正一 Vol.2)」当日Fさんが配付された曲リストも下記に添付しました。

3.Tさん

日本コロンビアのHistory Of Jazz Vol.1

昭和25年に発売されたSPも購入されていたそうですが、最初の赴任地を離れる際に捨てられたということです。LPを自作CDにされていました。(写真)

Here is King Oliver’s Jazz Band play “High Society Rag”.

Joe Oliver, Louis Armstrong(cnt) Honore Dutrey(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Hardin(p) Bud Scott(bj) Baby Dodds(d) Chicago, June 22, 1923

昭和25年に発売されたSPアルバムに添付された「ジャズの歴史」大谷吉英氏解説(平野所蔵)

又、神戸ACC(アメリカ文化センター)でのジャズレコードコンサート(解説故末廣光夫さん)の思い出話を披露され、印象に残った3曲を紹介されました。

「末廣さんは須磨の放送局(現在のラジオ関西)での生放送の直後に多くのレコードを風呂敷に包んで、市電(現在は廃線)に乗ってアメリカ文化センターに来られていた」

下記3曲をご紹介されました。

・Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Original jelly roll blues
・Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Doctor Jazz
December 16, 1926

・Louis Armstrong And His Hot Five: Muskrat ramble
February 26, 1926

4.Mさん(神戸ジャズサロン主宰者)

末廣さんのお兄さん(お隣にお住まいだったそうです)に貸したまま、長い間返却されなかった「Vic Dickenson Showcase」から2曲ご紹介されました。

(1)Jeepers creepers
(2) Russian lullaby
Ruby Braff (tp) Vic Dickenson (tb) Edmond Hall (cl) Sir Charles Thompson (p) Steve Jordan (g) Walter Page (b) Les Erskine (d)  New York, December 29, 1953

Photo by KobeJazz Jp.

Mさんは若い頃からレコードコンサートを開催したかったそうです。(現在のように簡単にジャズを聞けなかった時代です)

しかし当時故末廣光夫さんから「レコードコンサートなんか止めとけ」と言われたそうです。
その後、末廣さはMさん主宰の例会(神戸ジャズ愛好会)にはゲスト解説をされていたそうです。

昭和29年12月12日 東京 日本テレビにて。
右から、鳥居則達(Vo)、大越泰三(Tb)、福井康平(Banjo)、小曽根実(p)、右近雅夫(Tp)、油井良光(Cl)、鈴木敏夫、?さん Photo by courtesy of Kobejazz.jp

休憩中に最近お亡くなりになった小曽根実さんの写真をご覧になったTさんが「このクラ、油井さんの弟やで」と教えて頂きました。

故油井正一氏がミュージックライフ(音楽誌)に故末廣光夫氏を紹介された記事を添付します。

添付の記事はミュージックライフ(音楽誌)からお借りしました。

 

京都在住の長さんから質問がございました。「SP版とLP版の選曲相違について」

昭和25年発売されたSP版「ジャズの歴史」と後年発売されたLP版「ジャズの歴史」とは収録曲が変わっています。LP発売時にミュージックライフが特集した記事を添付しました。

村岡貞(SP発売時も選定責任者)「楽屋話」(1956年8月号「今月の話題」から転載)

神戸ジャズサロン(2018年2月例会)

February 26.2018

神戸ジャズサロン会場 神戸居留地 高砂ビル 5階 「音楽サロン」

昨日「神戸ジャズサロン」(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。

今回のテーマは「昔、ジャズに惹き込まれたアルバム(演奏)」でした。ベテラン会員の方から面白い話が聞けとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

以下、ベテラン会員の方がお持ちになったレコード.CDをご紹介します。

1.Y瀬氏(大阪ジャズ同好会でいつも素敵な選曲をされます)

Lionel Hampton All Stars ‎– The “Original” Star Dust
昭和29年、ご親戚の家でこの演奏をお聞きになったそうです。
いつもはCDしかお持ちにならないのですが、今回は「ご購入された4枚のSP」(上記写真)、「10インチ」「12インチ」をご持参されました。
曲が流れると「僕もこれ買ったで」とか「ラジオでよう聞いたな」と皆さん盛り上がってました。

2.Fさん

音楽クラブの顧問を故油井正一さんにお願いされていたことから、油井さんの思い出話をされました。
ご紹介されたCDは「THE AMAZING SHOICHI YUI VOLUME 2」 じ・あめいじんぐ油井正一 Vol.2
Kさんが配付された曲リストも上記に添付しました。

3.Tさん(トラッド愛好家で私が神戸の例会に参加して以降懇意にさせて頂いています)
日本コロンビアのHistory Of Jazz Vol.1を自作CDにされていました。(写真)
尚、昭和25年に発売されたSPも購入されていたそうですが、最初の赴任地を離れる際に捨てられたということです。

(1)King Oliver’s Jazz Band: High Society Rag Okeh 4933
June 22, 1923

又、神戸ACC(アメリカ文化センター)でのジャズレコードコンサート(解説故末廣光夫さん)の思い出話を披露され、印象に残った3曲を紹介されました。
(2)Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Original jelly roll blues
(3)Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Doctor Jazz
December 16, 1926

(4)Louis Armstrong And His Hot Five: Muskrat ramble
February 26, 1926

「末廣さんは須磨の放送局(現在のラジオ関西)での生放送の直後に多くのレコードを風呂敷に包んで、市電(現在は廃線)に乗ってアメリカ文化センターに来られていた」

4.Mさん(本例会の主宰者)
末廣さんのお兄さんに貸したまま、長い間返却されなかった「Vic Dickenson Showcase」
(1)Jeepers creepers
(2) Russian lullaby
Ruby Braff (tp) Vic Dickenson (tb) Edmond Hall (cl) Sir Charles Thompson (p) Steve Jordan (g) Walter Page (b) Les Erskine (d)
New York, December 29, 1953

Photo by KobeJazz Jp.

Mさんは若い頃からレコードコンサートの主宰をしたかったそうですが、その当時故末廣光夫さんから「レコードコンサートなんか止めとけ」と言われたそうです。
その後、Mさんが開始された例会には末廣さんは解説をされていました。

昭和29年12月12日 東京 日本テレビにて。
右から、鳥居則達(Vo)、大越泰三(Tb)、福井康平(Banjo)、小曽根実(p)、右近雅夫(Tp)、油井良光(Cl)、鈴木敏夫、?さん
Photo by courtesy of Kobejazz.jp

休憩中に最近お亡くなりになった小曽根実さんの写真をご覧になったTさんが「このクラ、油井さんの弟やで」と教えて頂きました。

最後に故油井正一氏がミュージックライフ(音楽誌)に故末廣光夫氏を紹介された記事を添付します。番組のテーマ音楽を聴きながらお読み下さい。