タグ別アーカイブ: 清水万紀夫

大阪ジャズ同好会(2018年8月例会)『私が選んだ隠れ名盤』②

August 17,2018

2018年8月12(日)に開催された大阪ジャズ同好会『私が選んだ隠れ名盤』では渋い演奏者がご紹介されました。

K田氏

『A LIFE』小西徹
「Golden Earrings」
(当日は1997年小西氏が死の直前に録音された「Golden Earrings」をご紹介されましたが、都合により1979年に録音された下記2曲をお楽しみ下さい)
Here is 小西徹 Trio play ”Autumn Leaves”.
小西徹(g)伊藤潮(b)岩本龍夫(d)

Here is 小西徹 Trio play ”Wave”.

上記録音についてはこちらをご覧下さい。➡️こちら

 

 

H氏

『Milky Way Concert ’06』清水万紀夫
清水万紀夫クラシック・ジャズ・クヲルテットから「ダイナ」と「メモリーズ・オブ・ユー」をご紹介されました。
清水万紀夫(cl) 田辺信男(ts) 阿部寛(g) 小林真人(b)
上記録音は都合によりご紹介出来ません。本録音についてはこちらをご覧下さい。➡️こちら

Here is 清水万紀夫 plays 「危険な関係のブルース」.
清水万紀夫(cl )宮之上貴昭(g)緑川一男(b)
2011年9月13日(火)

清水万紀夫プロフィールはこちらをご覧下さい。➡️ こちら

当日H氏から「小林真人氏」のベース奏法について詳細な解説があったことをご報告させて頂きます。H氏作成のHPに「小林真人氏」の項目がございますので是非ご覧下さい。(「リンクフリー」ということで本ブログでもリンクさせて頂きます)      ➡️こちら

平野

『We’ll Be Together Again』Rolf Billberg
40年以上前に「阪急東通りLPコーナー」3階の一番端に展示されていたが購入できなかったアルバム。退職間際に東京のディスクユニオン中古館でようやく購入しました。
Here is Rolf Billberg Quintet play “Ablution”.
Jan Allan (tp) Rolf Billberg (as) Rune Gustafsson (g) Roman Dylag (b) Rune Carlsson (ds)
Sweden, February 23, 1965
Ablution

Rolf Billbergの映像を添付します。(画質の悪さについてはご了承願います)

Here is Lars Gullin All-Stars play “Milestones”.

2.『Sax Appeal』Nils Lindberg’s septet Featuring Lars Gullin

Here is Nils Lindberg’s septet play ”Curbits”.
Rolf Billberg (as) Harry Backlund, Allan Lundstrom (ts) Lars Gullin (bar) Nils Lindberg (p) Sture Nordin (b) Conny Svensson (ds) Stockholm, February 9 & 10, 1960

Curbits

上記レコードを購入した時の状況が「週末JAZZのページ」で記載されていますので引用させて頂きます。(文中のHとは平野本人です)

「その当時のジャズ喫茶の名店「JOJO」に居た時マスターが発した一言にHさんの顔色がかわった。「H君、VICにSAX APPEALがはいったらしいで・・・」
やおら伝票をつかんだHさんは一目散 、わけがわからない私は、後を追いかけるのが精一杯。突然きびすを返してこちらに戻ってきたHさんが一言。「悪いけど、金かしてくれへんかぁ」
いつもは持ち合わせの少ない私が珍しくその時は持ち合わせがあり、Hさんは目出度くSAX APPEALを入手できた次第。」

週末JAZZのページについては➡️ こちらをご覧下さい。

下記アルバムはオリジナルジャケットです。

Photo by Discogs

 

大阪ジャズ同好会(2017年2月例会) 「ジャズクラリネットの脇道を歩く」(解説 掘 晃氏)

May 13.2018

ジャズ・クラリネットの歴史といえば、ニューオリンズ・ジャズのジョニー・ドッズ、ジミー・ヌーン~スイング時代のベニー・グッドマン、アーティー・ショウバップ以降のトニー・スコット、バディ・デフランコ~エディ・ダニエルズといった流れが「表通り」といえるでしょう。日本では鈴木章治、北村英治、藤家虹二の御三家。しかし、むろん米国のみならず、ヨーロッパやラテン系、日本にも名手は多く、また、クラリネットはリード楽器の基礎ですから、多くのサックスプレイヤーが演奏しており、クラシックの演奏家がジャズを演奏する例も少なくありません。そこで、ちょっと脇道を歩く視点で名手の演奏を紹介します。(掘)

先週も紹介したMonty Sunshineです。

1. Here is Monty Sunshine plays “Hush-a-bye”. (Chris Barber Jazz Band)
Monty Sunshine (cl), Lonnie Donegan (bj), Chris Barber (b), Ron Bowden (d)
London, March 26, 1956
Hush-a-bye

Photo above of Jimmy Hamilton by Wikipedia

ジミー・ハミルトンはバーニー・ビガードの後任としてデューク・エリントン楽団に入団しました。(1943年から1968年まで在籍)

2. Here is Jimmy Hamilton Orchestra play ” The Nearness Of You”.
John Anderson (tp) Mitchell “Bootie” Wood, Britt Woodman, Dave Wells (bar-hrn) Jimmy Hamilton (cl) Paul Gonsalves (ts) Jimmy Rowles (p) Aaron Bell (b) Sam Woodyard (d) Los Angeles, July, 1960
The Nearness Of You

Photo above of Peanuts Hucko by Wikipedia

3.Here is Peanuts Hucko All Stars play “Rose Room”.
Peanuts Hucko (cl) Frits Landesbergen (vib) John Bunch (p) Jack Lesberg (b) Jake Hanna (d) Louise Tobin (vcl)  Holland, July 8, 1986
Rose Room

Richard-Stoltzman-Updated

Photo by Milken Archive

4.Here is Richard Stoltzman plays “Maidens Awake”.
Richard Stoltzman(cl),Gary Burton(vib),Eddie Gomez(b)……   August 9-11,1999
Maidens Awake

Richard Stoltzmanについては過去の投稿もお時間あればご覧下さい。⇨下記に5回分を添付しました。

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】

Photo above of James L. Dean by courtesy of jldeanorchestra.com

5.Here is James L. Dean Quartet play “Giant Steps”.

(30秒しか聞くことができませんことをご容赦下さい)
James L. Dean (cl) Vic Cenicola (g) Ron Naspo (b) Glen Weber (d,cga)  N.J., July 23 & 25, 1995
Giant Steps

James L. DeanについてはHPを参照しました。⇨こちらをクリックして下さい。

DSC_0025_0

Photo above of Evan Christopher by courtesy of Bebopified

6.Here is Evan Christopher plays “Tropical Moon”
Evan Christopher (cl) David Blenkhorn (g) Dave Kelbie (rhythm-g) Sebastien Girardot (b) (Finese: Django a la Creole)  Wales, March, 2010
Tropical Moon

Evan ChristopherについてはFaceBookを参照しました。⇨こちらをクリックして下さい。 

Photo above of Paquito D’Rivera from aztecatrends.com

7.Here is Paquito D’Rivera plays “Tico ! Tico !”.
Paquito D’Rivera (cl) Danilo Perez (p) Fareed Haque (g-1) Romero Lubambo (g-2) Tiberio Nascimento (g-3) David Finck (b-4) Nilson Matta (b-5) Mark Walker (d-4) Portinho (d-5) New York, 1989
Tico! Tico

Paquito D’Riveraについては過去の投稿もお時間あればご覧下さい。⇨下記に5回分を添付しました。

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】

Buddy DeFranco (left) and Eddie Daniels Photos by Garrett Cheen

Eddie DanielsとBuddy DeFrancoについては今回省略させて下さい。

Rolf Kuhn と Bob McGarryがArt Hodesのテレビ番組(1958年)に出演した映像をご覧下さい。

8.Here is Rolf Kuhn and Bob McGarry play “Bei Mir Bist Du Schön”.  2 Oct.1958

スウェーデンの名手Ove Lindについても映像を添付しました。

9.Here is Ove Lind plays “Swingtime”.

解説の掘氏「日本人演奏家として最も高く評価している清水万紀夫」

10.Here is 清水万紀夫(Makio Shimizu) plays “Les Liaisons(危険な関係)”.

最後にBS録画映像「日本のトップジャズメンたち」からレイモンド・コンデの映像を添付します。
 Here is レイモンド・コンデ(Raymond Conde) plays “Star Dust”.