タグ別アーカイブ: 稲葉国光

神戸ジャズ愛好会2020年9月例会概要

September 28,2020

1.『ジャズスタンダード名曲集(第5回)~ハロルド・アーレン』

・K氏
Here is Ann Burton sings ”Come Rain or Come Shine”.
Ann Burton(vo) 宮沢昭(fl) 小川俊彦(p) 稲葉国光(b) 小津昌彦(ds) Tokyo, April 28, 1974

Here is Tal Farlow Quartet play “As Long As I Live”.
Tal Farlow(g) Frank Wess(as, f1, ts) Wendell Marshall (b) Osie Johnson(ds) New York, December 15 & 16, 1959

Here is Lorez Alexandria sings “Over The Rainbow”.
Lorez Alexandria(vo) Wynton Kelly(p) AI Mckibbon(b) Jimmy Cobb(ds) Los Angeles, 1964

・Y瀬氏「二つのペーパームーン」

ハロルド・アーレンという作曲家に特別な興味を持ったこともない身ですが、彼の「It’s Only a Paper Moon」は、ナット・キング・コールの歌唱で好きな曲の一つでした。ナットの中でも飛び切りの名盤とされる「After Midnight」(1956年8月録音)での歌唱と1963年に2度目の来日を果たし、赤坂のニュー・ラテン・クォーターで原信夫率いるシャープス& フラッツと共演した際のライブ盤を聴き比べてお楽しみください。アルバム付属の解説のお陰で、曲の初演(1953年ブロードウェー)当時の曲名は「If you believe in me」だったという豆知識も得ました。

Here is Nat King Cole sings “It’s Only a Paper Moon”.
Nat King Cole (vcl,p) acc by Harry “Sweets” Edison (tp) John Collins (g) Charlie Harris (b) Lee Young (d) LA, August 15, 1956 (映像を添付します)

Here is Nat King Cole sings “It’s Only a Paper Moon”.
Nat King Cole (vcl,p) acc by Reunald Jones (tp) John Collins (g) Charlie Harris (b) Leon Petties (d) Nabuo Hara Sharps & Flats big band + strings, Nabuo Hara (dir)
Live “New Latin Quarter”, Tokyo, Japan, February 22, 1963

・F川氏「Blues In The Night競演


Here is Dineh Shore sings ”Blues In The Night”.

Here is Julie London sings ”Blues In The Night”.

Here is Janet Seide sings ”Blues In The Night”.

・寺本世話人

Here is Benny Goodman and His Sextet featuring Count Basie play “As Long As I Live”.
Benny Goodman(cl),Cootie Williams(tp),George Auld(ts),Count Basie(p),Charlie Christian(g),Artie Bernstein(b),Harry Jaeger(ds) New York, 7 Nov 1940

Here is Oscar Peterson Trio play “That Old Black Magic”.
Oscar Peterson(p),Herb Ellis(g),Ray Brown(b),Norman Granz(MC) “Nichigeki Theatre”, Toyko, November 4, 7 & 8, 1953

Here is Frank Sinatra sings “I’ve Got The World On A String”.
白黒映像を添付します。

Here is Judy Garland sings “The Man That Got Away”.
Judy Garland(vo)(映画の場面から添付します)

・平野

Photo above of Harold Arlen by Wikipedia

Here is Harold Arlen sings (with Leo Reisman Orchestra) “Stormy Weather”.
NYC February 28, 1933

Here is Lena Horne sings “Stormy Weather”. 
Hollywood, CA, January, 1943

Here is Lee Wiley sings “Between The Devil and The Deep Blue Sea”.
Lee Wiley (vo) Billy Butterfield (tp), Hank D’Amico (cl,as), Al Cohn (ts,arr), Barry Galbraith (g),New York, July 24, 1957

Here is Jo Stanford (with Paul Weston & His Orchestra) sings “Any Place I Hang My Hat Is Home”.1958
Swingin’ Down Broadway(Columbia Records)
Jo + Broadway (Corinthian Records)

2.映像コーナー
Anita O’Day and her Trio at the North Sea Jazz Festival 1982.
”Wave〜You’d Be So Nice To Come Home To〜In A Mellow Tone〜A Nightingale Sang In Berkeley Square〜They Can’t Take That Away From Me〜Honeysuckle Rose〜Wave”
Hague, Netherlands, 18 July 1982

第25回神戸ジャズサロン(20190825)「日本人のジャズ(戦前・戦後・現代)」③

August 28,2019

今回は3人のお気に入りをご紹介します。

・S氏

「花岡詠二」

大阪ジャズ同好会第34回例会でも紹介された「花岡詠二ホット・ジャズ・オーケストラ プレイ・ライオネル・ハンプトン」をご紹介されました。
花岡詠二(cl,ts,ss),出口辰治(vib),鈴木直樹(cl,as,ts),下間哲(tp),松岡優慈(tb),高浜和英(p),佐久間和(g),小林真人(b),ブルックス・テグラー(d) 1999年10月13日

花岡詠二さんは「神戸ジャズストリート」の音楽監督を務められています。下記公式サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

当日ご紹介された3曲の代替として「ブレダ・ジャズ・フェスティバル」に出演した時の演奏をお楽しみ下さい。ベースの小林真人さんもご一緒です。下記花岡詠二さんの公式HPをご覧下さい。

こちら ▶️

・N瀬氏

「Original Dixieland Heartwarmers(オリジナル・ディキシーランド・ハートウォーマーズ)」

LPレコードと自作CD(平野所蔵)

Here is Original Dixieland Heartwarmers play “Blues My Naughty Sweetie Gives To Me”.
右近雅夫(tp),大越泰蔵(tb),油井義光(cl),平生舜一(sax),小曽根実(p),福井康平(bjo),鈴木敏夫(b),加藤竜吉(ds) 1954年12月3日

 

右近雅夫さんについては故末廣光夫さんのエッセイ(2008年7月7日)を是非ご覧下さい。尚、M渡氏(神戸ジャズサロン主宰者)はエッセイに記載された「昭和30年8月のお別れコンサート」に行かれたそうです。

末廣光夫さんのエッセイはこちら ▶️

「宮岡信夫」(当日は時間切れでご紹介出来なかったトランペッター)

写真はジャズ喫茶ディアロードさんのHPからお借りしました。
2018年12月22日ライブ

Here is 宮岡信夫 plays “I Always Have Your Dream”.(宮岡氏のHPトップに添付されています)

「必殺仕置人(朝日放送)」のテーマは宮岡さんが演奏されています。ブログ作成者も昨年12月聞きました。

宮岡信夫さんのHP

・K氏

「銀巴里セッション」(Three Blind Mice レコード TBM-9 )

当日持参されたレコードには「慶応軽音楽鑑賞会・牧田先生メモリアル」というシールが貼られていました。K氏によると所属クラブ顧問「牧芳雄さん(本名牧田清志先生)」から戴いたレコードであると説明されました。
尚、故牧芳雄氏のコレクションは東海大学湘南校舎図書館に寄贈され保管されているそうです。(例会終了後にK氏からお聞きしました)

当日は「If I Were A Bell」(15分の時間限定故)をご紹介されましたが、お時間あれば全4曲お聞きください。

Here is 新世紀音楽研究所 play “銀巴里セッション”.
1963年6月26日

最近、新世紀音楽研究所の活動についての論文も読みました。(195~196ページ)

こちら ▶️

昔よく聴いたラジオ関西のジャズ番組で故いソノてルヲさんが「牧芳雄さんがジャズの師匠であります」と言われていた記憶があります。

スイングジャーナル1953年7月(22~23ページ)
平野所蔵