タグ別アーカイブ: Alice Babs

Alice Babs(2)

Octorber 01,2018

今回はアリス・バブス(Alice Babs)が出演した初期の映画含め1950年代後半に「The Swe-Danes」というグループに参加した時の映像を投稿致します。

尚、スウェーデン映画並びにThe Swe-Danesについては詳しくありません。添付した映像についてのコメントは差し控えさせて頂きました。

1940年に映画「Swing it, magistern!」に起用されています。

 

1941年「Magistrarna på sommarlov」 に出演しました。

 

1942年「Vårat gäng」 という映画に出演しています。

 

次の映像はThe Swe-Danesに参加する前の映像と推測します。

 

1959年のスタジオ収録

The Swe- Danes
スヴェンド・アスムッセン(Svend Asmussen)、ユーリク・ノイマン(Urlik Neumann)という芸達者な男性二人を従えたコーラス・トリオ(1958年結成し1961年に解散)

尚、スヴェンド・アスムッセンは昨年(2017年2月)、100歳の天寿を全うしました。

Photo by YouTube

 

The Swe-Danesの映像を2本ご覧下さい。

前回のブログに対して、FB友の長谷川光氏から貴重なコメントを頂戴しました。

「Swe-Danes前とSwe-Danes後で感じ変わりますね。
声楽の教育を受けた凄さが分かるのはSwe-Danesの時と感じます。」

最後にDuke Ellington楽団と共演した映像を添付しました。

 

Alice Babs(1)

September 27,2018

今週、ジャズ含め幅広い音楽に詳しいBar(北新地)のマスターがアリス・バブス(Alice Babs)の「Music with a Jazz Flavour」を紹介されていました。

本アルバムは小生の大好きなニールスリンドバーグ(Nils Lindberg)のオーケストラをバックにキャロル・キングの「タペストリー」等を録音した1973年の作品です。

アリス・バブス(Alice Babs)についてはエリントン楽団との共演作品等(上記2枚)がジャズファンには有名ですが、初期の録音について語られることが少ないようです。

今回上記写真「early Recordings 1939-1949」並びにYouTubeにアップされた初期の音源をディスコグラフィーで確認しながら聞きました。

又、アリス・バブス(Alice Babs)が歌っている初期の映像もYouTubeで楽しみました。

映像については明日に纏めてブログに投稿する予定でございます。

アリス・バブスは1924年1月26日、スウェーデンのカルマールで生まれ、2014年2月11日死去されています。

父親がピアニスト・作曲家であった音楽一家に育ち、15歳でレコーディングデビューしています。

最初の録音として記載されている音源は上記レコードには収められていませんでした。
”On the bumpy road to love”    Stockholm, May 31, 1939
上記の曲はJudy Garland が主演したMGM映画(1938年作品)でヒットしました。

上記レコードから1曲お楽しみ下さい。

Here is Alice Babs (with Nisse Linds Hot Trio) sings “Nobody’s sweetheart “.
Stockholm, July 5, 1939

Nobody’s sweetheart

Here is Alice Babs sings “Jag har en liten radiola”.
Alice Babs (vcl) acc by Rune Ander, Olle Jacobsson (tp) Miff Gorling (tb,arr) Olle Thalen (as,cl) Elver Jansson (as) [aka Borje Elvers-Elverman (as) ], Nisse Blucker (ts) Rolf Ohlsson (p) Sven Stiberg (g) Per Liljefors (b) Olle Blomberg (d)
Stockholm, July 7, 1939

2日後の録音です。

Jag har en liten radiola

スタンダードに取り組んでいます。

Here is (with Nisse Linds Hot Trio) sings “Stardust”.
Stockholm, February 9, 1940

Here is Alice Babs (with Nisse Linds Hot Trio) sings “F.D.R. Jones”.
Stockholm, February 9, 1940

デビュー当初はヨーデル歌手として脚光を浴びました。

Here is Alice Babs (with Nisse Linds Hot Trio) sings “Joddelswing”.
March 20 1940

Here is (with Nisse Linds Hot Trio) sings “Dedicated to you”.
Stockholm, May 16, 1940

Here is Alice Babs (with Eckert Lundins Filmorkester) sings “Swing it magistern”.
Alice Babs (vcl) , Thore Ehrling (tp) Tore Westlund (cl,as) Ove Ronn (as) Stig Holm (p)
Stockholm, December 4, 1940

オーケストラをバックに録音しています。

Here is Alice Babs sings “Swing fula fluga swing”.
Alice Babs (vcl) acc by Rune Ander, Olle Hedberg, Nisse Skoog (tp) Sven Hedberg, Miff Gorling (tb) Lasse Schoning (cl) Erik Fivel, Nils Landqvist (as) Karl-Axel Karlen, Alarik Ljungdahl (ts) Evert Heden (p) Sven Stiberg (g) Arthur Osterwall (b) Ake Brandes (d) Stockholm, January 31, 1942

小編成トリオをバックに録音しています。

Here is Alice Babs sings “Exactly like you”.
Nils “Nisse” Lind (p,celeste,accor) Birger Larsson (g) Henry Lundin (b) Alice Babs (vcl)
Stockholm, May 26, 1941

最後の曲ですが今回一番びっくりした録音です。迫力満点の歌唱です。

又、この演奏を聞いたことにより戦前のスウェーデン音楽界が先進的であったことも再確認出来ました。

Alice Babs (with Seymours Orkester) sings ”Minnie the Moocher’s wedding day”.
Stockholm, May 27, 1941

_Minnie the Moocher’s wedding day

Photo above of Alice Babs by courtesy of Skovde Nyheter

 

Svend Asmussen(RIP)

March 13.2017

Last November I posted some jazz violinists.

Please refer to my blog,(November 2016, from 15 to 23).

Jazz violinist(1) ~ Jazz violinist(8)

At that time I did’nt post about Svend Asmussen.

Svend Asmussen was born 28 February 1916 in Denmark.

Asmussen started performing professionally at the age of 17.

In 1943, he was arrested by the Gestapo and imprisoned in Berlin.

Fortunately he survived.

As a result,he became a versatile entertainer and artist.

Svend Asmussen’s jazz violin style is truly unique and instantly recognizable.

His idols were Stuff Smith, Ray Nance and Stephane Grappelli.

He was one of the handful of violinists who in the 1930s proved the instrument capable of swing and emotional expression at the highest jazz level.

In the late 1950s, Asmussen formed the trio Swe-Danes with singer Alice Babs and guitarist Ulrik Neumann.

The group became very popular in Scandinavia for their music hall style entertainment and also toured the United States.

In 1963 Asmussen was invited by Ellington to play on his album ‘Duke Ellington’s Jazz Violin Session’, on which he can be heard playing alongside Stéphane Grappelli and Ray Nance.

In 1966 Asmussen appeared alongside Grappelli, Stuff Smith, and Jean-Luc Ponty in a jazz Violin Summit in Switzerland.

Also he had recording with Toots Thielemans, John Lewis and Jean-Luc Ponty.

Here is Svend Asmussen and Stephane Grappelli play “PARISIAN THOROUGHFARE” (1965).

Here is The Swe Danes with Alice Babs, Ulrik Neumann and Svend Asmussen(1958).

Here is Toots Thielemans and  Svend Asmussen.

Here is Svend Asmussen Quartet play “It Don’t Mean a Thing If It Ain’t Got That Swing”.
Kenny Drew(p); Niels-Henning Ørsted Pedersen(b); Ed Thigpen(ds) at the Club Montmartre in Copenhagen.