タグ別アーカイブ: Anita O’day

Eddie Shu とEvan Shulman

February 03.2019

写真はジャズ喫茶(BUD HOUSE)で小生の隣にお座りになった年輩のお客様がリクエストしたレコードです。

Hey ! Here’s Gene Krupa: Gene Krupa Quartet

本レコードB面「Memories of you」でのクラリネットが素晴らしく、帰宅後に「Eddie Shu」に関する情報をYouTube等でチェックしました。

Photo above of Eddie Shu by
YouTube

Eddie Shu(本名Edward Shulman)に関するYouTube映像を一番多く提供しているのが「Evan Shulman」というハワイ在住の音楽家(ギター奏者)です。

この人物は「Eddie Shuの息子」でした。

そして過去のブログで「Eddie Shuの息子」が提供するYouTube映像にお世話になっている事にも気が付きました。

Photo by Evan Shulman

大阪ジャズ同好会の概要作成でEvan Shulman提供の音源を添付していました。

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(2) 持ち寄り『放送録音の魅力』

こちら ▶️

お時間がございましたら「Evan Shulman」のWebsiteをご覧になって下さい。

Facebook こちら ▶️ 

YouTube こちら   ▶️

Eddie Shuによる “Memories Of You”をレコードと映像でお楽しみ下さい。

Here is Gene Krupa Quartet play “Memories Of You”.(Evan Shulman提供ではありません)
Eddie Shu (tp,cl,as,ts) Dave McKenna (p) Wendell Marshall (b) Gene Krupa (d)
New York, June 6, 1957

Here is Eddie Shu plays ”Memories of You” with Louis Armstrong all Stars in East Berlin.(1965)

GENE KRUPA,  ANITA O’DAY(New York , 1955)
Photo by Herman Leonard

リクエストされた年輩のお客様が「ジーン・クルーパ物語にアニタ・オデイが出ていましたね」と言われました。

アニタ・オデイが出演した映画のシーンです。
Here is Anita O’Day sings “Memories of You” on Gene Krupa Story.

ハワイに行く予定はありませんが、行く機会があればEvan Shulmanに会ってお父さんのお話を聞いてみたいです。

エディ・シューのハーモニカ演奏をブログに追加添付致しました。(SP愛好家の瀬谷徹氏がFBにアップされたYouTube音源をお借りしました)

Here is The Gene Krupa Trio play “September Song”.
Eddie Shu(hca) Teddy Napoleon(p) Gene Krupa(d)
New York, February 1, 1954 Clef 89104

Here is The Gene Krupa Trio play “Harmonica Boogie”.
Eddie Shu(hca) Teddy Napoleon(p) Gene Krupa(d)
New York, February 1, 1954 Clef 89104

神戸ジャズ愛好会11月例会『ドラムの名手達』①        

November 21,2018

先日、神戸ジャズ愛好会に参加しました。例会の案内をご覧下さい。

前回は台風のため中止としたため久しぶりの例会です。
特集:「ドラムの名手達」
ドラムは重要なリズム楽器として現在に至るまで発展を遂げてきていますが、ジャズの歴史の中で誰しも好きなドラマーが一人はいると思います。そのドラマーの演奏をご紹介ください。(必ずしもドラム奏者がリーダーである必要ではありません。)(一人15分以内でお願いします。)

特集には6人の会員がお気に入りの録音盤を持ち寄りました。今回は4人がご紹介された演奏家をお楽しみ下さい。

・T川氏
1. Yoichi Kimura(New Orleans Rascals) (SAM CD003)
「Silver Threads Among The Gold」
2.Cie Frazier(Kid Howard Band)(Icon LP-8))
「Willie The Weeper」
3.Sammy Penn(Kid Thomas Band)(Icon LP-3)
「Just A Closer Walk With Thee」
4. Baby Dodds(solo) (LI M8/ALP241)
「Spooky Drums No,1」
5.ドラマー不明(Country Brass Band) (Folkways LP FA2650)
「Just Over In The Gloryland」

T川さんが木村陽一さんから直接お聞きされたお話を引用します。
「ニューオーリンズで修行した時にベイビー・ドッズよりもシー・フレイザーにドラム奏法をよく教わった」

Yoshimasa Kasai 笠井義正(cl) and Yoichi (Yo )Kimura 木村陽一(ds) 写真はFB友人笠井正氏のYouTube映像からお借りしました。

Here is New Orleans Rascals play ”When You Wore A Tulip”
河合良一(Cl) 川合純一(Bj) 木村陽一(Ds) 石野美惠子(P) 村橋 健(B)
田村浩一(Tp) 秋定 暢(Tb)
OSAKA BIG RIVER JAZZ FESTIVAL 2018.5.5

Photo above of Josiah “Cie” Frazier by courtesy of Tulane University

Here is Kid Howard with Cie Frazier play ”Willie the weeper”.
Kid Howard (tp,vcl) Eddie Summers (tb) Israel Gorman (cl) Emanuel Sayles (bj) Louis James (b) Josiah “Cie” Frazier (d)
New Orleans, August 31, 1961

Photo above of Sammy Penn by courtesy of Flicker

Here is Kid Thomas with Sammy Penn play ”Just a closer walk with thee”.
Kid Thomas (tp) Louis Nelson (tb) Paul Barnes (cl) Emanuel Paul (ts) Joe James (p,vcl) George Guesnon (bj,vcl) Alcide “Slow Drag” Pavageau (b) Sammy Penn (d,vcl)
New Orleans, LA, July 3, 1960

Here is Baby Dodds play “NEW ORLEANS DRUMMING”.

Here is Country Brass Bands play ”Just Over in the Gloryland”.

 

スヰングジャーナル 1952年6月号

・Y瀬 氏「ドラマーブームのころ」(下記は当日配付されたレジュメの内容を修正せず記載しました)

特集「ドラムの名手達」に、いわば「懐メロ」で参加させてください。ジャスの存在さえ知らずに少年期を過ごした後、戦後7年の1952年に突如来日したジーン・クルーパ
(1909~73)トリオは衝撃で した。 SP 2枚組4面にわたるハンプトンの「スターダスト」でジャズに目さめたのとほぼ同時期。EPで3曲(LPでは7曲)の演奏にしびれました。これに刺激され、ジョージ川口(1927.6.15~2003.11.1)、ジミー竹内 (1930.6.29~2009.12.29)、白木秀雄(1933.1.1~ 1972.8.22)のドラマー三羽鳥時代が来るのですが、ここでは演奏時間も短めにして日米各1人を披露。
1.「荒城の月」(1952)(ジーン・クルーパ・トリオ)
チャーリー・ヴェンチュラ(ts) テディ・ナポレオン(0)

2.「ホワイト・ジャケット」(1953)(ジョージ川口&ビッグフォー)
松本英彦(ts)小野満(b)中村八大(p)

3.映画「男と女」の例の「シャバダバダ」と、ヒット中の1967年にフランス公演したMJQがご当地サービスで演奏したレア音源(8:00)
*Y瀬氏から「コニー・ケイの躍動したドラミングをお聞き下さい」とのコメントでした。

Here is Gene Krupa Trio play 「荒城の月」and「銀座なストムプ」

Here is ジョージ川口ビッグフォー 映画「青春ジャズ娘」(1953年制作)
ジョージ川口(d),松本英彦(ts),中村八大(p),小野満(b)

Photo by Discos

Y瀬さんがご紹介された音源は提供できませんので、ブログ作成者のお気に入りを添付しました。

Here is Andre Condouant Quartet play “Brother Meeting”.
Andre Condouant (g),Percy Heath (b),Connie Kay (ds),Eddy Louiss (p)

・K氏「ブログ作成時にはAnita O’Dayの映像でお願いしますとのリクエストがございました」
Here is Dave Bailey Sextet play ”Osmosis”.
Kenny Dorham(tp), Curtis Fuller(tb), Frank Haynes(ts), Tommy Flanagan(p),Ben Tucker(b),Dave Bailey(ds)NYC, October 1, 1961

Here is Anita O’DAY and Roy Eldridge with Gene Krupa Orchestra play ”Let Me Off Uptown”.

photo by Wikipedia

・N氏「インパルス盤を是非聞いて下さい」
Here is Chico Hamilton and Charles Lloyd play “Forest Flower: Sunrise/Sunset”.
Chico Hamilton(ds),Charles Lloyd(ts), Gabor Szabo(g), Albert Stinson(b)
New Jersey,December 11, 1963

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(3)持ち寄り『40年代のジャズ』①

October 11,2018

「40年代は30年代から続くスイングジャズと新しいムーブメントであるビバップとが同居していたジャズにとって特異な時代でした。素晴らしい演奏が多く残された時代でもあります。この時代への思いを残された演奏(もしくは歌)と共に語ってください。」(大阪ジャズ同好会世話人寺本氏のコメント)

竹村功 氏

1.「Stompin’ At The Savoy」(Jue.15 1944)
Teddy Wilson(p) Emmett Berry(tp) Benny Morton(tb) Edmond Hall(cl)Slam Stewart(b) Big Sid Catlett(ds)
メンバーも最高、スウィング時代を代表する名曲名演です。

 

2.「Street Beat」(Sep.4 1945)
Charlie Parker(as) Buck Clayton(tp) Dexter Gordon(ts)Sir Charles Thompson(p) Danny Baker(g) Jimmy Butts(5) J.C. Heard(ds)
アポロ音源、スウィング派とビ・バップ派との交流、好調なバード、デクスターがビ、バ ップの躍動を表しています。

 

Photo above of Charlie Rouse and Tadd Dameron and Fats Navarro

3.「Barry’s Bop」(Dec.5 1947)
Fats Navaro(tp) Charlie Rouse(ts) Tadd Dameron(p) Nelson Boyd(b)Art Blakey(ds)
典型的なビ・バップ演奏です。

 

Photo of Jackie Cain and Charlie Ventura in 1948,Boots Mussulli, Conte Candoli, Jackie Cain, Charlie Ventura, Roy Kral, Courtesy of Jeff Austin

4.「I’m Forever Blowing Bubbles」(May.9 1949)
Charlie Ventura(ts) Conte Candoli(tp) Benny Green(tb) Boots Mussulli (as)Roy Kral(p) Kenny O’Brien(b) Ed Shaughnessy (ds) Jackie Cain(vo)
スウィング・ジャズと違い、難解とされていたビバップを「Bop For the People」を大衆に広めたヴェンチュラ・グループの果たした功績を見直したいものです。

 

Photo by courtesy of Bob Willough by Wikipedia

5.「Crazy Chords」(Jun.21 1949)
Stan Getz(ts) AI Haig(p) Gene Ramey(b) Stan Levey(ds)
クールなゲッツは、50年代初頭、若きみなぎるホットなゲッツも最高です。

 

H氏

Burgandy Street Blues」(1944) (George Lewis 1943-45] (AM VC-7007)
George Lewis(cl) Lawrence Marrero(bi) Alcid(Slow Drag) Pavageau(b)

H氏からニューオーリンズジャズリバイバルの中心人物であったビル・ラッセル(Bill Russell)についての説明を頂きました。
「Burgundy Street Blues」をバックにビル・ラッセルの姿を撮らえているYouTube映像をお楽しみください下さい。

51ruYARSGKL._SS500

又、ジョージルイス(George Lewis)が「ザ・ジャズレコード誌」(1946年1月号)に寄稿した”Play number nine” を 菊池 ハルカさんがブログに掲載されています。
➡️ こちら

 

寺本氏

1948年に実施されたレコーディングストの間に行われた放送録音(ライブ録音含む)には 貴重な録音が多くあります。今日はその中から3つのセッションを聞いてください。
1. 「Four Brothers」(3:40) (Hollywood, Palladium Ballroom, March 7, 1948)
Woody Herman’s 2nd Herd(Solo:Sims, Chaloff, Cohn, Gets, Herman, Sims, Chaloff,Cohn, Gets, Herman(as), Chaloff)

2. 「Lover Man」(2:06) (Chicago, Illinois, Pershing Ballroom)
(possibly Aug. or Fall, 1948) Charlie Parker with Dizzy Gillespie Big Band

3. 「How High The Moon ~ Malaguena」(5:22) (Royal Roost, NYC) (Sep.25, 1948)
Anita O’Day(vo) with County Basie & His Orchestra」

*上記3曲は音源が提供できません。代替として下記に代表的な演奏を添付致します。

Here is Woody Herman and his Orchestra play “Four Brothers”.
Stan Fishelson, Bernie Glow, Marky Markowitz, Ernie Royal, Shorty Rogers(tp) Earl Swope(tb) Ollie Wilson(tb?) Bob Swift(b-tb) Woody Herman(cl,as,ldr) Sam Marowitz(as) Herbie Steward(as,ts) Stan Getz, Zoot Sims(ts) Serge Chaloff(bs) Fred Otis(p) Gene Sargent(g) Walt Yoder(b) Don Lamond(d) Jimmy Giuffre(arr) Hollywood, December 27, 1947

 

Here is Charlie Parker plays “Lover Man”.
Howard McGhee(tp) Charlie Parker(as) Jimmy Bunn(p) Bob Kesterson(b) Roy Porter(d) C.P. MacGregor Studios, Los Angeles, CA., February 29, 1947

 

Here is Anita O’Day with Ralph Burns and his Orchestra sing “Malagueña”.(1947)

Anita O’day with Stan Kenton Orchestra in Michigan

November 21.2017

Yesterday I was investigating some concerts by Stan Kenton Orchestra.

So I found an interesting databass about concerts that have occurred in Michigan.

“The concert  database” Go Here

Advertisement posters are included in this database.

Photo by courtesy of UNT Digital Library

Below I excerpt from the database about Anita O’day with Stan Kenton.

In 18 September 1942, Stan kenton first performed a concert in Michigan.

In 1944, Stan Kenton and Anita O’day performed a concert in Downtown Theater from 8 September to 14.

(18 September 1942)

(8 June 1945)

昨日Stan Kenton Orchestra(1940代)の演奏を聴きながら当時のコンサートについて調べていました。

そしてMichigan在住の方が興味深いデータベースを構築されているのを見つけました。

こちらをクリックして下さい。

そこにはMichigan州で開催されたStan Kentonのコンサートの広告ポスターが含まれていました。

Anita O’dayが出演したコンサートについてデータベースから抜粋しました。

1942年9月18日、Stan Kenton Orchestraは初めてMichiganで公演しています。

1944年9月8日から14日までAnita O’dayはStan Kenton OrchestraをバックにDowntown Theaterで公演しています。

当時の演奏をお聞き下さい。

Here is Stan Kenton Orchestra play “Artistry in Ryhthm”.

Here is Anita O’day with Stan Kenton Orchestra sings “Ride On”.(April 1944)

Here is Anita O’day with Stan Kenton Orchestra sings “I Lost My Sugar In Salt Lake City”.(April 1944)

Here is Anita O’day with Stan Kenton Orchestra sings “Built it Up and Tear it Down”.(April 1944)

Here is Anita O’day with Stan Kenton Orchestra sings “You Betch”.(April 1944)

Here is Anita O’day with Stan Kenton Orchestra sings “I ‘m Going Mad For a Pad”(20 May 1944)

Here is Anita O’day with Stan Kenton Orchestra sings “Special Delivery”.(December 1944)

大阪ジャズ同好会10月例会(後半特集)『Stan Kenton楽団』

October 24,2017

Photo by courtesy of yestercenturypop.com

大阪ジャズ同好会の特集後半は『Stan Kenton楽団』をご紹介しました。
以下概略と選曲を掲載します。
Stan Kenton楽団は1941年に創設されました。それまでのスイング楽団から脱却し「Progressive Jazz」と呼ばれた進歩的なジャズを発表しました。
Pete RugoloやBill Holeman等の重厚な編曲とウエストコーストの腕達者を数多く起用し、贅沢な作品をキャピトルレコードに数多く録音しました。
images
又、Anita O’Day, June Christy, Chris Connerなど優秀な専属歌手を擁しました。(Ann RichardsはStan Kentonの妻でした) 今回はボーカルとの演奏は選曲しておりません。
(1)Eager Beaver(3:10)
1943年10月19日録音 作曲・編曲はStan Kenton

(2)Artistry In Rhythm(3:23)
1944年1月19日録音  アーティストリーシリーズは大ヒットしました。

(3)Art Pepper(2:11)
1950年5月18日録音
50人編成のオーケストラをバックにソロ演奏しています。

(4) Invnetion For Guitar and Trumpet(2:55)
1952年9月15日録音  作曲・編曲 Bill Holeman
Sal Salvador(g), Maynard Ferguson(tp)

(5)Autumn In New York(2:34)

(6)You And The Night And The Music(2:38)
1953年7月8日録音

Isham Jones’ compositions(3) “I’ll See You in My Dreams”

October 05,2017

Photo above of The Isham Jones Orchestra, early/mid 1920s by courtesy of Iowa Public Radio

“I’ll See You in My Dreams” was written by Isham Jones, with lyrics by Gus Kahn, and was published in 1924.

Then ”I’ll See You in My Dreams” became the title of a movie based on Gus Kahn’s life.

Also Doris Days acted as Kahn’s wife.

I heard this song for the first time in her singing.

Photo above of Gus Kahn by courtesy of IMDb

「I’ll See You in My Dreams」は Isham Jones作曲、Gus Kahn作詞で1924年に発表されました。

その後「I’ll See You in My Dreams」の作詞家Gus Kahnを描いた伝記映画のタイトルになりました。

この映画でDoris DaysはGus Kahnの妻の役を演じています。

私はこの曲をDoris Daysの歌唱で知りました。

Here is Isham Jones and his Orchestra play “I’ll See You in My Dreams” (1924).

Here is Fletcher Henderson and his Orchestra play “I’ll See You In My Dreams” (1925).

Here is Django Reinhardt plays “I’ll See You In My Dreams”

Django Reinhardt (g) solo acc by Pierre “Baro” Ferret (g) Emmanuel Soudieux (b)
Paris, France, June 30, 1939

Here is Guy Lombardo and His Royal Canadians play “I’ll See You in My Dreams” (1937).

Here is Anita O’Day sings “I’ll See You In My Dreams”.

Anita O’Day (vcl) acc by Milt Bernhart, Lloyd Ulyate, Joe Howard, Si Zentner (tb) Paul Smith (p) Barney Kessel (g) Joe Mondragon (b) Alvin Stoller (d) Buddy Bregman (arr,dir) Los Angeles, December 8, 1955

Here is Ella Fitzgerald sings “I’ll See You In My Dreams”.

Ella Fitzgerald (vcl) acc by Charlie Shavers (tp) Lou McGarity (tb) Peanuts Hucko (cl) Al Sears (ts) Buddy Weed (p) Remo Palmieri (g) Trigger Alpert (b) Buddy Rich (d) Jack Mathias (arr) New York, October 12, 1945

Here is Bobby Hackett plays “I’ll See You in My Dreams”.

Bobby Hackett (cnt) Pepe Moreale (p) Pepe Moreale (celeste)John Giuffrida (b) [as John Giuff (b) ] Buzzy Drootin (d) New York, May 8, 1958

Here is ザ・ピーナッツ sings “夢で逢いましょう  / I’ll See You In My Dreams”.

(追記)ウクレレ・アイクことCliff Edwards(雨に唄えばを最初にヒットさせました)による録音を追加添付しました。(FB友人長谷川光氏から教えて頂きました)

Here is Cliff Edwards sings “I’ll See You In My Dreams”.
Los Angeles, February 5, 1930.

Joe Temperley(1)

May 10.2017

Photo above of Joe Temperley by NPR

Late last month I posted about bass clarinet players.

I announced to write again about Joe Temperley on next month.

Joe Temperley was a giant of the baritone saxophone and the first Scottish jazz musician to make it on the New York scene.

Photo above of (from left),Quentin Jackson, Harry Carney and Britt Woodman
courtesy by Pinterst

In the 1970s following the death of Harry Carney, his glorious baritone saxophone sound anchored the Duke Ellington Orchestra.

He was born on September 20,1929 in Crowdenbeath, Scotland.

When he was 14 old, he was already playing cornet alongside his elder brother in the Cowdenbeath Brass Band.

Then he began to play alto saxophone.

Photo above of Louis Armstrong and Humphrey Lytteltonby collection National Portrait Gallery, London

After moving to London, he joined Humphrey Lyttelton’s band and switched to the baritone sax.

He later said ;“That was the start of my professional career.The rest was incidental.”

He met many top American musicians ,including Louis Armstrong, Billie Holiday, Thelonious Monk, Cannonball Adderley and Anita O’Day.

So he enjoyed his first taste of New York in August 1959.

Once I posted about Humphrey Lyttelton.Go here

先月末、Bass clarinetプレイヤー列伝として投稿致しました。
その中でJoe Temperleyについて彼の命日である5月に詳しく投稿するとお約束しました。
Joe Temperley は baritone saxophoneの名手であり、スコットランド出身のジャズミュージシャンで後年はニューヨークで活躍しました。Harry Carneyの死後、Duke Ellington Orchestraのサックスの中心でした。
1929年9月20日、スコットランドのCrowdenbeathで生まれ、14歳の時に同地のBandで兄と一緒にコルネットを演奏していました。その後、アルトサックスに楽器を変えました。
ロンドン移住後、Humphrey Lyttelton’s bandに加入しバリトンサックスをメイン楽器としました。
彼は「それは私のプロのキャリアのスタートだった。残りは偶然だった。」と発言している。
彼はLouis Armstrong、Billie Holiday、Thelonious Monk、Cannonball Adderley、Anita O’Dayなどと共演しました。
そして1959年8月にニューヨークに初めて演奏旅行にも行きました。
私はHumphrey Lytteltonについて過去に投稿しています。こちらをクリックして下さい。

Here is Joe Temperley plays “Alabama”.

Here is Joe Temperley plays “SIngle Petal of a Rose”.